忍者ブログ
栄光から栄光へ、鏡に映すように、主の栄光を反映させながら、キリストの似姿へと変えられていく。

「わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。わたしたちは理屈を打ち破り、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにしてキリストに従わせ、また、あなたがたの従順が完全なものになるとき、すべての不従順を罰する用意ができています。」(2コリント10:4-6)

さて、控訴理由書ははかどっており、書けば書くほど、深い満足が生まれて来る。第一審の判決を心の内側に取り込み、これを咀嚼し、そして、新たな要素をつけ加えながら、第二審の判決を予想して書いて行く。

筆者は弁護士の書く錯綜した文書ではなく、裁判官の判決を受け取ったことを非常に喜んでいる。弁護士の文章は一方の当事者だけに肩入れしたものなので、参考にならないが、膨大な資料を整理して対立する陣営の双方の主張を比較衡量した裁判官の判決は、それとは比べものにもならない生きた教訓である。

判決が出るまで、予想できない点が多々あったが、今、こうしてみると、ただ法的観点からだけ事件に注目するのではなく、筋の通った矛盾のないストーリーを弁論の最中に打ち立てておくことがどれほど重要かを思わされる。
 
判決の変更を求めるためには、第一審以上にリアルで矛盾のない説得力のあるストーリーを証拠と共に提示することが必要となる。そのために、筆者は、第一審での自己の主張と共に、判決に記されたストーリーを内に取り込み、それを両方上書きしうるだけのさらなる説得力のあるストーリーを作り出しているのだが、それはあたかも一人の作業ではなく、共同作品を作っているような具合で非常に面白い。

第二審では、「カルト監視機構」が主要な争点になると書いた。すでに述べた通り、「カルト監視機構」と「宗教トラブル相談センター」が実質的に同一であるとの主張を展開するに加えて、村上密が関与して来た統一教会の信者の拉致・監禁を伴う強制脱会の違法性についても触れることになる。

その過程で、統一教会の信者らが強制脱会活動に抗議するために起こした裁判などについても、本訴訟とは直接関係していないにも関わらず、かなりのページ数を割いて説明することとなる。
 
ちなみに、統一教会の発表によると、2016年の時点で、強制脱会に反対するために起こされた裁判は20件を超え、強制脱会活動の対象とされた信者は4千人を超えていたという。また、数多くの強制脱会事件を主導した高澤守牧師は、刑事告訴された上、自殺していることや、また、強制脱会の対象となって精神病院に入院させられた信者が裁判所に人身保護を求める請求を手伝った高村弁護士が後の法務大臣になっていることなども分かった。

筆者は統一教会を擁護するつもりはないが、10年間以上監禁されても棄教しなかった彼らの信仰の強さは、敬服に値するものがあると考えている。前々から当ブログでは、殉教者の精神に学び、生きている限り、聖書の神への信仰を貫くことこそ、キリスト者の使命であるということを訴えて来たが、自分を絶対善・絶対的正義のようにみなすプロテスタントの牧師とその支持者から、統一教会の信者でなくキリスト教徒である筆者が、「カルト宗教の信者」や「異端者」の濡れ衣を着せられた挙句、今、こうして人権侵害のかどで牧師を訴える羽目になっているのは、運命の皮肉のようである。

だが、筆者は「自分は正しい」と叫んで他者を排斥する側に立たず、自己の無謬性を信じる牧師らから、かえって排斥される側に立たされたことを、むしろ、誇りに思う。

今、まだ二審が始まる前から、筆者があたかも敗訴に終わって悲嘆に暮れるのではないかなどと故意に悪意に満ちた未来を予想したい連中もいるようだが、そんな愚かな推測は、迷惑なのでやめてもらいたい。そういう予測は、すでに自殺した牧師を含め、強制脱会を主導した牧師たちの運命としてお返ししよう。

村上密が新たな権利侵害の証拠をあれほど大量に追加した以上、筆者の控訴は棄却されず、村上の権利侵害は必ず認定されて、彼は二審では敗訴するものと筆者は予想する。そういう意味で、二審は一か八かの賭けではなく、手堅い勝負になる。

また、杉本の控訴には、報復と賠償金支払いを延期したいという以外に動機がないと見られ、合理的な理由が何も見いだせないため、棄却される可能性が高いと筆者は見ている。控訴審は、杉本のリベンジの場ではないから、仮に当ブログの記事を大量に提出するなどしたとしても(一審も杉本は常にそうしていたが)、それは過去の権利侵害を正当化する理由としては受け入れられないだろう。

そういうことは反訴でなすべきことであるが、控訴審での反訴は、原則的に控訴人の同意なく受理されないため、杉本が筆者に反訴するのは、ほぼ不可能に近い。一審でも無意味な反訴を予告するなどして、被告らは裁判官からも反感を買っていたし、杉本はそれに加えて、裁判所の決定を「不法行為」だとまで言い立てていたが、控訴審では、賠償金も払わず、ブログ記事の完全削除もなく、一審判決に全く従う態度を見せないまま、杉本が何を求めて控訴するのかを問われ、ただ裁判所を自分の欲望に都合よく従わせたいという理由では、控訴を受理する根拠にならないとして、心証を極度に悪くするだけに終わるものと思う。

おそらく、二審判決の言い渡し後は、一審判決後よりも、さらに多くの人たちが、筆者や当ブログの主張に反対したことで、良心の呵責に苛まれることになるのではないかと筆者は予想している。

このように、筆者は、二審では勝訴は当然とみなしているどころか、訴訟とは関係ないところでも、可哀想な人として憐れまれる余地の全くない人生を歩むことが、目的の一つであると考えている。人権侵害は世に訴えねばならないが、筆者が最も訴えたいのは、私たちの信じている聖書の神の贖いの確かさであって、人権侵害の被害の甚大さではない。

神の御言葉に従う者が、あらゆる祝福にあずかること、私たち信じる者のためには、キリストを通して、天に無尽蔵の富が蓄積されていること、そして、神の御言葉に逆らう人々の運命は、非常に厳しいものとなることを、公然と世に示さなければならない。しかし、筆者はそのこととは別に、己が権利侵害がいかに深刻であるかを切々と訴えることによって、被害者と呼ばれたいとは思っていない。

筆者は第一審でも、善良な人々に出会い、信仰に基づき、また、法的根拠に基づき、丁寧かつ根気強く主張を提示し続けることによって、必ず、未来が開かれることを確信した。未熟な点があれば、学習して、それを補えば良いのであって、私たちは常に完成に向かって歩みを進めている。

そこで、筆者には何一つ絶望に至る理由などない。これからますます多くの人たちに出会い、ますます完成された主張を提示し、完成された判決へ向かい、信仰の完成を目指して歩み続けるだけのことである。

こうして、紛争が長引いても、筆者はそのことを良いことであると考えており、自分の召しが果たされるまで、忠実にその労苦を背負うつもりでいる。だが、それは決して労苦だけには終わらないだろう。キリストが私たちのために用意して下さっている命の豊かさ、栄光の前味に、生きているうちにたどり着くことも、信仰者に与えられた使命の一つであるから、この労苦には豊かな報いと慰めが伴うだろうと筆者は考えている。

そういう意味で、これほど価値ある戦いを与えて下さった神に、筆者は心から感謝せずにいられないのである。
 
* * *

さて、筆者は今、新たなる措置を準備中であるが、その過程で、杉本に関する新事実が分かった。これまで、杉本の経営する会社の住所には、アパート名や部屋番号の記載がないため、筆者はこれまでこの住所は一戸建ての持ち家だろうと思っていたところ、実はそうではなく、単なる賃借人であったことが判明したのである。

それは同番地の地番を調べている過程で分かった。同番地に3つくらいの地番があり、そのうちいずれも「杉本」の名では登録されていないことが判明、さらに詳しく調べてみると、杉本が表記している住所の後には、実際には建物名、部屋番号が省略されていることが分かった。

モバオクの表記
 


全国法人情報データベースの表記



企業がビルのテナントを借りるなどのことはよくあることだが、その際には、企業の所在地として、大抵、ビル名や階まで詳しく記載される。建物を借りていながら、まるで土地が自分の所有であるかのように思わせるような表記をすることは、そうそうあることではない。

ちなみに、この住所の真のオーナーは以下の青果店である(画像はgooタウンページより)。



杉本が経営する株式会社メディアテラスは、この青果店の所有する建物の一区画の賃借人に過ぎない。だが、杉本はまるでオーナーの店を押しのけてでも、自分がこの土地の主人だとアピールしたいかのように、オーナーと全く同じ住所表記で法人登録をし、自分が賃借人に過ぎないことがすぐには一般の人々に分からないようにしている。

正直な話、他人の所有する建物の正式な表記を省略して、まるで自分がオーナーであるかのように思わせる表記をするのはどうなのだろうかと筆者は思う。テナントならテナントらしく書けばどうなのだろうか。

特に、これまで、杉本が商工会議所の会員資格を詐称したり、東京銀杏会の資格を詐称したりしていたことを考えると、この住所表記も、偶然ではなく、何事についても自分を現実以上に誇大に見せかけようとする杉本の性格、そして、本来は自分の所有でないはずのものを自分の所有のように見せかけるパクリが大好きな性格がよく表れているような気がしてならないのだが・・・。

以下がGoogle mapで見た青果店の所有する建物の外観である。1階が店舗で3階もオーナーの所有であることが、問い合わせで分かった。貸間は2階のみだという。きっとこの青果店は、地域社会とも密着して経営されていることであろうが、商工会議所会員でないのに会員資格を名乗ったり、全国のキリスト教会をネットで叩き続け、見ず知らずの他者の個人情報を暴いたり、名誉毀損したりしている杉本のブログは、このオーナーの店にどういう影響を及ぼしているのだろうかと考えないわけには行かない。

何となく、過去にもそういう問い合わせがこの店に寄せられたことがあったのではないかという雰囲気が感じられたのである。杉本は早くブログを削除した方が大家への迷惑が減り、地域社会のためにもなると思わずにいられない。



ここには詳しく書かないが、調べたところ、他にも多くのことが分かった。たとえば、メディアテラスがヤフオクでもう数ヶ月近くも売りに出しているが、まだ売れていない以下の自転車(これがネットオークションでは同企業の現時点で最も高額の商品のように見えるが、価格を見ても、アピールポイントを見ても、なぜ今この商品なのかが全く分からない)は、さすがにこれは上記の会社住所には置けないものと見られるが、どこで撮影したのか、アパートではなく民家のような一軒家っぽい背景が移っている。



調べると、やはりこの自転車の保管場所は別にあるらしいことが分かった。たとえば、そう遠くない場所に実家があるとかいったことが考えられる。

オークションの他の出品を見てみたが、古物商でもなく、絵画などを専門に取り扱うでもなく、日用中古雑貨というだけで、独自のセールスポイントが分からない。商品の取り揃えも少なく、テーマも統一されていないため、これでは、ネットで十分な収益が上がるとも全く思えず、主な収入は、社会福祉士としての稼ぎだと想像される。
 
雑貨を売りたいならば、店舗を構えることもできるであろうがそれもなく、会社の所在地を構えながら、それとは違う場所を撮影や保管に利用していたり、間借り人としての住所で、完全に独立した生活を営んでいるようにも見受けられず、社会福祉士と、企業経営と、キリスト教会をバッシングするブログとが、一体どう結びつくのかも定かでない。

そもそも企業経営者であり社会福祉士でありながら、社会的弱者を愚弄して悦に入ったり、見ず知らずの他人の個人情報を暴いて名誉毀損して賠償金を踏み倒すなど、もはや何がしたいのかが全く分からない無定見な人生でしかない印象だ。

興味の赴くままに、あらゆることに手を広げはしたものの、明白な目的意識がなく、気が多すぎて一つの事に集中もできず、他者の手を借りずに自分だけで事を成し遂げられず、自分の欠点や不利な事実を指摘されても、これを真正面から受け入れる勇気や覚悟がないために、常に不都合な指摘は退け、易きに流れ、結局、何を手掛けても、一定の成果を出せないまま、すべてが空中に散じて終わるというパターンが感じられる。

前々から書いている通り、そういう傾向が改まらない限り、社会福祉士も長くは続かないだろう。こうして見ると、杉本の一つ一つの選択は、真に事業を成功させたいという願いに基づくものではなく、ただ「人に認められたい」とか、「人よりも上に立ちたい」といった動機(承認欲求)で飛びついた結果ではなかったのかと思わざるを得ない。

そういう性格は、村上密ともよく似ているように見受けられる。村上は今でも「宗教トラブル相談センターへの相談は尽きない」とか、「東奔西走」とかいった記事を掲載しては、自分がいかに全国から引っ張りだこになっているかを絶え間なく自慢せずにいられないという性格を披露しているが、イエスは言われた、「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、人に尊ばれるものは神には忌み嫌われるものだ。」(ルカ16:15)

杉本は第一審の終わり頃から、裁判所が杉本にとって不都合な決定を出したことを「不法行為だ」と非難していたが、今、判決の取消を求めて控訴している事実も興味深く、筆者は前々か杉本はいずれ裁判所に対しても、警察署に対しても、反抗的な態度を取るだろうと述べて来た。

それは筆者が、杉本の信仰こそ異端的見解であって、すべての異端は反社会的なものであるとみなしているためである。そこで、今、彼が判決の取消を求めている主張の根底にも、裁判所の決定を否定するのみならず、神に対する反逆の精神が流れていると見ている。

おそらく、村上もこの先、杉本と同じ行動に及ぶだろうという気がする。鳴尾教会相手の裁判の時も、彼は随分、あきらめが悪かったが、村上は、カルト牧師が心を頑なにして裁判所の判決を認めない姿勢を非難していたにも関わらず、当ブログを巡る訴訟の第二審で、自分に不利な判決が出た場合、杉本と同じように、判決を認めまいとする態度を取るのではないかと予想される。

こうして、次第に彼らの反社会的な本質が徐々に明らかになっているのが、現在である。つまり、杉本や村上のような人たちが敵対している相手は、もはや当ブログや筆者だけではなくなり、彼らを取り巻く社会全体(神と人)に広がりつつあることが徐々に明らかになっているのだ。

こうして、飽くことのない承認欲求に生きる人たちの空虚な内実は、遠からず万人の目に明らかになるだろうと筆者は思う。人に認められたいとか、必要とされたいとか、他人を押しのけてでも、自分が人の上に立ちたいとかいった願望だけが、すべての行動に先立ち、自分を誇大に見せかけることは得意でも、内実のない人々というのは、最後には風船みたいに弾け飛んで終わるものだ。

事業の失敗くらいで終わればまだ良いが、キリスト教会に立ち向かい、神に対してマウンティングをしてしまったのが、彼らの運の尽きであり、「わたしはある」という方に向かって舌を出して挑戦すれば、「おまえはない」という以外に下る結論はない。すべてにまさる真実なリアリティである方を否定すれば、虚無の深淵に落ち込んで行くだけである。

この先、彼らが言い逆らっているものが、あれやこれやの人物ではなく、社会そのものであり、聖書の神ご自身であるという事実がより公然と明らかになるに連れて、彼らにはこの世においても、自然と居場所がなくなって行くものと確信する。

そして、「交流の少ない所で生活」「情報はインターネットが頼り」だとか、「甘っちょろい空想」や、「藪の中から石を投げて顔を出さない無責任な生き方」といったレッテルも、ついにはこれを吐いた人間自身に返されて終わることとなるだろう。
 
* * * 
 
さて、少し前のことになるが、村上密は「反知性主義」と題する記事の中で、長年、自分の活動に反対して来たある人物に対して、その人物から被害を受けたとする人間の代理人となって、訴訟を提起することをほのめかしたところ、相手が折れて出て来たので、屈服させることができたと語っていた。

和解などという言葉を使ってはいるが、「相手は撤回と謝罪に応じてきた。それで双方は和解した。」と書いているので、結局は、訴訟をされたくないなら、自説を捨てて謝罪せよと圧力をかけて、相手を屈服させることに成功したということである。

この記事で村上は書いている。

「嫌いと言う感情は嫌いとされた相手の実像を捉えることができない。相手をネガティブにしかみれない感情は、反知性主義に陥っているからだ。以前、私に対して何でも反対の立場を表明した人がいた。彼は公私にわたって反対した。しかし、私の主張や働きが一時的に足止めを食ったりはしたが、挫折に追い込まれたことはない。」

まるで自分は無敵だと豪語するような文面である。だが、嫌悪感と反知性主義はそもそも関係ない事柄のはずであるから、村上がここで使っている「反知性主義」の定義とは、感情に流されて理性できちんと物事を考慮できないといった意味合いで、反知性主義の本来の定義からは離れている。

反知性主義という言葉の本来的な意味は、「日米で異なる2つの「反知性主義」とは?その意味と論点を正しく理解する為に 」という記事では、次のように紹介されている。

「反知性主義はもともとアメリカで生まれた概念で、「知性と権威が強く結びついている社会や、知識のあるものが権力を持つという風潮に対する反発」を表しています。「知性そのもの」を否定しているのではなく、「既存の知性主義や権威」を否定するものなのです。」

村上は、以上の記事で屈服させた人物が、牧師であるとは書いていない。だが、村上がキリスト教界の多くの牧師に対して、争いをしかけて来たこと、訴訟をほのめかすか、もしくは実際に訴訟をしかけるなどの方法で、牧師らを屈服させて来たことは事実である。

ちなみに、筆者は以下に再び引用する通り、かつてアッセンブリー教団、いや、ペンテコステ運動そのものが反知性主義に陥っていると書いたことがあった。

そして、筆者のこうした指摘は、iRONNAの記事「安倍晋三政権の「反知性主義」」(榊原英資著)の前半で、アメリカのキリスト教原理主義を分析した文章を読んでも、的を外れたものではないと考えざるを得ない。

「反知性主義」とはもともとアメリカのキリスト教原理主義者達が進化論等の科学的分析に対し反発した事等を指したものでした。かなりの社会的地位のある人達が平然と科学的分析を否定し、キリスト教の絶対性を説くといった現象は他の国にはあまり見られないものでした、アメリカ建国以来、何度かにわたって訪れたリバイバリズム(信仰復興運動)とも密接な関係があるとされています。

 アメリカという国自体、旧イングランドを脱したピューリタン達が神との新しい契約のもとで「新しいイングランド」を創設するという壮大な実験でした。そしてそのリーダーシップをとったのは高学歴の牧師達でした。彼等は入植後わずか一六年で牧師養成機関としての大学、ハーバード大学を作ったのでした。知性を重んじるこうした動きは、次第に権威と結びつき、アメリカのエスタブリッシュメントになっていったのです。

 こうした権威に対して民衆に信仰を取り戻すという運動として、新たな布教運動が拡がっていったのです。その主導者達は教会を持たず牧師の資格も持たず命がけで土地・土地を巡り布教活動をしていったのでした。大衆をターゲットにし、神の前の平等を説く彼等の辻説法は、人口が爆発的に増え、同時に生まれた字も読めず教養もない層に熱狂的に受け入れられたのでした。それが反知性主義の原点であり、極端に言えば、アメリカという国の原点だったのです。つまり、アメリカの反知性主義はアメリカ的宗教革命だったということもできるのでしょう。

 そして、反知性主義は大衆民主主義(マス・デモクラシー)が拡大する中で権力が大衆に媚(こ)びる手段にもなってきたのでした。知識人、あるいはインテレクチュアル、は社会のエリートであっても少数派です。知性主義を否定し、法の前の平等、実用主義等を説き、権力が直接大衆にアッピールするためには反知性主義は有力な手段の一つにもなりうるという訳なのです。」



だが、以上の文章には、筆者から見ると、多少の誤謬が混じっているので注意が必要である。たとえば、進化論に反対することを、この論者は「反知性主義」に分類しているが、このような考え方に立つと、およそすべての信仰はみな「反知性主義」に分類されることになる。

そうしたステレオタイプなものの見方は、ちょうど20世紀に「科学」に対する絶対的なまでの信頼が高まった時代に(科学万能主義が生まれた時代に)、「科学」対「信仰」という単純な二項対立の図式が作られ、あらゆる宗教への信仰は非科学的だという理由から、キリスト教の信仰に対しても批判が展開されたのと大して変わらない。

現代では、「科学」対「信仰」という対立の図式を「知性」対「信仰」といった図式に置き換え、「キリスト教原理主義者」や「聖書原理主義者」に「反知性主義」というレッテルを貼って、あたかもすべての信仰が、反知性主義的なものであるかのような先入観を作り出し、それがキリスト教信仰(聖書信仰)を攻撃するための材料として利用されている。

そのようなステレオタイプなものの見方に立って、聖書信仰をいわれもなく否定、非難したものが、杉本の記事だったと言えよう。

だが、実際には、以下で詳しく述べるように、信仰は決して知性と対立するものではなく、また、人間の知性の中には、誤った知性というものも存在することを考える必要がある。

当ブログで再三、警告して来たグノーシス主義などは、特に、「偽りの知性」「誤った知性」を「叡智」のようにみなす思想であるから、知性という名で呼ばれるものが、何もかも正しいとみなすと、こうした誤った知性を警戒して退ける試みさえも、「反知性主義」というレッテルを貼られて排斥されることになりかねない。
 
人間の生まれながらの知性は不完全なものであり、真理を啓示できるのは、聖霊だけであり、よって、聖書に基づく信仰を通してでなくては、人は正しい知性にたどり着くこともできない、というのが当ブログの見解である。

そうした考えに立って、筆者は、科学が必ずしも知性的であるとは限らないし、進化論が正しい知性の産物であるとも全く考えていない。だから、進化論を否定したからと言って、それが「反知性主義的」であることの証拠にも全くならないとみなしている。

このように、以上の論説には、科学万能主義が唱えられていた時代の再来のように、科学に反対するあらゆる信仰を「反知性主義」に分類してしまいかねない危険な二項対立の図式が含まれていることに注意せねばならないが、それ以外の点では、興味深い指摘も含まれている。

それは、この論説では、ペンテコステ運動という言葉は登場しないものの、アメリカでエスタブリッシュメント層に対する反発として生まれて来た新たな「宗教革命」すなわち、信仰復興運動が、反知性主義的な傾向を持っていると指摘されていることである。

もちろん、この信仰復興運動の中で、ペンテコステ運動がかなり大きなウェイトを占めていることは間違いないだろう。なぜなら、教養もなく、場合によっては字も読めない大衆をターゲットに、辻説法を繰り広げるだけでなく、異言や奇跡的な癒しなどの超自然的現象を強調しては、大衆の注意を惹きつけ、圧倒的な支持を受けて拡大して来たのが、ペンテコステ運動だからである。

聖霊派とも呼ばれるこうした運動には、従来の福音派の説教にはないダイナミズムが伴い、それゆえ、大衆の支持が得られた。マスメディアを通じて、ムードたっぷりの讃美歌や、心を打つ信仰の証などをふんだんにちりばめ、感動的な礼拝風景をテレビやネットを通じて配信するなどして大衆の支持と注目を集めたのもこの運動である。

そこで、以上の論説が、大衆の支持を背景に生まれて来たペンテコステ運動の流れを汲む米国の信仰復興運動が、反知性主義によって特徴づけられると記していることは、筆者の指摘とも共通する部分があって興味深い。

村上密が所属しているアッセンブリー教団も、言うまでもなくペンテコステ運動に属する。そして、村上が、記事において、牧師が聖書の解釈を独占していると非難していることを思い出すと、これこそ、牧師だけが聖書の解釈を独占することで、「知性と権威が強く結びつく」キリスト教界に対する「反知性主義的反発」として登場して来た説だと言えよう。
 
以上の記事で解説されていたように、反知性主義を、「知性と権威が強く結びついている社会や、知識のあるものが権力を持つという風潮に対する反発」とらえるならば、もともと反知性主義的な傾向を持ったペンテコステ運動の中から、牧師が御言葉の解釈を独占することで、「知性」を独占し、それゆえ牧師が「権威化」されるという風潮や制度そのものに対する反発として、カルト被害者救済活動、すなわち、村上密の反カルト運動が生まれて来たのだと言える。

ちなみに、当ブログでも、牧師制度は無用なものであるとみなし、信者が牧師から聖書の御言葉を咀嚼して「霊的な乳」を飲ませてもらわなければ、自分では聖書を理解もできない状態をあたかも正常な状態であるかのようにみなすプロテスタントの牧師制度は、信者の霊的前進を妨げる障害物にしかならないので、撤廃されねばならないという見解を幾度となく述べて来た。

今や聖書の理解が牧師によって独占されている状態に終止符を打ち、聖書がより一般に解放されて、信者一人一人が自ら聖書を理解する時代が来なければならず、プロテスタントからの新たな宗教改革が必要なのである。

この見解は、村上の指摘と一見、似ているように見えるかも知れない。村上だけでなく、杉本もプロテスタントの牧師らの権威主義を強く非難し、また、唐沢治もまたニッポンキリスト教界の牧師らを非難し続けて来たのであるから、当ブログと以上の人々の主張の間には、何かしらの共通点が見いだせるように思われるかも知れない。

だが、これらの人々の牧師批判と、当ブログの主張とでは、似ているようで、決して見逃すことのできない大きな相違点がある。

それは、当ブログは、知識が一部の人々によって独占された結果、権威もまたその人々によって独占されるという状態には反対するものの、以上の3名が行っているように、知識と権威の両方を否定して排斥しようとは全く試みていない点である。

当ブログでは、「知性」と「権威」とが結びつくこと自体を否定したことは一度もない。

むしろ、当ブログでは、聖書には「主を畏れることは知恵の始め。」(箴言1:7)と聖書にあるとおり、要するに、すべての「知性」の根源は、神を知る知識、すなわち、聖書の御言葉を御霊によって理解することにこそあり、聖書の御言葉に忠実に生きることこそ、その者が他の者に対して霊的優位性を勝ち取る秘訣であると述べて来た。

つまり、聖書の御言葉の理解に精通した者が、他の者に先駆けて知識と権威を得るのは当然のことであって、正しい法則であるということを、繰り返し述べて来たのである。

歴史を振り返っても、キリスト教国がそれ以外の諸国に比べて早期に経済発展を遂げた事実や、プロテスタントの精神が資本主義の発展を促した事実の中に、聖書の御言葉への理解がいかに経済的な利益とも見えない領域で結びついているかを確認することができよう。

筆者の見解では、経済発展の真の原動力になったのは、科学の発達ではなく、むしろ、聖書に立ち戻ろうとする信仰復興運動である。時代を超えて、聖書の御言葉に忠実に歩もうとするキリスト教の最先端の信仰復興運動こそ、あらゆる経済発展の真の原動力となって来たのである。

従って、プロテスタントの牧師が他の信者に比べて精神的・経済的に優位を誇っている根拠も、牧師が御言葉を取り継ぐ者として、聖書の理解を他の信者から奪って独占していることにこそある。

こうして、聖書の御言葉に精通した者が、他の者に先駆けて知識や権威を得るという原則は、非常に信仰的な意味合いが薄れているとはいえ、たとえば、我が国において、官僚や知識人の多くが法律の専門家から成るという風潮の中にも見て取れる。

法律の解釈と出世とは一概に結びつかないように見えるであろうが、こうした風潮の中には、ちょうど律法学者らがラビとして民に敬われていたのと同じような原則を見ることができる。法律は死んだ条文ではなく、生きた言葉であり、そこから命を汲み上げることのできる人たちは、それができない人たちに比べ、知的に優位に置かれるのである。それはその法が人間を各種の脅威から守り、救い出すことができる根拠だからである。

この世の法でさえそのような機能を果たすわけであるから、ましてや聖書の御言葉に精通した者がこの世のすべての人々に超越した霊的優位性を得て、知識と権威を得るのは当然である。

従って、こうした観点から、当ブログでは、知性と権威が結びつくことそれ自体は、誤ったことではないとみなしており、問題は、聖書の知識の理解が、これまでのすべての時代において、一部の聖職者階級によって独占されて来たこと、それゆえ、ほんの一部の人々が、他の信者よりも優位に立って、経済的にも、その他の面でも、特権を得ているという状態が、望ましくないと述べている。
 
当ブログでは、今日のプロテスタントの牧師たちは、かつてカトリックの聖職者たちがそうであったように、聖職者階級となって聖書の御言葉の理解を独占することで、一般の信者たちが自ら聖書の御言葉を理解するのを妨げており、それゆえ、こうした状態から信者が解放されて、聖書の御言葉が万人に解放されるという最後の信仰回復運動が到来せねばならないと述べているのである。

このように見ると、当ブログの主張は「反知性主義」に立つものではない、と言うことができる。むしろ、知性をより一般に普及させることで、知性と権威の底上げとでも言うべき状態を目指すべきというのが、当ブログの主張である。これは決して「知性」と「権威」とが結びつくことそれ自体を否定するものでもない。

反知性主義とは、当ブログの主張とは異なり、知性を持つ者が、それを持たない者に対する優位の証しとして、権威を獲得すること自体を否定する考えであるから、根本的に、唯物論から出て来た発想であると言える。

そして、ペンテコステ運動に見られるやたら奇跡を重んじる体験主義なども、反知性主義から出て来た傾向であることは、すでに幾度も解説して来たが、カルト被害者救済活動を率いる村上密や、ニッポンキリスト教界を非難し続ける唐沢治などは、当ブログとは違って、まさに反知性主義的観点から、牧師らを非難しているだけであることに注意しなければならない。

それが証拠に、村上も唐沢も(杉本も)、牧師らをただ非難し続けるだけで、決して聖書の御言葉への忠実な理解に立ち戻ろうとはしない。むしら、これらの人々は、プロテスタントの問題性、牧師らの腐敗を追及・非難すればするほど、ますます聖書の御言葉を知る知識から遠ざかり、異端的教説に接近して行くだけである。
 
要するに、この人たちは、反知性主義に基づき、牧師を非難することで、「知性」と「権威」の両方を同時に否定しているだけなのである。そのために、かつては大学講師をつとめ、知識人の一人のように見えた唐沢治でさえ、アカデミズムを去って、怪しげな新興宗教の指導者が宣伝するようなごちゃまぜの異端的教説を公然と宣べるようになったのである。

当ブログでは、随分前から、唐沢や村上のネット上の論説が、極端なまでの劣化の道を辿りつつあることを指摘して来た。数年前から、唐沢の文章も、匿名掲示板の投稿とほとんど変わらないようなレベルになっている事実は見逃せない。

こうした知的劣化(荒廃?)は、彼らの反知性主義的な理念のもたらした必然的な結果だと筆者は見ている。では、知性が欠如(劣化)すると、その次に何が起きるのであろうか。権威の崩壊である。

筆者は、グノーシス主義とは、悪魔が人類に吹き込んだ「偽りの知性」であって、それは根本的に「無知」であると述べて来た。

聖書が神の霊感によって書かれた書物である以上、聖書の御言葉を理解するためには、聖霊による導き(啓示)が必要となるが、今日、聖霊の名で呼ばれているあらゆる運動が、真に御霊によって生まれたものなのではない点に注意しなければならない。

キリスト者は、飽くことなく、聖霊の働きを追い求めるべきという点において、聖霊派は、確かにキリスト教の中でも、最も先駆的な信仰復興運動なのであるが、残念ながら、その中には数多くの偽りの霊による運動が入り込み、ペンテコステ運動にも、聖書の御言葉の深い理解を得ようとするのではなく、感覚的な享楽をもたらす体験を重んじることで、信者が知性によらずして、神を知ろうとする「さかさまの探求」が込められている。

ペンテコステ運動とは、そういう意味で、鈴木大拙の言う「二度目の林檎」と同じものなのである。つまり、これは信者を知性へと導くように見せかけて、無知へと導く偽りの知恵に支えられた運動である。

村上密も、唐沢治も、杉本徳久も、みなペンテコステ運動に多大なる影響を受けていることは幾度も指摘したが、その結果として、彼らは聖書の御言葉を知る知識と権威の両方を否定するようになり、自分自身がまさにその両方を失おうとする直前まで来ている。今日、すでに彼らからは知識が失われているが、次に失われるものは権威である。

当ブログが提起する訴訟は、彼らの知性が偽物であることを公にし、彼らの権威が完全な失墜に至るための導火線のようになるだろうと筆者は考えている。なぜなら、上記の通り、本来、知性と権威とは不可分の関係にあり、聖書の御言葉を知る正しい知識こそ、人に権威を与えるものであるから、神を知る知識すなわち聖書の御言葉への正しい理解を捨てた者は、もはや自己の尊厳を守れず、自分で自分の命を失う結果となるからだ。

不正や暴虐によって得た利益は、その人を滅ぼす。強制脱会活動などに関わって金銭を蓄えた者、罪もない者を陥れるために策略をしかけた者らの富は、恐怖と災いがつむじ風のように襲うとき、あっけなく奪われ、取り去られる。

しかし、主の御言葉に従う者は、地上においても確かな住まいを得て、災いを恐れることなく暮らす。神の御言葉を知る知識は、人の生活のすべての面における繁栄と平穏の根拠なのである。

最後に、箴言第1章を引用しておきたい。

「イスラエルの王、ダビデの子、ソロモンの箴言。

 
これは知恵と諭しをわきまえ
 分別ある言葉を理解するため

 未熟な者に熟慮を教え
 若者に知識と慎重さを与えるため。

 これに聞き従えば、賢人もなお説得力を加え
 聡明な人も指導力を増すであろう。

 また、格言、寓話
 賢人らの言葉と謎を理解するため。 

 
主を畏れることは知恵の初め。
 無知な者は知恵をも諭しをも侮る。

 わが子よ、父の諭しに聞き従え。
 母の教えをおろそかにするな。

 それらは頭に戴く優雅な冠
 首にかける飾りとなる。

 わが子よ
 ならず者があなたを誘惑しても
 くみしてはならない。

 彼らはこう言うだろう。

一緒に来い。待ち伏せして、血を流してやろう。
 罪もない者をだれかれかまわず隠れて待ち
 陰府のように、生きながらひと呑みにし
 丸呑みにして、墓穴に沈めてやろう。

 金目の物は何ひとつ見落とさず
 奪った物で家をいっぱいにしよう。

 我々と運命を共にせよ。
 財布もひとつにしようではないか。

 わが子よ
 彼らの道を共に歩いてはならない。
 その道に足を踏み入れるな。

 彼らの足は悪事に向かって走り
 流血をたくらんで急ぐ。

 翼あるものは見ている。
 網を仕掛けるのは徒労だ。

 待ち伏せて流すのは自分の血。
 隠れて待っても、落とすのは自分の命。

 これが不当な利益を求める者の末路。
 奪われるのは自分の命だ。

 
知恵は巷に呼ばわり
 広場に声をあげる。 

 
雑踏の街角で呼びかけ
 城門の脇の通路で語りかける。

 「いつまで
 浅はかな者は浅はかであることに愛着をもち
 不遜な者は不遜であることを好み
 愚か者は知ることをいとうのか。

 立ち帰って、わたしの懲らしめを受け入れるなら
 見よ、わたしの霊をあなたたちに注ぎ
 わたしの言葉を示そう。

 しかし、わたしが呼びかけても拒み
 手を伸べても意に介せず

 わたしの勧めをことごとくなおざりにし
 懲らしめを受け入れないなら

 あなたたちが災いに遭うとき、わたしは笑い
 恐怖に襲われるとき、嘲笑うであろう。

 恐怖が嵐のように襲い
 災いがつむじ風のように起こり
 苦難と苦悩があなたたちを襲うとき。

 そのときになって
 彼らがわたしを呼んでもわたしは答えず
 捜し求めても
 わたしを見いだすことはできない。

 彼らは知ることをいとい
 主を畏れることを選ばず

 わたしの勧めに従わず
 懲らしめをすべてないがしろにした。

 だから、自分たちの道が結んだ実を食べ
 自分たちの意見に飽き足りるがよい。

 浅はかな者は座して死に至り
 愚か者は無為の内に滅びる。

 わたしに聞き従う人は確かな住まいを得
 災難を恐れることなく平穏に暮らす。

PR

さて、筆者は訴訟を巡る一通りの手続きに、ぜひとも習熟したいと考えている。弁護士でも知らないか、もしくは弁護士でもなかなかできないような手続きであっても、全部、一通り自分で経験したいと願っている。

筆者はもともと弁護士という職業を好かない。だが、それでも、筆者はこれまでたくさんの文書を書いて来たことはあっても、弁護士に匹敵する訴訟の経験はないため、まずは基礎的な学習として、昨年に代理人なしで訴訟を起こし、これを通して訴訟手続きを知ろうとしたのであった。

訴訟を起こすまでの間に、ADRを経験していたので、それが十分な予行演習となってくれた。訴訟に踏み切るまでには、訴訟というもの自体に非常に大きな心理的抵抗があったが、実際に経験してみると、ADRの方がずっとプレッシャーが大きかったことが分かった。舞台としては訴訟の方がはるかにスケールが大きく、ADRと比べものにもならない大きな満足感があったと言えるだろう。

だが、訴訟を通して得られる満足感のことなど、語る人は少ないかも知れない。そして、筆者が語っている「満足感」というのは、普通の人々が考える判決内容、すなわち、賠償額や、認定された事実などだけを指すものではない。

何よりも、訴訟は、裁判官との付き合いも長くなり、1、2回の審理で終了するADRに比べ、当事者とのリアルな関係を経験することができるため、人間観察の貴重な機会が与えられる。

期日を設定するための原告被告の巧妙な駆け引きや、書面の出し方、スケジュールに追われる裁判所関係者との良好な関係の築き方、もしくは、たとえ反感を買っても、断固として主張を述べなければならない時に、どう勇気を奮い起こして発言すべきか、口頭弁論で議論すべきか、書面で主張を戦わせるべきか、その他、様々な裏技のようなテクニックに至るまで、長く続く審理の間に、学習できることは無限にある。

筆者は、ADRの経験しかなかった頃は、とにかく紛争を早く終わらせるために、短期間に圧縮して書面を出し切ってしまうことが最善であるという考えを持っていた。1回か2回で審理が終わり、もう二度と会うこともない関係者にとっての読みやすさなど度外視である。だが、訴訟においては、書面の出し方が全く異なることが分かった。

訴訟は、初めから、非常に小さな事件を除いて、じっくり、ゆっくり時間をかけて当事者に向き合い、少しずつ、物事を明るみに出していくことになるため、短期間で圧縮して書面を出し切ったから早く終われるという結果には必ずしもならない。

そして、何よりも、訴訟で出される書面は、ただ紛争を有利に解決したいがために、自己の主張を一方的に述べるものではなく、要するに、裁判官に宛てたラブレターのようなものだということが、次第に分かって来た。

むろん、書面には、被告に対する反論、説得、非難、叱責、懇願、求釈明などの意味も込められることになるが、何よりも、裁判官の心を動かすことを目的として書かなければ、誰に何を訴えるために書いているのか、意味を失ってしまう。

そういう意味で、明らかに、書面は生きた人間に宛てた手紙のようである。論敵と激論を戦わせることにばかり目が行っていると、裁判官に判断を仰ぐという一番重要な目的を見失ってしまう危険があることも分かった。
  
そこで、書面の出し方(内容や形態)は、それが裁判官にどのように受け止められるかを最も重視して決めることになる。ADRではそのような配慮はそれほど大きくものを言うとは思われなかった。それは、長期に渡る紛争だからこそ、生まれる人間関係への配慮である。
 
また、一見、書面を短期間で出し切り、紛争が早期に解決する方が、人間にとっては利便性が高い解決策に見えるかも知れないが、時間をかけて主張を争うことにより、物事が非常に深いレベルまで明らかにされ、その結果として、心に深い満足を得られることが分かった。
 
筆者は今回、訴訟の他に、強制執行や、間接強制の手続きも学ぶことができ、いわば、無からお金を作って行く方法を学んでいると言える。

これは知れば知るほど実に面白い手続きだと思わざるを得ない。なぜなら、学術論文はどれほどの分量を執筆しても、それ自体はお金にならず、著書として売り出すでもしない限り、利益には結びつかないが、訴訟手続きにおいては、自ら執筆する一文一文が、まさに請求の根拠となって行くからである。

こんな風に、文章が請求に直結するという分野を、筆者は訴訟以外では見たことがほとんどなかった。そして、訴訟においては、様々な権利侵害の事実の有無が争われ、幾分か抽象論も展開されるが、判決確定後は(仮執行も含め)、判決をいかにして実際に金銭に変えるかという「命令」の「実体化」とでも言うべきプロセスが手続きのメインとなる。これが訴訟につきものの、もう一つの顔としての各種の強制執行の手続きである。
 
今回は強制執行と供託から配当までの流れを理解したので、この分野で、筆者はまだ経験していないものは動産執行、不動産執行の手続きである。

筆者が見たところ、今の段階では、当ブログを巡る紛争のスケールは、賠償額の大きさから判断しても、不動産執行に値するものではない。せいぜい全店照会をして口座を特定して強制執行に及ぶか、勤務先を特定し、給与の差押に及ぶ程度のものだ。

だが、筆者の心には、実はこの先、もっと大きなスケールの差押をしてみたいという願いがかねてよりある。そして、やはりそのスケールの大きな差押の最たるものは、不動産執行でないだろうかという気がしている。

この事件で、そういうことが将来的に起きるのかどうかは知らないが、いつか必ず、その過程を学ぶことになるだろうと、筆者は前々から心に確信している。小さな元手で、最大限のものを獲得する、言葉によって、最大限の実体をつかみ取る、そのための方法がこれなのである。司法制度以外の場所では、言葉を用いた主張を駆使して、最終的にこのような結果を勝ち取る手続きはまず存在しないだろう。

不動産の話はさておき、当ブログを巡る事件は、筆者にとって、まさに筆の力を使って、無から有を生み出すための摩訶不思議な世界に足を踏み入れるための、うってつけの学習に相当した。これはあらゆる点で、筆者の望みに沿っていた。

訴訟を起こすまで、当ブログは完全に無料ですべてを筆者のコストとして執筆されるものでしかなかった。このブログによって何かの権利を獲得するとか、利益を得るとか、もしくは損害の補てんを得るといった考えは、筆者には全くなかった。
 
ところが、そのブログが、人生で大きな紛争の舞台となるだけでなく、権利侵害の事実を通して、金銭的賠償を得る根拠となった。これは筆者が当初全く意図してさえいなかったブログの全く別の効果というか、威力のようなものである。

当ブログを巡る事件は、そのスケールが、長い時間をかけて、実に小さなものから、実に巨大なものへと、雪だるま式に拡大しつつあるところも、実に不思議である。

そもそも、事の発端はからし種のような紛争でしかなく、始まりはただ1件の筆者が投稿したコメントであった。

2009年に筆者が杉本に依頼した1件のコメントの削除を、杉本がすんなりと聞き入れて、これを削除していれば、このような訴訟が起きることは絶対になかった。

この1件のコメントを削除するとかしないとかいった問題は、その当時、実に些細な事柄でしかなかったように見えた。にも関わらず、それが年々、より大きな紛争に発展し、ここまでのインパクトを持つものとなったのである。

それでも、筆者が昨年、杉本に調停を申し入れた際には、杉本が投稿していた明白な権利侵害の記事は、まだごくわずかに2、3本程度でしかなかった。
 
この時点で、杉本がこれらの記事を速やかに削除して、微々たる賠償金を支払っていれば、事件は速やかに終わっていたであろう。だが、民事調停での和解は困難となり、筆者が訴訟に転じると予告すると同期に、杉本は20本以上のあからさまな筆者に対する名誉毀損の記事を投稿、まさに訴訟にふさわしいスケールの権利侵害が生じ、賠償額があっという間に膨らんだのである。

今また筆者が一審判決で命じられた賠償金を杉本に供託で支払うよう求めたところ、杉本がこれを拒否する回答を寄越した。このことは、二審に大きく影響するだろうと筆者は見ている。そもそも一審判決に従わない人間が、控訴してみたところで、印象は極めて悪く、裁判官がこれを合理的な訴えとみなすことはないと筆者は思わずにいられない。

だが、それ以上に、杉本に対する賠償金の取立がこれほど困難を伴うことが一審で分かってしまうと、二審でも、裁判所による調査嘱託等の方法を用いて、予め勤務先を特定するなどして、二審判決を実現に移すための布石を打つことが認められる可能性が高まる。

従って、探偵その他を使って勤務先を特定するのが得策でない場合であっても、どんなに遅くとも、二審の途中で、そうした事情は判明すると考えられるのだ。さらに、来年には民事執行法の改正が予定されており、債権者がある程度、債務者の勤務先や口座情報を特定できるようになる。

記事「【民事執行法 改正見込】相手の口座や勤務先不明で諦めていた養育費が取立てしやすくなります」を参照。

これによると、来年4~5月あたりに民事執行法が改正されて、「第三者からの情報取得手続」という制度が新設されて、債権者が裁判所を通して市町村や年金事務所に照会をして、債務者の勤務先を調べられるようになるという。また、裁判所から銀行の本店に照会をして、債務者の銀行口座や預金残高等まで把握できるようになるのだという。

むろん、こうした手続きはすべての訴訟に適用されるわけではなく、また、これらの手続きは、誰もに100%結果を出せると保障するわけではないにせよ、賠償金の踏み倒しを許さないための大きな進歩となることは間違いなく、その改正が間近に迫っているのだ。
 
そういう意味でも、当ブログを巡る事件は、まさに学習にはうってつけの機会である。このように、筆者はこの紛争を聖書に基づくキリスト教の理念を巡る争いであると考えているが、それだけでなく、訴訟という一連の手続きに習熟するためにも、実に良い学習の機会なのである。

なぜこのような学習の機会が与えられているのかは知らないが、何か深い意味があるのだと筆者は考えている。
 
筆者から見れば、杉本がたった1件のコメント削除を拒んだのを機に、筆者に対しておびただしい呪いの言葉のような権利侵害の記事を投稿した結果、ついには職も失えば、家も失い、有罪判決を得るといった究極的な自滅的結果へ向かっているように見えるのは、実に驚くべきことである。

おそらく、こうした自滅行為は、賠償額の拡大とも密接に関連しているものと思う。だから、おそらく今、一審判決にさえ従おうとしない杉本には、二審ではもっと支払いが困難な額が言い渡される可能性は否定できない。
 
一見すると、事件がただこじれにこじれているだけに見えるかも知れないが、筆者はこのような運びになっていることには深い意味があると感じており、そこから実に多くの学びを得て、論敵の脅しを粉砕する方法のみならず、受けた損失を具体的に取り返すための実効的な手段を着々と学び、手に入れている。
  
上記した通り、この事件は、たった1件のコメントを巡って始まったのであり、いつ終わってもおかしくない小競り合いのような内容であったのに、未だに究極的な結論へ向かって拡大し続けていることは、驚くべき事実である。こんな事件は、地上では、お目にかかろうと思っても、そうそう滅多に起きることではないだろうと思う。

筆者自身も、杉本が悲劇的結末に至らなくて済むよう、猶予に猶予を重ねて来たというのに、杉本はわざわざその合理的選択肢をことごとく蹴って、自滅の方向へひた走っている。これぞ悪霊のなせるわざとしか言いようがない。それと共に、紛争の規模――受けた権利侵害のインパクトも、さらに拡大し続けて、筆者が最も厳しい措置を取ることさえ十分に想定されるような方向へ向かっているのである。
 
杉本は今、勤務先にしがみつき、筆者の取立が、精神的苦痛であり、心理的に追い詰められているなどと、不満をつらつらと書き連ねては、賠償金の支払いを拒んでいる。だが、筆者は杉本に電話番号を通知しておらず、杉本は筆者からの電話に全く出ておらず、通話も成立していない以上、杉本が、筆者の電話による取立の「権利侵害」を主張できる証拠はどこにもない。

非通知の電話がただかかって来たというだけでは、通話記録も出せず、迷惑電話も主張できない。なぜ着信音が鳴らないようにするなど、自分でそれなりの対策を講じなかったのですか、と首をかしげられるだけであろう。

筆者から見ると、杉本は絶えず雨漏りがし、隙間風が吹く家で、修理もせずに、我慢し続けながらその家に住んでいる住人のようなものである。やたら文句ばかり言って、すべての負の出来事を回りのせいにして、自分以外の人ばかりを責め続けて生きているせいで、自分で取るべき対策が何一つ見えず、自分で自分を守るための工夫が全くできないまま、今に至っているのである。

だから、杉本が職場が大切と、仕事にしがみついているのも、自分のためではなく、何が人生で一番大切であるかが分からないために、人に自分を認められるという二義的な満足を最優先して生きているからであるとしか思えない。おそらく、そうして何が本質的に重要であるかを根本的にはき違えているせいで、この先、健康も職場と一緒に失いかねない危うさを非常に感じるのである。

目先の利益にしがみつくと、こういう本末転倒な結果になるのだ。職場を守るためにも、本来は、一審判決に速やかに従うべきである。健康を守るためにも、早く賠償金を支払うべきである。職場が駄目になっても、健康が駄目になっても、どちらもいけないのだから、二つとも守るためには、まず判決に従うことがベストである。

ところが、杉本は最も優先すべき事柄を後回しにして、二義的な利益だけを守ろうとすがりついているから、結局、それらはすべて失われて行くことになるのである。

だが、筆者は、早期に取立を終わりにすることで得られる利益もさることながら、かえって、これを機に、一通りの強制執行をみんな実行してみるのも悪くないと考えている。

何しろ、そんなことをやろう、やっても構わないと思う悪質な相手には、まずお目にかかれない。普通の人たちを相手に、そこまでのことをしようとは、筆者もさすがに思わない。だが、このような貴重な機会はまたとない人生経験である。何のために役立つのかは知らないが、今、できる限りの学習を積んでおくことは悪くない。
 
筆者は再三に渡り、杉本にとってダメージの少ない方法を提案して来たにも関わらず、向こうがそれをことごとく拒んでいるわけだから、筆者がより厳しい、いわば、最後の手段に出たとしても、そうせざるを得ないだけの事情があったことは、誰でも分かってくれるはずだ。もはや非難する者はあるまい。

* * *
 
さて、杉本が筆者に供託を断って来て後、ただちに村上密がまたしても愚かかつ的外れな記事を投稿した。そして、村上が記事を投稿すると、間髪入れずに、杉本が当ブログを訪問して、「マーキング」していく。こうした現象が、彼らの間では、もはやお決まりのパターンと化しているのだが、そういうところを見ても、二人の間の悪の連帯の強さを筆者は感じざるを得ない。

さて、村上の記事の何がおかしいのか、どれほど多くの間違いがあるかを見ておこう。

名前はいつか分かる


「委任者と代理人との関係は、委任者ができないことを代理人に委任するわけだが、代理人は委任者からの情報が十分でないと解決に持っていけない。今まで解決に時間がかかったのは、委任者が名前を明かさないで解決してほしいとの依頼だ。その場合は、取り組む中で別の問題が浮上してきて、別の被害者が委任者となって問題解決に至るケースがあった。基本は委任者は実名で委任状を出し、相手が代理人だとわかるように委任状を見せるように要求された時、その書面を見せるわけである。警察でも実名で訴えなければ警察は訴えを扱ってはくれない。警察に実名を教えてほしいと言っても警察は伝えることはない。しかし、裁判では公開されているので、知ろうとしたい場合はだれでも知ることができる。芸能人が裁判で被害を訴えた。芸名で訴えるわけではない。芸能人が実名を出したくなくても、民事訴訟では原告は名前を出さずに訴えることはできない。それで、裁判に提出された書面を見れば実名はわかる。裁判に出た名前は公にできる。なぜなら、裁判は公開されているからだ。裁判で訴える場合は、匿名や芸名やハンドルネームで名前を隠すことはできない。ただし住所を伏せることはできる。弁護士事務所宛にしておけばよい。」

村上はこの記事で無知をさらけ出している。

まず「警察でも実名で訴えなければ警察は訴えを扱ってはくれない。」との一文だが、これは告訴人についての話なのか、被告訴人についての話なのか、その違いさえ明らかにされていない。

これが被告訴人を想定しているとしよう。
 
被告訴人の名前は明らかにせずとも訴えられる。たとえば、掲示板の投稿者について、人物が特定されていないからと言って、告訴状が出せないということはない。氏名住所不詳のコメント投稿者相手でも、十分に告訴状は出せる。

さらに、では、被告訴人をペンネームで訴えることができないのかと言えば、それもない。むしろ、警察は実名を特定して誰かを訴えることには、常にその相手から虚偽告訴罪を主張されるリスクが伴うため、できれば氏名を特定せずに訴えることはできないかと最初に勧めて来る場合が多いであろう。このように、刑事事件においては、実名を特定せずに誰かを訴えるということは、往々にして行われている。

次に、村上は書いている、「芸能人が実名を出したくなくても、民事訴訟では原告は名前を出さずに訴えることはできない。」これも間違いである。訴訟は、どうしても名前を出せない事情がある場合には、原告番号で提起することも可能なのだ。実際に、ハンセン病の絶対隔離政策による人権侵害を巡る訴訟や、薬害エイズ訴訟などにおいても、個人の病歴を明らかにすることが望ましくない場合には、原告番号による訴訟が起こされている。

さらに、村上は別の間違いも犯している。「裁判に出た名前は公にできる。なぜなら、裁判は公開されているからだ。」これも大きな間違いである。実際に判例集などを見てみれば良い。ほとんどの判例集において、一般人の原告や、被告の名前は、XとかYなどに置き換えられている。それは個人の氏名などは本人の意に反して公表されることが望ましくないプライバシー情報に当たるからである。

筆者が杉本相手に一審で主張した中でも、電話帳ですでに公開されている氏名や住所をインターネットに公開することが許されるかどうかを争った裁判例を引き合いに出した。その事件で下された判決は、電話帳に記載された個人情報も、ネットに無断で掲載すれば、プライバシー権の侵害に当たるというものであった。たとえば、以下のQ&Aを見て見れば良い。

弁護士ドットコム「民事裁判の内容をネット上の書き込みしていい?

このQ&Aでは、自分が被告とされた訴訟の内容をブログに公開しても良いかを尋ねる質問者に対し、弁護士Aは、原告の実名を出さなくても、誰のことかわかるようであれば、ネット上の公開は避けたほうがよろしいでしょう。公益的な必要性があるのであれば別ですが、ネット上の公開は慎んだほうがよろしいでしょう。」と回答している。

弁護士(比護望氏)は公開の法廷で傍聴した者に知れること、内容と、ネットで不特定多数に、書面そのものの内容が知れるのでは、格段の相違があると思いますので、ネットの場合には、名誉棄損となるおそれがあると思われます。 と回答している。

どちらも、訴訟が公開されているからと言って、訴訟に提出された書面をネット上に公開することは、何らかの権利侵害を発生させる恐れがあるため、全くお勧めできないとの回答で一致している。
 
さらに、裁判の場であれば何を主張しても良いかと言えば、決してそうではなく、訴訟における主張であっても、名誉毀損の余地が生じ得ることも示されている。もともと訴訟においてさえ、名誉毀損に相当するかも知れない準備書面の表現を、ネット上に公開したりすれば、ほぼ間違いなく権利侵害が成立することになるだろう。
  
上記弁護士が、「東京地裁平成22・7・20」の判例を引用して、次のように示していることからも分かる通り、過去の裁判例においても、訴訟において提出された書面は、一般に、ごく限られた範囲にしか伝播しないものと想定されており、インターネットなど不特定多数の人々が閲覧する場所に掲載される文書とは、初めから性質が異なる表現行為と理解されている。
 
「(4) そこで,損害額について検討するに,民事訴訟の準備書面への記載は,広く一般社会に流布することを目的としてされた表現行為ではなく,民事訴訟が公開の法廷で行われ,記録の閲覧が可能であるとしても,特に社会の注目を浴びていない通常の民事訴訟においては,法廷における主張活動の内容が広く一般に伝播することは現実には考え難い場合が多い。そして,C訴訟が社会的関心を浴びていたと認めるに足りる証拠はなく,本件記載1の内容について,広く一般に伝播したとの事実も本件証拠からは認められない。これに,本件準備書面が提出・陳述されたことにより,原告の社会的評価が低下した具体的程度についての主張立証がされていないこと等に照らすと,原告の損害額は3万円と認めるのが相当である。」

従って、こうした事実を踏まえず、村上密の主張を鵜呑みにした読者は、大変な目に遭わされることになる。裁判の記録だから、一般公開しても構わないと考え、当事者の実名、プライバシー権に抵触するような内容を大々的にネットに掲載するなどしていれば、当然ながら、様々な権利侵害に問われる恐れが生じる。

訴訟に提出される準備書面等は、裁判という枠組みの中で公開されているに過ぎず、それをインターネットで掲載することは全く別の話なのである。

さらに、村上が「ただし住所を伏せることはできる。弁護士事務所宛にしておけばよい。」と書いていることも、正確には間違いである。住所秘匿の上申を行った上で、弁護士を介さず、本人訴訟を起こすことも、十分に可能である。その場合は、弁護士事務所経由の送達ではなく、裁判所経由で書面を送達する。裁判所によっては、原則として裁判所経由の送達を認めない所もあるが、住所秘匿の措置が取られている場合には、当事者間で直接的な書面のやり取りは行えないため、裁判所を経由して書面が送達されることになる。

この他にも、書こうと思えば、数々の防衛のテクニックが存在する。だが、今ここで書いておきたいのは、訴訟の制度やテクニックの詳細ではなく、村上密が書いていることが大嘘であるということだから、テクニックの話は脇に置いておこう。

村上密が筆者の著作者人格権を侵害した行為は、当ブログを巡る裁判で、筆者の個人情報を含む書面が公開されているから、権利侵害に当たらないという主張によっては否定されない。また、村上密が、唐沢治の陳述書と題して、筆者がネット上に公開したことのない裁判資料(筆者のメール)をネットに公開した行為も、プライバシー権の侵害として追及されることを免れられない。唐沢の主張であっても、村上がそれを引用しながら、筆者が強要罪を犯しているかのように示唆する記述を行ったことも、名誉毀損もしくは侮辱等に問われる恐れを否定できない。

従って、村上の主張は、何から何まで大嘘であるから、読者はよくよくそれに騙されないよう注意しなければならない。このような主張を鵜呑みにして行動すれば、後々、自分が厳しい責任追及の矢面に立たされかねないためである。
 
筆者は、このように無知・無責任・愚かな「訴訟の専門家」に頼るくらいならば、多少の間違いはあってもいいから、何もかも自分で一から学んで、本人訴訟をすることを勧める。その方が、こんな人物を代理人に据えてさらなるリスクを背負いながら戦うことに比べ、はるかに多くの有益かつ貴重な学びと経験を、誰にも妨げられずに得ることができるであろう。

それにしても、筆者が何かを勧告する度に、破滅へ向かってひた走る杉本や村上といった人々には、まさに以下の御言葉が似合いである。この人々は、信仰の問題はおろか、この世の司法手続きについてさえ、愚かしい初歩的な多くの間違いを重ねつつ、一体、どこまで暴走を続けて行くつもりであろうか。見ものである。

「あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、
 見るには見るが、決して認めない。
 この民の心は鈍り、
 耳は遠くなり、
 目は閉じてしまった。
 こうして、彼らは目で見ることなく、
 耳で聞くことなく、
 心で理解せず、悔い改めない。
 わたしは彼らをいやさない。」(マタイ13:14-15)

「人の子よ、ティルスの君主に向かって言いなさい。

主なる神はこう言われる。お前の心は高慢になり、そして言った。『わたしは神だ。わたしは海の真ん中にある神々の住みかに住まう』と。しかし、お前は人であって神ではない。ただ、自分の心が神の心のようだ、と思い込んでいるだけだ。

お前はダニエルよりも賢く、いかなる奥義もお前には隠されていない。お前は知恵と悟りによって富を積み、金銀を宝庫に蓄えた。お前は取り引きに知恵を大いに働かせて富を増し加え、お前の心は富のゆえに高慢になった。

それゆえ、主なる神はこう言われる。お前は自分の心が神の心のようだと思い込んでいる。

それゆえ、わたしはお前に対して諸国の中でも最も暴虐な外国人を立ち向かわせる。彼らはお前の知恵の誇りに向かって剣を抜き、お前の栄華を汚し、 お前を陰府に突き落とす。お前は海の真ん中で切り倒されて死ぬ。

お前は自分を殺す者の前でもなお、『わたしは神だ』と言い張るのか。お前は人であって、神ではなく、切り倒す者の手にある。

お前は割礼のない者として、外国人の手にかかって死ぬ。まことにわたしがこのことを語った」と主なる神は言われる。

主の言葉がわたしに臨んだ。 「人の子よ、ティルスの王に対して嘆きの歌をうたい、彼に言いなさい。主なる神はこう言われる。

お前はあるべき姿を印章としたものであり
知恵に満ち、美しさの極みである。

お前は神の園であるエデンにいた。
あらゆる宝石がお前を包んでいた。
ルビー、黄玉、紫水晶
かんらん石、縞めのう、碧玉
サファイア、ざくろ石、エメラルド。
それらは金で作られた留め金で
お前に着けられていた。
それらはお前が創造された日に整えられた。

わたしはお前を
翼を広げて覆うケルブとして造った。
お前は神の聖なる山にいて
火の石の間を歩いていた。

お前が創造された日から
お前の歩みは無垢であったが
ついに不正がお前の中に
見いだされるようになった。

お前の取り引きが盛んになると
お前の中に不法が満ち
罪を犯すようになった。
そこで、わたしはお前を神の山から追い出し
翼で覆うケルブであるお前を
火の石の間から滅ぼした。

お前の心は美しさのゆえに高慢となり
栄華のゆえに知恵を堕落させた。
わたしはお前を地の上に投げ落とし
王たちの前で見せ物とした。

お前は悪行を重ね、不正な取り引きを行って
自分の聖所を汚した。
それゆえ、わたしはお前の中から火を出させ
お前を焼き尽くさせた。
わたしは見ている者すべての前で
お前を地上の灰にした。

諸国の民のなかで、お前を知っていた者は皆
お前のゆえにぼう然とする。お前は人々に恐怖を引き起こし
とこしえに消えうせる。」 (エゼキエル28:1-19)
 
ティルスの王に対するこの宣告は、サタン(ルシファー)に対するものであると言われている。

聖書は、神が人間に向けて与えられた約束の書であるから、神が人類を創造される前に、神と被造物である御使いたちとの間で何が起きたのかはほとんど記されていない。

しかし、以上のくだりは、人類の創造前もしくは創造後に、神と悪魔との間で起きた出来事――サタンの堕落という出来事の一端を明らかにするものであるから興味深い。

ちなみに、人類が創造される前の時期(プレ・アダミック・エイジ)については、ほとんど明らかになっていない。

たとえば、サタンは、聖書で最初に姿を現すときには、すでに神に背いて堕落した存在となっていたが、なぜ人類をそそのかすに当たり、悪魔は蛇の姿を取って現れたのか。これは大きな疑問だろう。この時点で、悪魔は体を持たなかったことが分かる。

だが、創造された当初から、サタンに体はなかったのだろうか?

「お前はあるべき姿を印章としたものであり

知恵に満ち、美しさの極みである。」と言われていることを見れば、サタンには創造当初、美しい容姿があったのではないかと思われる。

そして、この表現は、神が人をご自分に似せて造られたというくだりに似ている。サタンは創造当初、神への従順を表す完璧な被造物であった。

しかし、サタンは高慢になり、神に背いて堕落したため、

「それゆえ、わたしはお前の中から火を出させ

 お前を焼き尽くさせた。
わたしは見ている者すべての前で
 お前を地上の灰にした。」とされる。

神に背いて堕落したがゆえに、サタンは自分の体を焼き尽くされ、美しかった容貌を失った、という風に理解できる。

こうして、サタンの体は灰燼と化した。それだからこそ、自分の体を持たないサタンは、人類を唆すに当たって、地上の生き物を利用せざるを得なかったのではないか? 

「主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。」(創世記3:1)と書かれているのを見れば、悪魔が蛇の姿を取って現れたのは、堕落した知恵(狡猾さ)と大きな関係があったことが分かる。

蛇が狡猾な生き物と言われてもなかなかピンと来ないが、世界の実に多くの古代宗教が、蛇信仰と結びついており、ここで言う「狡猾さ」には、シンボル的な意味があると考えると分かりやすい。

たとえば、グノーシス主義では、蛇が脱皮することから、蛇は終わりがないという概念を指すものとして、聖書の言う「永遠」とは全く異なる意味で、「誕生」と「死」とを一つに結びつける循環のサイクルを表すシンボルとして利用された。そういう意味で、蛇そのものが「堕落した知恵(詭弁)」の象徴だとみなせないこともない。
 
ティルスの王への宣告を読む限り、サタンが創造当初、備えていた2つの特徴とは「美」と「知恵」であったことが分かる。

「お前はあるべき姿を印章としたものであり
知恵に満ち、美しさの極みである。」

「お前の心は美しさのゆえに高慢となり
栄華のゆえに知恵を堕落させた。」

美しさ、知恵に、富と成功が加わったとき、高慢さが生まれ、サタンの知恵は堕落した知恵となった。堕落した知恵とは、一言で言えば、不正を行っても、これを不正と認めず、神の目に自分をごまかそうとする欺きのことである。

従って、サタンの知恵(狡猾さ)とは、欺きのテクニックそのものであると言えよう。

それは自己の不正を覆い隠し、正当化するために作り出される終わりなき詭弁なのである。

その詭弁とは、「嘘」と「まこと」の融合、つまり、対極にあるものの融合であり、蛇とはその象徴である。本来は融合できるはずのないものを、いかに融合できるかに見せかけるかが、サタンの堕落した知恵の基本である。
 
そのようニ詭弁を駆使して悪事に悪事を重ねたサタンは、誰もが見ている前で、神の裁きを受けて、体を焼き尽くされて消失した。見ているすべての者たちが、それに恐怖を感じたという。その終わりはバビロンの終わりに重なる。

* * *

さて、村上密が書いている、

悪い想定は呪いの一種」だと。

「悪い想定を何度も他人に語るのは呪いか。呪いの一種である。心配性の人には悪影響が出ることもある。なぜなら、普段でも心配事に向き合っているからだ。自分からではなく、他人から悪い想定を何度も聞かされたら、たまったものではない。毎日心配して生きているのに、他人がつらい重荷を意図的に負わせるからである。あなたは不幸な目に遭う。あなたは早く死ぬ。あなたは必ずひどい病気になる。あなたは交通事故に遭う。何度も悪い想定を個人に向かって言い続けると、言っている人から人が去る。聞きたくないからである。いつかその呪いが自分に向けられるかもしれないと人は恐れる。そのような言葉を語る人と誰が一緒に居ようと思うだろうか。このような呪いを語り続ける人は、自分の上の災いを招くことになる。聖書の神は人を呪ってはならないと教えておられるからである。自称預言者の悪い想定にも気を付けよう。恐れてはならない。恐れると保たれていた平安が崩れる。恐れを持って精神的に人を上においてはならない。支配されることになるからである。」

絶え間なく自分のブログに他者を罵る「悪い想定」を書き連ねて来た人物が、よくも呆れるような自己矛盾に満ちた台詞を吐いているものだと思う。

村上密はこれまで他人をおびただしい回数、呪って来た。攻撃的な言葉をブログに書き続けて来た。たとえば、鳴尾教会の牧師たちに対する非難を取り上げてみよう。

記録(2017年3月3日)では、村上が鳴尾キリスト福音教会の牧師について、その牧師が統一教会に入信した経歴もなく、小島武に傾倒した事実もないのに、勝手な推測でそれを断定的に書き記し、牧師夫妻が教会を乗っ取ったと言いふらし、牧師から、それが名誉毀損に当たるので、記事を削除して欲しいと、依頼があったが、その依頼を断ったことが記されている。

村上はこの記事の中で、自分が牧師について書いた内容が「攻撃的である」ことを十分に認めらながらも、証明されてもいない第三者の「被害」を理由に、自分はその第三者の被害の回復のために、「攻撃的」な記事を削除しないことが認められるかのように自己正当化をはかっている。

攻撃的であることは、誹謗中傷には当たらない。むしろ、攻撃された側の方が精神的ダメージを受けて長年苦しまれた。この方への心からの謝罪があれば、この方に関する文は削除に応じてよいと思っている。」

ちなみに、村上がこの記事であえて牧師の名前を出していないのは、自分が訴えられることを回避するための狡猾な予防策だろう。だが、名が記されておらずとも、この件は、鳴尾教会側がブログ記事で反論している次の事件を指すことは明白だ。
 

アッセンブリー京都教会 村上密氏の「デマによるマインド・コントロール」に注意!(2)
2017年03月15日

「また村上密氏がデマ文章を書いた。(3月3日付け「遍歴」である)

 誹謗中傷も甚だしい。
 そして、書かれた本人が「削除」を要求すると、その日のうちに「記録」と題し「今回の記事が相当嫌なようだ」と “的外れ” な推論を書いている。

 私(山田博)の妻(晃美)は「統一教会」で洗礼を受けていない(献身していない)し、信者でもない。また、「小島武」氏にも、傾倒していたことは全くない。どこから聞きつけ「推測による断定と断罪」をして、デマ文章にしたのか知らないが、誹謗中傷であり非常に迷惑である。まして「統一教会」のことについて言えば、村上密氏が妻に向って「(統一教会には)入ったことにはならないですね。」と語ったことを忘れているとは、誠実さを欠いていると言わざるを得ない。(この発言に当然、証拠は無い。1995年の阪神大震災で、当時、神学生であった妻が、その救援にと関西に派遣されたときに、村上密氏に身の上を話した時の会話だからである。)
 そして、今回も「根拠無し」のデマ文章である。 また、妻からの電話を受けて「誹謗中傷とのことであるが、事実無根とは言っていない。」という。「誹謗中傷」から、何で「事実無根とは言っていない」という結論に至るのか? この言葉(文章)の中に、村上密氏の悪い癖である「推測による断定と断罪」が出ていると言ってよい。 そして、こういうところに「村上密氏の “デマによるマインド・コントロール” 」が隠されているのだと、「村上密ブログ」 並びに 「現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から」の読者に注意を促したい。(後略)



このように、記事に書かれた当人が、はっきりと村上密による指摘は、事実無根であると主張しているにも関わらず、村上密は、その主張を認めず、連絡を受けたことを機に、かえって得意げに、牧師に対するさらなる非難記事を投稿した上、削除の依頼がなされたのが電話の会話であったのを良いことに、抗議を受けた内容まですり替え、事実無根とは言われた覚えがないなどとうそぶき、自分に都合よく会話を捏造しながら、自己正当化を続けたのである。

こうしたやり方は、杉本徳久とそっくりである。杉本も筆者からコメントの削除の依頼を受けたのを機に、筆者が書き送ったメールの内容を自分に都合よく捏造し、さらに、筆者が、誰とも分からないカルト被害者を「冒涜している」などという口実をもうけて、筆者に対するバッシング記事の掲載に及んだ。

こうして、名前も分からない「被害者」の存在を口実に、自分が政敵とみなした人物を長年に渡り、執拗にバッシングするやり口は、村上と杉本では非常に酷似しており、さらに、彼らが敵とみなした人物に対する攻撃的で挑発的な言動を繰り返し、それに抗議を受けて、接触を受ける度ごとに、事態をさらに悪化させる報復措置に及び、泥沼の紛争へと人を導き入れて来た様子も酷似している。

話を戻せば、村上が記事の削除を逃れようと作り出す詭弁は、まさにトートロジーとしか言えないもので、いわば、蛇の理屈である。村上は、誰か人物も分からない人間が、村上のもとに、鳴尾教会の牧師のことで「被害相談」に訪れ、加害行為が行われたかのように報告したことをきっかけに、村上が、その名前も分からない人物に代わって、「加害者」とされた人物に「謝罪」を求めたり、「攻撃的」な文面を書いて非難断罪しても赦され、事実でないことを書き記しても、それは何ら「名誉毀損」に該当しないかのようにうそぶく。
 
そんな理屈が成り立つはずもなく、問題は、村上の書いた記事が、事実に基づく内容であるかどうかであって、第三者の問題は関係ない。

しかし、村上は、この点についても、次のような屁理屈を並べる。

「もしも、名誉棄損であると訴えてきたら、何が名誉を棄損しているのかを私は知ることができる。さんざん、人を傷つけてきていながら、自分が「傷つけられている」と思うのは自分勝手である。私には裁判の勝ち負けはなんでもない。私は事実を書きたいだけである。事実を知った人が関係をどうするかを判断してほしいからである。時に、人は自らが作った虚像と付き合うことがある。」

本当に呆れるほどの屁理屈だ。そこからはまず、「名誉毀損だと言うなら、訴えてくればいいのだ」という思いが読み取れる。さらに、「自分が人を傷つけた人間には、訴える資格などない」という思いも透けて見える。

さらに、「たとえ私が負けたとしても、裁判の勝ち負けなど何でもない。判決で私の書いた内容が否定されても、私は事実を書いたものと確信している。なぜなら、たとえ嘘であっても、大勢の間に、まことしやかに事実として広まれば、結果的に、嘘も事実になるからだ。私の目的は、何が真実であるかを追求することにはなく、多くの人に、私の書いた内容が事実であると信じ込ませ、影響を与えることにこそある。時に、虚像であっても、多くの人が信じれば、本人以上のリアリティを持つことがある」という思いさえも読み取れる。

このような詭弁を弄する相手に向き合うことは、骨の折れることである。こういう人間は、「あなたの記事は名誉棄損に該当します。」と言われると、「いや、あなたこそ、先にAさんに名誉棄損に及ばれたのではないですか。」と主張をすり替え、「そちらの事件を反省してからものを言ったらどうです?」といった具合に、子供のような幼稚な水掛け論に終始することで、時間を稼ぎ、自分の攻撃的な言動を正当化して済ませようとする。

そうして、ごちゃまぜにできない別の問題を一緒くたに論じ、「被害者」の存在を錦の御旗に、自己の無責任な行動の責任を全てうやむやにして終わりにしようとするのである。

だが、かく言う村上自身が、「悪質」と題する2014年の記事で、「嘘の物語を作り、知らない人に、先入観を与えることは、信用棄損である。」と書いて、yahoo!知恵袋に投稿されていた内容が、自分への「信用棄損である」と主張していた。

村上はこの投稿を何とか削除させた模様だが、投稿内容は、「十字架の死と復活の原則―神の教会とクリスチャンを冒涜し、呪う偽預言者らを待ち受ける地獄の永遠の厳しい裁き―」に転載してある。非常に興味深い投稿内容であって、筆者には、これは信用棄損どころか、村上という人物の本質を突いた指摘だと未だに感じられてならない。

いずれにせよ、このように、村上自身が、嘘の物語を作って他人の信用を傷つけることは許されないとしているのだから、それでは、村上が他の牧師に関する「嘘の物語」を作って記事を書くことが、「信用棄損」に該当しないはずがないではないか? なぜその理屈が、他人には当てはまって、村上自身には適用されないのか。まさに村上のご都合主義的な使い分け、詭弁、二枚舌と言う他ない。

さらに、村上は「田中信夫 その光と闇」の中で、自分がブログで牧師を批判する理由を説明して、「私は解任できる立場ではない。解任できるのは教会である。だから、私にできること、ブログを書くことをしている。これまで多くの情報提供があった。教会もおそらく知っている。しかし、現状は何もできていない。さて、どんな問題でも、ブログでは事実だけを掲載する方法がある。あえて私は、事実だけではなく、直接書けない人々の悲しみを読者に知っていただくために、批判を加えている。などとしている。
 
この文章を通して分かるのは、村上自身が、自分のブログ記事は、決して「事実だけ」を書いたものではない、と認めていることだ。そこには、事実プラスアルファとして、「被害者の感情」に基づく村上流の「批判」が付加されている。
 
こうして村上自身が、彼の記事は、事実に基づくものではなく、事実に巧妙に被害者感情というパン種を混ぜ込んで、事実を膨らませた自己流の「批判」であり、さらには「攻撃的」な内容であることも認めているのだ。

つまり、村上は、自分の書いた記事は、村上が当事者でもない第三者に過ぎない人間の被害者意識に流されて、誇張・歪曲・拡大・飛躍した論理によって成り立つものであり、決して事実だけに依拠するものではないことを、自分で認めていることになる。

村上は、杉本と同じように、「被害者の思い」という大義名分がありさえすれば、どれほど事実から逸れて飛躍した「嘘の物語」をブログに書き記しても、その行為が正当化されるかのように思い込んでいるのである。

こうした村上のブログは、古代宗教のシャーマンのようなレベルで執筆されていると考えれば分かりやすい。つまり、宗教トラブル相談センターの一部として運営されている村上のブログは、「呪いの祈祷」を捧げるためのシャーマンの祈祷室のようなものである。

誰かがシャーマンである村上のもとに、「被害」を訴えて、次のように駆け込んで来る。

「先生、私はあの人にひどいことをされました。許せません。報復してもらいたいです。」
「よし、分かった。それはひどい事件だ。加害者はぜひとも社会的制裁を受けねばならない。」
「どうやって制裁を加えればいいでしょう?」
「まずは裁判を起こすことだ。警察に訴えてもいい。悪人らは弁護士や警察を恐れる。もしも裁判の起こし方が分からないなら、私が代理人となって、色々教えてあげてもいい。むろん、私の働きは、ボランティアなので、報酬をもらう必要はないが、ただ裁判となれば色々と・・・」
「ええ、その辺のことは十分に分かっておりますから、おっしゃらなくて結構です。私共としても、立派な先生にただ働きなどさせてはと思っておりますので、謝礼金で駄目ならば、教会への献金という形でお役に立てればと思っています。で、裁判の他に報復の方法がありますか?」
「私の書いているブログがある。これは当センターが行った調査結果に基づき、不正があったと判断されれば、加害者に精神的な罰を与えるために用いているものだ。あなたが自分で書いてもいいのだが、私が書いた方が社会的影響力が大きい。公の誰にでも見られる場所に、加害者の行った悪事について、その人を非難断罪する言葉を書き連ねておくのだ。どんなにひどいことをされたか。どんなに悲しく、つらい思いをしたか。人の心を揺さぶる話を書いておけば、悪評が立つ。そうすれば、加害者に社会的制裁を受けさせることになる。」
「でも、先生、裁判は合法的に決着が着くし、向こうにも反論の機会があるからいいとしても、ブログは個人的見解を一方的に書くだけだから、名誉毀損に問われたりしませんか。しかも、聖書には自分で報復してはいけませんと書いてありませんでしたっけ?」
「本当に名誉毀損と思うなら、向こうから訴えてくればいいだけだ。第一、そんな裁判を起こす人は少数だし、第二に、裁判が決着するころまでには、大きなダメージを与えることができる。悪評が広まれば、味方の数も減る。精神的にもダメージになるから、裁判など起こせなくなるかも知れない。」
「分かりました。じゃあ、この事件について、ぜひ加害者を先生のブログで断罪してもらいたいです。」

むろん、こうしたやり取りは架空の想定とはいえ、当たらずとも遠からずだろう。村上ブログが、シャーマンの祈祷室よりも悪いのは、シャーマンならば、密室で呪いの祈祷を捧げるから、どれほどひどい呪詛の言葉を用いても、その祈祷内容が外へ知れることはないであろうが、村上の書いているブログは、不特定多数の読者の閲覧可能な媒体のため、そこに村上が事実無根の「嘘の物語」を書けば、当然ながら、書かれた人物は、著しい信用毀損を受けることだ。

村上はそれをあえて分かった上で、あえて「社会的制裁」を加える意図で、推測に過ぎない事柄を「怒りをこめて」断定調で書いたり、法的な制裁が不可能な事件について、情報提供として記事を書いていることがあると、2013年の記事「村上密ブログ 」で認めている。

「私は、ブログを通して、宗教問題の情報提供をしている。情報は、キリスト教の異端、カルト、カルト化教会、牧師や教会の問題である。時時、記事には私自身と読者のために、聖書の教えを加えている。情報は、資料或いは証言に基づいて書いている。推測の場合は、だろう、思われる、考えられる、と書き添えるようにしている。この記事は断定調ではないか、と思われる記事は、怒りが込められている。できるだけ、冷静に、理性的に書くようにしている。被害者が多くて、問題が深刻でも、問題によっては詳しく書けない場合がある。また、法的な制裁ができにくい場合は、情報提供として、社会的制裁を加えることがある。このようなブログを読んで、他者への紹介もあるので、自然、いろいろな情報が集まることになる。私は私の責任において記事を提供している。必要ではあるが、このような情報をキリスト教系のメディアが提供するとは考えられない。方針が違うからである。私は出来事を伝えるだけでは無く、出来事の問題性を書いている。例えば、ムーブメントを紹介しているのではなく、ムーブメントに含まれる問題性を書いている。このような視点は、スポンサーを必要としない個人のブログだからこそできる。反発、批判は当然あるだろう。しかし、これこそ、神学や解釈学を学んだ者ができる情報提供である。
 
神学や解釈学を学んだと言いつつも、村上のブログにはほとんど聖書の御言葉が出て来ず、専門家と言えるだけの論理もないのは言うまでもないが、そのことよりも、村上が「法的な制裁」によっては裁きを求められない非常に判断の困難なケースについて、「社会的制裁」いや、より正確に言えば、「私的制裁」を加えるための「情報提供」をブログで行っているとしていることは非常に注目される。ここではっきりと、ブログで公表するのは、制裁を加えることが目的であると、本人が認めているのである。

実際に、過去に沖縄リバイバル教会を巡って起きた問題についても、村上は「裁判だけが戦いの場ではありません。インターネットでも沖縄リバイバル教会の事が書き立てられ、大きな痛手を受ける事になりました。」(2009年「沖縄リバイバル教会裁判のその後 」)とインターネット上の情報戦を展開したことを認めている。これは結果的に被害者側が敗訴に終わり、法的制裁を加えられなかったので、その代わりに、インターネットで制裁を加えることで、穴埋めをした、と強調したものと見られる。

このように、村上が自らのブログを、法的制裁の及ばない問題について、私的制裁を加える手段として利用していることは、村上密の宗教トラブル相談センターが、村上がかつて設立しようとしていた「カルト監視機構」の構想を受け継いだものであることをはっきりと表している。

筆者が「「カルト監視機構」という名の秘密警察の設立について」でも記した通り、当初、村上は「カルト監視機構」を次のような組織にしようと構想していた。

「村上密(アッセンブリー京都教会牧師)とウィリアム・ウッドは、『カルト監視機構』の設立に向けて、具体的に動き始めました。この機構の目的は、カルトと疑問視されている団体を調査し、適正な判定を下し、発表することです。」
 
カルト監視機構の機能の中には、調査、判定、発表の三つが含まれていたのである。筆者はこの記事を発表した当時から、一体、誰がどうやって団体のカルト度について適正な調査・判定・発表など行えるのかという疑問を投げかけ、カルト監視機構は設立されれば牧師たちの権力闘争に悪用され、恐るべき異端審問機関となって魔女狩り裁判を生み、カルト以上に暴走するだけだと警鐘を鳴らした。

村上はこのカルト監視機構の構想をそのまま宗教トラブル相談センターに置き換え、相談者から、「カルトと疑問視されている」団体の情報を聞き出し、自前の「調査・判定」を行った挙句、自らのブログで、その結果を「発表」することで、疑惑を受けた団体や信者に報復を加えているものと見られる。

そして、2009年から危惧していた通り、筆者もそれから今日までこのセンターの「魔女狩り」の対象とされているのである。

だが、もともと法の裁きが及ばないような複雑な問題に対して、キリスト教の牧師という以外には、何の公的資格も持たない個人に過ぎない村上密が、ただ被害者の言い分だけを一方的に鵜呑みにして、加害者とされる人間に制裁を加えるために、ブログに事件の情報を発表するなど、越権行為の極みとしか言いようがないが、それを置いても、まさしくそれは私的制裁でしかないわけで、そのようなことを続けていれば、伝聞や臆測だけに基づく証拠もない行き過ぎた感情的な報復措置(私刑)が行われるようになるのは仕方がない。
 
だが、村上は、そのような問題が起きた場合、行き過ぎた行動によって誰かに与えてしまった損害は、謝罪や記事の削除だけで済まされず、弁済が必要としている。2016年の記事「特集 赦しなさい 4」にはこうある。

精神的な被害であれ、物質的な被害であれ、被害を与えている場合、弁償を十分考慮すべきである。損害は、損害分で済まない。だから、損害額+αである。謝罪があり、弁償がある。そうしたら赦すか赦さないかは被害者の問題となる。このような経過を踏まれたら、今度は加害者の問題ではなく、被害者の問題となる。問題の公平な判断は、手続きが正しく踏まれているかであって、高飛車な「赦しなさい」で片付くものではない。」

つまり、与えた被害については、損害額プラスアルファのものを償わなくてはいけないのだと言う。それだけ償ってもまだ赦すも赦さないも被害者側の自由だという。

このような理屈に則れば、村上密は、鳴尾キリスト福音教会の牧師に対して、どれほどの償いをせねばならないことであろうか。また、筆者に対しても・・・。

もちろん、村上が直接的に行ったことでなくとも、村上は、杉本徳久が筆者に対して行ったことについて、杉本がきちんと判決に基づいて弁済を行うよう勧めるのが、当然の筋ではないか。

ところが、冒頭の記事に戻れば、村上は、自分たちは常に他人に向かって被害を強調し、弁済させる側に立っても、自分たちが加害者となり、弁済する側に立つ可能性を全く想定していないのだ。自分たちは常に正しく、裁きを行う側であり、しかも、法的根拠すら欠いていても、私的制裁を加えることができ、そこに暴走も行き過ぎも誤謬も生じず、自分たちの判断にはいかなる誤算も間違いが生じることもないという前提に立っている。

いや、仮に間違いがあっても、当ブログを巡る裁判でも村上らが主張したように、せいぜい記事の削除に応じてやれば良いだけであって、弁済などする必要は全くないかのように考えているのだ。恐ろしいほどのダブルスタンダードとしか言いようがない。

だからこそ、筆者は、神が贖われた信者から成る教会に君臨し、自ら裁き主になって、聖徒らを公に断罪するなど、まさに悪魔的な高慢に基づく活動に他ならず、そのような反聖書的な活動に手を染める者は、正常な精神ではいられず、また、その活動は暗闇の勢力の牙城として利用され、人権侵害の温床となるだけだから容認してはならないと、繰り返し、強調しているのであり、事実、その通りになっているのだと言えよう。

* * *

さて、筆者は、杉本や村上や唐沢から受けた「呪い」をすべて解除して打ち破るために、今回の訴訟に臨んだ。まだすべての訴えが提起されたわけでなく、判決も完全に実現されていないとはいえ、筆者は、まず最初に杉本の書いた記事を削除に追い込むことで、その精神的・霊的呪縛を打ち破ったと言える。

そして、今、杉本が、取立が「怖い」とか「病気になる」などと、幼稚な不満をメールに書き記していたところを見ると、筆者が跳ね返した「呪い」は、杉本自身に跳ね返りつつあるように見受けられてならない。

杉本は筆者に向かって「精神異常」とか「まともな職につけない」だとか「社会的受容を受けられない」だとか、司法や警察から見捨てられているかのような様々な言葉を並べていたが、それらの一つ一つが、今や杉本自身の身の上に成就しているのである。

霊的刈り取りである。

筆者は2010年からそうなることを告げて来た。筆者は杉本をラスコーリニコフになぞらえ、悔い改めるよう勧めたが、杉本は悔い改めを拒否し、すでに以上の予告が成就しつつある。それでも、今回、杉本が判決に従い、ブログ記事を速やかに削除し、賠償金を速やかに支払えば、筆者もそれ以上、杉本に対して何らの措置に出る必要もなく、杉本の職場にこの事件が知れるといった事態が持ち上がる恐れもなく、事件は終わっていたことであろう。

自分で自分の仕事が危うくなるよう仕向け、とことん制裁を受ける道を自ら選んでいるのは杉本自身なのだ。筆者は債務弁済契約書も送ったので、杉本は支払いを行う意思を示そうと思えばすぐに出来たのに、それもせず、彼は昨日もサッカーに興じる道を選んでいる。

このように、まともな選択肢がどんなに用意されても、常にそれを踏みにじって退けては、自分で破滅へ至る道を選んで来たのは、杉本自身なのであるが、筆者はこのような状況となっているのは、やはり、杉本は自分の述べた言葉の厳しい刈り取りをせざるを得ないためだと思わずにいられない。

筆者は、この事件が不起訴になって終わるとは考えていない。警察は、自分たちが関わるのは捜査だけなので、その後のことは分からないとしているが、村上が五次元スクールから訴えられて不起訴になった事件と、この事件では重さが違いすぎる。

杉本が悔い改めない限り、彼に処罰が下されることは避けられず、それによって、唐沢に祝福を受けた社会福祉士の資格もいずれ剥奪されて終わるだけであろうと、筆者は1年以上前から、警告して来た。社会福祉士の仕事とは、精神を病んだ者、追い詰められた状況にある者、病気のゆえに就労できない者たちなどに対して、社会的支援の手を差し伸べることにあり、杉本がしたように、彼らを人前で愚弄し、その生活状況を徹底的に嘲笑するような行為が、この国家資格にふさわしくないのは言うまでもない。

同様に、村上も、唐沢も、自分のしたことの報いを受けるだろうと筆者は予測している。

前回の記事で、筆者は、村上の記事「そっとしておこう 」を読み、村上はこの記事に限らず、常に自分だけは決して孤独になることはないという根思い込みに立って、にぎやかで日の当たる場所から、孤独な人、不遇の状況にある人たちを高みから見下ろし、彼らが気づかれたくないであろう弱点を心の中で握って、その弱みを幾度も思い返しては、自分の優位を確かめて悦に入るような内容を書いていると指摘した。

そして、そういうことを繰り返していれば、いずれ村上自身が、自分が他者に対してしたのと同じように、孤独と不遇に追いやられ、他者にその弱みを憐れまれる立場になると書いた。

村上が前掲記事の青年に対して取った態度は、村上が筆者に対して「交流の少ない所で生活」しているなどと決めつけて非難した態度と同じであり、また、村上が拉致・監禁という手法を用いて、カルト宗教から強制脱会させて、密室のアパートに閉じ込めて説得を行った無数の信者たちに対する態度と同じである。

つまり、村上は、自分は常に「世間」を代表する無数の人たちに囲まれて、圧倒的な数の力を味方につけて誇りながら、密室に隔離されるがごとくに、孤独な環境に追い込まれた不遇の人々に対峙し、彼らに上からのしかかるように優位を誇り、また、その傷口をいついつまでもほじくり返すような態度を取りながら、ブログ記事を書いているのである。

村上の活動は、うわべは、被害者のためにと言って、あたかも可哀想な境遇にある人たちを助け、憐れむように見えるものの、実際には、村上は、自分がブログで仮想敵とした人々であれ、被害者としている人々に対してであれ、誰に対しても同じように上から目線で高慢に接しているということなのである。

村上は、人の弱点に関する情報を集めては、ブログで繰り返し、繰り返し、人の弱いところを攻撃し、自己の優位を誇示しようとしている。法的根拠などあろうがなかろうが、自分たちが被害者意識を発揮できるチャンスを得たと思うと、怒りの感情に任せて、好きなだけ報復措置を加えることが許されるかのように思い込んでいる。決して人を赦す必要はないと説き、人々の報復感情を煽り立てている。

こうして、自分よりも弱い他人に向かって、弱みを突いて、上からのしかかるように非難の言葉を書き連ね、その上、被害者意識を刺激された支持者たちがそれに煽られて、集団で獲物に襲いかかるように、村上がターゲットとした人物に中傷をまき散らし、正義漢ぶって袋叩きにする。そのような仕打ちを受ければ、普通の人は耐えられず死へ追いやられるだろう。

だから、そのような仕打ちを他者に対して行った人間には、いつか必ず、その報いが跳ね返ることになると、筆者は書いたのである。

だが、筆者があえてこのように書かずとも、すでに村上の人生には「刈り取り」が起きている。村上の子供たちには次々と不幸な事件が起きているが、なぜそのようなことが起きたのか、立ち止まって、考えてみれば良いのだ。村上の義理の息子が自死したのはなぜなのか。

筆者は、村上の宗教トラブル相談センターを訪れていた際、両夫婦からの冷淡な言葉に、何か月間も打ちのめされていたことを思い出す。特に夫人は、心傷ついた人に対して、生傷にナイフを突き立てるように話し、当時、無防備であった筆者は、自分の心を守る術も知らず、大きな痛手を受けた。

だが、それでも、筆者は少しの間しかこの教会に滞在しなかったので、受けた損失は軽かったかも知れないが、こうした対応に日常的に接している人間は、自殺に至らない方がおかしいくらいだと筆者は感じている。

別の息子も、自立して教会を離れたはずなのに、大けがに見舞われ、後遺症を負って村上のもとに戻らざるを得なくなったというのはなぜなのか。

唯一、教会で奉職している伝道師の息子がいるが、京都教会はすでに信徒数の減少に見舞われて、存続の危機に立たされていると見られる。村上が、長年、自分を助け、教会を支え、後継者とみなされた長澤氏を追放することで、教会が自滅に至る道を自分で選んだためだ。

これも村上が鳴尾教会に裁判をしかけ、信徒数の減少を見て嘲笑ったことの報いである。裁判で敗訴しても、なお、村上はこの教会の消滅を願うがごとく、非難断罪の記事を発表し続け、牧師夫妻を中傷し続けた。そうした残酷な仕打ちがなければ、村上ももう少し合理的な判断が出来、自分の所属している教会の存続が危うくなるような事態は避けられたかも知れない。

つまり、冒頭に挙げた村上の記事は、何から何まで村上自身に当てはまるのだ。村上のそばにいる信者たちは、いつか村上のブログで「社会的制裁」として自分も名指しの非難を受け、言葉尻をとらえられて、刑事告訴されるかも知れないと怯え、村上を提訴しても、賠償金を踏み倒されるかも知れない、村上の支持者たちからネットで集団リンチを受け、家族にまで被害が及ぶかも知れない、と考えて、このように残酷な呪いと制裁を信者に向かって発し続ける牧師とは決して一緒にいられないと、逃げ出す準備を整えている最中ではないだろうかと思われる。

村上とその家族の身の上には、すでに各種の災いが成就している点でも、呪いが我が身に跳ね返っているのは、まさに村上自身である。自称預言者というのも、一牧師に過ぎないのに、職権を濫用して、諸教会と全宗教を取り締まることができる裁き主であるかのように振る舞い、牧師の職務にはもともと含まれていない仕事をしている村上自身のことである。村上のしていることは何らの法的根拠も持たない「私的制裁」に過ぎない。

こうした悪事には必ず厳しい報いが伴う。村上は筆者の指摘を「呪い」であると感じているのかも知れないが、筆者から見れば、これは当然のごとく導き出される未来予測でしかなく、ただ霊的「刈り取り」が起きていることを示すだけの事実である。
 
村上が仮にこの指摘を呪いであると解釈したとしても、それを解く鍵は一つしかない。十字架である。

キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからです。それは、アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためであり、また、わたしたちが、約束された”霊”を信仰によって受けるためでした。」(ガラテヤ3:13-14)

呪いは、恐れないことによって解くことができるわけではない。また、恐れないことができるのは、神への全き愛の中にとどまるからこそである。神への全き愛がなければ、人には罪赦される根拠もないので、刑罰を免れる根拠がない。

私たちのために身代わりに呪いとなられて木にかかられた方、ただこの方しか、呪いを解除する方法はない。筆者が杉本の書いた数多くの記事でかけられた呪縛を打ち破ったのも、掲示板における嵐のような中傷の前に立ちおおせたのも、村上や唐沢による中傷に影響を受けずにいるのも、ただキリストの十字架だけが根拠である。

唐沢はおそらく、ニュッサ氏が贖いに立っていないため、唐沢の呪いに抵抗する術を持たないことを知っていたものと見られる。それを分かった上で、ニュッサ氏を悪者として断罪し、刑事告訴し、ニュッサ氏の精神を徹底的に追い詰める策を講じることによって、彼を「自己崩壊」へ導いたのであり、それを鬼の首でも取ったように成果として誇っている。もちろん、こうした残酷な仕打ちにも、厳しい刈り取りがあるだろう。

筆者は、これら3名に対し、彼らが筆者に対して発したすべての呪いの言葉を、そっくりそのまま彼らにお返しすると、ここで宣言しておく。

筆者から見れば、杉本も村上も唐沢も、キリストの十字架の贖いを退けているので、十字架によって呪いを解除することはできず、恐怖に対抗する術を持たない。だから、自分が他者に向かって吐いた呪詛の言葉が、刈り取りとなって自分に跳ね返って来るとき、防御の方法を持たないであろう。いつかそれらがすべて自分の身の上に成就して人生を終えるだけである。

いつまでも自分だけは、安全なところに立って、孤独とは無縁の生活を送り、弱い人たちの恥を暴き、彼らの精神をとことん追い詰め、死へ追いやるような残酷な仕打ちを加えることが許されるとは思わない方が良いであろう。いつまでも自分が神のような裁き主となって、神が贖われたクリスチャンに罪を着せて断罪することが可能だなどと思わない方が良い。

弱い者、心ひしがれている者、追い詰められている者、疲れ切っている者を、愚弄の対象として踏みにじり、自分が神でもないのに、神のごとく思い上がって、正しい者を罪に定め、悪者を弁護し、自ら裁きを曲げながら、裁き主のように振る舞う高慢な人間たちの末路は、聖書にちゃんと記されている通りである。

お前は自分の心が神の心のようだと思い込んでいる。

それゆえ、わたしはお前に対して諸国の中でも最も暴虐な外国人を立ち向かわせる。彼らはお前の知恵の誇りに向かって剣を抜き、お前の栄華を汚し、 お前を陰府に突き落とす。お前は海の真ん中で切り倒されて死ぬ。

お前は自分を殺す者の前でもなお、『わたしは神だ』と言い張るのか。お前は人であって、神ではなく、切り倒す者の手にある。

お前は割礼のない者として、外国人の手にかかって死ぬ。

彼女は心の中でこう言っているからである。

『わたしは、女王の座に着いており、
 やもめなどではない。
 決して悲しい目に遭いはしない。』

 それゆえ、一日のうちに、さまざまな災いが、
 死と悲しみと飢えとが彼女を襲う。
 また、彼女は火で焼かれる。
 彼女を裁く神は、
 力ある主だからである。」(黙示18:7-8)


「わたしは永遠に女王だ、とお前は言い
 何事も心に留めず、終わりの事を思わなかった。
 今、これを聞くがよい
 快楽に浸り、安んじて座る女よ。
 わたしだけ わたしのほかにはだれもいない、と言い
 わたしはやもめになることなく
 子を失うこともない、と心に言う者よ。

 その二つのことが
 一日のうちに、瞬く間にお前に起こり
 子を失いやもめとなる苦しみが
 すべてお前に臨む。どれほど呪文を唱え
 どれほど強いまじないをしても無駄だ。

  お前は平然と悪事をし
 「見ている者はない」と言っていた。
 お前の知恵と知識がお前を誤らせ
 お前は心に言っていた
 わたしだけ
 わたしのほかにはだれもいない、と。

 だが、災いがお前を襲うと
 それに対するまじないを知らず
 災難がふりかかっても、払いのけられない。
 思いもかけない時、突然、破滅がお前を襲う。

 まじないと呪文の数々をもって立ち向かえ。
 若い時から労して身につけたものが
 あるいは役に立ち
 それを追い払うことができるかもしれない。

 助言が多すぎて、お前は弱ってしまった。
 天にしるしを見る者、星によって占う者
 新月によってお前の運命を告げる者などを
 立ち向かわせ、お前を救わせてみよ。

 見よ、彼らはわらにすぎず、火が彼らを焼き尽くし
 炎の力から自分の命を救い出しえない。
 この火は体を温める炭火でも
 傍らに座るための火でもない。

 呪文を若い時から労して身につけ
 売り物としてきた者すら、この様だ。
 彼らはおのおの勝手に迷って行き
 お前を救う者はひとりもいない。 」(イザヤ47:7-15)

これは聖書に記されている動かせない霊的法則性である。高ぶって、自分を神のように思い、神に代わって裁き主となり、教会や聖徒らの恥を暴き、キリストが十字架において命を捨てて贖われた聖徒らを再び罪に定めようとする者には、悪魔と同じ裁きが下るのは当然である。

自分は決して孤独をも貧しさをも知ることはないと豪語していたバビロンが、夫と子供を一日で失って寡婦となり、恥辱のどん底に突き落とされ、焼き払われる。聖書の真理に逆らっては、誰も立ちおおせない。ただそのことが記されているに過ぎない

十字架の贖いを退けるならば、呪いは誰も解除できないのだ。

神は全ての物事を見ておられる、バビロンへの裁きの時は近づいている。弱い人を容赦なく踏みにじって死へ追いやろうとした人間たちは、自分たちが弱くなった時に、踏みにじられて終わる。

人に憐れみをかけない者には、憐れみのない裁きが下されます。憐れみは裁きに打ち勝つのです。」(ヤコブ2:13)

「こうして、いろいろの働きをする神の知恵は、今や教会によって、天上の支配や権威に知らされるようになったのですが、これは、神がわたしたちの主キリスト・イエスによって実現された永遠の計画に沿うものです。

わたしたちは主キリストに結ばれており、キリストに対する信仰により、確信をもって、大胆に神に近づくことができます。だから、あなたがたのためにわたしが受けている苦難を見て、落胆しないでください。この苦難はあなたがたの栄光なのです。」(エフェソ3:10-13)
 
掲示板も時には正しい忠告を行うことがある。自己愛しか語れない連中の虚しい議論の合間に、村上密がどのようにして唐沢治の陳述書を手に入れたのかを調べるためには、裁判所に問い合わせるのが一番だという旨の助言があった。

いみじくも、筆者は杉本への措置のために、保全係と連絡を取っていたので、久方ぶりにこの件について問い合わせた。すると、当事者には、記録を閲覧した人間を特定できる事が分かった。

つまり、閲覧記録を照会しさえすれば、村上密が、唐沢治の陳述書を裁判所経由で手に入れたのか、それとも、唐沢本人から入手したのかは、はっきりするということである。

筆者の見解としては、村上と唐沢との間にメール文通があれば、それは二審で、村上がこの陳述書の中身を本物だと信じた理由として提出されるだろうと思う。

神は不思議な方で、隠れたところで行われている事柄を、明るみに出される。ある意味、事件の解決に時間がかかるのは、そのためなのである。私たちが思っているよりも、さらに悪は深く、さらに思いもかけないほど、人間の堕落は深い。

私たちの予想を超えて、これらの牧師たちが深いレベルで霊的堕落に陥っていることを示すものとして、おそらく、二審では、これまでとは違った種類の証拠が出て来るのではないかと見られてならない。

一審では、杉本も村上もしばらくの間、「否認する」と「不知」しか書かれていない答弁書を出して、沈黙を守っていた。村上は、一審の間中、沈黙を守ったと言えよう。そして、判決が下されてから、初めて口を封じられた杉本徳久と交替するように、己が内心を吐露し、筆者に対する公然たる権利侵害の記事を書き始めたのである。

だが、二審では、杉本と村上の役割が逆転し、杉本が沈黙し、村上が発言することになる。その時、村上の内側から何が出て来るのか、筆者は非常に興味深く思っている。

ちなみに、筆者には村上のブログそのものが非常に気持ちが悪い。最近は、筆者がひとこと欄で述べたことや、「牧師が御言葉の解釈を独占したがゆえにカルト化が起きた」などとする論を、村上がまるで自説のごとく振りかざし、筆者の論を次々借用している様子が理解できる。

唐沢もそうであった。唐沢は、信徒らが執筆しているブログから勝手にテーマを盗んで行っては、メッセージで我が物のように勝手に利用することを繰り返していた。クジャクの羽をつけたカラスであって、すべてが借り物なのである。

村上密の記事「選択」にはこうある。

「裁きが、遠い外国に対してであるときは、人々は喝さいしたはずである。しかし、段々自分たちに近づいていることに気付かない。とうとうその裁きが自分たちに向けられた時、誰が喝さいをあげるだろうか。それは嘆きと悲しみの時の到来である。私は喜んで宗教問題に通り組んでいるわけではない。嘆き、悲しみ、被害者の回復のために取り組んでいる。しかし、被害者が回復していくときは喜ぶ。だから、嘆きと悲しみを共有し、やがて来る喜びも共有しようと全国を飛び回っている。」

聖書は、裁きは神の家から始まる、と言う。村上は、裁きが自分の足もとまで迫っているのに、未だそれを他人事のように書く。自分だけは裁く側であって、裁かれる側には回らないという思い上がりが透けて見える。

だが、二審では、村上自身に裁きが下されることになる。  

そして、今、裁きから逃げ回っている杉本にも、逃げられない時がすぐに来る。

二人は、裁きを受け止める勇気も覚悟もない人間である。自分たちは神のように人を裁くことができるという思い上がりに陥っているだけである。その点は唐沢も同じだ。

この三人は、自分たちはニッポンキリスト教界の監督者であって、自分には諸教会を裁く資格があるという途轍もない思い上がりに陥り、己が罪を神の御前に悔い改めるチャンスを失っている。

人生の終わりには、ゲヘナに投げ込まれて終わるだけの偽預言者である。
 
ちなみに、カルト被害者は10年以上前から、村上の薄情さ、冷淡さ、痛み苦しみへの共感のなさを訴えて来た。聖神中央の被害者は、あっという間に村上から逃げていなくなった。

村上が、以上の記事に書いているように心優しい人間であったなら、そもそも身内が自殺に至ることは絶対になかったはずである。もちろん、長年、自分の下で仕えて来た長澤牧師を、主任牧師として育ててやれないなどのことが起きるはずがない。

いつまでも自分が栄光を独占しようとするため、身内以外に誰も後継者が育っていない、これは独裁者の特徴である。
 
偽預言者には悪い実しかならない。うわべの自画自賛の言葉に騙されることなく、実態をよく見極められたい。
 
* * *

さて、杉本徳久が賠償金を払いたくない、筆者の取立は迷惑行為だ、自分は取立の「恐怖」によって体調を崩している、などとするメールを本日、送りつけて来た。

ゴールデンウイーク前から連絡しているにも関わらず、いよいよ勤務先に手が回ると分かって大慌てだ。
 
だが、筆者は、杉本がこうして支払いの時期を引き延ばしていることに、心の底から嫌悪を侮蔑を思えるが、それにも、神の計画があると見ている。なぜなら、その間に、商工会議所、同窓会(東京銀杏会)、ヤギの会などにも連絡を取ることになり、その過程で、杉本がありもしない経歴を詐称している事実が分かったからである。

もしも杉本が速やかに誠意をもって判決に応じていた場合、筆者には、彼の虚偽の深さが見えなかったであろうし、関係者に、事実が知れることもなかったであろうと思う。杉本がここまで卑劣な人間であることが、彼に近しい社会に伝わる結果にはならなかったであろう。
 
村上密についても同様なのである。もしも一審判決が下されてから、判決確定までの間、村上が沈黙を守っていたならば、筆者はおそらく、この一審判決で満足して立ち止まっていたに違いない。筆者もまた、村上に疑問を感じつつも、その内面の悪の深さを見抜けないまま、そこで争いが打ちきりになっていた可能性があるのだ。

だが、神はあえてこの事件を引き延ばされた。それはやはり、人の隠れた内面が極みまで明らかにされるためではないかと思う。
 
従って、物事がこじれているように見えるところにも、神の深い采配は働いている。そして、杉本が支払いを遅らせれば遅らせるほど、事実はより多くの人々に知れて、彼はますます窮地に陥り、社会で居場所を失って行くことになる。

また、以下にも書いたが、筆者の策はいつも一つではない。神はこの世で知恵あると己惚れている者を、高みから見て嘲られ、この世では無知と思われている者、無力と侮られている者を大胆に用いられて、御業を示される。神は教会を通じて、この世の諸々の支配と権威に、ご自分の多種多様な知恵を示されるのだ。

だから、神の教会の知恵は尽きることなく、この世のすべての人々の知恵を上回っている。私たちキリスト者は、敵の策略を足の下に踏みしだき、彼らのしかけた罠を高く飛び超えて行くだろう・・・。
 
* * *
  
さて、杉本は控訴していない。判決に不服を示していないのだ。にも関わらず、筆者の控訴を理由に、賠償金を支払わないとする彼の屁理屈には、呆れるのみである。

今回の判決には、仮執行がついている。仮執行は、賠償金の部分と、ブログ削除の部分にかかっている。

従って、杉本が未だコメントを削除していないことや、賠償金を支払わないことに対しては、筆者は強制執行、間接強制をかけて、取立を行う権利を有する。それが認められていればこそ、すでに債権差押命令が出ている。

一つの差押が空振りに終わりそうでも、取立業者に委託すれば、勤務先を調べてもらえる。その上で、勤務先に相談し、給与の差押などの措置に及ぶことは可能だ。

しかし、何よりも、こうした情報が勤務先に知れた時点で、平和裏に勤務を続けて行くことは難しくなるものと想像される。

そのことは、学術研究者から成るヤギの会の事務局員も、筆者がただ電話でこの訴訟の話を伝えただけで、決してこちらの言い分を一切疑うことなく、再三、杉本の行為を筆者に詫びていた様子からも分かる。

これが、普通の良識ある社会人のまっとうな反応なのである。それにも関わらず、杉本は、筆者がヤギの会に連絡を取った行為さえ、迷惑行為であるかのように非難している。

杉本はHCCの榊山牧師に勝訴した時、訴訟費用を早く払えと言って、HCCを非難していた。坂井能大を訴訟で破ったときには、即日で、裁判所で坂井に解決金を支払わせている。

それにも関わらず、自分だけは判決に従いたくないと駄々をこねる。どこまで我が身可愛さのゆえに、法に逆らい、世間の常識に逆らい、人に迷惑をかけ続けて、自分だけを愛し続け、わがままを通すつもりか。

杉本のキリスト教徒への非難には何の根拠もなかった。自分が裁判でキリスト教徒に打撃を与え、彼らからただ巻き上げることだけが、彼の目的だったのは明白である。本当に反吐が出るほどの嫌悪を催す、としか言いようがない。

もちろん、このような人間がキリスト教徒のはずがないし、悔い改めの余地があるとも全く思えない。このような男が、信者を名乗るだけ我々には大きな迷惑である。

筆者はメールに次のように書いた(多少文言を変えた部分がある)。
  
  

 ただちに託金にて賠償金を支払いなさい。

杉本徳久様

ゴールデンウイーク前からお支払いを要求しておりました。一体、いつお返事がいただけるのかと思っていましたが、あまりに無責任な対応を非常に残念に思っています。

さて、杉本さんが、賠償金の支払いおよびブログ削除の実行をこれ以上遅らせたいと願っておられることは、一切認められません。

一審判判決にはご存じの通り、主文の6に「この判決は、第2項及び第3項に限り、仮に執行することができる。」とございますので、控訴の有無に関わらず、私には判決の第2項、第3項をあなたに対してただちに実行に移す権利がございます。

第2項は賠償金の支払い、第3項は20本以上のブログ記事の削除を命じる判決です。仮執行の宣言がなされている以上、控訴審の判決を待たずとも、ただちに一審判決を実行可能なのです。

しかも、杉本さんは控訴なさっておられませんので、一審判決に同意という立場を公にされたことになります。ですから、今の杉本さんは、一審判決に不服も申立てていないわけですから、それにも関わらず、判決に従わない理由は、何一つございません。

しかしながら、杉本さんは賠償金の支払いは言うに及ばず、第3項さえ現時点できちんと履行なさっておられず、5月13日まで数多くの記事を削除されませんでしたし、未だにコメント番号17も内容を書き換えただけで、削除しておられません。

これは杉本さんが判決を実行しなければならない立場にあるにも関わらず、それを正当な理由なく無視し、一方的に履行を怠っていることを意味しますので、私はこれに対して、強制的に判決を実行に移すための措置を取る正当な法的権利を有しています。

実際に、私にその権利があるからこそ、立川支部が、債権差押命令をあなたに送ったのです。

しかも、私一人では限界があると判断すれば、第三者などの回収業者に委託することも可能です。

私はこれまで杉本さんが電話やメールにきちんと出られず、正当な理由なく、賠償金の支払いをいたずらに遅延させて来たため、やむなく杉本さんの知人やご家族や大学関係者や勤務先に、杉本さんが判決に従うよう、杉本さんに連絡を取ることが目的で、問い合わせを行わざるを得なくなっています。

そのために膨大な時間を費やさせられています。あなたご本人がきちんと連絡に応じないのですから、あなたの知人にそうした問い合わせを行うことには、やむを得ない正当な理由があります。

あなたは実名でブログを執筆されて来た方であり、今回、誰でも不特定多数の人々が閲覧できるインターネット上で私の名誉を公然と毀損されたわけですから、あなたに関して、一審判決の中では、何一つ秘密に当たる情報もなく、そこで、私が判決内容をあなたの知人やその他の人々に口外したところで、何ら、あなたに対する権利侵害にも、迷惑行為にも当たりません。

そのようなわけで、あなたが判決にきちんと従うまで、私が以上の措置を取ることには、「正当な理由」がございますし、続行せざるを得ませんので、ご了承下さい。

このような事情ですから、あなたには、私の法的に認められた正当な取立を「迷惑行為」などと呼ぶ権利はなく、そもそもあなたは私からの電話に、最初の1本を除き、全く出ておられませんし(その他の電話は一切通じていないので、通話記録もない)、このメール一本以外、一通のお返事もしておられませんので、それにも関わらず、迷惑行為が成立する理由もありません。

むしろ、私の名誉を毀損され、民事訴訟でも判決に従わず、迷惑行為を繰り返しておられるのは杉本さんだと思います。

さらに、あなたは私の記事や取り立てが原因で、体調不良に陥ったかのような、小学生のような文句を書き連ねていますが、あなたが運営しておられるFC弥生というサッカーチームの掲示板には、

https://fcyayoi.hatenablog.com/

2019   

   5/18   Sat 新横浜駅前 新横浜 球技場グランド 天然芝  2:00 - 4:00

     vs   浜のオヤジUnited

 杉本 水野

と記されており、休日には趣味のサッカーに興じて元気に走り回っておられるご様子ではありませんか。体調不良の影すらも見受けられない現状に驚かされます。

ヤギの会の事務局は、私の置かれている状況を理解して下さり、あなたの行為が、会の信用を損ねるものなので、あなたにしかるべき対応を求めると回答し、私にも詫びてくれました。

それにも関わらず、今回、ヤギの会からの連絡を受けたにも関わらず、あなたが今になってもまだ賠償金を支払いたくないと子供のように駄々をこね、「怖い」とか「体調不良になりそう」などと、自分が被害を受けているかのように訴えるメールを私に送って来られたことは、まさにあなたが市井の良識ある一人前の社会人として、自らが負うべき法的責任を一切、負えないわがままかつ幼稚な人間であることを示す驚くべき事実ですから、その旨も、合わせてヤギの会の事務局に、お伝えしておこうと思います。

多分、そのようなあなたの態度を見れば、これまで、あなたを信用して来た人たちも、あなたという人について考えを翻し、もはやあなたを信用し続けることはできなくなるのではないかと想像します。

特に、杉本さんはかつてHCCと裁判をし、HCCから訴訟費用を取り立てた過去がありますし、坂井能大氏をも裁判に訴え、彼に少なくない解決金を即日に裁判所で支払わせています。ご自分はこうして裁判を利用して、他の人々に、賠償金を支払わせていながら、ご自分だけ、子供じみた言い訳で、債務を逃れることができないのは当然と思います。

さらに、杉本さんは、過去10年間ほど、再三再四、私に「刑事告訴」や「裁判」を口実にして、様々な要求を行う脅しめいた内容のメールを送りつけられています。そして、私が要求に従わなければ、「実名を無断で公表する」とか「卒業した大学に問い合わせる」などとおっしゃっておられました。

それにも関わらず、私が杉本さんや関係者に対して、司法で下された判決に従い、賠償金の取立という「正当な理由」に基づいて連絡を行うことが、一切、迷惑行為に該当する理由があるはずもありません。

そこで、最後に通告します。

今、私は、株式会社メディアテラスの代表としての杉本徳久に対し、差押と取立を行っています。ですが、杉本さんがお支払いをなされませんと、今度は、杉本さんの勤務先などをお調べして、給与の差押等に及ぶこととなります。

しかし、勤務先が特定され、給与の差押等が行われますと、杉本さんの生活にも色々と直接的な影響が出て来ることでしょう。

それを望まれないのであれば、杉本さんには、今、すでに差押通知が来ている金額をただちに供託して府中支局におさめる以外に、以上の事態を防ぐ手段はありません。

私には控訴審の準備のための作業がありますから、待ちできる期間はもはやありません。

そこで、まずは、杉本さんが18日に新横浜競技場グランドに来られる際、サッカーチームの方々にこうした事情があることを伝え、理解を乞い、杉本さんとの話し合いの場をもうけていただこうと考えております。

横浜のチームも参加しているようですし、良識ある市井の方々は、ヤギの会と同じように、この問題に理解を示して下さるはずです。

また、万一、杉本さんが非常に乱暴な対応に終始されたりした場合に備えて、神奈川警察署にも、私が取立を目的に杉本さんに接触をはかる旨は、前もって伝えておきます。

それに先立ち、債務承認弁済契約書を送ります。

当日、ご署名捺印を求めます。ただし、サッカーチームの前でこうした書面の交付に及びたくないとお思いの場合には、メールで署名捺印の意思表示を前もって示して下さい。

そうでなければ、予定の時刻にグランドに参りまして、関係者一同にこうした事情があることを伝え、理解と助力を求めることとなります。その際、判決文、債権差押命令、杉本さんが書かれたブログ、また、杉本さんが書かれましたメールも持参することとなりましょう。

それでも杉本さんが、誠意ある対応をされない場合には、この先、勤務先の特定と給与の差押が不可避となりますので、ご了承下さい。

ヴィオロン

追伸

さらに、杉本さんが本日中に債務弁済契約書に署名捺印の意思表示を見せられず、このメールに何らの返答もされない場合は、杉本さんのメールの内容と、私のお送りしたこのメールも合わせて、ヤギの会にお伝えしておきます。

ヤギの会には、判決、債権差押命令、杉本さんのブログをお送りしておきますのでご了承下さい。

また、神奈川警察署には18日の件はこれから伝えますが、制止を受けた場合には、契約書の当日手交をとりやめ、メールで取り交わし、それができない場合には、やはり早急に業者委託等により、勤務先の特定と給与差押に直接的に及ぶ可能性がありますので、これはグランドでお会いすることを約束するものではありません。

また、杉本さんのご両親はクリスチャンという話でしたので、場合によっては、代理人等を通して、ご家族と接触を図り、この件をご相談させていただくことも検討しています。

このように、杉本さんが賠償金の支払いを遅らせますと、多くの方々が、杉本さんの無責任でわがままな行為に、心痛める結果となり、むろん、刑事事件の進展にも差し支える結果となり、生活にも影響が及ぶことをよくお考えになるようお勧めするのみです。

以前に伝えた通りの方法で、ただちに賠償金を支払いなさい。

ヴィオロン

 
おそらく、神奈川警察署は筆者が杉本に会うことを許可しないであろう。だから、筆者はグランドには赴かないと思うが、杉本はよくぞ自分が訴えられている最中、神奈川警察署のテリトリーに自分から入って来る気になったものだと思う。
 
さらに、このメールを送った直後、杉本はホームページを書き換え、自分は審判・用具係だと豪語している。

いずれにしても、病人には休日にグランドに赴くことさえ不可能だ。この猛暑の中、数時間、電車に揺られ、外出するだけでも、いたく体力を消耗するだろう。従って、杉本のメールは、自分にとって不都合なことは何もやりたくないという身勝手な意思表示でしかない。

だが、筆者には、いつも二重三重の方法がある。だから、表向きに実行すると言った方法以外にも、数多くの別の方法論をその陰で駆使することになろう。
 
さて、杉本の送りつけて来た駄々っ子のようなメールは、予告した通り、杉本の書いたブログ記事、判決、債権差押命令などと共に、ヤギの会に送付しておく。それ以外にも、杉本の関係者に相談する時には、杉本の幼稚なメールは、一セットとしてまとめて送付することなるだろう。

おそらく、杉本が筆者に送りつけて来たメールを送付すれば、会からの脱退は免れられなくなるものと思う。あのメールを読めば、通常の人々は、あまりの強烈な自己愛にめまいがして来て、杉本徳久という人間について、根本的に考えを改めざるを得なくなるのではないだろうか。
  
筆者は杉本のメールを読むとき、彼は本当に研究者だったことが一度でもあるのかと、非常に疑問に思わざるを得ない。

文体が、学術論文を一度でも真剣に書いたことのある人の文体ではないのだ。そもそもすべての記事やメールが、文章を愛する人の書く内容ではない。

杉本は大学院修士課程に在学していたことがあると、かつてブログに記していたが、よく考えてみると、修士論文を書き上げたとは一度も書いていなかった。従って、院を修了し、修士の学位を得たのかどうかも、当人の記述からは、はっきりしない。特に、東京大新領域に所属していたのかどうかもよく分からない。
  
とてもではないが、この男の文章では、一本の修士論文も書き上げられないだろうことを筆者は疑わない。

(以下は、杉本がかつてブログに掲載していたプロフィール「他人からの呼ばれ方」の記載。)

  


杉本の人生がどのようなものだったかは知らないが、杉本が主宰しているサッカーチームは、都立西高校のサッカーチームから派生したものだ。高校生活までは、比較的リアルな足跡が見える。ヤギの会でも世話人をつとめたり、ホームページ管理をしていたところを見ると、リーダー役をつとめて、多くの人々をまとめ、脚光を浴び、注目されるのが大好きな人間像が浮かび上がって来る。

だが、そういうことは、高校の同窓会くらいでやめておけばよかったのだ。下手に大学院に進学し、学問を志し、そこに自分には到達できない高みがあることを知って、挫折感を味わったのではないだろうか。大学院時代の記述には、ほとんど何も感慨深い事柄が記されておらず、研究テーマもよく分からず、院を修了したのかも分からないまま、サラリーマンになったと記されており、サラリーマン生活にも、味気無さ以外に見いだせるものは特になかったようである。

杉本のプロフィールから見えて来るものは、精神がずっと「大人になり切れない子供」のまま、子ども時代や、学校時代の、大勢でわいわいがややがと楽しんでいる自分を捨てられないまま、一人前の責任を負えずに、現在を迎えてしまった男だということである。彼には、自分が憧れているものと、現実に自分が努力して手にできるものとの巨大な落差が認識できなかったのであろう。

企業経営者になってからも、多方面に手を出し、音楽スタジオを創設したり、教会音楽に取り組んだりもしていた。だが、音楽に関しては、基礎的素養がなければ、ビジネスとしての成功も難しいだろう。そんな風に、憧れだけで、様々な事柄を手掛けるのだが、基礎というものがきちんとできていないため、すべてが中途半端なまま瓦解して行ってしまう。

その最たるものが、信仰生活である。

* * *

信仰生活とは、神の高みに至り着くことを目指す人生だと言えるので、ある意味では、この世のどんな人たちの人生に比べても、最も不遜な試みだと言えなくもない。

だが、学問においても、高みに至り着くためには、己をむなしくして努力することが必要であるように、神を知るためにも、人はへりくだって自分を捨てねばならない。それができないまま、美しい飾りを身にまとうように、憧れの対象をいくら身の回りにかき集めても、人はクジャクの羽をつけたカラスにしかなれない。
 
しかも、「神」を自分のアクセサリーとして身に着けようとする以上の高慢は、人には見られないものである。ちょうど掲示板でも、ギリシア語やヘブライ語の知識を誇示し、自分は聖書を誰よりも原語で読んでいるなどと豪語しながら、マリアの処女懐胎を否定している投稿者がいるが、呆れることである。

知識は人を高ぶらせる。だが、信仰は、人をへりくだりに導く。

キリスト教の信仰は、自画自賛、自己顕示、自己愛のために持つものではない。
 
杉本の人生からは、この点をはきちがえた男の悲哀が伝わって来る。つまり、最も高みを目指しながら、結局、何者にもなれなかった男の悲哀である。だが、何者にもなれなくとも良いから、せめて判決には従うごくごく普通のまっとうな社会人として生きていれば、それで良かったのではないのかと筆者は思う。

そうしてさえいれば、まさかここまで人生を失うことはなかったはずである。

なぜキリスト教会に敵対し、なぜ自分が他の教会や信者よりもさらに優れた信仰を持っているかのように豪語し、罪もない大勢のクリスチャンを中傷し、裁判に引きずり出し、打撃を与える必要があったのか。

何よりも、杉本が、聖書の神よりも自分自身を高く掲げたことが、破滅の始まりなのである。杉本が否定したいのは、次のことだ。

生まれながらの人間には、聖なる要素は何一つなく、人はみな生まれながらにして、神の御怒りの子であって、己が罪を悔い改めて十字架の贖いによって救われる以外に道はないこと。

イエス・キリストの十字架の贖いを受けなければ、誰一人、神に受け入れられることはないこと。生まれながらの人間には、どんな努力によって、自分を変えることはできず、人間の一切の自己救済はむなしく、人間の生まれながらの自己を改良する方法では、人は何者にもなれないどころか、ゲヘナの子になって終わるだけであること。

信仰生活の基礎は、キリストご自身であって、人の生まれながらの自己ではない。

しかし、杉本は自分を愛し、自分を手放すことを惜しみ、自分の美が失われることを拒んだ。彼は十字架の贖いを拒んだ。そして、神以上に己を義として、諸教会に戦いを挑んだ。そうであるがゆえに、彼は自分の罪が全く見えなくなって、これを悔い改めることも、反省することもできなくなり、神の救いから、自分を除外し、滅びの道をひた走っているのである。

正直に言えば、現在の杉本には、杉本がかつて筆者に向かって発した呪いの言葉が、そのまま跳ね返っているだけのことである。杉本が他者を精神的に追い詰め、他者が心を病んで立ち直れなくなることを積極的に願いつつ、容赦のない呪いの言葉を浴びせて、他者を中傷し、他者の社会生活が不可能になることを積極的に願う言葉を、おびただしい回数、公の場所に書き記し、また、そのように自分が嘲り、罵った人間の苦しみを、高みから見下ろして、これを踏みにじって嘲笑するようなことがなければ、今、彼がこのような立場に置かれることはなかったであろう。

筆者は、杉本がまだ多分に嘘をついていることを知っている。彼はサッカーの審判が出来るくらいに元気だ。だが、たとえ仮病であったとしても、自らの債務を逃れるために、杉本が自分を「病気」だと宣言したことは、神と人との前にきっと覚えられるだろう。人は自分で口から発した言葉に、自分でとらわれ、自分で恐れた事柄が、実現して行くからである。

不思議なことである。杉本は、警察の取り調べが「怖い」と言うのではなく、筆者の取立や、ブログ記事が「怖い」と言うのである。そういう感覚がまだ残っているならば、2010年頃から、杉本が再三に渡り、筆者に送りつけて来たメールが、筆者にどれほど大きな不快感、精神的苦痛をもたらしたか、彼には分かるはずだ。

ところが、当時、杉本が「訴訟」や「刑事告訴」という文言をやたら振り回していたので、それらのメールは、たとえ名目だけであっても、「正当な理由」があれば、迷惑行為に該当しないとされた。ならば、筆者はその理屈を裏返しにして、現在の杉本にそっくりそのまま当てはめるのみだ。まさか筆者が判決に従うよう杉本に求める行為が、迷惑行為に当たるはずもない。
 
このように、人には他者に対して行った行為が、いつか自分に跳ね返ることになる。憐れみのない者には、憐れみのない仕打ちが跳ね返り、残忍な者には、残忍な仕打ちが跳ね返る。その逆に、憐れみ深い人間には、憐れみが返され、施す者には施しが、人を赦す者には、赦しが返って来る。

筆者はこれまで幾度も杉本に悔い改めるよう警告して来たので、十分にその時期は過ぎたものと思う。

このように、神は人の心を極みまで探り究められ、おのおのの行いに応じて報いられる方である。事態が紛糾しているように見えるのは、杉本には、まだまだこれからその身に降りかからねばならない出来事が多数、残されているためである。

筆者は贖いの絶大な効力を知っているので、これまで杉本にどんな言葉によって呪われても、それに打ち負かされることはなかった。だが、信仰の盾のない杉本には、自分が他人に向かって吐いた言葉が、自分自身に跳ね返って来る時、防御の方法はないであろう。

杉本が発して来た残酷で容赦のないクリスチャンへの呪詛の言葉は、これから信者たちを離れ、彼自身の生涯に付きまとうことになる。杉本が恐れているのは、筆者ではなく、彼の行った数々の残酷な行為を覚えておられる神ご自身の報復と、聖徒らからの徹底した侮蔑と嘲りである。
 
   <続く>
 

13.聖書の神に逆らい、御言葉に逆らうカルト被害者救済活動からのエクソダス(Ⅱ)

人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。」(ヨハネ16:2-4)

「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。」(ヨハネ16:13-14)

さて、警察との会話で非常に印象的なことがあった。筆者がこの事件の全容について話し、筆者はもはや犯人が許されることを望んでおらず、厳しい処罰を望んでいる、と述べた時のことであった。

筆者は、それは筆者だけのためではないのであって、神の福音を退け、教会を冒涜し、聖徒らを迫害し、神の教会に手をかけたその罪に対しては、厳しい報いがなければならない、という考えを述べた。

その時、驚くべき相槌が返って来た。

「あなたは彼らは神の赦しを超えてしまった、と思われるわけですね・・・」

筆者は驚いて問い返した。

「まさしくそうです。でも、まだ私が何も言っていないのに、よくお分かりになりましたね?」

筆者は非常に驚いたので、あなたも信仰者なんですか、と問うたが、返事はそうではない、というものであった。だが、筆者は信仰を持たない人間が、この話を聞いて、以上のような発言をしたことに、心から驚き、その言葉を心に留めた。

彼らが神の赦しを超えた、という言葉は、2009年に杉本が初めて筆者と当ブログを1千件のコメントと共にバッシングした時から、幾人もの信者が表明して来たことである。そのバッシング記事には、不法行為と呼べる構成要件はまだ整っていなかったにも関わらず、霊的文脈においては、おそらくこれが他のどんな不法行為に比べても、最も著しい(神とエクレシアと聖徒に対する)冒涜行為であったろうことを筆者も疑わない。

その時から、杉本の命運は決まっていた。筆者はそう考えている。

すでに幾度も書いた通り、筆者は2010年に杉本徳久に向かって、ラスコーリニコフにならって、己が罪を認めるようにとの勧告を書いたが、その時から、この事件の結末を、すでに心の内側で予感していたと言えよう。

霊的な直観は、現実に先立つ。真理の御霊は、やがて来るべき事柄を知らせると聖書にある通り、私たちにはこの先、起きることについても、分かっていることが多くある。だから、筆者は自分の出した訴えがどうなるのか、どんなに事件の進展が遅いように思われる時でも、結果を予め知っているのである。

そして、そのことを、実に不思議なことに、筆者のみならず、筆者の話を聞いていた警察官も、理解して、これを筆者に先んじて口にしたのである。

もう一つ、警察官が予見的なことを語ったことがある。

それは昨年、筆者が杉本に対する第一の告訴状を出して間もなく、若い担当刑事が杉本に電話で連絡を取った時のことであった。

担当刑事は、杉本に対して電話で「ブログを削除して下さい」と要求したのである。

繰り返すが、「ブログ記事を削除」ではなく「ブログを削除」するよう求めたのである。

これは非常に奇妙なことであった。本来、表現の自由が尊重されて、権利侵害が行われている該当記事だけの削除が求められるのが通常である。ところが、警察はそのようには言わなかった。「神々の風景」についても、プロバイダの措置として全体が非開示にされた。いずれは全体が削除されるであろう。これと同じことを、もう一つのブログに対しても警察は求めたのである。

これらのことは、非常に印象的かつ予表的であった。

さて、筆者は今でも一審判決の言い渡しの時のことを度々思い出す。

その日は、待ち望んだ解放の判決のはずであった。何日も前から、ようやくこれで事件が終わるのだと考え、筆者は喜んでいた。

それにも関わらず、前日から、どういうわけか緊張が解けなかった。その日、法廷には、見知らぬ傍聴人が一人来ており、掲示板の関係者かも知れないと思われたことも要因の一つだったろう。

裁判官は法廷に姿を現し、法壇に着座すると、掲示板で起きている騒ぎのことを、知ってか知らずか、「困った事態が起きてしまいましたね」といった具合に、筆者に笑いかけた。そして、筆者のことをおもんばかってであろう、傍聴人に対し、携帯電話のスイッチを切り、録音や撮影を行わないよう注意した。

時刻が来るまで重い沈黙の時が流れた。筆者は何かしらただならぬ緊張感に包まれていた。判決に異議申立てはしないと予め決めており、これで争いは終結する、書類作成の仕事からも解放される、そう思って喜んでいたはずが、前日から引いた風邪のせいで、頭ははっきりせず、いよいよ裁判官が判決を読み上げ始めた途端、筆者は裁判官と目を合わせることもできなくなった。

主文の冒頭部分を聞いただけで、筆者には、これが事件の完成ではあり得ないことを理解したのである。

裁判官は、筆者が心ここにあらずの状態になったことを察知したのか、最後に少し苛立たし気な表情で、「あなた、本当に聞いているんですか?」とでも言うかのような調子で、筆者に判決への同意を求めた。

だが、同意を求められるなど予想もしていなかった筆者は、自分が質問を受けていると理解して返答するまでに少し時間がかかった。

このように、一審判決の言い渡しは、どこかしらちぐはぐな雰囲気で終わった。口頭弁論の終結時の時に生まれた一体感とは全く異なる緊張がそこにあり、裁判官はいささか憮然としたような、よそよそしい表情で退廷して行き、見知らぬ傍聴人も、杉本が負けると考えていなかったのか、すさまじいショックを受けたようにダッと走り去って行った。

筆者は判決言い渡し後、前よりもさらなる緊張状態に陥った。おそらく、裁判官も書記官も、それは筆者が判決に不服があって、異議申し立てをしようとしているためではないかと考えたのではないかと思う。
 
なぜそのようなことになったのか、筆者は今ならばよく分かる。筆者はこの判決を歓迎するつもりで、無条件に受け入れると決意していたが、心の深い所では、もしも筆者が、これを最終的な宣告として受け入れれば、次の瞬間、筆者に待っているものは死だけであると、確実に予見していたのである。

筆者は判決言い渡しの後、しばらくの間、そのことに全く気づかないふりをしていた。裁判官と書記官にお礼状を書き、早々と後処理に取りかかった。人間的に見れば、まずまずの結果である。争いから早期に解放されたことを喜ぶべきであろう・・・。

しかし、それはあくまで人間的な観点から見た場合の話でしかなかった。筆者の内なる直観は、事態はまるで逆であることを、はっきりと理解していた。この中途半端な終わりに身を委ねることに、筆者の内なる人は激しい拒否反応を示した。風邪は日に日に悪くなって行くばかりであった。
 
村上は初めから、筆者に勝訴すれば、筆者にとどめを刺すつもりであったのだと思われる。それが証拠に、一審判決が確定もしていないうちから、村上は筆者に対する勝利宣言をブログに発表し、さらに筆者に対する人格権侵害の記事を発表した。

これはおそらく村上の当初からの予定だったのではないかと推察される。村上はおそらく筆者が「完敗」を認め、今後、全く抵抗しない立場に身を置くのが当然と考え、公然かつ堂々と権利侵害を始めたのであろうと。

「往生際の悪い」筆者に、とどめを刺すために、民事で「完全勝訴」を宣言した上、さらに息の根を止めるべく、刑事告訴に及ぶことは、予定の行動だったのではないかと。
 
村上が掲示板における筆者に対する嵐のような24時間体制の誹謗中傷を、どこ吹く風とばかりに黙認していたのも、その書き込みが、筆者の心を揺さぶって、何らかの失言につながるのを狙っての措置であったと見ることもできよう。

そして、杉本が賠償金を未だ支払わないことも、同じ文脈から出た行動である。彼らは諦めていない――筆者を「カルト信者」として社会的に抹殺に追い込み、公然と証の言葉を述べる完全に口を封じることを――。
 
強制脱会活動が、幾人もの他宗教の信者を社会的に殺して来たのと同様、この人々は、彼らの「説得」に応じない筆者を「人格障害」に追い込み、社会的に抹殺しようとの考えを、依然、捨ててはいない、だからこそ、控訴という正当な方法によって、この判決を覆そうと努力するのではなく、判決の実行を先延ばしし、賠償金を支払わないことで、筆者がさらに追い込まれるよう、策を講じているのではないかと見られるのだ。

筆者はこのことについても、警察に伝えた。掲示板の投稿のほぼすべてが村上の支持者と見られる人物たちで固められていること、こうした権利侵害も、信者たちの単独犯であるとは思えず、杉本の行為も、単独であるとは到底、考えられないこと。
 
不思議なことに、こうした話を、警察は決して空想としては聞かなかった。そうなったのも、理由がある。何しろ、昨年の時点では、村上は告訴対象にも含まれていなかったが、事件は進展しており、村上による権利侵害の証拠が手に入った今では、筆者の言うことをあながち作り話として退けるわけにもいかない状況が整いつつあるからだ。少しずつ事件は核心に近づいて来ている。

話を戻せば、村上は完全勝訴の上にも、さらに念には念を入れて、筆者を「抹殺」するために、刑事告訴に及ぼうとしたのであり――それは初めから既定路線だったと見られる。

そこで、もしもあの時、筆者が一審での部分的勝訴に甘んじて、戦いをやめていれば――このような恐るべき霊的攻撃に対して、筆者には抗う術が残らなかったであろう。そうなれば、向こうの思う壺の状況が作り上げられたはずだ。

だが、筆者の内なる人はそのことをよく知っていればこそ、村上による権利侵害の証拠が手に入った瞬間、待ち望んだ判決を振り切って、ただちに控訴に及んだのである。

むろん、一審判決を超えるためには、さらなる証拠の積み上げが必要であり、最終的な判決を手にするまでの間に、事の真相にどこまで迫れるかが、今回の争いの本髄である。
 
いずれにせよ、こうして、紛争が一審で終わらなかったことは、まさに奇跡的な天の助けであると言えた。

一審を担当してくれた裁判官はすでに異動で去ったが、初めて法廷に姿を現した時、「私はこの事件から逃げるつもりはありません」と述べたことが思い出される。そして、筆者が先日、長い時間をかけて、犯人の処罰を願う、と述べたときにも、警察の上部は、これと似たような言葉を繰り返し言った、必ずこの事件をふさわしい方法で解決すると。

民事訴訟が始まったばかりの頃、筆者は裁判官が公平に客観的に事件を裁いてくれるだろうと考え、電話会議でも、裁判官と書記官の二人にがっちりと脇を固められて、守られているような安心感を覚えていた。

その頃、筆者には、自分自身が、力強く立ち上がって、自らこの事件を率いて行くのだという自覚はそれほどなかった。訴えを出した後も、最後まで、主導権を握るのは自分でなければならず、筆者こそ、周囲の全ての人々の心を動かす鍵を握っているのだということが、分かり始めたのは、少し後のことである。

筆者はしばしば、裁判官とさえ、胸襟を開いて――いや、まるで激しく衝突するがごとく、議論を戦わせたことがあった。ここには書かないが、実に様々なドラマがあり、その中で、筆者は、初めは冷静で頼りがいがあるように見えた裁判官さえ、筆者の心の動揺にどれほど大きな影響を受けているかを理解し、この事件を正しく進めるためには、あくまで筆者が自分をしっかりと持って、目的となる地点から目を離さず、全員をまとめてその目的へ向かって牽引していく姿勢が必要なのだと知った。

そうして、関係者のすべてをまとめて、皆が心を一つに合わせて同じ目的へ向かって行くことができるように整えることは、必要不可欠なだけでなく、実際に可能であることを知ったのである。
 
それが分かったおかげで、一審の終わりは、見事に息の合うものとなった。この頃から、筆者は、キリスト者はどんな事件に見舞われようとも、カルバリの十字架の勝利のゆえに、すでにすべてを足の下に従えているのであって、私たちはその事実を実際とするために、この地に置かれており、御名のゆえに、万物を足の下に従えることが、現実にできるのだという秘訣が分かり始めた。

裁判官は、事件から逃げないと約束してくれた分だけ、何としてもこの争いから筆者を救い出して去って行かねばならないと考えたのであろう、考えられる限りの手を尽くしてくれた。だから、一審判決が本当の終わりではなくなったとはいえ、筆者は一審で与えられた命に、より完全性を持たせるために、これに控訴状という服を着せて、世に送り出した。

それから、警察署に出した告訴状についても、筆者は事件を前に進めるために、まるで未熟児に対するように世話をしている。そして、可能な限りの労力を割いて、この事件を理解して進めてもらうための働きかけを続けている。
 
こうして当事者が事件を牽引する作業は、まさに途轍もない作業である。訴状に関しても、告訴状に関しても、同じことが言えるが、訴えを出すというのは、初めの第一歩に過ぎず、そこから何百キロもの道のりを徒歩で歩き通すような行程が必要となる。

怠惰で、人とぶつかることの嫌いな人間には、こうした気の遠くなるような作業を貫き通すことはできまい。

筆者自身、これまでコンクリート製の分厚い壁を5つくらいは粉砕したような気がするが、あらゆる障害を打破することが必要なだけでなく、人の心を動かし、皆を一つの目的へ向かって団結させて、立ち上がらせて行く力が必要となる。その働きかけのために、膨大な労力が必要となる。なぜなら、訴えは書面で出しはするものの、最後には人がこれを処理するからである。
 
それは見えないオーケストラの見えない指揮者になるのにも似ているかも知れない。関係者の全てが、息を合わせて一つの調べを奏で、一つの目的へ向かって行くことができるようになるまで、筆者は調整を繰り返す。

そうして、努力に努力を重ねているうちに、ある瞬間に、望んでいる答え、望んでいる回答がようやく実現する。

それはその時々で、束の間の現れに過ぎないものではあるが、神の御心にかなう御国の秩序が到来し、調和の取れた調べが流れだす時が来る。その瞬間には、まるで生ける水の川々が溢れ、流れ出すように、すべてのものがキリストの愛の中に飲み込まれる。筆者の周囲の人々も、それによって潤され、浸され、すべてが感動的なまでに美しい終わりを迎える。

その日が来ることを待ち望みつつ、筆者は自分の訴えをより洗練させて、より完成へと向かわせている。神の正しい義なる裁き、まことの裁き主であられる主の真実かつ公平な判決が得られるように、目的へ向かって進んでいる。それは救われる者にとっては自由と解放の響きであり、滅びるものには死の宣告である。

その戦いの中で、筆者は孤軍奮闘しているわけではなく、雲のような証人たちに囲まれている。敵陣に包囲されて逃げ場がなくなるように見えるときにも、援軍は常に用意されており、霊の目を開いて、周りを見渡せば、エリシャが見たあの火の馬と火の戦車は、今日も神を信じる者と共にある。主は筆者に言われるだろう、

「恐れるな。私たちとともにいる者は、彼らとともにいる者よりも多いのだから。」(列王記下6:16)

* * *
 
さて、村上密がまたもや見当外れなことを書いている。

「人はいつも危険と背中合わせで過ごしていると私は思う。その感覚を失うともっと危険に接近することになる。身近な人の忠告は危険を回避する忠告が含まれている。そのような親身になってくれる人がいない人はその人自身が危険になる。暴走とはそういうことを言うのではないか。」(4月27日の記事「暴走」)

村上の記事にはいつも同じ特徴が見られる。それは孤独を否定し、一人になることを否定し、常に集団の中に隠れようとする特徴だ。杉本の記事にも全く同じ特徴がみられた。

村上は最新記事でも同じことを述べている、「連休はカルト研修の時期 」では、カルトに入らないためには、家族の連絡こそ必要と訴えている。

「5月は研修の期間である。子供の行き先がはっきりわからない場合、カルトの研修を受けてる可能性がある。子供の行動が明確でないことを放っておくと対応が後手になる。親子間の連絡が疎遠にならないように気を付けよう。」

これは子供を一人にさせておくと危ない、何をしているか分からないまま、放っておいたらいけない、というだけにとどまらず、まるで親に子供を監視せよと言っているように聞こえる。常に子供を一人にさせず、集団の群れの中にいさせて、何をしているのかが、周囲に見えるようにしておかねば、カルトのような重大な危険に取り込まれてしまいかねないと、半ば脅しのような言葉で、親が子供を監視する必要性を訴えている。

村上はこうして記事の中で、常に目に見える人間関係の必要性を訴え、悩める人間には話を聞いてくれる誰かが必要だと訴え、互いに互いの行動を把握して、人間の相互扶助ネットワークを作り上げることが、あたかも救済であるかのように強調する。人間関係の只中にいさえすれば、集団の只中にいさえすれば、危険を免れられるかのように説くのだ。

それは逆に言えば、一人になれば死ぬという脅し文句と同じだ。牧師のいる教会では、指導者は神の代理権威であると教えられ、牧師の指導の圏内から信徒が逃げれば、信徒は救いを失うかのように解かれることが少なくない。「あなたは一人では聖書を学べない、助けてくれる人や、教えてくれる人が必要だ。だからこの教会にいなさい、私たちと一緒に学びなさい。一人になったらいけない」というわけである。だが、その本当の目的は、信者を目に見える教会に束縛し、牧師に献金を捧げさせ、いついつまでも牧師の説教がなければ、聖書を理解もできない霊的赤子の状態に押しとどめ、信徒から栄光を搾取することにある。

いわば、天皇の赤子だった時代の臣民と同じである。カルト宗教の「霊の父母」と同じで、村上は今も「生み生まれる親子の立体関係」の必要を説き、そこから離れての個人はあり得ないと説いているだけなのであって、なぜそのようなことをするかと言えば、その集団が、偽りのイデオロギーに従って作り上げられたものであり、集団に帰依し、その関係性の中に束縛されている限り、その誤った理念から、人は抜け出せないからだ。個人を集団に留め置くために、(疑似的なものも含め)親子関係が最大限美化され、利用されるのである。

カルト被害者救済活動は、悪しき反聖書的な理念に基づいて作り上げられた一大要塞であり、そこから人を逃がさないでいるためにこそ、相互監視が必要なのである。その監視社会を美化し、正当化するために用いられるのが、親子関係やら、師弟関係やらといった美名である。

だが、聖書の奥義とは、「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」(創世記2:18)というものであって、まず「父母からの自立」が前提となり、キリストとエクレシアの結婚も成し遂げられる。

聖書における正しい関係は、「生み生まれる親子の立体関係」ではない。信者が神に出会うためには、自分の生まれ落ちた家の民を忘れ、「父の家を忘れる」ことがどうしても必要である。これは人が生まれながらの自己に死んで、この世に対して死に、キリストに対して生きるようになることを意味する。

娘よ、聞け。
耳を傾けて聞き、そしてよく見よ。
あなたの民とあなたの父の家を忘れよ。
王はあなたの美しさを慕う。
王はあなたの主。彼の前にひれ伏すがよい。
ティルスの娘よ。民の豪族は贈り物を携え
あなたが顔を向けるのを待っている。」(詩編45:11-12)

筆者の目から見た限り、牧師たちは、大勢の信者や家族に囲まれているように見えても、内心は孤独である。特に、高慢ゆえに他人の助言を聞かない牧師の周りでは、真摯に忠告してくれる人もいなくなっていくため、いざという時、必要な助言を誰からも受けることができない。

大勢の人たちに囲まれていても、みなイエスマンばかりなので、牧師が暴走しても、止める者もない。もしも村上に、身近に親身になって危険を忠告してくれる人間が一人でもいたならば、筆者に対する人格権侵害の記事を投稿してこれをすぐに削除したり、筆者を刑事告訴したなどという記事を発表してこれを削除したり、杉本徳久と共に筆者を馬鹿にする文通を書証として裁判に提出したりと言った愚行には決して及ばなかったであろう。
 
筆者に対する弾劾記事をブログに次々投稿し、掲示板での誹謗中傷を黙認・容認したりすることもなく、何よりも、カルト被害者救済活動に手を染めなかっただろう。

こうした行為に村上が及んだのは、村上には、誰も親身になって忠告する人間がおらず、むしろ、悪い助言者ばかりが取り巻いていたことの証拠である。

こうして、村上の記事では、親子の絆、年長者と年少者の絆、社会の助け合い、相互扶助のネットワークの必要性ばかりが語られるが、そこでは、最も重大な争点が抜け落ちている。

それは、私たちにとって、最も身近かつ忠実な助言者は誰なのか、という問題だ。

もちろんのこと、私たちの最も信頼できる助言者は、見えないイエス・キリストである。船頭多くして船山に登る式に、多すぎる助言者は道を誤らせ、年長者の忠告をどんなに聞こうと、イエス・キリストの忠告を退ける人間の人生は呪われる。

そこで、村上の記事は、筆者には常にバビロンの次のつぶやきを想起させる。

「わたしは、女王の座に着いており、やもめなどではない。決して悲しい目に遭いはしない。」(黙示18:7)

「やもめなどではない」――というバビロンの言葉は、言い換えれば、「私は一人ではない」という意味である。村上は言う、自分には身近に「親身になってくれる人がいる」から暴走することはないと。「親子関係」も万全だから、危険はない、自分は「大人たちの忠告」を聞いているから大丈夫だ、道を誤ることなどないと。

しかし、 「主はこう言われる、

 「おおよそ人を頼みとし肉なる者を自分の腕とし、
  その心が主を離れている人は、のろわれる。
  彼は荒野に育つ小さい木のように、
  何も良いことの来るのを見ない。
  荒野の、干上がった所に住み、人の住まない塩地にいる。
 
  おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである。
  彼は水のほとりに植えた木のようで、
  その根を川にのばし、暑さにあっても恐れることはない。
  その葉は常に青く、ひでりの年にも憂えることなく、絶えず実を結ぶ」。
 
  心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。
  だれがこれを、よく知ることができようか。
  「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。
  おのおのに、その道にしたがい、その行いの実によって報いをするためである」。
 
  しゃこが自分が産んだのではない卵を抱くように、
  不正な財産を得る者がある。
  その人は一生の半ばにそれから離れて、その終りには愚かな者となる。

  初めから高くあげられた栄えあるみ座は、われわれの聖所のある所である。
 
  またイスラエルの望みである主よ、あなたを捨てる者はみな恥をかき、
  あなたを離れる者は土に名をしるされます。
  それは生ける水の源である主を捨てたからです。」(エレミヤ17:5-13)

筆者から見れば、「暴走」とは、目に見える助言者を失った結果として起きることではない。むしろ、「暴走」とは、ただ一人のまことの助言者を当てにせず、目に見える偶像にすがり、頼った結果として起きるものである。

周りのイエスマンたちにおだてられ、自分の欠点が見えなくなった宗教指導者が、分不相応な自画自賛に明け暮れながら、利己的な道を貪欲に突き進み、当然の破滅に落ち込んで滅び去って行くことなどは、まさにその典型である。

筆者は、村上を担ぎ上げた信者たちにも、重い責任があると考えている。村上を間近で知らない人間が、村上に対して疑問を抱かないのは仕方がないが、村上を間近で知っており、疑問を感じながらも、声をあげなかった信者たちの責任は重いと考えている。特に、カルト被害者たちの責任は重い。

統一教会側の「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」が記している「2 拉致監禁による強制棄教事件の歴史」によると、脱カルト強制脱会運動の歴史には、大きく分けて4つの段階があり、拉致・監禁による強制脱会を最初に始めた者は、村上ではなかったようであるが、村上がこの運動に入った頃に、この運動は最盛期を迎える。拉致・監禁による強制脱会の手法が確立したのはその頃で、別な情報によれば、村上自身も数百件以上の強制脱会を手伝ったと言われている。

その後、強制脱会運動に関わった牧師たちの一部が民事・刑事で訴えられ、敗北に追い込まれたりする中でも、村上には追及の手が及ばなかったのは、ただ村上が非常に巧妙に立ち回り、人権侵害に加担した証拠を残さないようにしていたというだけではなく、村上を取り巻いている無数のカルト被害者らが、村上に対する徹底的な援護射撃・サポートに回ったことが大きく影響していただろう。

京都七條基督教会の役員も、ある時期までは、大半が村上自身が脱会させた元統一教会の信者で固められていたと指摘されている。彼らは村上の意向には決して逆らうことのない忠実な信徒たちであった。そして、今、当ブログに起きていることを見てみれば分かるように、村上が脱会させた信者たちは、村上の忠実な僕のように村上を取り巻いて、村上への批判的な言動を抑制し、これを即座に潰す役割を担ったのである。

このように、自らが脱会させた信者たちを防御の盾のごとく周りにはりめぐらし、彼らからの支持や賞賛を受けて活動したことが、村上の栄光を確固たるものとし、彼の率いる運動の偽りの悪しき本質を覆い隠し、村上の反カルト運動の成功者としてのイメージを作り上げ、この運動を存続させる原動力となったことは見逃せない事実である。

村上の周囲には、今もかつてカルトに入信し、強制脱会させられた際に、自己の意思を打ち砕かれたために、それ以後、村上に対して全く頭が上がらなくなり、異議申し立てができなくなった信者たちが大勢いるものと見られる。(筆者が2008年にこの教会を訪れた時にも、かなりの数、そういう信者たちがいた。)

彼らは、自分たちが村上のおかげで恐ろしいカルトから「救出」されたと額面通りに信じ込んでいるので、一生、村上を救世主のように慕い続け、忠実にその命に従う、マインドコントロールされた信者たちである。

だが、村上の脱会活動は、初めから信者の「救出」のためではなかった、と筆者はみなしている。筆者は以前に書いた記事の中で、村上がどのような形で統一教会から脱会したかという経緯について触れた。

そこでも書いた通り、村上は青年時代に、自ら親族からの拉致・監禁を伴う激しい暴力行為によって、統一教会から無理やり引きずり出され、強制的な脱会を遂げた。家に連れ戻されて後は、手足をロープで縛られ、身動き取れないようにさせられて、座敷牢に閉じ込められていたと自ら書いている。

脱会以後、牧師となってから、村上が繰り広げた脱会活動は、まさに村上自身が、青年時代に自己の意志を打ち砕かれ、身体の自由を奪われ、屈辱のうちに棄教せせられた悲劇的な脱会体験を、他の信者たちの身の上に再現しようとするものであったと言えよう。
 
つまり、村上の率いる反カルト強制脱会運動は、まさに村上自身が青年時代に負った深い心の痛手を、無意識のうちに、他の信者たちとの間で、共有・再現しようとするものだったのである(=反復強迫)。

また、村上は、この他にも、子供時代から親による恒常的に暴力(虐待)を受けて成長してきた様子が分かる記事もいくつも綴っている。

このようなことから、当然のごとく導き出される結論は、村上は統一教会に入信して初めてカルトに出会ったわけではなく、それ以前から、カルト的な歪んだ世界観を心の中に持ち続けて生きて来たことである。

その歪んだ世界観の土台となったのは、彼の家庭である。

筆者は幾度も書いて来た、カルトに接近する人々には、大抵、幼少期から家庭で受けた何かしらの心の傷があると。それが最大の原因となって、彼らはその傷から逃避するために、カルトへ接近するのだと。従って、たとえカルトから信者を引き戻したとしても、この家庭における傷という問題が解決されない限り、彼らがカルトに入った本当の動機は見出されることも、解決されることもない。ゆえに、この問題を放置していれば、その信者は、一つのカルトを脱しても、またそれに類似する何かの団体を見つけ出し、それを逃避の手段とし、そうして同じ種類の現実逃避を、人生で幾度となく繰り返して行くことになるだけであると。

家庭こそ、カルトとの最初の出会いであり、出発点であった――その事実を、村上は依然として見ることができないからこそ、彼はカルトを批判しても、家庭を批判することができないのである。親子関係を密にし、連絡を取り合い、大人たちの言うことを聞いてさえいれば、危険を免れるかのように説き続けているのは、他の信者たちに対してだけでなく、村上が自分自身に言い聞かせているのであって、統一教会のカルト性には気づけても、自分の育った家庭のカルト性には未だに気づかないように、自分で自分をマインドコントロールしているのである。

それだけでなく、村上はこの誤った理念を、幾度となく繰り返される「救出劇」の中で、座敷牢に閉じ込められた他の信者たちにまで、植えつけて来た。身体の自由を奪われ、惨めさと屈辱の中でうなだれる信者に、親たちの行った暴力には目をつぶって、親の言うことに従えと教えるのは、筆者から見れば、文鮮明を「霊の父」とみなし、再臨のキリストとして無条件に従えと教えているのとさほど変わらない。

つまり、村上の反カルト運動は、うわべだけは聖書を利用しているが、断じて、聖書に基づくものではなく、それは断じて、「救出活動」などではなく、村上自身が、強制脱会の対象とされた時に(またはそれ以前から)心に生じた犠牲者としての像(被害者意識、トラウマ)を、他の信者たちにも植えつけるためのはけ口でしかなかったのである。

そうして「救出者」を演じることで、村上は現実を巧みにごまかし、犠牲とされた自分自身の心の痛みから目を背け、自分が心に抱える本当の問題を覆い隠しながら、鬱憤のはけ口を得て来たのである。

そういう文脈で見ると、村上が盛んに「一人」になることに強い抵抗感を示し、人には身近な助言者が必要だ、とか、話を親身になって聞いてくれる人が必要だ、と切々と訴えていることが、誰よりも、村上が未だ自分の生まれ育った家庭によるマインドコントロールの事実と向き合いたくないがために、それを今も「お経」のごとく自分自身に言い聞かせているだけであることが分かる。

親子の関係から出て、一人の個人になった時、あまりにも恐ろしい現実に直面し、世界観が崩壊してしまわないよう、自分は「救出」されたのだ、ありがたい「助言」を受けたのだ、まさか暴力を振るわれたのでも、拉致・監禁されたのでもなく、人権侵害などなかった、と念仏のごとく、繰り返し独り言を唱えているのである。

村上の周りにいる信者たち(カルト被害者)たちも同様で、彼らは「監視はなかった」、「マインドコントロールはなかった」、「人権侵害などなかった」と、同じ念仏を唱え続けているのである。

自らに対して行われた権利侵害を認めないからこそ、彼らは筆者や当ブログに対して行っていることが、恐ろしい権利侵害である事実も認められない。自分を生きた人間として扱うことができず、自分の感情を殺し、自分の心の痛みから目を背け続けている人間が、他者の痛みだけを真剣に取り上げ、これを理解し、他者を解放することなど、できるはずもないことは明白である。

従って、彼らに出来ることは、ただ一つ、自分を犠牲として来たように、他者をも犠牲にすることだけである。それを「救出」や「解放」と呼び変え、神の福音から人々の目を逸らさせて、彼らの手にかかった人々が、キリストが用意して下さった解放に永遠に至りつけないように、御国への門の前に立ち塞がり、自分だけでなく、周りの人々まで滅びに巻き込んでいることが、この運動の最大の罪である。

<続く>

10.村上密ら牧師による強制脱会活動の手口と、当ブログに対して行われた権利侵害の類似性

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。 喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました。」(マタイ5:10-12)

さて、一つ前の記事では、村上密その他の牧師が率いたカルト宗教からの拉致・監禁という暴力を伴う脱会運動の犠牲者になった統一教会の信者の手記を紹介した。

これを読めば、この暴力を伴う脱会運動で使われた手口が、筆者に対して、村上密・杉本徳久および掲示板の投稿者らによって行われて来た集団的な権利侵害の手法に非常に酷似しているという印象を持たれた読者も多いのではないかと思う。

ただし、前の記事で引用した統一教会の信者の手記の内容を見ても分かるように、こうした一連の人権侵害を伴う強制脱会活動の中で、村上は、自分は提訴されることがないよう、人権侵害に直接関与した証拠を残さないよう巧妙に立ち回って来た。従って、村上自身はこうした強制脱会活動のために提訴されたことはないはずである。

しかし、信者を奪われた統一教会側からは、村上以外の牧師たちに対し、反撃のための提訴が行われた。しかも、当初は、拉致・監禁による信者の脱会活動の暴力性を訴えた裁判は、反カルト運動を率いる牧師や信者の親族らによって、「親子関係の問題」にすり替えられ、敗訴に終わるケースが多かったようであるが、近年、拉致・監禁による脱会活動に対する世間の目は、より厳しくなり、「親子関係」や、「カルト宗教によってマインドコントロールされた信者の救出のため」などという名目では、もはやごまかせず、そんな理由で人権侵害は容認されないという方向へ転じた様子が伺える。

実際に、村上以外の強制脱会活動に関わったキリスト教の牧師や、これを手伝った「職業的改宗活動家」に対しては、拉致・監禁によって信者にPTSDを発生させ、社会復帰を不可能にしたとして、2千万円を超える賠償命令が出された例もある。

統一教会の公式ホームページに以下の記事が掲載されている。筆者はキリスト教徒として、統一教会の理念に賛同することはできないが、それでも、筆者もまた信教の自由を擁護する者の一人として、キリスト教の牧師を名乗る者たちが、「カルト宗教からの信者の救出」という美名の下に、こうした人権侵害を容認して来たことは、あるまじき所業であり、全キリスト教徒は他宗教の信者に対して、牧師らが行ったこの忌まわしい暴力行為から目を背けるべきではないと考えている。
 

後藤徹氏の控訴審で勝訴判決! 被告らに2200万円の賠償命令
2014年11月14日

11月13日(木)午後2時半から、東京・霞が関の東京高等裁判所で、「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」の後藤徹代表が、自身に対する拉致監禁・棄教強要に関与した親族や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師、職業的改宗活動家の宮村峻(たかし)氏などを相手取って起こした民事裁判の控訴審判決が言い渡されました。

裁判長は、拉致監禁の事実認定について後藤代表の主張をほぼ全面的に受け入れ、一審被告である兄夫婦と妹の3人に対して総額2200万円の支払いを命じるとともに、同じく一審被告である宮村氏に対しては、上記損害のうち1100万円を、また松永牧師に対しては同440万円を連帯して支払うよう命じました。

 東京高裁は判決で、後藤代表が1995年9月、都内の実家からワゴン車に乗せられて新潟市内のマンションに拉致されて以降、2008年2月に東京・荻窪のマンションから解放されるまでの約12年5か月にわたり、「監禁」ないし「行動の自由の違法な制約」がなされていたと認定。

 その上で、松永牧師については、後藤代表の家族の違法行為を「黙認」「鼓舞」したばかりか、「(後藤代表の)自由を制約して脱会の説得をすることを幇助していた」と判断しました。

 また、宮村氏についても「(後藤代表の)拘束について、これを理解した上で幇助していた」とし、さらに松永、宮村両氏は後藤代表に対して、統一教会の信仰を棄てることを強要していたとして、「共同不法行為責任を負うべきである」と言明しました。

 今回の控訴審判決は、賠償金額以外の点では極めて公正妥当な認定判断を行い、拉致監禁、脱会強要活動を断罪したもので、信教の自由の観点から高く評価できるでしょう。これまで、統一教会信者に対する拉致監禁、脱会強要活動に対して、「親子の話し合い」なる弁明を採用してその違法性を減殺しようとする判決もありましたが、今回の判決によって、今後は、こうした弁明は一切通用しなくなることでしょう。

 後藤徹代表のコメント

 「31歳から44歳までの12年5か月にわたり、同じ天井と壁を見るだけの毎日でした。最後の約10年間監禁されていたのは、表の通りをたくさんの人が行き来する東京・荻窪のマンションでした。現在の日本においてこのような事件が実際に起こるとは最初の頃は信じてもらえませんでしたが、一審判決を経て、今回、より一層踏み込んだ判決を得ることができました。松永、宮村両氏から徹底的に教育され、焚きつけられた結果、家族は長期間の監禁事件を引き起こしたと考えています。こうした犯罪が過去50年近くにわたって行われ、約4300人が被害を受けてきました。中には、自殺に追い込まれた女性や、マンション6階から逃げようとして地面に落下し瀕死の重傷を負った男性もいます。私の裁判を通して、そのような現実を一人でも多くの方々に知って欲しいと思います
<後略>


カルト宗教の信者であろうと、いかなる宗教の信者であろうと、他宗教の信者であることを口実にして、キリスト教の牧師らが人権侵害を正当化するなど、もっての他であることは言うまでもない。もちろん、そんな教えが聖書によって容認されるはずがないのは明らかなので、そうした所業に手を染める牧師が、正統なキリスト教の教えに立っていないことも言うまでもない。

だが、筆者こうした事例を引き合いに出すのは、筆者自身が、村上の支持者によって「カルト宗教の洗脳を受けた信者」「マインドコントロールされた信者」「異端者」などに仕立て上げられ、インターネット上で激しいリンチのような攻撃を受けて来た事実があるためである。

むろん、拉致・監禁による他宗教の信者の強制脱会活動と、当ブログを巡って起きた権利侵害を、すぐさま同一視することはできない。筆者自身は直接的な暴力を振るわれたことはなく、監禁されたわけでもなく、インターネット上で寄り集まって当ブログに対して日夜権利侵害に及んでいる人々の間に、どのような共謀関係が成立しているのか、という点も、未だ明らかにされてはいないからだ。

とはいえ、その点を措くとしても、当ブログを巡って、村上密自身と、村上を支持する人々の側から、インターネット上で、日夜、激しい権利侵害が集団的に行われて来たことは、紛れもない事実であり、その有様は全体として見ると、不思議なほど、反カルト運動の強制脱会の手口に酷似していることに驚かざるを得ない。
 
いわば、反カルト強制脱会運動をインターネット上で実施したものが、当ブログに対して行われた権利侵害だと考えると非常に理解しやすいのだ。
 
当ブログに対するインターネット上のバッシングの発端は、2009年夏に村上密が筆者を非難するために発表した記事にある。

筆者は村上と同じ教団で幼少期から信仰を持ったが、2008年に他教会で起きたトラブルの相談のために、村上の教会を訪れ、解決を得られなかったことをきっかけに、村上の活動それ自体に疑問を持つようになり、2008~9年にかけて、村上の唱えた「カルト監視機構」の構想を検証して批判し、かつ、甲師の物語を発表して、村上ら牧師が行って来た強制脱会運動の問題点を明るみに出した。
 
ると、2009年7月に早速、村上自身がブログ上で、筆者に対する2つのバッシング記事を発表し、これがその後、長年に渡って続くネット上の当ブログへのバッシングの引き金になったのである。

これらの記事で、村上は筆者の指摘した「カルト監視機構」の反聖書性という問題にはほとんど言及することなく、むしろ、カルト監視機構は設立されていないため、筆者の記事は「誤報」であると非難し、さらに、筆者は「交流の少ない所で生活」しており「情報はインターネットが頼り」であると決めつけ、筆者は「話題作り」のための「創作」として「甘っちょろい空想」を述べ、「あなたの世界を形成」しているだけであって、なおかつ、「藪の中から石を投げて顔を出さない無責任な生き方」をしているだけであると決めつけ、筆者が実名を公表せずにブログを執筆している行為を暗に非難していた。

こうした村上の記述は、当初から、あたかも筆者が精神不安定な状態で、引きこもり生活を送り、非現実的な独自の世界観に基づく根拠のない空想を述べているだけであるかのような、事実に反するイメージを読者に抱かせる狙いがあったと言えよう。

要するに、村上は筆者の論に真正面から反論する代わりに、筆者が精神的に不安定な状態にあるかのように示唆する、筆者に対する人身攻撃とも受け取れる印象操作を行うことによって、村上は自分の活動を批判した筆者の論の信憑性を読者に疑わせようとしたのである。

だが、こうした記述は、単なる印象操作にとどまらず、村上自身の願望を反映したものであったように感じざるを得ない。

つまり、おそらくはこの時点から、村上は自分の活動に反対する筆者を、あたかもカルト宗教に入信した信者と同じように、「危険思想の持主」であるとみなし、それゆえ、筆者に考えを改めさせる必要がある、と認識していたのではないかと思われる。
 
そこで、村上はできるならば、筆者が「誤った考え」をことごとく捨てるまで、実際に筆者を自由の制限された、「交流の少ない所で生活」させて、偏った一方的な情報しか受けられない状況に置き、再教育を施さねばならない、という危機感を持ち、これを願望として、以上の非難の中に込めたのではないかと疑われるのである。

その疑惑は、村上の批判がその後、杉本徳久にバトンタッチされて、どのように受け継がれ、発展させられて行くかを見れば、より深まって行く。
 
村上がこうした記事を発表した直後から、杉本徳久からの筆者に対するバッシングが始まった。(杉本は以前には村上を偽預言者と同列に置いて非難していたが、その後、立場を翻し、カルト被害者を助ける牧師が他にいないという理由で、村上の活動を支持するようになった。)
 
次の記事にも杉本のメールを示す通り、2009年11月、村上の活動に疑問を抱いたことをきっかけに、筆者はカルト被害者救済活動そのものと訣別したいと考え、その意思表示を行って、杉本のブログにかつて投稿した1件のコメントを削除してもらえるよう依頼すべく、杉本に宛ててメールを送った。

しかし、杉本は筆者の依頼に激怒して、これを拒否したにとどまらず、筆者が「匿名に隠れている」と非難して、筆者に個人情報を明かすよう執拗に要求し、筆者がそれに応じないことにさらに激怒し、また、筆者が「エクレシアの兄弟姉妹との交わり」の中にいるとメールに記していたことに、とりわけ強い不快感を示し、「あなたからは、一切、謙虚な心が感じられません。そのままであれば、私に限らず、これからも多くの人から拒絶されるであろうと思われます。」などと書き送って来たのである。

杉本のメールの文面は次の記事に掲載する通りであるが、このメールをやり取りした直後に、杉本が筆者をバッシングするために発表した一連の記事で使われた非難の言葉を見ると、杉本の筆者に対する非難は、村上の主張を土台とし、これをさらに発展させて、筆者を中傷するものであった様子が伺える。

一例を挙げれば、

村上「創作」、「誤報」、「甘っちょろい空想」
⇒杉本「妄想」、「思い込み」、「作り話」、「市井の良識から外れた文面」

村上「藪の中から石を投げて顔を出さない無責任な生き方」
⇒杉本「匿名に隠れている」

村上「交流の少ない所で生活」、「情報はインターネットが頼り」
⇒杉本「まともな職に就けず」、「社会的受容を受けられず」

村上「あなたの世界を形成」
⇒杉本「「現実と妄想の区別がつかない」、「精神疾患」、「人格障害」、「宗教洗脳」
 
杉本による当ブログへの非難は、約10年間ほど続けられ、その間、杉本は幾度となく、筆者が杉本にとって不都合な言動をやめなければ、筆者の個人情報を公開すると脅しつける内容のメールを送って来た上、2016年頃からは、筆者を刑事告訴すると予告、さらにその非難の内容は時を追うごとにますますエスカレートして行き、ついに2017年頃には、次のような記述により、筆者の信念をあからさまにキリスト教の異端であると決めつけては、筆者はカルト宗教による重症の宗教洗脳(マインドコントロール)を受けて、現実と妄想の区別がつかなくなり、社会生活を送れない重症の精神障害に陥っているかのように、事実に反して決めつけて誹謗中傷するようになった。

「まともな職にも就けず、強い孤独感、孤立感に苛まれ、社会的受容を受けられず、職業的自尊心も持てない現状に、ヴィオロンが苛立っていることに起因している。キリスト教的な異端新興宗教を次々に吸い込み、極限的に妄想を募らせた結果のことであった。」

むろん、こうした記述が、一審で名誉毀損と認められ、賠償命令が下される対象となったことは言うまでもないが、筆者はこうした杉本の記述のすべては、杉本一人の思いつきというよりも、それ以前から、強制脱会活動に携わって来た村上の願望を杉本が代理で言い表したものであるように感じられてならない。

2009年に村上は筆者に対する非難記事を掲載したが、その記事の反響を見て、牧師としての自分が直接、信徒を非難することは自分にとってマイナスイメージになると考えたのではないか。そして、本当は自分自身がバッシング記事を掲載したかったが、同じ頃、杉本が折よく筆者と対立し、次々と筆者を非難する記事を投稿するようになったので、村上はこれ幸いとばかりに沈黙を決め込んでいただけではないかと見られる。
 
筆者から見ると、杉本が表明した当ブログへの非難は、あらゆる点から見て、村上の願望を代理として言い表したものでしかなく、杉本は村上の願望を忖度してこれをかなえるためにこそ、当ブログや筆者に対して敵対的に行動し、一連の人権侵害に及んで来たとしか思えないのである。

もしも杉本と村上との間に何の協力関係もなく、杉本による権利侵害が、杉本が単独で行ったものであるならば、村上が未だに自らのブログで、一度も杉本に対する判決を明らかにせず、杉本の不法行為を非難していないことはおかしい。

もっと解せないのは、杉本が一審判決により口を封じられたことを機に、その後、2009年以来、当ブログに対して沈黙を守って来た村上が、いきなり10年来の沈黙を破って、直接、筆者に対する権利侵害に及び、筆者を糾弾し始めたことである。

この他にも、たとえば、杉本は筆者を刑事告訴すると言いながら、結局、告訴状の提出にも至らなかったが、その後、村上は、筆者を刑事告訴したなどと記事で発表している。この点においても、実は、筆者を誰よりも刑事告訴したかったのは、杉本ではなく、村上本人だったのではないかと考えられずにいられない。つまり、筆者から見れば、杉本は村上の願望を忖度して行動していただけなのである。

そう考えると、杉本が筆者に「異端宗教にマインドコントロールされて現実と妄想の区別がつかなくなった信者」であるかのような濡れ衣を着せ、筆者が社会生活が送れない状態にあるかのように触れ回り、筆者を精神的に追い詰め、まるで自殺させることが目的であるかのように、ひたすら名誉毀損行為を続けたのは、先の記事で見たように、村上ら強制脱会活動家の牧師たちが、カルトに入信した信者らを「救出(脱会)」させるという名目で、アパートの密室に拉致・監禁し、カルト宗教における集団生活から引き離しただけでなく、社会生活からも引き離し、自分たちに都合の良い一方的な情報だけを与え、自由を奪って棄教を迫りながら、延々と叱責や説得を続けた行為を彷彿とさせる。

ちなみに、筆者は過去に異端の宗教に入信したことは一度もなく、筆者がかつてカルト被害者という言葉を口にしていたのも、ただ単に牧師による行き過ぎたワンマン運営が行われるプロテスタントのカルト化教会でトラブルに遭遇した事実を指すために使っていたに過ぎない。

筆者は幼い頃から一度もキリスト教以外の宗教を信じたことはなく、カルトに入信していた過去もないため、誰かから「異端者」と決めつけられねばならない理由もなければ、説得工作の対象とされる理由もない。そして、筆者は生粋かつ本物のキリスト者であるから、どのような試練を受けとしても、聖書への信仰を捨てるつもりはない。

しかしながら、その生粋かつ正真正銘のキリスト教徒を自認する筆者でさえも、村上ら強制脱会活動家の牧師らによる人権侵害を伴う脱会工作には、絶対に賛同することはできず、かえって統一教会などの他宗教の信者の人権を擁護せざるを得ない。そして、ついに統一教会に入信していたわけでもない筆者までも、村上の支持者によって、統一教会の信者らと同じように「キリスト教の異端新興宗教」に次々と入信しては誤った道を歩いて来たカルト信者であるかのように仕立て上げられたのであるから、こうなってはもはや筆者が強制脱会活動家を擁護する理由は何もない。

マインドコントロールの第一段階は、信者が入手できる情報を、一方的で限られた内容に絞り、それ以外の情報から遮断して、信者自身が情報を取捨選択したり、様々な情報を比較しながら、何が真実であるかを検討することができないように仕向けることにある。

信者を長期に渡り、密室に監禁し、脱会活動に関わる牧師たちや、その影響を受けた親族の言い分以外に情報が入って来ない環境に置くことは、信者が自分自身で物事を客観的かつ公平に判断するための前提条件を奪い去って、マインドコントロールを成し遂げるための第一歩である。

強制脱会活動家の牧師たちは、カルト宗教のマインドコントロールを解くとい名目で、信者を不自由な環境に束縛しておいて、その環境を利用して、今度は、自分たちが彼らにマインドコントロールをしかける側に回った。

以上の記事では、脱会活動家の牧師たちが、信者に「誤った信念」を捨てさせるために、10年以上もの間、密室に監禁し、限られた情報しか与えず、仕事にも就かせず、社会から隔離し、ついには精神を病んで社会復帰も不可能になるほどまでに追い詰めていた事実が確認できる。

まさに形態は違えど、村上とその支持者から、当ブログに対して約10年間にも渡り、しかけられた誹謗中傷を彷彿とさせるような話ではないか? 

つまり、筆者から見れば、杉本は村上を支持し、村上の意向を忖度して動いていたとしか思えないのだが、その杉本が、筆者があたかも「カルト宗教の重症のマインドコントロール」に陥っている信者であるかのように見立てて、ネット上で激しくバッシングしていたのは、彼らの側が、筆者の信念を「誤った考え」とみなし、筆者がこれを捨てるか、もしくは筆者が「棄教」に応じない場合には、その懲罰として、筆者から社会生活を奪い去る目的で、激しい誹謗中傷という「説得工作」を行っていたと見られてならないのである。
 
幾度も述べた通り、筆者にはとてもではないが、以上のような虚偽に満ちたストーリーを杉本が単独で思いついたとは思えないのである。また、当時、杉本ブログには、筆者に向かって「聖書を捨てよ」と呼びかけるコメントも多数、投稿されていたことを見ても、彼らの投稿は、単なる中傷を目的としたものではなく、筆者に聖書に基づく自己の信念を捨てさせることが目的であった様子が伺えるのである。

こうしたネット上のバッシングは、筆者から見て、まさに強制脱会活動家らが、互いに権利侵害に加担している証拠が残らないよう巧みに立ち回りながら、その裏で情報交換を行い、計画的に話し合いながら、「異端者」とみなした信者を社会生活から引き離し、密室で「誤った信念」を放棄するよう、長期間、懺悔や「棄教」を迫るための人権侵害を伴う説得を繰り返していた様子を思い起こさせるものである。
 
彼らの当ブログと筆者に対する「脱会工作」(とあえて呼ぶ)は、今年に入ってからは、特に苛烈を極めた。杉本ブログが一審判決によってとどめを刺されてからは、今度は、誹謗中傷の舞台は村上ブログと掲示板に移り、掲示板では、見も知らない投稿者が、朝から晩まで絶え間なく寄ってたかって集団で、筆者に対する誹謗中傷のコメントを書き連ね、筆者に「誤った信念」を放棄し、村上・杉本陣営に降伏して「棄教」するよう求めた。

そうした投稿はすでに数千件に達しているが、その中には、筆者がジャンヌ・ダルクをきどっているとか、王妃エステルを自称しているだとか、ありとあらゆる方法で、筆者の信念を嘲笑・誹謗することで、杉本・村上の行為を悪事として訴えている筆者が、自らの考えを放棄して、訴えを投げ捨てるよう要求する容が記されていた。

こうした出来事は、筆者から見ると、まさに強制脱会活動家らが、信者を24時間密室に監禁して監視し、そこで絶え間なく信者の考えを誤りであると決めつけては論破しながら説得工作を行っていた様子に酷似するものである。

24時間、まるでラウドスピーカーでがなりたてるがごとくに、一人の信者に対して、「誤った信念」を捨てるよう、罵倒や叱責や嘲笑や非難の言葉をひたすら浴びせ続けるのである。とてもではないが、こうした出来事が偶然に起きうるものだと考えることはできないし、そう考える人もおそらくないのではないか。必ず、仕掛け人がおり、計画的に行われたことであるとみなさざるを得ない。
   
彼らが集団で信者を追い詰めたやり口は、以上に挙げた以外の観点から見ても、強制脱会活動の手法に非常に酷使している。

2017年以後、杉本は筆者のみならず、筆者の親族まで、ブログにおいて揶揄や中傷の対象とし始めたが、掲示板でも同様に、盛んに親族関係を利用した誹謗中傷が起きた。強制脱会活動においては、家族を巻き込んで大々的な人権侵害を行い、信者に心理的プレッシャーを与えて棄教を促すことが定石となっていたことはすでに確認した。

その他、先の記事にも書いたように、筆者の裁判を支援してくれているように見えたカルト被害者たちも、判決と同時に態度を翻したことを考えると、彼らも表向きには村上を批判しているように見えたが、実際には、そうでなかった可能性も考えられる。

先の記事で挙げた手記でも、強制脱会を行う牧師らは、元脱会者や元信者の家族を手先として利用しながら、新たにターゲットとする信者の情報を引き出し、信者を追い詰めていた事実が確認できるのである。
 
また、この他にも注目される点は、2010年頃から筆者は杉本の行為を嫌がらせとして警察に相談を行っていたが、杉本は筆者が警察に助けを求めたことにとりわけ強く反発し、筆者の被害相談を「狂言」だと決めつけて嘲笑していたことである。

2017年以降、杉本は次のような内容を次々と記事に書いた、「(ヴィオロンは)神奈川県警に「被害相談」をしたが、全く担当刑事に相手にされず事件として調べてもらうことさえ叶わずすぐに門前払いになっている。」「神奈川県警に「被害相談」をしたものの、頭がおかしい狂言と扱われ門前払いを受けた」「「迷惑行為」の張本人こそ彼女であって、彼女にはその自覚と認識が皆無である。」 

杉本のこのような記述は、強制脱会活動家の牧師たちや、その手先となった家族らが、拉致・監禁した信者が警察に助けを求めても、かえって信者自身が「精神異常者」ではないかと疑われ、「頭がおかしい狂言」とみなされて相手にされないよう、計画的に振る舞っていた様子を思い起こさせる。

実際に、杉本はこうした記事の発表により、筆者が精神異常に陥っているかのような虚偽のプロパガンダを流布するのみならず、筆者に先んじて、警察官らを自分たちの側に取り込むべく、筆者を中傷する準備書面などの裁判資料を、神奈川警察署に大量に送りつけていたことも判明している。

むろん、杉本は、筆者が司法の場を利用して、紛争解決を試みた際にも、筆者の訴えが虚偽であるかのように見せかけるために、筆者をしきりに精神異常者であるかのように吹聴する記事を大量投稿した。

それらの記事において、杉本は筆者が「司法制度を理解していない」と決めつけ、「ヴィオロンの調停申立書の内容は初めから最後まで意味不明の宗教論、神学論で溢れかえっており、法的な意味は全くない」とか「事実と妄想との区別がつかない彼女の文章」、「一読しただけではったりの虚偽がいくつも混じっていることはわかる」などと決めつけ、筆者の訴えが決して世間の人々に真面目に受け止められることがないよう、あらん限りの言葉で罵倒・嘲笑した。

さらに杉本は、「もちろん、警察官も裁判所書記官も公務員であるが、いざとなればこうして罵り続けてきた「公務員」に助けを求める。」などと、そもそも筆者が警察や裁判所に助けを求める行為自体が、あるまじきものであるかのように非難し、筆者が自分の人権を守ろうと手立てを講じる行為を徹底的に罵倒、否定したのである。

また、杉本は筆者の人権意識そのものが誤りであると決めつけ、「彼女にとっての人権感覚や規範意識は、21世紀の現代国家に相応しいそれではなく、ヴィオロンの脳内のみに通用する空想ユートピアの規範に準拠しており、市民社会の秩序に沿っていない。」とか、「そのような空転した脳内の事実を妄想ではなく現実だと本気で信じ込んでいる点がヴィオロンの洗脳状態を如実に物語っている。」などとして、筆者は「カルト宗教の洗脳」のために、物事の正常な判断がつかなくなって、無意味な騒ぎを起こしているだけであると徹底して中傷した。

こうした記述は、むろん、名誉毀損に相当するのだが、そのことをさて措いても、これはまさにカルト宗教から信者を拉致・監禁によって奪い去った強制脱会活動家が、自らの人権侵害を覆い隠すために、信者を「精神異常者」に仕立て上げた手口とそっくりではないか?

気の毒なことに、何カ月、何年間、もしくは10年以上もの長期に渡る監禁生活の中に置かれた信者たちの中には、その後遺症のために、当初は健康かつ正常であったのに、重症のPTSDを発症したりして、まさに強制脱会活動家の牧師らの望む通りに、社会生活が送れなくなった人々も存在する。もちろん、脱走に失敗して後遺症を負ったり、自殺した人々もいることは、以上の記事に記されている。

筆者も、もしも筆者以外の人間が、筆者と同じ状況に置かれ、これほど激しい人権侵害を伴う「説得工作」を毎日のように受ければ、おそらく2日程度で命を絶つだろうことを疑わない。だからこそ、筆者は実名で裁判に及んだ経験のあるカルト被害者に対しては、無責任に陰口を叩くだけで終わらず、自ら村上ら牧師を告発すればどうかと提案しはするものの、それ以外の無関係の人々に対しては、筆者と同じように告発に及ぶことは、決して勧めないのである。

このような試練は、よほど強力な信仰があって、覚悟のできた人間でなければ、立ち向かうことのできないものである。そして、筆者は信仰によって準備が出来たので、これに立ち向かうと決めたが、それに際して、誰もこの嵐のような中傷に巻き込まれたり、精神的に人質にされたりすることがないよう、あえて戦略として一人でこれに対峙することとしたのである。

(*むろん、この試練を通過すれば、神は筆者の人生に多くの仲間や兄弟姉妹など神の家族を返して下さるであろうが、今のところ、筆者は誰もこうした中傷に巻き込まれることがないよう、周囲の人々に対して相当な配慮を払っている。)

もう一度言うが、筆者は自分を敬虔かつ筋金入りのキリスト教徒とみなしているが、以上のような人権侵害に及ぶ強制脱会活動家の牧師たちが、本物のキリスト教徒であるとは断じて考えていない。

彼らがキリスト教徒を名乗っているのは、うわべだけの偽装に過ぎず、彼らの活動の真の目的は、あらゆる宗教に対する迫害、とりわけ、キリスト教に対する迫害を行って、教会と信者に打撃をもたらすことであり、彼らの活動の本質は、聖書の神に逆らう悪魔的運動であると、筆者はかねてより主張している。

彼らは自分たちの信念があたかも正しいキリスト教信仰であって、カルト宗教にまさるものであるかのように考えているようだが、実際には、カルト的信仰を振りかざし、信者にマインドコントロールを施しているのは、まさにこれらの強制脱会活動家の牧師たちの側なのである。

そして、彼らは巧妙に人権侵害の証拠や共謀関係の証拠が残らないように、手先となる信者を矢面に立たせ、自分たちは多くの場合、陰に引っ込んでいるが、筆者はネット上で行われた集団リンチのような中傷も、強制脱会活動家の強い影響の下で行われたものであることを疑わない。
 
いわば、神の教会と信者に打撃を与え続けて来た本物の「異端者」とは、これら強制脱会活動家たちの方なのである。「カルトを防止する」、「異端を駆逐する」などの理由で、キリスト教界に自前の異端審問所を設け、信者を刑事告訴したり、魔女狩り裁判を行おうと意欲を燃やしつつ、大審問官のように君臨しているこの連中こそ、まさに異端者と呼ばれるにふさわしい人々であって、彼らの率いて来た反カルト運動・強制脱会活動は、筆者のような真実なキリスト教徒にとっては、信仰に対する迫害であるばかりか、キリスト教の恥であり、汚点でしかない。 

この人々は、自らの正体を暴かれないよう、自分たちの活動の危険にいち早く気づいたキリスト教徒を率先して駆逐しようと、異端者の濡れ衣を着せて来ただけのことである。

つまり、反カルト運動すなわち強制脱会活動は、うわべだけキリスト教に偽装しているものの、その本質は、あらゆる宗教に対するのべつまくなしの迫害運動であり、何よりもキリスト教に対する迫害運動なのだと言える。

筆者は2008~9年にそのことを見抜いて指摘したからこそ、それ以後、現在に至るまで、異端者と呼ばれ、カルト宗教の信者と同列に並べられて、彼らの迫害の対象とされ、誹謗中傷による説得工作と、魔女狩り裁判(告訴)の対象にまでされているのである。

だが、筆者にとって異端者のレッテルなどどうでも良いことである。キリストは常に罪人の仲間とみなされてパリサイ人や律法学者から悪口雑言を言われたのであり、強制脱会活動家が他宗教の信者に対して行って来た拷問のような責め苦のことを思えば、筆者はこのような恐るべき人権侵害に加担するくらいならば、むしろ、異端者と決めつけられ、苦しめられる側に立たされることを幸いに思う。

そこで、今、反カルト運動という悪しき異端審問の犠牲とされて来たすべての人々のために、筆者は立ち上がってこれを悪行として世に訴え、教会をこれらの偽りのキリスト教徒の魔の手から奪還したいと考えている。筆者の起こした紛争は、そのための口実に過ぎず、本当の目的は、心の割礼を受けていない無法者どもの手から、教会を解放することにある。

筆者自身も、彼らの魔の手から完全に解放されねばならないが、その他にも大勢、解放されねばならない脅しつけられた人々が存在する。キリスト教徒であるかのように偽って、こうした悪行に手を染めた者たちは、したたかに裁かれ、神の教会から手を引いて、恥をこうむり、退却せねばならない。

* * *

<続く>

8.冷静沈着を装うことで、人権侵害を覆い隠し、自分が害を加えた信者を「精神異常」に仕立て上げようとする村上密の反カルト脱会運動の異常な手法

わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

 わたしはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。」(Ⅱコリント5:13-15)

さて、筆者や当ブログをあたかも精神異常の産物であるかのように言いふらし、絶え間なく中傷している牧師たちがいるが、以上の御言葉に照らし合わせても、神のために悪評をこうむることは、かえって名誉なことである。

そして、彼ら牧師たちが、自分たちにとって不都合な言論を行う反対者には、常に「精神異常」のレッテルを貼って、批判を封じ込めようとして来た古典的手法は、今や当ブログ以外の場所でも指摘されるようになっている。非常に良いことである
  
さて、村上密は当ブログの記事が「感情論」であるかのように触れ回るが、それが事実でないことはすでに述べた通りである。

村上密の記事には、巧妙に隠された多くの事実がある。結論から言えば、村上のブログには、村上に都合の良い事実しか書かれておらず、それは偏った情報に基づき、自己宣伝のために作られた、読者をマインドコントロールするための虚構と言っても差し支えないような内容なのだ。

村上の記事には、そこに記されていないコインの裏面のような「もう一つの半面」が存在していることを、読者は行間を読み解くようにして理解する必要がある。それは記事の表向きの文面だけを読んでいては決して分からないため、他者の証言や、他で発表されている情報によって、詳しい事実関係を補っていく必要がある。

このような綿密な裏づけ作業を行わず、ただ書かれている表向きの文面を鵜呑みにして、村上の自画自賛の文章を額面通りに受け取り、彼を賞賛することは、マインドコントロールにかかるのに等しく、大変危険な行為である。

たとえば、村上が今年3月7日に「障がいの解消 」という記事を発表している。この記事の中で、村上は自分の教会を他の教会に先駆ける形で、車椅子の通行の妨げにならないバリアフリーの教会設計にしようと、どのように苦労したかという話を自慢話のごとく記している。そして、「献堂から25年を迎える。リフォームを2回行った。心のバリアフリーは毎日更新していかなければならない課題である。」などと、リフォームの成果をアピールしている。

しかしながら、この記事に書かれていない事実がたくさん存在する。その一つは、村上は以前にバリアフリーの教会を作るために、自ら会堂の設計をしたものの、村上の設計に従って作られた教会の礼拝堂のトイレには、なぜか車椅子が入らなかったことだ。そのせいで、またしても新たにリフォームが必要となったが、そのリフォームの仕事を、村上は強引に自分の身内であり建築関係の仕事を手がけていた義理の息子(娘婿)に回した。そして、義理の息子は実際に教会内のリフォームの仕事を手がけたが、その後、不明な理由で自殺を遂げていること。
 
このような暗い負の側面は、村上の記事には記されていない。だが、このことを知れば、村上は、未だ多くの教会がバリアフリー設計に対応していないと、自教会の先駆的なリフォームを誇るよりも前に、自分が心のバリアを解けなかったがゆえに、身内の心のケアが及ばず、手遅れになってしまった自分自身の冷淡さにまず筆を向けるべきと考えるのは当然ではないだろうか。

次に、今年4月22日の村上の記事「感情的な問いかけを避ける 」にも同様のことが言える。ここで村上は、子供がカルトに入信したから取り戻したいと、親に懇願されて協力する場合に、信者を取り戻すために、まずはカルトに入信している信者の親たちに向かって、子供に対して決して感情的に接しないように呼びかけるとしたものだ。

村上の反カルト脱会運動は、初期の頃は特に、統一教会などの宗教に入信した信者の親たちから脱会への協力を懇願された村上ら牧師たちが、信者を計画的に路上その他の場所で拉致し、車に押し込んでアパートの密室に連れて行き、そこで何カ月間にも渡り、監禁して説得工作を行うものであったことは、前の記事で述べた。

以上の記事は、そうした状況下で、親たちが信者を脱会させるために説得工作に当たる際、決して子供と真正面から喧嘩したり、子供の面目を潰すような議論をすることを避け、同情や共感の言葉を用いて、巧みに子供の内心を引き出すように教えたものである。

それが何を目的とする行為であったのかは、村上の以上の記事にも記されている。

「共感できなくても、共感できないと思わせるより、共感してくれていると思わせる方が、子供の行動や内心を知ることができる。それが、カルトから救出するときの手掛かりになる。動機を知っているかいないか、心理を知っているかいないかでは、カウンセラーの対応に大変役立つのである。対立的なアプローチは関係を悪化させる。何かしら同意できること、共感できることを口にして、関係をつなぎとめておかないと、カルトの思うつぼに家族の状態をしてしまうことになる。大切なのはどうしてと親の感情をぶっつけることではなく、できるだけ子供の気持ちを聞いて知っておくことである。そのことを親が上手に使えなくても、カウンセラーは対話に役立たせ、親子の関係を回復することに役立てることができる。 」

つまり、村上らは「救出カウンセラー」として信者に棄教を迫るに当たり、まずは家族との接触を通して、信者の心の内面・入信の動機などを巧みに探り出し、今後、どういった方向から信者に棄教を迫るのか、綿密な作戦を用意する必要があった。そうした作戦行動に有益となる情報を予め入手するために、村上は信者の家族に、まずは信者とぶつからないで情報を引き出すよう、「非対立的アプローチ」を勧めていたのである。

とはいえ、棄教を目的とした監禁状態における説得工作が長く続くと、束の間やって来るだけの牧師たちとは違い、家族は疲弊して、「非対立的なアプローチ」も壊れ、かえって激しい対立が表面化し、家族関係も破壊され、寸断されることは、前の記事でも確認した通りである。

また、村上の教える「非対立的なアプローチ」は、そもそも村上ら牧師が、カルトから信者を脱会させるという美名の下で、信者への拉致・監禁という人権侵害を手段として用いたことそのものの暴力性を覆い隠すカモフラージュであったことも確かである。

そのことは、統一教会側から、信者の拉致・監禁による脱会に対して抗議するために発表された以下の手記にも記されている。長いが、ここに引用しておく。
 

4 人権を無視した拉致監禁 許せない

静岡在住 M・S

1991年入教5年目、当時広島県福山市で歩んでいた時、他県に住んでいた両親が話す内容に反対牧師につながっているような言動がありました。それから間もなく1991年3月に両親が車で福山に遊びに来ることになり、教会の責任者から注意するよう助言を受けていましたが、拉致監禁に関する情報を詳細に知らなかった私は、「いざ監禁されたら飛び降りてでも逃げてきますから」と半ば軽い気持ちで出かけました。

父親が運転して後部座席に母と私が座りましたが、途中母が「実は今日はお見合いをしてほしいの」と私に話しかけました。私は統一教会での結婚を望んでいたので「お見合いで結婚するつもりは無いから」と断りましたが、母はそのことは分かっているけれど親戚の勧めでどうしても断れないので同席するだけで良いからと言うので仕方なく承諾しました。

連れて行かれたところは入り口がオートロックのワンルームマンションで部屋の中に入るとなぜか従姉が二人おり、布カバーが掛けられた衣装ケースが隅に置かれ、部屋の真ん中にテーブルが一つありました。それを見た途端?しまった、騙された!?とすぐに引き返そうとしましたが、時すでに遅しでドアノブには鎖がぐるぐるに巻かれて南京錠が掛けられ、ベランダ側の窓の鍵も鎖でぐるぐる巻きにしてあり、それを隠すためにリボンが飾られていました。悔しさと腹立たしさとショックとが入り混じった何とも言い難い複雑な心境に陥りました。

すぐさま「ここから出してよ! こんなところにいる場合ではない!」と大声を上げましたが、両親は私の態度に動じることもなく、「これからここで一緒に勉強しよう」と妙に落ち着いた表情で私に言ったのです。その両親のあまりにも落ち着いた態度が変に不気味でした。後から分かったことですが、監禁するノウハウ(向こう側に言わせると監禁ではなく保護)や監禁された人がどういう行動に出てその時どのように対応すべきかは、監禁前に反対牧師や拉致監禁によって離教してしまった元教会員から、徹底して教育されていました。両親はとにかく子供がどのような行動を取ろうと絶対に怒ってはいけないし、冷静な態度で振る舞い、一緒に勉強して行くという姿勢を見せるように言われているのです。そしてもう一つ、これも後に両親から聞いたことですが、私を監禁するために私が乗った車から万が一私が逃げ出した場合すぐに取り押さえられるよう、親戚の男性達が数人乗った後続車が付いてきていたそうです。マンションは飛び降りて逃げられないように3階以上にある部屋と決まっており、私の部屋はたしか4階か5階でした。

その日から私の監禁生活が始まりました。両親は二人とも働いていましたが、この監禁の為に長期休暇を取って臨んでいる様子でした。最初の3日間は牧師は来ませんでしたが、それは牧師に私の状況を密かに報告しながら私が聞く姿勢が整うのを待っていたのだと思います。狭いワンルームに24時間、両親に監視されながらいるのですから、それだけで精神的におかしくなりそうでした。夜中にふと目が覚めても、どちらかが起きていてじーっと私の方を見ていました。玄関の南京錠の鍵はひもを付けて、父がいつも首からぶら下げていました。私が何を言っても「自分たちも勉強したいからここで一緒に勉強しよう」とおうむ返しのように返事が返ってきました。

私は1日目から断食を始めましたが、体力に自信がなかったのでいざという時に逃げられないかもしれないと思い、とにかく心身ともに健康な状態で必ずここから出ようと決意しました。

4日目に入ってようやく牧師が来ました。当時、岡山市庭瀬にあるキリスト教会の高山正治牧師でした。年齢は40代ぐらいに見えました。感情的なタイプでなくとつとつと話す人でした。

聖書と原理講論を比較しながら原理の間違いを指摘、写真や資料を見せながら文先生や文先生のご家庭の批判、教会のスキャンダルなど、毎日毎日聞かされました。それ以外にはテレビや雑誌もなく何の情報も入らないのです。両親は一緒に話を聞いてはいますが、? 一緒に勉強する?というより?いかに私が統一教会が間違いだと理解するか?を伺っているような態度でした。ベランダ側のガラス窓を割って逃げることを考えましたが、両親はずーっと側にいて、何か起これば即対応する姿勢でいたので逃げ出すチャンスがなかなか見つかりません。

何日か経った時、仮病をつかって病院へ連れて行ってもらいそこから逃げることを計画しました。牧師は「仮病を使って逃げる教会員もいるから」と外出を渋りましたが、両親の方が折れ病院へ行くことになりました。私は個人病院ではなく、逃げ出しやすい大病院を指示しそこに両親と妹の三人に付き添われて行きました。

病院の待ち合い室で、三人の監視が手薄になるようにして父と二人だけになった時、私は?今だ!?と走り出して入り口のタクシー乗り場に行き、タクシーに乗りこみましたが、父が必死に追いかけて来たためタクシーの運転手は発車してくれずとうとう父に追いつかれました。しかし、とっさに運転手に?私は監禁されています。私の名前は○○です。連絡先は○○です?と予め準備していた教会の電話番号を書いたメモ紙を渡しました。

治療中も医者やそこら中の人達に聞こえるよう「私は監禁されています。助けて下さい!」と叫び続けましたが、病院ということもあり周囲から精神異常者のように見られ、誰も取り合ってくれませんでした。治療後、病院の事務局の人が「ただごとではなさそうなので警察を呼びました。こちらの部屋で話をして下さい」と地下の部屋に通されました。そこには背広姿の刑事が二人おり、両親とひそひそと立ち話をした後、私と話をしたのです。私は本当の刑事かどうかを確かめるため警察手帳を見せてもらいました。「とにかく私は監禁されています」と、警官に訴えましたが、「親が一緒にいて何が監禁だ! あんたが家を空けた数年分、今度は家にいろ!」と逆に刑事に怒鳴られたのです。警察は事情がすべて分かった上でこのような態度を取っていると分かると、私は唖然としました。

結局、再び監禁場所に戻されることになり本当にショックでした。ですが、両親のその時の対応は反対牧師からの教育を受けているため、冷静沈着で何事もなかったかのように次の日からも監禁生活が続いていきました。「黙って勉強しろ」とか、決して感情的に声を張り上げたり手を出したりすることがないようにと、徹底した教育をされていました。

それから約1か月、牧師と両親と私との勉強会が続きました。

他の誰ともコンタクトが取れない閉鎖された空間で毎日毎日、教会の批判を聞かされ、私は精神的に混沌としはじめ、教会に戻っても信仰を続けていけないという状況にまで陥りました。ある日「私は統一教会を脱会します」と牧師と両親の前で意思表示しました。「なぜそう思うのか。話の内容のどこでそう思ったのか」と尋ねられましたが詳細は話しませんでした。高山牧師は、「偽装脱会をする人もいますから」と半信半疑で「村上先生に会ってもらう」と京都から村上密牧師が呼ばれました。村上牧師は、私が本当に統一教会が間違いであることを理解して脱会しようとしているのかを見極めるために、二度訪ねて来ました。?もう大丈夫だろう?と監禁場所から解放される許可が出たので、私は福山教会に脱会の意志を書いた手紙を郵送し、それから荷物を福山教会に取りに行きたいと希望しましたが、「統一教会は本当に恐ろしいところで、いったん辞めると何をされるかわからないから、二度と行かない方がいいし誰とも会わないように」と説得されました。後日東京から和賀真也牧師も会いに来ました。

私が監禁された当時から、拉致監禁によりすでに離教した姉妹たちが監禁場所へ訪ねて来ていました。それは、私が脱会してからは私の脱会意志が本物であり統一教会への未練がないかどうかを探る目的もあって毎晩のようにやって来たのです。本当に統一教会に未練がないのかどうかという心の動きは、牧師ではなく離教したメンバーが一番良く分かるからです。統一教会は飲酒はしませんが、?脱会したからもう禁酒しなくてもいいのよ?という親しみの情なのか、私の脱会の意思を確かめるためなのかは分かりませんが、敢えて缶チューハイを持って来られたこともありました。

私はその後、聖書を学び直してみようという思いから、そのワンルームマンションに少しの期間だけ一人で滞在させてほしいと、両親に願い出ました。また、高山牧師の教会に通い聖書を勉強し、主日礼拝にも何度か足を運びました。しかし、統一教会で学んだ以上に私の心を動かすものはありませんでした。主日礼拝には「これから何を信じてどのように生きていけば良いのか分からない」と生きる指針を失い、とりあえずの身の置き所として来ているような離教した数名の人達も通っていました。

高山牧師の教会の看板には「統一教会、エホバなどの異端問題の相談を受け付けています」と書いてありました。礼拝後は別室に通されました。そこには統一教会から離れたメンバー数人の他に、統一教会に子供が通っていることが分かりどうしたらよいか、と相談に来ている親御さんたちが数名いました。その時、「統一教会との関係を断つ環境で、時間をかけて説得するしか子供さんは統一教会から離れることはないですよ」という話になり、親御さんの一人が「それにはどうしたらよいのでしょうか」と深刻に尋ねると、「それは私の口からは言えないので」と高山牧師は具体的な監禁の話には決して口を挟まず、元メンバー達に誘導させていました。そこからは具体的にどうしたら良いという話に進んでいき「統一教会は反社会的団体なので、絶対に子供さんを活動に加担させてはいけない」と父兄は吹き込まれ、徐々に、監禁までしなければ子供を取り戻せないという話しになっていきました。

ある時、高山牧師から「統一教会に今まで献金したり、物品を購入したりしたことがあれば弁護士を紹介するから、統一教会に経済的ダメージを与えて早くつぶすためにも全額を返済してもらったらいい」とも言われました。

私は約1か月の間、精神的に整理をしながら両親に気づかれないように統一教会へ戻る準備をしていました。この期間にも離教した姉妹の手記や和賀真也牧師の教会批判の本など沢山持って来られ、全て目を通しました。しかし、私の中にある統一教会への信仰の核心的な部分は何をもってしても覆されませんでした。そして両親に置き手紙を書いて統一教会へ戻りました。祈祷室には私の似顔絵が描かれた色紙が立て掛けられていて、兄弟姉妹達が私のために毎日どれほど祈ってくれていたかを実感しました。

それでもそれから1年間は、再び捕まるのではないかという恐怖心に苛まれ、精神的に地獄のような日々が続きました。

道を歩いていても、前方に測道沿いに停車している車があると、その車から人がバッと降りきて連れて行かれるのではないか、また道のどこからか人が出てきて車に乗せられるのではないかなど、いつも恐怖心が付きまとい、外に出るときはサングラスをかけて歩いていました。あの堪え難い環境に再び置かれるかもしれない、という恐怖と監禁によって受けた心の傷がなかなか拭えませんでした。

愛情が動機となり批判的な情報のみ聞かされ、監禁までせざるを得なかった両親に対しては恨む気持ちはありません。今は結婚して子供二人にも恵まれている私たちに、普通の家族同様に接してくれる両親には感謝しています。しかしながら、信仰を真っ向から否定し、人権を無視した拉致監禁という行動自体は絶対にあってはならないことだと思っています。



この手記を読むと、村上ら反カルト脱会活動を率いていた牧師たちは、表向きには拉致・監禁に直接、関わっていないように見せかけながらも、脱会者の信者らを通じて、巧みに信者の親たちに、拉致・監禁以外に方法はないのだと思い込ませる説得教育を行い、子供を棄教に至らせるまでに、どのように働きかけ、振る舞うべきかを徹底教育していた様子が分かる。

まず、拉致・監禁という形で身柄を拘束された信者は、当然ながら、取り乱し、感情的になり、尋常でない反応を示す。だが、親たちはそのような反応に対して、決して振り回されることがないよう、不気味なほど冷静沈着に対応するよう徹底教育が施されていた様子が記されている。

たとえば・・・
 
・拉致・監禁された信者が、密室に閉じ込められて、すぐさま「ここから出してよ! こんなところにいる場合ではない!」と大声をあげたが、両親は全く動じることなく、「これからここで一緒に勉強しよう」と、奇妙なほどに落ち着いた表情で言ったこと。

・信者は両親のあまりにも落ち着いた態度を不気味さを感じたが、後で、監禁後に信者がどういう反応を示すか、それに親はどう反応しなければならないか、事前に牧師たちや元信者から親に徹底教育が施されていたと分かったこと。

・そのノウハウとして、牧師たちは「
両親はとにかく子供がどのような行動を取ろうと絶対に怒ってはいけないし、冷静な態度で振る舞い、一緒に勉強して行くという姿勢を見せるように」
と親たちに指示していたこと。

これはまさに村上が記事に書いている「感情的な問いかけを避ける」というテクニックだ。

だが、その真の目的は、感情的な対立を避けることにはなかった。むしろ、村上ら牧師たちが、自分たちこそ人権侵害に当たる暴力を行使していながら、その事実が世間に知れることがないよう、かえって被害を受けている信者たちを悪者・精神異常者に仕立て上げるための巧妙な心理作戦だったのである。
 
このノウハウは、監禁の最中だけでなく、信者が脱走して、世間や警察に助けを求めた時にも発揮された。

・病院へ連れて行かれた信者は、ようやく外界と接触できたので、何とかして自分が監禁されていることを告げて人々に助けを求めようと、治療中も医者や周囲の人々に「私は監禁されています。助けて下さい!」と叫び、訴えたが、かえって「周囲から精神異常者のように見られ、誰も取り合ってくれませんでした。」と述べる。

つまり、人権侵害を受けている信者が取り乱せば取り乱すほど逆効果になって、彼らが精神異常者のように見られるよう、計算づくで、牧師や親たちが極めて冷静沈着に振る舞っていたのである。

そして、脱走事件があった後でも、親たちは全く何事もなかったかのように動揺を見せず、信者を叱りつけることもなく、監禁生活を続けたのである。

「冷静沈着で何事もなかったかのように次の日からも監禁生活が続いていきました。「黙って勉強しろ」とか、決して感情的に声を張り上げたり手を出したりすることがないようにと、徹底した教育をされていました。」

以上の手記では、信者に統一教会の信仰を棄教させることにほぼ成功したと思われる最後の段階になって村上密が登場した様子が分かる。

村上は、一連の人権侵害が行われている最中には現場に姿を見せず、信者が「転向」して、もはや牧師らを訴える側に回ることはないと信じられる最後の段階になって、まるですべてが自分の手柄であることを確認するためであるかのように、「救出カウンセラー」として姿を現したのである。

村上は別の記事で、自分は今まで告訴されたこともなければ、訴えられたこともない、と書いていた。だが、それは裏を返せば、いかに自分が人権侵害の矢面に立って訴えられることがないよう、慎重な配慮を払って来たかを意味する。

そこで、現に筆者が一審で村上を訴えた際にも、村上の確たる不法行為の証拠が、筆者の手元にあったわけではない(だからこそ、一審判決は村上に有利な結果となっている)。

だが、一審は少なくとも、村上の代理人か、もしくは手足のようになって動く人間を、村上から剥ぎ取るためには効果を発揮したと言えよう。

杉本徳久が口を封じられたことにより、その後、村上密が筆者に直接の批判を始め、人格権侵害や、名誉毀損に相当する記事を書き始め、ようやく村上自身が権利侵害を行った証拠が手に入ったのである。

こうした状況下で、村上が「感情的な問いかけを避ける 」という記事を発表していることには意味がある。

村上が筆者の記事を「感情論」であると決めつけていることから分かるのは、村上が、カルト信者に対してアプローチして来たのと同じ方法を使って、筆者にアプローチしていることである。

村上は筆者に対して様々な人権侵害に及び、筆者がそれに憤りを表明すると、筆者の怒りや混乱を、傲然と上から見下ろすように、不気味なほどの冷静沈着な態度を取る。

このように振る舞うことで、彼は人権侵害を行う自分自身があたかも「正常」であって、それに憤る信者(筆者)が「精神異常」であるかのように、読者に印象付けようとしているのである。むろん、現在、唐沢治や坂井能大のしていることも、同様である。

(また、筆者が「監視されているように感じる」と表明すると、彼らがこれを常に躍起になって否定しようとする反応にも注意が必要である。)

* * *

9.聖書の神に逆らい、御言葉に逆らうカルト被害者救済活動からのエクソダス


筆者は第一審の書面の準備をするに当たり、村上密の人物像やその活動の真相に迫るため、複数のカルト被害者に接触してインタビューを試みた。

筆者は2008年に村上の教会を離れ、以後、直接、彼を見たことがなく、村上の教会で起きている出来事も、詳しく知らなかったためである。
 
こうして接触した中には、実名は明かせないが、情報だけは提供して構わないという信者もいた。村上密に対しては、ここ10年ほどの間に、カルト被害者の中でも、相当な不信感が広がり、村上が自分に不都合な事実が表ざたにならないために、いかに信徒に箝口令を敷いており、批判者がバッシング対象とされているか、語ってくれた信者もいた。

要するに、誰か信徒が村上にとって不都合な事実を口にする度に、村上が「名誉毀損だ!」と語気を荒げるので、面倒な事態に巻き込まれることを恐れて、信者は誰も彼を批判しなくなり、それゆえ、村上に不都合な事実が表ざたにならないだけで、水面下では、相当に多くの批判があり、困った事態が進行していることを教えてくれたのである。

この証言は、当ブログの記述を巡って、村上がどのような反応を示したかを見ても、嘘ではないと理解できよう。

たとえば、2009年に、甲師の物語を発表した際、筆者はこの物語が、村上をモデルにしたものだとは、どこにも書かなかった。にも関わらず、村上はこれを筆者が村上を揶揄・嘲笑する目的で「創作」したものであるかのようにみなし、早速、ブログ記事で筆者を非難して来た。

だが、実際には、甲師とは、創作上の人物であるから、村上一人だけをモデルとして作られたわけではない。筆者は、この人物に、少なくとも二人以上の実際に出会った牧師から得られたイメージを投影している。

甲師の中には、庶民的で親しみやすく、信者の相談に乗るために全国各地を飛び回るフットワークの軽い反カルト運動の活動家としての牧師の像と、学者然と知識を積み上げ、上から尊大に構えて高圧的に信徒を指導し、教団内での立身出世を虎視眈々と狙う牧師の像と、2種類の人物像が混在している。

また、山小屋教会といった呼び名や、若い独身の牧師、寺の住職、般若心経、ユビキタス・ネットワークなどは、当時、筆者が暮らしていた環境からヒントを得て作り出されたイメージである。

筆者は当時、敬虔なキリスト教の信仰を持ち続け、神を追い求め、キリスト教徒である兄弟姉妹との交わりを熱心に探し求めていたが、同時に、東洋思想の書籍が山と積まれている書斎の只中で暮らし、この思想とは何なのかという疑問を持ち、禅の関係の書物などにも目を通していた。インターネットの歴史も浅かったので、これがどう発展して行くかについても、未知数の部分があった。

そこで、おそらく、現在、この物語をもう一度、作り直すとすれば、このようなプロットにはしないであろうと思う。まず、東洋思想とキリスト教を併存させることができるかのような結論は決して提示しない。この二つの思想は、合体不可能であることが分かっているためだ。次に、甲師を生かし、若者を殉教させるなどといった結末にもしなかったものと思う。

さらに、当時、筆者が甲師、乙教会、丙教会などと、呼び名に十干を用いたのは、裁判における書証の番号の付け方をもじったのであるが、ご存じの通り、甲号証は、原告が使用し、被告の書証は大抵、乙号証となるから、甲師を霊的文脈において被告としておくためには、甲師と呼ばず、乙師にしておくべきとしたかも知れない。

そんな風に、この物語は、創作としても、世界観としても、当時の筆者の限界、未熟さを多分に反映しているとはいえ、この作品は、もともと創作が目的ではなく、反カルト運動の中に込められた反聖書性、異端性、非人間性、人権侵害、そして、何よりもこの運動が、神を信じるすべての信者に対する抑圧を目指す、神に対する冒涜的で、反逆的な運動であるという本質を明らかにすることを目的としていたので、その目的は、少なくとも、この作品の発表と同時に果たされたと言えよう。

そういうわけで、この作品は、村上の人物像を描写するために作られたものではなく、反カルト運動の非聖書的な本質を明らかにするためにこそ、作られたものなのである。村上密という人物は、反カルト運動を率いる最も成功した著名な指導者として知られているだけのことであって、実際に、村上以外の幾人もの牧師たちが、この運動に携わった。

さて、このように、カルト被害者たちは筆者の裁判のために情報提供してくれたが、不思議なことに、判決言い渡しの直前、掲示板で当ブログに対するひどい権利侵害が繰り返されるようになった頃から、100%、当ブログ執筆者の裁判から距離を置いたのであった。

ついに判決言い渡しがなされると、応援したいと言ってくれていた信者からさえ、連絡は途絶えた。

筆者は当初、それは筆者が半分しか勝訴しなかったことの悪影響であると考えていた。信者らはそれほど村上を恐れ、きっと報復があるだろうと考えて沈黙せざるを得ない状況に陥ったのだろうと。掲示板で起きている集団リンチに巻き込まれることをよほど恐怖したのかも知れないと。

だとすれば、なおさらのこと、二審では勝利をおさめなければならない、そして、この恐怖から彼らを解放するきっかけを作らなければならない、と筆者は考えた。

ところが、実態はそんなことではなかったらしい様子が、次第に分かり始めたのである。むしろ、カルト被害者は、筆者が部分的であっても、勝利をおさめたからこそ、この裁判を応援する態度を捨てたのではないか、ということがうすうす分かって来た。

それが分かったとき、筆者はカルト被害者たちに対して持っていた甘い期待を捨てて、筆者はカルト被害者救済活動そのものを、真に憎むべきものとして、これを永遠に離れ去らねばならないという決意を新たにせざるを得なかった

次の記事では、筆者が2009年にこの運動から離れ去ることを目的に、杉本徳久に送ったメールを提示するが、筆者はこうしたメールを杉本に送って、被害者運動とは訣別したいという意思表示を行う前から、筆者とカルト被害者との間には、決して超えることのできない溝があることを知っていた。

その溝が初めて確認されたのは、2008年に筆者が村上の教会を訪れた際のことである。

この時、筆者は他教会で起きたトラブルについて相談するために、数ヶ月間、村上の教会を訪れていた。しかし、村上は当時から、訴訟(と効果のないカウンセリング)以外には、何ら問題解決の手段を提示せず、筆者の相談は訴訟になじまず、事件化できないという結論が出たので、筆者は何の解決も得られないまま、村上の教会を去るしかなかった。

その頃、村上の周囲では複数のカルト被害者の裁判が進行中であった。中には、マスコミに注目された大がかりな裁判もあれば、誰にも注目されず、弁護士事務所で最後の順番を待つだけであった小さな事件もある。

筆者は村上の教会にいる間に、実際に裁判を起こした被害者信者らから直接、話を聞いたが、そうして事情を聞いているときにも、自分の相談事が、事件にするための最初の入り口の門さえ通過しなかったことに、深い悲しみを覚えざるを得なかった。

マスコミに取り上げられ、集団で記者会見などしている被害者の裁判が、まるで脱カルト運動の最大の成功事例のように語られていただけに、余計に、彼らと筆者との間には、目に見えない壁があるように感じずにいられなかったのである。

むろん、現在ならば、筆者は自分の問題に、違った形で解決手段を見つけることができるであろう。本人訴訟を起こすことも可能であろうし、その他にも、別な解決手段を見つけられるかも知れない。

だが、その当時、筆者には自ら訴訟を起こせるだけの知識も力もなく、何より、すべての問題をただ神の御許に持って行き、主のみに解決を仰ぐという信仰の姿勢が出来上がっていなかった。そこで、専門家や弁護士を頼り、数々の助言を得ようと、識者や信者のもとを訪ね、方法論を模索しようとしていたが、そもそも神以外のものを頼ろうとするその当時の筆者の態度では、仮に訴訟を起こしたところで、いかなる勝利もおさめられないで終わったろうことは明白である。

そういうわけで、筆者は2008年にほとんど絶望感と言っても良い失望を覚えつつ、村上の教会を離れ、それからしばらくの間、カルト被害者救済活動とは何なのか、神はなぜ筆者が訴訟を起こすことをお許しにならなかったのか、そこにどんな深い意味が込められているのか、理由を思いめぐらした。

長い間、筆者は教会の問題を司法の場に持ち出し、訴訟によって解決するという手段自体が、望ましくないものであればこそ、神は筆者を裁判から遠ざけられたのだと考えていた。

だが、今考えてみると、おそらく、問題の本質はそのようなところにあるのではなかったものと思う。要するに、神が筆者について、問題とされていたのは、筆者が誰の被害を訴えるために、訴訟を提起しようとしているのか、という点であったと見られる。

すなわち、クリスチャンは誰のために生きているのか、という問題がそこに横たわっていたのである。私たちは、自己の被害を訴え、自分の権利を回復し、自分が慰めを得ることを目的として生きているのか、それとも、神の被害を訴え、教会の権利を回復し、主の御名に栄光を帰することを目的として生きているのか。

この問題について、態度がはっきりしないうちに、訴訟を世に提起することには、重大な危険が伴い、神はまずその問題を熟考するよう筆者に促されたのである。

その結果として、それから何年も経って、当時は全く思いがけなかったことに、筆者はその頃、トラブル相談をしていた関係者ではなく、何と反カルト運動を率いていた村上密本人に対して、訴訟を起こすことになった。

そこで、当時から10年ほども経って、幾人かのカルト被害者に連絡を取って見たところ、すでに述べた通り、村上に大いなる疑問を持っている人たちは、かなりの数、増えていることが分かった。

そこで、筆者が事情を話すと、情報提供を試みてくれた人たちがいたのだが、筆者が一審で杉本に勝訴したとき、その関係がぴたりとやんでしまった。

筆者が部分的にでも勝訴したことを、共に喜んでくれたカルト被害者は一人としておらず、協力的だった人までが、完全に態度を翻したのである。

かつては彼らの起こした訴訟が、筆者と彼らとの間を隔てたが、今度は筆者の訴訟が、彼らと筆者とを永久に分断する壁となったのであった。

ちなみに、なぜこのようなことが起きたのかを考える際、カルト被害者の中で、訴訟に勝って賠償金を受け取った者たちは、ごく一部でしかない、ということを考慮する必要があるだろう。

多くの相談事が、当時の筆者と同じように、事件にもならない、取るに足りないものとして、闇に葬られるか、もしくは、運よく訴訟に出来ても、勝訴にも至らず、何の見返りもないまま、むなしく終わって行ったのである。

村上が勧めていた裁判という手段を通して、自己の訴えをきちんと世に認めてもらい、さらに多額の賠償金を勝ち取った例など、村上のもとに相談を持ち込んだ被害者全体の、ほんのごく一部でしかない。マスコミの注目を浴びて集団記者会見などした事例は、村上の活動を派手に宣伝するのに役立ちはしたが、相談全体の1割にもならないことであろう。

それ以外の事件では、被害者は結局、勝利と言えるものを何一つ手にできないまま、時間と労力を無駄に費やし、判決においても敗北を噛みしめ、あるいは、判決にも至らない中途半端な和解に応じたために、訴えた宗教指導者に解決金も支払わないまま逃亡されたりして、やるせなさを噛みしめながら、それでも「裁判の結果と霊的現実は違う」などという言葉で、何とか自分をごまかし、悔しさを心に抱えて生き続けて来たのである。

そのようなわけで、カルト被害者の一部は、筆者を助けてくれようとはしたものの、それはあくまで同情に基づく行為であって、おそらくは、筆者が部分的であっても勝利するなど、誰も考えていなかったのではないかと見られる。

ただ、ヴィオロンさんは、自分たちと同じようにあまりに可哀想で、追い詰められているように見えるから、見捨てておくに忍びず、手を差し伸べずにいられなかった・・・というだけのことで、まさかその可哀想な人であるはずのヴィオロンが、本当に奴隷の縄目を断ち切って、自由になるなど思ってもみなかった、というのが本音ではないだろうか。

筆者は彼らの目から見て助けの手を差し伸べてあげたい「可哀想な人」に見えたのかも知れないが、第一審を最後まで戦い抜いて、たとえ完全でなくとも筆者が勝利をおさめた時に、筆者はもはや彼らの目に「可哀想な人」ではなくなり、それと同時に、彼らと筆者との間には、永久に取り払うことのできない壁が出来たのである。

この時、初めてカルト被害者たちの本心が、はっきりと露呈したのだとも言えよう。筆者が自分の事件は訴訟にならないと、遠くから被害者たちの姿を眺めていたときには分からなかった彼らの本心が、はっきりと確かめられたように思う。

その壁は極めて強固なものであった。中には、少しでも成果が出たことを喜ばないどころか、手のひらを返したように、冷たい言葉で筆者を責め始めた者さえいた。「ヴィオロンさん、あなたは学歴もあって、知識もあるから、私たちとは違う」というわけだ。そして、筆者が訴訟を起こした行為を責め、さらに、筆者に判決を自主的に放棄するようにまで求めた。

筆者は驚いて「あなたは判決を支持しないんですか?」と問い尋ねると、判決と事実は違う、裁判所の決定は、現実とは異なる、という返答が返って来た。

「でも、あなたたちも訴訟を起こしたんじゃありませんか? どうして私の裁判だけ否定するんです?」と尋ねても、敗訴に終わった自分たちの訴訟に誤りはなかったが、部分的勝訴に終わった筆者の訴訟は間違っている、という、筋の通らない言い分以外には、返って来る返答もない。

そして、ついに最後は声を荒げて、自分たちは何があっても、筆者に負けた人間を永遠に支持する、という発言があったので、筆者はこのような考えは、もはや彼ら自身がカルト牧師の悪行として告発しているマインドコントロール同然ではないかと感じた。

むろん、彼らは別に村上や杉本から何らの支援を受けたわけでもない。ただ一時、彼らの活動を通して心の慰めを受けたというだけだ。しかも、村上や杉本のおかげで、訴訟を有利に戦って、勝利をおさめたわけでもない。それなのに、ただ一時、心の慰めを受けたというだけのことで、これからも彼らを永遠に支持すると宣言し、筆者の手にした判決を全面否定するとは、一体、どこからそんな考えが生まれて来るのだろう?

やんわりそのおかしさを指摘すると、「あなたからのカウンセリングなど受けるつもりはない、放っておいてくれ」と言いたげな冷淡な言葉が返って来た。

やれやれ、という印象であった。一審判決が言い渡される前に接触したときとは、天と地ほどの変わりようである。以前には、間違っても、被害者の中には、そのような態度を取る者はなかった。しかも、彼らは相当に村上に対しても、懐疑的な態度を表明していたのである。なのに、判決が下されると、こんなにまで変わるとは・・・。

筆者は、このような反応を見つつも、カルト被害者という人々は、要するに「可哀想」に見える人間に対しては、いたく同情するものの、「可哀想」に見えない人間には、非常に残酷で、容赦なく、他人の勝利や解放を、決して心から共に喜ぶことができない人たちなのだ、と考えざるを得なかった。

筆者が見ていた彼らの優しさ、同情、善良さは、筆者が彼らと同じように「可哀想な人」であるうちにしか、決して提供を受けられることのないものだったのである。
 
そこで、筆者は、このような人たちに、裁判の成果を少しでも分かち合ってもらおうと考えたこと自体が、根本的な誤りだったのだと、ようやく気づいた。

彼らと筆者とが裁判を起こす目的は、根本的に異なっている。そうである以上、成果だけを共に分かち合うことなど、できるはずもないのだ。

この10年間の月日が、彼らと筆者との歩みを隔ててしまった。彼らは反カルト運動に接近し、いち早く裁判を起こし、カルト化している教会が、どんなに人を傷つける恐ろしい場所になっているかを世に訴えて、世に助けを求めようとした。

だが、筆者は、信仰によって、ただ生まれながらの人間の利益が傷つけられたというだけでは、それは神の目には何らの「被害」ともならず、私たちは、御名によって呼ばれる民である以上、まず神の権益をこそ、最重要の利益と考え、自分の被害ではなく、神の被害をこそ訴えるべきという考えに立ち、自分自身のための裁判をあきらめ、この訴訟を、教会を告発するためにではなく、むしろ、教会を告発する人々を告発して、教会を彼らの恐怖による支配から奪還するために、提起したのである。

 「わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

 わたしはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。」(Ⅱコリント5:13-15)

もちろん、司法の争いは、信仰に関する事柄を争点とするものではないから、筆者が今述べていることは、訴訟の隠れたプロットでしかない。訴訟として取り上げられるためには、権利侵害という名目がなければならない。だが、筆者に対する人権侵害は、神の教会の権益が侵害されていることを訴えるための口実でしかない。筆者にとって、この訴訟は、筆者個人の権利の回復のための戦いではないのだ。

だが、カルト被害者にとっての訴訟とは、そういうものではない。彼らにとって大事なのは、自分自身が教会によって傷つけられた「可哀想な人」の立場にあることを公に認めてもらい、被害の認定を得て、何よりも、教会のカルト化という問題を、生きている限り、世に訴え続けることにある。

筆者はこの点こそ、反カルト運動の最も悪質な本質を表すものだと考えている。彼らは断じて、受けた被害から脱出するために、裁判を起こしているのではない。生きている限り、自分の受けた被害を永遠のものとして世に訴え、それによって教会を告発するために、裁判を起こしているのである。

だから、彼らは勝とうが負けようが、ほとんど変わりない結論にたどり着く。勝てば「自分たちの主張する被害が認定されて、教会による加害行為が認められた」と言って、その後も、いついつまでも受けた被害を記念する会合を持ち続け、勝訴によって与えられるはずの自由と解放を退け、神の約束して下さった完全を退ける。負ければ、「裁判と現実は違う」などの言葉で自分をごまかし、受けた判決から目を背けつつ、自分たちの被害に寄り添ってくれた人々を神格化する。

勝とうが負けようが、彼らはただ自分の心の慰めのために裁判を起こしているのであって、しかも、教会を告発してまで、自分を永久に被害者の立場に置き続けることが、彼らの目的なのである。要するに、生まれながらの人間の被害を口実に、神の教会を罪に定めるために活動している、それがカルト被害者なのだ、ということが分かって来たのである。

だからこそ、彼らは自分たちに同情してくれる支援者を、生きている限り、手放すことができない。彼らは、裁判に勝つことが目的なのではなく、神によって力強く解放されることが目的でもなく、いついつまでも教会で受けた被害から立ち上がれない可哀想な人として、同情し、憐れんでもらい、寄り添ってもらい、慰めてもらうことを目的に生きているのだ。

だから、彼らは誰かが自分たちと同じような苦しみや束縛の中でもがいている間は、気前よく手を差し伸べてくれるが、いざその人間が、その束縛から本気で抜け出し、自由になろうとし始めるとき、激しい拒否反応を示す。

それは、カルト被害者運動そのものが、人をいついつまでも永久に被害の中に閉じ込め、神が信仰によって用意しておられる自由と完全に至り着かせず、人を苦しみから永遠に解放しない運動であるためである。

本当は、教会こそ(見かけはどうあれ、その本来的な霊的な本質においては)、神が信仰によってこの世の罪と穢れから贖い出され、サタンの支配下から解放し、キリストの似姿になるまでに自由にし、完全にして下さった人々の集まりであるはずなのに、この人々は、半永久的に教会から受けた被害を訴え続けることによって、教会における自由を否定し、福音を否定し、神の贖いそのものに敵対している・・・。

彼らは自分たちを被害者意識の監獄から自由できるキリストを崇めず、彼らを永遠に被害者という檻の中に閉じ込める人々を誉め讃え、死ぬまで囚人の名札を首からぶら下げて生きることに自ら同意している。そして、不自由な監獄の中で、屈辱的な配給を回して来るだけの人間に過ぎない刑吏や、看守を、何か神々しい存在であるかのように崇め奉っている。

だから、筆者のような誰かが、自由の判決を手にして、彼らのいる監獄を出て行こうとすると、裏切り者だ、あなたの行動はこの囚人村に分裂をもたらし、他の囚人たちを辱め、悲しみをもたらした・・などと言って、筆者を非難し、筆者がいついつまでも彼らと同じように「可哀想な人」であり続けるために、何か月間もの苦労を払って勝ち取った判決を自主的に放棄するよう呼びかけるのである。

何と恐ろしい運動であろうか。こんな運動に接触している限り、誰も永遠に自由にはなれないのは当然だ。それが分かった時、筆者はかつて2009年に決意したときと同様、この腐敗した運動からは、永遠に手を切るしかない、と思った。

ちなみに、第一審では、信者の中に、客観的な証拠を揃えて、実名で証言する勇気を示した者は一人もなかったため、筆者は彼らから有益な情報を得ることはできたとは思うが、訴訟において有利になるような具体的な支援を受けたわけでもなければ、借りがあるわけでもないと思っている。

そして、神はユニークな方であり、こうした出来事があった代わりに、また別な人々を送って下さった。気づくと、切り払われた枝のあった場所には、新しい枝が丁寧に接ぎ木され、新しい芽が顔を出している。

まるで船の反対側に網を降ろしなさい、と言われたような気分である。

繰り返すが、筆者は間違っても、「可哀想な人」として同情を受け、憐れみの手を差し伸べられるために、民事で戦っているわけではない。主にあって、勝利と自由と解放を勝ち取り、被害者性を塵芥のように払い落として、キリストにある完全で新しい人のステータスを名実ともに勝ち取るために、前進しているだけである。

従って、筆者は、カルト被害者が起こした訴訟とは、自分が根本的に異なる目的へ向かっていると考えざるを得ないし、それだからこそ、今までもそうだが、これからも決して、彼らと筆者の道が真に重なることは、きっとあるまいと思うのだ・・・。

そのことがいみじくも一審判決によって明らかになったのであり、また、それだからこそ、筆者の告発は、教会へは向かわず、むしろ、反カルト運動の陣営へと向けられたのである。
 
「この幕屋に住むわたしたちは重荷を負ってうめいておりますが、それは、地上の住みかを脱ぎ捨てたいからではありません。死ぬはずのものが命に飲み込まれてしまうために、天から与えられる住みかを上に着たいからです。わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。神は、その保証として”霊”を与えてくださったのです。」(Ⅱコリント5:4-5)
   
  だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。」(Ⅱコリント5:17-18)
 
* * *

<続く>

7.不透明な資金の流れと、人権侵害がつきものの村上密の反カルト脱会運動
 
さて、昔から、権力者は自分たちにとって不都合な言動を行う人間に「狂人」のレッテルを貼り、その言論を「狂言」や「ヒステリー」と決めつけてはその主張を退けて来た。
 
その方法は時代を超えて変わらない。そこで、昨今の牧師たちや、その信奉者たちが、不都合な信者を弾圧する方法も、これとそっくりになるのは当然である。

たとえば、当ブログに関して言えば、筆者が一審で勝訴した杉本徳久や、杉本と文通して筆者の個人情報を杉本に提供していたKFCの唐沢治が、これまで筆者の言に何とかして「精神異常」のレッテルを貼ろうと腐心して来たことにも、それは見て取れるし、むろん、筆者がかねてより反聖書的な運動を率いていると指摘して非難している村上密や、唐沢治と組んで杉本に筆者の個人情報を提供した坂井能大が、筆者の主張に「感情論」のレッテルを貼っては、己の責任から逃げようとしていることにも共通している。

この人々は、とにかく理詰めの勝負が苦手で、細かい議論を緻密に積み重ねる代わりに、浅はかなレッテル貼りによる印象操作に逃げ、早々に議論をおしまいにする傾向がある。

だが、読者には、このような印象操作に惑わされることなく、じっくりと物事を賛否両論から議論してみることをお勧めしたい。

たとえば、村上密の最新記事「捜す」を読んで、あなたは何を感じるだろうか?

この記事では、統一教会に入信して家族を捨てた青年を、村上がアメリカまで捜索に行き、居場所をつきとめて、家族との連絡を復興するのに役立った、という手柄話が披露されている。

この記事を読んで、複数の疑問が生まれなかった人は、よほどマインドコントロールを受けやすい人間だと言えよう。

第一に、この体験談には、事件が発生した年月日が記されていない。村上はこれを最新記事として書いているので、軽率な読者は、ここに書かれていることは、最近、起きたことだと勘違いするかも知れない。

だが、筆者は、この手柄話は、村上がさんざん擦り切れるまで繰り返してきた昔話でしかないことを知っている。それでも、年月日を書かずに最新の記事に掲載すれば、あたかも最近、こういう目覚ましい働きがあったかのように、読者は受け止めるかも知れない。

そういう誤解が生まれることを予め分かった上で、あえて年月日を記さずに記事にすることも、読者への印象操作の一つなのである。

第二に、この記事を読んで、あなたは村上がカルトに入信した青年をアメリカまで捜索に行くための資金を誰が出したのか、という疑問を持たれたであろうか?

この点に注意が向けば、あなたは勘の良い人間だと言えよう。「ふーん、それは良かったですね・・・」で終わりになってしまう人は、文章を注意深く読解する力のない、マインドコントロールに対抗する力がほとんど養われていない人である。

こうして、村上が行っているカルトからの脱会運動にまつわる不透明な資金の流れの話に筆者が水を向けると、早速、村上は「推論」だ、「臆測」だ、「創作」だ、と噛みついて来る。

これは村上が10年来用いている古典的手法で、村上は自らのブログ記事「村上密を「創作」3」でも、村上の運動を巡る不透明な資金の流れについて指摘した筆者を、あたかも「自分のブログに感情的に思いのたけを書きまくっている」だけで、根拠のない話を膨らませているだけであるかのような印象操作をしている。

村上が以前から、自分に不都合な事実を指摘される度に、批判者を人格攻撃することを繰り返して来たことは周知の事実である。

だが、筆者は根拠のない話を膨らませているのではない。教会というところを幼い頃から見て知っているので、比較的規模の大きい教会であっても、教会で捧げられる献金だけでは、海外まで人を探しに行く財源を得ることなど無理であることが分かっている。

だとすれば、教会員でもなく、ただカルトに入信したために、居場所が分からなくなった青年を探すためには、教会とは別に、誰かが特別な資金を村上に提供しなければならない。そして、そのようなことをしうる動機や手段を備えているのは、やはり、カルトに入信した信者の家族しかない、という結論がすぐに出て来る。

このように、村上密らの行っているカルトからの脱会運動には、昔から不透明な資金の流れがつきもので、そこには、教会の会計処理には決して上がってくることのない、莫大な資金がつぎ込まれて来た。この問題は、キリスト教以外の宗教では、はるか昔から指摘され続けて来たのであって、そのことを未だ知らないのは、キリスト教界のごく一部のお人好しだけである。

いわば、お人好しのクリスチャンだけが、こうした問題があることに気づかず、「カルト宗教から信者が取り戻されたなら、良かったことではないか」などと、うわべだけの成功談にまんまと欺かれ、当ブログの指摘を取り合う価値もない「創作」と決めつけ、嘲笑い、耳を塞いで来たのである。

さらに、このカルト脱会運動には、人権侵害という問題が、切っても切れない関係として結びついていることも、昔からよく知られた事実である。

ところが、キリスト教界の中では、このことはほとんど議論されることもない。

村上密らの率いる反カルト運動は、昔から、カルト宗教からの「拉致・監禁」による信者の強制脱会という形で、手柄を打ち立てて来た。

筆者はこの問題について、2008年に甲師の物語としてまとめたところ、村上密は早速、この物語にも噛みついて来て、これが自分を揶揄・嘲笑するために作られた「創作」だと、筆者を非難し始めた。

だが、問題は、甲師の物語が創作であるということではない。そんなことは最初から分かり切っている。

要するに、村上にとって致命的なまでに不都合だったのは、筆者がこの物語の中で、村上が決して指摘されたくなかった、村上の率いるカルトからの信者脱会運動にまつわる様々な問題――すなわち「拉致・監禁」という人権侵害や、信者の家族からの不透明な資金提供や、脱カルト運動そのものの異端性・反聖書性――を赤裸々に描き出したことである。

カルト宗教からの信者脱会を、手柄として誇って来た村上にとって、自分の運動が、不透明な資金提供と終わりなき人権侵害を前提として成り立つものだということは、決してキリスト教界の内部では、知られたくない秘密だったのである。

だが、村上がいかに筆者の論を「創作」と決めつけようと、村上ら牧師の行って来た脱会運動が、人権侵害の伴う強制的な脱会活動であり、そこで刑事事件に値するほどの犯罪が行われていた実態は、キリスト教以外の宗教においては、ずっと昔から周知の事実であり、大いなる非難の対象となって来た。むろん、信者を奪われた宗教の側から、いくつもの訴訟さえも起こされたのである。

たとえば、次のの記事は、信者を奪われた統一教会の側から、村上らの活動の暴力性・犯罪性に対して向けられた非難である。

ただ統一教会側からの非難だから、という理由で、目を背けないようにされたい。この記事を読めば、カルトに入信したというだけの理由で、村上らが統一教会の信者らに対してどれほど過酷な扱いを容認していたかが分かる。長いが全文引用しておきたい。
 

「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴く

第五章 国内の「マインド・コントロール」の犯罪

国内の強制的改宗活動家たち

日本国憲法においても、第二〇条において信教の自由と政教分離が謳われているわけですから、この二つの助言書は日本においても有効なものであると考えられます。しかし日本においてはこうした米国の良識ある学者たちの見解は理解されていないばかりか、信教の自由や人権問題に対する意識があまり高くないために、拉致・監禁による強制改宗事件がいまだに跡を絶ちません。

 山崎浩子さんの拉致・監禁、脱会事件以降、統一教会に反対する活動家による統一教会信者への「拉致・監禁事件」は年間三百件以上起こっているにもかかわらず、それらは全くといっていいほど事件として扱われてきませんでした。

これらの「拉致・監禁事件」は、相手の自由意思を踏みにじったうえ、しかも身体的な自由を奪っての説得であり、絶対に許されるものではありません。しかし反対活動家は拘束の事実を認めたうえで、本来刑事および民事事件として扱われるべき事件の本質を、親子問題にすり替えることによって拉致・監禁を正当化してきました。

 現在の主要な強制改宗活動家としては、
<筆者注:文中記載の村上以外の牧師の氏名を省略する> 

村上密牧師(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、七条キリスト教会)
<略> などが挙げられます。

これらの日本の活動家たちは、強制的改宗活動をいわば職業的に行っており、信者の父兄に働きかけて拉致・監禁の作戦と方法を細かく指導し、それによって多額の金銭を父兄から受け取っています。

彼らは両親や親族などを使って信者を暴力的に拉致しますが、そのとき彼らは絶対に直接手を出しません。反対牧師たちは「拉致・監禁」に対して、決まって異口同音に「自分たちは拉致・監禁を命じた覚えはない。あれは父兄たちが勝手にやっているのだ」と強弁しています。これは自らの手は汚さない、極めて「卑劣なやり方」であるといえますが、明らかに刑法第二二〇条「逮捕・監禁罪」の「教唆犯」(同六一条)に当たるものです。


拉致・監禁による強制的暴力改宗活動の実態

「反対牧師」が親や親族を操作して行っている拉致・監禁は、CANの活動と同様に非常に強制的・暴力的なものであり、明らかに犯罪性が認められることは多くの証言によって明らかになっています。

 一九九一年四月七日に、職業的な「脱会屋」である宮村峻氏らによって拉致・監禁され、八カ月にわたって拘束されながらも、奇跡的に脱出した鳥海豊さんの著書『監禁250日証言「脱会屋」の全て』(光言社)には、強制的な拉致の様子がはっきりと書かれています。

 「どうしてもダメか」
「どうしてもダメですよ。……」
「どうしても駄目なら、力ずくでも連れていく」
「……帰らせていただきます」

と言って出ようとした。そうしたら、

「そうはいかない」
と、突然そこにいた男性が、ダーと十人ぐらい来て、押さえつけてきた。こちらも暴れるけれども組み伏せられてしまう。折り重なってきて、体の自由がきかない。(『「脱会屋」の全て』16-17頁)

みんなあっちこっちから手をかけて、私は羽交い締めにされ、ワゴン車に押し込められた。(同書18-19頁)

さらに『週刊文春』(一九九三年四月二十九日号)に掲載された山崎浩子さんの手記にも、彼女が強制的に連れさられたことが書かれています。

 「『しまった、やられた』私のこわばった頬を、とめどなくあふれ出る涙が伝う」「みんなの視線が、私に突き刺さっている。逃げることはできない。いや、逃げてはいけないと思った」「姉達が拉致・監禁をするなんて――」

「私を真ん中にはさむようにして、姉と叔母がシートに身を沈める」「車はどこにむかって走っているのか、全然分からない。これからどうなるのか、それもまた、全く見当がつかなかった」

 元統一教会員で、現在は反対活動を行っている田口民也氏の『統一協会からの救出』(いのちのことば社)には、彼の指示によって両親から拉致・監禁されたN君の手記が載っていますが、そこには到底逃げ出せないような環境に無理やり連れて行かれた様子が描写されています。

そのうちに、あるアパートまで連れて行かれた。それが、逃げられないように頑丈にしてあるのを見て初めて、私はここまで来た意味がわかった。………こうして数か月間のアパート生活が始まったのである。

この本にはN君を拉致した父親の手記も載っていますが、そこには息子を拉致するためにロープやガムテープなどを用意したという生々しい記述があります。

親戚に初めて息子の状態を伝え、協力を願う。十名の協力を得ることができた。連絡があってから、一週間が過ぎる。移動用ジャンボタクシー、身につけるロープ、ガムテープなどそろえる。

これらは父兄が主体的に思いついてやるのではなく、明らかに牧師が事細かに指示してやらせているのです。

田口氏は著書の中ではっきりと、

「まず、体を集団ナルチシズム(集団生活および彼らの監視)から隔離する必要がある」

救出は、その組織から、体を引き離すことはもちろんであるが、体だけを統一協会からだしても、それで安心してはいけない。体だけではなく、心や霊までも解放しなければ本当の救出にはならない

と書いており、信者の改宗にはまず物理的な隔離が必要だとの主張をしています。そしてこの本には「第三章:救出のためのテキスト」と称して、牧師が親に出している具体的な指示が述べられており、これは改宗のためのプログラムが牧師によって作られたマニュアルに従って行われていることを示唆しています。

信者は監禁された状態のまま、反対牧師による長期間の棄教の強要と説得を脱会するまで受け続けます。長い場合は数カ月に及ぶこともあります。そしてまず現状では本人が拉致・監禁された場合の救出、あるいはそこからの脱出は不可能な状態なのです。

鳥海豊氏も、

「お前はもうここから出られない。ここから出るためには、落ちるしかない」(『「脱会屋」の全て』21~22頁)

と宮村氏に言われています。もし脱会の意思を表明すれば、直ちに半ば強制的に「統一教会脱会宣言書」なるものを書かされます。もし書かない場合は、書くまで何十日でも監禁状態を続けるのです。本来「脱会届」なるものは本人の自由意思によって書くものでありますが、反対牧師はそれをいわば改宗の「踏み絵」として利用しているのです。


刑事上の犯罪性と多額の金銭受け取り

そしてテッド・パトリック氏やスティーヴン・ハッサン氏が依頼者から多額の金銭を受け取っていたのと同様に、日本の「活動家」も信者の父兄から実費以上の多額の金銭を受け取っています。山崎浩子さんの脱会工作にかかわった杉本誠牧師は、著書『統一協会信者を救え』(緑風出版)において、横溝牧師、森哲牧師(日本基督教団小牧教会)、平良夏芽牧師(日本基督教団桑名教会)らが一回信者と面会するたびに、おのおの十万円ずつ受け取っていた事実を認めたうえで、

「私の経験からいけばそれぐらいのお金は当然掛かると思いますね。………私もやはりそれぐらいの形のものは親御さんから車代ということで頂いていますよ」

と言っています。

このように拉致・監禁による強制改宗の流れと手順を見てくるとき、そこには牧師が関与しており、教唆による拉致・監禁、身体拘束という刑事上の犯罪性が認められるということが分かります。しかし彼らは「カルト教団にマインド・コントロールされた子供を親が救出している」という理由を振りかざして事件の本質をすり替えることにより、自らの行為を正当化してきたのです。

事実、一九八八年に統一教会員の吉村正氏が監禁された事件で、教会側は裁判所に人身保護請求を出し、これが当然下りるものと信じて関係者一人が行っただけでしたが、共産党系の弁護士が百九十八人も名を連ねて反対し、この事件をうやむやにしてしまうということが起こりました。

彼らは人身保護請求が出ている裁判所に圧力をかけ、法を曲げ、事実を曲げて統一教会の主張を退けるようにし、このため本来一週間以内に下ろされなければならない人身保護令が大幅に遅れました。このようにして時間を延長させ、強制説得による棄教のための時間を稼ぐことにより、もしその間に被害者(統一教会員)が棄教し、脱会すれば、反対グループの行為が正当化できるからでした。そしてそうすれば親をはじめ元教会員を被害者に仕立て、法廷で証言させることにより、統一教会のイメージダウンを図り、世論を味方につけることができると考えたためなのです。


日本における世界にもまれな人権侵害の実態

このように日本の「反対牧師」による統一教会信者の強制改宗は、世界的にもまれに見る宗教迫害であり、深刻な人権侵害であるといわざるを得ません。

本書は、日本に真の民主主義と信教の自由が確立されることを願い、このような拉致・監禁事件が一日も早く根絶されることを願って出版されました。そのためにはこのような強制改宗の犯罪性を正当化するための理論である「マインド・コントロール理論」の欺瞞性が明らかにされなければなりません。

本書の後編においては、この問題に関する最も権威ある専門家の見解として、米国心理学会と米国キリスト教協議会がそれぞれ提出した「法廷助言書」の翻訳を資料として全文掲載しました。これを機会に、一日も早く日本においてマインド・コントロール理論の非科学性が厳密に論議される日が来ることを願ってやみません。


 
ちなみに、ここで明記されている「拉致・監禁」による強制的な脱会活動は、当時、反カルト運動の常套手段であって、ありふれた事例であったことを、筆者自身も、同年代の信者から、聞かされて知っている。

筆者自身、統一教会から村上らの運動を通じて強制的に脱会させられてアパートの密室に監禁されて村上から説得工作を受け、キリスト教に改宗させられたという同年代の信者の体験談を直接、聞いたことがある。

ただし、こうした強引な手法が疑問視されるようになってからは、村上らの反カルト運動は訴訟のリスクや刑事責任を問われるリスクを回避するために、多少、手法を変えたので、今日、ここまで強引な脱会活動はほとんど行われなくなっているものと思う。

だが、それでも、今日、掲示板において、村上密の擁護者が当ブログに対して繰り広げている異様なまでのバッシング(誹謗中傷・権利侵害)を見る限り、村上の運動に当初から流れていた暴力性は、今もしっかりと彼の活動の理念として受け継がれているように感じられる。

村上密は現在、杉本徳久による当ブログ執筆者に対する名誉毀損などの人権侵害や、掲示板で起きている暴力的な権利侵害には無関係を装っているが、以上の記事を読むと、それが事実であるとは到底、ますます思えなくなるだけである。

何しろ、この記事では、村上ら複数の牧師たちが、統一教会からの信者の脱会運動において、拉致・監禁という暴力行為によって、娘息子を取り戻すことを、信者の家族に具体的に指示する側に立っていたにも関わらず、彼らは、そういう犯罪行為に自ら手を下した形跡が残らないように、直接的には信者の親族にそうした行為を行わせ、暴力を陰から煽って来た様子が、記されているのためある。

いかにこの人々が悪しき運動に手を染め、これを率先して率いながらも、自分たちは直接的な責任を問われることのないよう、聖人君子然と「いいとこどり」の立場に終始して来たかがよく分かる記述だ。

さらに、以上の記事では、この脱会活動を巡って、信者の家族から牧師たちに多額の金銭が渡っていた事実も指摘されている。

また、以下に挙げる記事でも、以上の記事と同じく、信者の脱会活動には、実際に莫大な資金提供がなされ、闇から闇へと消えて行く不透明な資金の流れがあったことが指摘されている。

これはいわば弁護士に払われる「着手金」や「成功報酬」のようなものと考えれば分かりやすい。実際、アメリカまで捜索に行くような事例は、そう多くはないと見られるものの、捜索をしたり、拉致・監禁による説得工作を実行するためには、かなりの費用が必要になる。10万円ではとてもきかないだろう。

それでも、どうしても娘・息子を帰して欲しいとひたすら願い続ける親族は、藁にもすがる思いで、村上ら牧師に、こうした金銭を「謝礼」や「献金」といった名目で捧げ、毎回の脱会カウンセリングの度に多額の金銭を支払って来た事実があることが指摘されている。
 
以下のブログの記事では、統一教会の信者が裁判に提出した陳述書を引用して、村上が信者に対して行っていた強制脱会活動の暴力性が指摘されているため、長くなるが、該当部分を引用させていただきたい。
 

ブログ「火の粉を払え」記事から一部抜粋(記事末尾の脚注は省略する)

2)監禁の状況

 アパートのトイレの窓を含め部屋の中の手の届く高さの窓には全て特別な鍵がつけられて開きませんでした。
 玄関のドアは部屋の中から鍵をかけてチェーンロックをした上、そのチェーンを短くするために二個の錠前を取り付け、チェーンがはずせない長さに調整してありました。

 黒鳥栄牧師は1992年12月30日にやってきて、「私はただのカウンセラーで牧師ではないしあなたの味方です」などと話かけてきました。監禁状態は一目瞭然なのに、とがめる様子もなかったので、全てが綿密な計画の下に行われていたのだと思います。(注1)

 この部屋の窓につけられた特別な鍵は、私の両親が取り付けたのか、名義人になっている脱会者の母親・■■■■子さんが取り付けたのかどちらだか断定できませんが、ドアチェーンの鍵は、一番最後に父親が黒鳥牧師に返していました。(注2

(3)脱会の強要の状況

 7か月間に渡って監禁されているときに、黒鳥牧師の他に、尾毛佳靖子(かやこ)牧師、滋賀県の日本基督教団水口教会・清水与志雄牧師、茨城県の日本基督教団水戸中央教会・横溝洋三牧師、京都府の日本アツセンブリーオブゴッド教団七条キリスト教会・村上密牧師が来て脱会を強要されました。(注3)

 母は、清水牧師が来るたびに封筒を渡していましたが、封筒の裏に10万円と書いてあるのが見えました。(注4)

 私は、「何だ、奉仕でやっているなどと言いながら」と思いました。ドアの外で黒鳥が母に、「いいんですよ、お母さんそんな」という声も聞きました。脱会者の■■さんが来たときには、封筒を渡していました。1回4、5万円入れているところを見たことがあります。

 2月28日、借り主でない者たちが住んでいることが見つかり監禁場所を移りました。(注5)
 そこはワンルームだったので、牧師や脱会者が来る度に母が黄色い封筒を渡しているのが見えました。母の手帳の五月終わり頃の欄に「300万おじから借りた」と書いてありました。

 牧師たちは、父兄を前に、脱会させた別の父兄に「自分はいくらぐらい払った」という証言をさせます。このことは脱会者の人から聞きました。

 黒鳥牧師は連日と言っていいほど部屋に来て、3時間程話をして帰りました。
 清水牧師は2月中旬に3日間、2月末に1日間、合計40時間ほど、
 尾毛佳靖子牧師は、1週間で計20数時間、説得しました。
 村上密牧師は、黒鳥牧師と統一教会員の拉致監禁についての情報を交換し合っていました。村上牧師は1日8時間ほど脱会を説得しましたが、その時は両親も兄も一緒に聞いていたので、私を説得すると共に、両親や兄に対し徹底して統一教会を悪者に仕立て、監禁を正当化しました。

 4月に入ってから黒鳥牧師は横溝牧師を連れて来ました。
 黒鳥牧師が席を立って私と横溝牧師だけにしようとするので、「一緒に帰って下さい」と泣きながら訴えると渋々2人は帰っていきました。

 統一教会に反対するキリスト教の牧師は「拉致監禁はやらない。自分たちは親に頼まれて手助けをしているだけだ」と弁明しますが、その実態は統一教会の信仰をやめさせるために拉致監禁を正当化し、親たちを悪意に満ちた情報で教育し、背後で細部に亘って指示を出しているのです。

 事実、黒鳥牧師も私が脱会する気配が見えないので、「あなたの場合は、本当に親の教育が足りないのよね」とよく言っていました。「原理(統一教会)の事を通して家族のいろいろな問題をいじれるからやりがいがある」とも言っていました。(注6)

 1993年3月に父親はとうとう会社をくびになってしまいました。
 その時も黒鳥牧師は「娘さんのことより、仕事のほうがそれほど大事なんですか」と言って父親を叱り飛ばしました。

 黒鳥牧師は「もう家に帰る」と言う父親を許しませんでした。そして、「娘さんのために全部を捨ててしまわなければ、娘さんを救えない」と言って父親を極限状態まで追いつめました。
 父親は精神的に疲れ切って自殺しようとしました。
 これほどまでに苦しんでいる父親の姿を見せれば、私が統一教会から脱会するだろうと思って、黒鳥牧師はわざと両親を苦しめるのです。
(注7)

 1993年5月の中旬に横溝牧師が来たときには、私の母親に向かって、「親の苦しむ姿を見れば子供は統一教会から脱会をせざるを得なくなるんだ」と語気を荒げました。
 私はとても残酷とも言える牧師たちのやり方や、考え方に言葉を失ってしまいました。

 1993年6月7日になって、このままでは監禁が何年かかるか分からないと思ったのか、両親は私に暴力をふるって説得にかかってきました。

「いい加減に目をさませ」と大声で叫びながら母親が私の右頬を殴りつけました。
 父親が続けて左頬を殴りました。
 最後には2人で続け様に5,6回殴りつけて来ました。この時、殴られた際に右耳の鼓膜か破れてしまいました。

 2日後の6月9日は、母親が私の足を押さえ、父親が両腕をつかんで20回くらい殴りつけてきました。このときはとうとう右耳の鼓膜が完全に破れたようで血が流れ出してしまいました。(注8)

 私は親子の間に深い心の溝が出来てしまうと思い、一時的に統一教会から脱会するしかないと判断しました。しかし、私は「統一教会は脱会するけれども結婚はやめない」と話しました。

 6月7日に殴られて破れた鼓膜を診察するため病院まで外出を許されたのは、1週間後の6月13日でした。

 私は黒鳥牧師の手によって脱会した人達とは違って、弁護士を紹介して貰うことも拒否しました。私は1993年6月24日に統一教会の「脱会届」を太田教会に提出して、山梨の実家に帰りました。

 黒鳥牧師の教会に通うことになった統一教会脱会者が山口広弁護士らを代理人に立てて、脱会する前に所属していた関係部署に対して返金請求をしていることをだいぶ後になってから知りました。(注9)

 (4)渡韓

 私は1993年6月24日に監禁場所から山梨に両親と一緒に帰りましたが、親子関係をなんとか元の状態に戻そうと、家の炊事や洗濯等をして両親に尽くしました。
 母親は山梨の家に帰ってからも黒鳥牧師に電話をかけて状況を報告したり、指示を受けたりしていました。(注10)

 私は「このままでは、私の人生は台無しになる」と感じ、1993年8月の下旬に韓国に渡り、韓国から電話で「韓国の婚約者の所に来ている。心配しないで」と母親に電話を入れました。

第4・終わりに

 この7か月間は、両親にとっても私にとっても考えられない苦しみの日々でした。

 しかし、拉致監禁に耐えて、統一教会の信仰を捨てる事がなかったので、今では家庭を持ち、子供にも恵まれて幸せに暮らしております。(注11)

 私に対して統一教会からの脱会を強要した黒鳥牧師の他、4人の牧師と両親、また私を脱会させるために、戸塚教会からわざわざ山梨県まで出向き、拉致監禁を教唆し実行に手を貸した人に対し今でも許せない気持ちが残っています。
 なお、私が監禁されたときの部屋の見取り図を添付しておきます。

以上相違ありません。
                 1995年3月13日  
  

 
これを読者はどう思われるだろうか? ここには、はっきりと、村上密が統一教会の信者を強制的に脱会させるために、拉致・監禁の手法を用いることを容認し、実際に拉致・監禁していた信者の情報を、他の牧師らと共有していたこと、また、監禁された信者の説得工作に当たったこと、その工作の度に、信者の家族から、牧師らに多額の金銭が手渡されていた事実などが指摘されている。

しかも、この脱会活動は、信者の家族関係をボロボロにしたことも記されている。信者の親は仕事もままならなくなり、自殺寸前になるまで追い詰められ、家族は憎み合うがごとくに暴力を振るうようになり、家族関係は心のトラウマのために永久に失われる寸前まで行った。

そして、村上らがこのような暴力的手段を用いてまで脱会させようと説得した信者は、その痛手の分だけ、余計にキリスト教に不信感を抱き、結局、統一教会に戻って行ったのである。そして、統一教会に戻って結婚し、こんな恐ろしい脱会運動に帰依しなかったから、現在の幸福が手に入ったのだ、と語っている。

こんな脱会運動に一体、何の意味があろうか。いかに村上の活動が当初から悪質で暴力的な人権侵害を伴うものであり、カルトに入信した信者に対する徹底的な侮蔑に基づくものであったかをよく示す記述である。

現在、村上密の活動を批判する当ブログに対して、村上の支持者・擁護者らによって掲示板で行われている集団リンチは、身体的な拘束や危害を伴うものではないにせよ、以上の暴力的な脱会運動と精神的には非常に酷似しているように筆者は感じられる。

しかも、筆者はいかなるカルト団体にも入信したことのない、村上と同じ教団で幼少期を過ごしたキリスト教徒であるから、村上が筆者に対して説得工作を行う必要はない。

それにも関わらず、筆者が当ブログで村上の活動を批判したというだけで、村上がブログで筆者を非難し、著作者人格権を侵害した記事を発表し、果ては刑事告訴したなどという記事まで投稿し(すでに削除されている)、掲示板でも、筆者は村上の擁護者から、これほどひどい権利侵害に遭わされねばならないのであるから、いかにこの牧師の活動が、根本から歪んでおり、キリスト教徒に対しても、侮蔑的な、非聖書的なものであるかという事実がよく分かるだろう。

つまり、村上の活動は、もはやカルトに入信したことを理由に、信者を抑圧するものではなく、村上に盾突いたことを理由に、信者を抑圧するものとなっているのであり、彼らが権利侵害を繰り返す対象も、もはやカルトに入信した信者に限定されておらず、キリスト教徒を含めた、あらゆる宗教の信者にまで押し広げられているのである。

ちなみに、筆者は村上の活動がこのように暴走して行くであろうことを2009年からずっと予告して来た。

このような運動は、筆者から見て、まさにキリスト教の名折れでしかない。他宗教の信者らから、このような暴力的な活動に手を染める輩が、キリスト教徒の代表であるかのように見られることは、まさに我々キリスト教徒にとっても、恥としか言いようがない。

そして、今や村上の弾圧の対象は、我々キリスト教にまで――他でもなく筆者に――及んでいるわけであるから、これはもはや反カルト運動と呼ぶにすら値せず、キリスト教徒に対する真に悪質な迫害に転じているとしか言いようがない。

村上の正体を知らないまま、彼のマインドコントロールによって脱会させられた信者たちの中には、今も村上を神格化するがごとくに妄信している人たちの一群がいる。掲示板では、そのような信者らが、村上の手先のような役割を担って、今日も村上に不都合なキリスト者を集団でバッシングして葬り去る役目を果たしているのである。

もはやこうなると、「カルトと闘う」という大義名分もどこへやら、村上の活動は、あらゆる宗教に対するのべつまくなしの攻撃へ転じつつあると言って良い。そして、そうなったのも、この運動が初めから、キリスト教の皮を被っているだけの、聖書に立脚しない、御言葉に基づかない、悪魔的な運動だったからなのである。
 
* * *
 

 

   <続く>

さて、キリストとの合一というテーマがいかに重要なものであるかを示すために、オースチンスパークスの論説を改めて引用しておく。

キリストとの合一」第二章 彼の地位――御父の愛によって(7)

 この合一は役職的なものではありませんし、法的・形式的なものでもありません。それは愛情によります。ここで支配的なのは強制ではありません。強制しても愛は決して止まることはなく、常に進み続けて究極的可能性に至ります。

 キリストとの合一はこのような性格のものです。なぜなら、それは神の愛の中心だからです。もちろん、あなたはこれらすべてに関して静かな黙想を大いにしなければなりませんし、私たちがキリストに関して述べていることをすべてクリスチャン生活と関係づけなければなりません。

 「彼が愛する御子の王国の中に移して下さいました」(コロ一・一三)。この側面――「彼の愛する御子」――だけでも驚くほど素晴らしいですし豊かです。キリストとの合一は私たちをこの立場に、この領域の中にもたらします。

 ああ、まるで神の愛は彼が見い出される善の程度や悪の程度によって等級が分かれているかのように、この愛を等級付けして考えないようにしましょう。あなたや私に対する彼の愛は、彼が御子に対して抱いておられる愛です。これがその啓示です。キリストに結ばれることは、御父の愛する御子として彼が持っておられる御父との関係の完全な寸法の中に包まれることです。「まさに神として彼が持っておられる御父との関係の完全な寸法の中に」と私は述べていません。人として、御子イエス・キリストとしての彼について述べているのです。


   さて、牧師を介さずにキリストとの霊的合一に達するというテーマは、暗闇の勢力にとって、よほど致命的なウィークポイントのようである。

 なぜなら、この話題になると、とりわけ激しく入念な誹謗中傷が当ブログに向けられて来るからだ。かえってそのことにより、このテーマが神と悪魔との両方から見て、極めて見逃せない重要性を帯びた喫急の課題となっていることが分かる。

 しかし、それも当然である。なぜなら、神の眼差しは、キリストとエクレシアとの結婚、小羊の婚礼にこそ、注がれているからだ。だから、神の御思いの中心にあるテーマが、暗闇の勢力にとって衝撃とならないはずがない。

 ちなみに、当ブログに誹謗中傷を繰り返している人々(犯罪行為のため捜査中)の様子を見れば、どんなにキリスト教のことを知らない世間の人々でも、教会に所属している信者が、教団教派に属さない信者を、これほどまでに徹底的に攻撃・中傷している様子を見て、プロテスタントがいかに危機的状況に陥っているかを察知し、絶対にこのような人々が集まっている教会になど足を向けたくないと考えるようになるものと思う。

 この人々は、当ブログの内容に同意できないならば、読まずに放置していれば良いだけなのであるが、同じ教会に属している訳でもなく、顔を合わせたこともない人間の執筆するこのブログに対して、これほど執拗に権利侵害を繰り返さざるを得ないのは、彼らがどうしても、キリスト教信者を、牧師や司祭といった目に見える宗教指導者に隷従させて自由を与えず、そこから出ようとする人間に徹底的な妨害を加えずにはおかないカルトと化しているためである。
 
 筆者は訴訟を通して、今日のプロテスンタントの諸教会が、いかにカルト被害者救済活動の側から多数の訴訟をしかけられて、制圧され、陥落されて行ったかという過程に詳しく触れた。もはや公然と抵抗しているのは、当ブログだけとなりつつあることも述べた。その後、実際に、プロテスタントは恫喝されて完全に陥落されたも同然の陥っている。

 しかし、こうして当ブログが最後まで信仰の証しを持ち続けている以上、カルト被害者救済活動という反キリスト的勢力が、どのような方法を用いて、プロテスタントの諸教会や信者を恫喝し、彼らの証しを地上から取り去り、自らの支配下に置いて制圧して来たかという証拠は、公然と記録として残され、白日の下に晒されることになる。

 掲示板においても、当ブログに関する中傷を広めているのは、間違いなく、この勢力である。彼らはまさに黙示録に登場する「獣」の霊に導かれた人々であると言えよう。彼らは、本質的に人殺しである。今までにも、多くの人々を助けると見せかけながら、精神的殺人を繰り返し、死へ追いやって来たのであろうが、何とかして当ブログに対しても、信仰の証しを取り去るきっかけ掴みたいと欲望と執念を燃やし、執拗な言いがかりを繰り返しているのである。

 だが、神は竜に追いかけられた女を荒野へ逃がされたように、汚れた霊の持ち主どもによる迫害から、筆者を助け出されるであろう。

 さて、キリスト教以外の宗教にも、巫女などを含め、神に仕えることだけを職業とする人々が存在する。また、昔の仏教では、多くの僧侶に妻帯が禁じられていた。もちろん、キリスト教でも、昔の宣教師の多くは、神に身を捧げて奉仕に専念して生きるために、あえて伴侶をもうけず、自分の家庭を持たなかった。
 
 ところが、今日、キリスト教の目に見える教団教派では、教会は牧師一家(妻だけでなく子供や孫に至るまで!)を金銭的に支えるための手段と化し、信者らは牧師一家を養うために重い献金を課されてあえいでいる。

 そして、当ブログのような場所で、既存の教団教派に属さず、宗教指導者に頼らず、ただ見えない神にのみ仕えて生きると宣言すると、正体不明の信者らが、そんな考えは絶対に許せない、トラウマの産物だ、精神病だと叫び、憎しみに燃えて、既存の教団教派とその指導者を擁護すべく、引きずりおろそうと押し寄せて来るのである。

 こういう現象が起きているのは、キリスト教の既存の教団教派が、目に見える宗教指導者に信者を縛りつける危険なカルトと化しているためで、これまでは、思想面から、そのことを詳しく論じて来たが、現実に起きている出来事を見れば、それ以上に説得力のある材料はないことであろう。
 
 それはかつて天皇皇后を現人神とみなし、これを拝まない人々を、国民同士で攻撃し合って排除していたのと構図は同じである。庶民はその当時、天皇など見たこともなく、全く関わりのないところで暮らしていたにも関わらず、「天皇は神である」と思い込むことによって、自分自身も「神々の子孫」であると己惚れ、己を誇ることができたのである。

 そこで、天皇崇拝に陥った人々は、高慢になって、天皇を拝まない人を見ると、自分が否定されているかのように怒りを燃やし、密告したり、特高警察に売ったりして、率先して集団的に弾圧・排除した。その直接の動機は、「神国日本」のルーツを否定する者は、神聖なる臣民の一人である「俺様」を否定しているのだから許せない、という、自分が面子を潰され、プライドを否定されたことへの憎しみと怒りであったろう。

 これと同じように、今日のプロテスタントおよびカトリックでは、聖職者(司祭や牧師)が、信者のルーツを神聖に見せかけるための偶像と化している現状がある。かねてより、「牧師先生と呼ばれないと怒り出す牧師がいる」と言って呆れていた人がいたが、今やインターネットが普及して、牧師を拝まない「不届きな信者」は、牧師の下手人である無数の信者たちが、掲示板で匿名で集団リンチして葬り去ってくれる便利な時代となった。牧師はこうして気に入らない信徒を自分の手を汚さずに葬り去れるのだから、何と楽な時代だろうか。

 こういうわけで、宗教指導者という偶像に頼らず、真に聖書を自分で紐解いて理解し、なおかつ、キリストとの真実な霊的な交わりに入れられ、神を知りたいと熱心に願い、そのために、自分の身をフルタイムで捧げ、生涯を投じようとする信者が現れると、サタンにとっては耐えられない脅威となるようで、猛攻撃をせねば居ても立っても居られなくなるようなのだ。

 おそらく、筆者が神学校に行くと宣言しても、誰一人バッシングするものはないであろうが、宗教指導者に頼らずに信仰に生きようと宣言すると、それによって傷つけられる人間など、誰一人いないのに、何の利害関係にもない人々から、考えられないようなバッシングが起きて来るわけなのである。

 それはなぜかと言えば、まず第一に、一人一人の信者が、直接、キリストに連なり、真理を知るようになると、聖職者だけが真理を知って、これを信者に正しく伝えることができるという彼らが築いて来た幻想が崩れてしまうからだ。さらに、この指導者たちが、実は神を知らないのに、知っているかのように偽って、信仰に生きていないのに、篤い信仰を持っているかのように見せかけて来た実態が明らかになってしまう。
 
 もちろん、信者が誰でも直接、御霊に教えられて、神の御言葉を学ぶようになると、当然ながら、聖職者と呼ばれる人々は、献金を払ってくれる信者たちに去られて、失業することも免れられない。何よりも、彼らの権威が否定される。

 だが、指導者たちが失業すること以上に、悪魔にとって脅威なのは、目に見える人間を拝むことは、人類が、霊的割礼を受けたことのない、自分の生まれながらの肉的なパワーを拝んでいるのと同じなのだということを、多くの信者たちが知ってしまうことである。

 今日のプロテスタントのほとんどの教会では、十字架はただ人類の罪の悔い改めのためとしか教えられず、人間の生まれながらの肉の堕落については、語られることもない。肉に対する十字架の死の必要性などまず教えられない。

 数多くの異教では、人類の堕落した生まれながらの肉的な力を、子孫繁栄をもたらす力だと言って、美化し、誉め讃えている。しかし、他方では、この力が、制御できない粗野で荒々しい自己保存・自己拡大の欲望として、終わりなき戦争、殺戮、暴力、虐待に利用され、弱い者たちが踏みにじられて、言い知れない苦悩をこうむっている。

 聖書の神は、人類が堕落した肉的な生まれながらのパワーに生きているままでは、罪と死の法則に支配されているだけで、決して神に受け入れられ、神に喜ばれる聖なる子供たちとはなれないことを知っておられた。

 そこで、神はご自分の選ばれた人々に、堕落した人間の肉なるパワーに対する霊的死の宣告として、割礼を命じられたのである。それは、人類が、己の誇り、頼みとしている力が、汚れた悪しき力であって、彼らがその堕落した生まれながらの力に死んで、神によって上から与えられた清い力によって生かされることにより、神の民とされるためであった。

 主イエスが地上に来られて、十字架にかかられて死なれたことにより、肉に対する霊的死は完成に達した。そこで、もはやキリスト教信者は今日、割礼を受ける必要はないが、その代わりに、絶えず主と共なる十字架の死に自分を同形化し、自分自身の古き肉の情欲を十字架で死に渡す必要がある。その霊的死を帯びた時、初めて十字架の復活の命が、その信者の中に働くのである。

 このように、聖書の原則は、まずは信者が己が肉的な力に対して、霊的死を帯びるところから始まる。男であれ、女であれ、自分の生まれながらのセルフに対して死なねば、復活の命にあずかることはできない。

 しかし、目に見える指導者を立てている教会は、信者に見えないキリストを礼拝しているように見せかけながら、こっそりと目に見えるものを拝ませることで、本質的には、キリストの十字架を否定して、生まれながらの肉的な力、十字架の霊的死を経ていない、滅びゆく目に見える被造物の堕落したパワーを、あたかもそのまま神聖なものであるかのように、誉め讃えさせ、拝ませているのである。

 プロテスタントの諸教会が、カルト被害者救済活動に屈してしまったのは、結局、諸教会の目に見える指導者が、この運動の支持者らと同じように、堕落したアダムの命から来る自己保存願望を究極の目的とし、十字架の死を経由しておらず、霊的割礼を受けておらず、目に見える生来の自己の力により頼んで、神の聖に達しようとしていたからなのである。

 このように、今日、目に見える指導者に信者を依存させ、それに緊縛するプロテスタントの制度(牧師制度、教会籍)は、見えないキリストの支配に悪質に敵対するものとなってしまった。当ブログは十年ほど前からそのことを指摘しているが、この十年間の間に、これらの制度にしがみつく人々の堕落は、あまりにも目に余るものとなっていることが誰の目にも明白である。
 
 だが、新約聖書の原則は、一人一人の信者が直接、キリストに連なり、御霊から教わるというものであるから、信者が宗教指導者に属さないで信仰生活を送ることは、奇妙でないどころか、むしろ、当然である。

 そこで、読者には、カトリックであろうと、プロテスタントであろうと、目に見える指導者のいる教会に、これから先、決して所属しないことを勧める。当ブログに起きていることを、目を開いてよく見てみることだ。そうすれば、当ブログにバッシングを加えている人々が、絶対に敬虔な信仰を持つ主の民ではあり得ないことが分かり、このような人々が占めている目に見える建物の中で、まことの神を礼拝できるなどという考えは消え去るであろう。

 彼らが拝んでいるものは、聖書の神ではなく、むしろ、悪魔であり、彼らの指導者は、先生というより、獣と呼ばれる方がふさわしい。そこで、もちろんのこと、カルト問題を扱っている様々な「専門家」を名乗る宗教指導者にも、悩み相談など、絶対にしないことを勧める。なぜなら、そこであなたが話した内容は、あなたがその団体を去ろうとする時に、当ブログが受けたのと同じような形で、陰湿なバッシングのために徹底利用されるからだ。

 ちょうど派遣会社が外国人技能実習生を劣悪な環境と考えられないほどの低賃金で働かせるために、パスポートをあずかって逃げられないようにするのと同じく、情報は信者を人質にするための手段なのである。

 さて、もう話してしまったという人もいるかも知れない。すでに所属している信者はどうすれば良いのかという問いもあろう。これに対する聖書の答えは、後ろを振り返るな、上着を取りに戻ろうとするな、というものだ。

 もしも、イエスの次の御言葉を、現代にも通じるものとして受け取るならば、「荒らす憎むべき者が聖なる場所に立っている」今、このように汚れた者どもに占領された神殿に、自分の荷物を取りに戻ろうとすることは、百害あって一利ない。

 彼らの元から出て行き、一切の関わりを断つことである。その上で、主だけを仰いで生きることである。

 すなわち、反キリストに属する不法の子らが占領した目に見える礼拝堂になど、いかなる未練も持たず、エジプトに置いて来た宝になど一切目もくれず、一目散に、前へ向かって走ることだ。ひたすら、上にあるものを求め、目に見える都ではなく、天の都を目指して走ることである。

 キリストに受け入れられるための方法は、主と共なる十字架を経て、心に割礼を受け、この世と自分自身と悪魔に対して死んで、らくだが針の穴を通るように、御言葉への信仰以外には何も持たずに、貧しいやもめのように、主の辱めを身に負って、宿所の外に出て、彼のみもとへ行くことである。この世に未練を持てば、待っているのは、ロトの妻の運命だけである。

わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神子に対する信仰によるものです。」(ガラテヤ2:19-20)

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。肉と霊とが対立し合っているので、あなたがたは、自分のしたいと思うことができないのです。

 しかし、霊に導かれているなら、あなたがたは、律法の下にはいません。肉の業は明らかです。それは、姦淫、わいせつ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い、ねたみ、泥酔、酒宴、その他このたぐいのものです。以前言っていおいたように、ここでも前もって言いますが、このようなことを行う者は、神の国を受け継ぐことはできません。

 これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません。キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。わたしたちは、霊の導きに従って生きているなら、霊の導きに従ってまた前進しましょう。うぬぼれて、互いに挑み合ったり、ねたみ合ったりするのはやめましょう。」(ガラテヤ5:16-25)

「しかし、このわたしには、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされているのです。」(ガラテヤ6:14)

「ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。」(ヤコブ4:7)

当ブログでは好んで引用する聖句だが、今週も大きな収穫があったので報告しておきたい。 
 
膠着状態にあった事件が急ピッチで進み始め、新たな組織態勢が組まれた。このブログを開設したばかりの頃のように、非常に清浄な空気が周りにあることを感じる。

この出来事については、事件の関係であまり詳しく書けないが、準備作業が着々と進んでいるので、遠からず、どんでん返しが起きるであろうと言っておきたい。

こうなるまで、かなりの時間と労力を要したが、あきらめずに主張しただけの甲斐はあった。このブログ記事の結論を述べると、悪魔から来た重荷は一刻も早く悪魔に返しなさい、という一言に尽きる。

たとえば、当ブログを中傷する記事を約10年近くもネットに掲載し、その記事の削除と引き換えに、当ブログ記事の削除を求めていたアッセンブリーズ・オブ ・ゴッド教団の村上密牧師が、少し前、裁判を通じて事実上の降伏宣言を出した。 

村上の準備書面には、「裁判では和解が勧められる。まだ勧められてはいないが、一刻も早い紛争解決を望むので、原告に対する2つの記事を削除することにする。」と記されている(準備書面2頁)。
 
村上は、裁判開始当初、当ブログ記事の削除を要求していたが、具体的なURLや権利侵害の事実を挙げることさえせず、それらを立証するよう求められた結果、自らの要求をさっさとあきらめ、和解を目指して自ら問題となる記事を取り下げると宣言したのである。

だが、まさかこれが真に「和解」を目指した主張であるとは誰も理解しないであろうし、そんな和解が評価に値することはなく、実にみっともないことである。

なぜみっともないのか? 自分が主張した事実をきちんと最後まで論証して闘う努力をはらわず、論証できないからと言って、「和解」という綺麗事を理由に、論争から逃げようとすること自体がみっともないのである。

筆者はてっきり、村上は、鳴尾教会に教団を使ってしかけた裁判の時と同じように、最高裁まで争うつもりだろうと考えていたので、記事の取り下げは意外かつ拍子抜けであった。しかも、かつてはかなり有名だった牧師が、弁護士も雇わず、人を馬鹿にした二枚程度の準備書面で、自分の主張をあっさり撤回したのである(準備書面は真実、2枚しかない)。教団を大いに利用できる時には、弁護士もつけるが、自分個人の争いでは、極力費用と労力を惜しみたいという思惑が透けて見える。信徒相手だから、ろくに答弁もしなくても良いと思っているのかも知れない。しかも、自分の書いた記事が虚偽であることさえ認めず、それにも関わらず、記事を取り下げるという自己矛盾ぶりである。

このことから、村上牧師の人間性を読者は十分に観察することができるであろう。当ブログでは、信仰に基づいて主張したことは、命をかけて証明せねばならないということを繰り返し書いて来た。殉教者たちは死に至るまで「キリストの復活の証人」だったのである。

ところが、村上牧師のような人々は、自分のブログでは大風呂敷を広げて、次々と「怪しい」とみなした牧師や信徒を非難断罪するものの、いざ裁判で、自らのブログ記事の証拠を求められると、あっさりと記事の撤回に応じる。何という情けない、無責任ではた迷惑かつ一貫性のない行動だろうかと思わずにいられない。
 
すぐに諦めるくらいなら、初めから正義感ぶって、他者をカルト扱いしたり、無責任呼ばわりするような嘘を記事に書いたりして、挑発行為に出なければよかったのである。 裁判においても、当ブログの記事の削除など、初めから要求しなければよかったのである。費用の計算もせずに家を建てかけて途中でやめれば、笑い者になるだけだという聖書のことば通り、できもしないことは初めから要求すべきではないのだ。そのことがこの人々にはどうしても分からないようだ。

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団には、この手の人騒がせな信者らが、数えきれないほどに存在していることは、幾度も繰り返し述べて来た通りである。筆者はこれは「霊的な」現象であると考えており、彼らが「聖霊のバプテスマ」と称して受けた「霊」が、この人々にこのような無責任かつ奔放な行動をさせているのだと理解している。

彼らは根拠もない事柄を「神から示された」と主張して、多くの人を巻き込んで人騒がせな事件を起こすが、いざ自らの主張の具体的な根拠を求められ、公の場で論証するよう要求されると、何の証拠も提示できずに、そそくさと主張を撤回して逃げて行き、自分の引き起こした事件の後始末をすべて他人に押しつけるという体たらくである。

筆者は同教団の中にこのような性質の信徒がいることは幾度も確かめて来たが、牧師も例外ではない。そもそも公の場においてきちんと論証できないような主張を提示すること自体が間違っているが、彼らにはそれは言っても無駄なことである。

昔は「男に二言はない」などと言われたが、そもそも、人が一旦、信念に基づいて主張したことを、最後まで貫き通す覚悟もなく、途中で撤回すること自体が情けない。何より、そうして主張を簡単に翻すことが、その人間が信念に基づいて行動していないことの証拠である。そうした行動から、彼らのしていることは、正義や真実や信念に基づく行動ではなく、ただうわべだけ自分がヒーローを演じ、誰かを悪者にしては、他人に不快な思いをかけ、膨大な手間暇をかけて自分に抗議をさせて、人生を浪費させることだけが目的の迷惑行為でしかないと分かる。
 
だが、それでも、牧師にも関わらず、信徒と全面的に争い、最高裁まで我を押し通すよりは幾分かマシであろう。そんなことをすれば、全キリスト教界の笑い者でしかない。牧師が信徒と最高裁まで争う、そんな教会には、まず人は来ない。KFCのように、牧師が信徒を公然とブログで非難断罪・呪い・中傷するような教会も、人々は願い下げである。

村上の他に、最後まで全面的に筆者と争いたいという人間がいる(唐沢治もその一人である)が、そういうことをすれば、牧師としてのその人間の信用は粉微塵に砕け散るだけである。唐沢治は未だにニッポンキリスト教界を敵視し、日々、呪詛のような非難の言葉を浴びせ、さらに自分の集会を去った信徒を公然とブログ記事で断罪し続け、筆者に対しても全面的に争う姿勢を見せているが、そのような行為に及ぶ宗教指導者に将来はないであろう。

さらに、唐沢治が本年になって杉本徳久といまだに交わしていた一連のメールを、杉本が裁判に提出して来るというコントのような滑稽さである。互いに裏切り合って協力もできないのになぜメールなど交わし続けているのであろうか。いつまで経っても、和解を目指ささず、自分に盾突いた人間を半永久的に許さずに恨みに思い、公に根拠のない非難断罪を続けるという点で、二人は実によく似ていると感じられる。こんな牧師を擁護する弁護士がいることにも呆れる。しかも、弁護士を使ってまで、かつては「ヴィオロンさんのために」などとさかんに筆者の名前を勝手に引き合いに出しては、自分が大見栄を切って助言者や擁護者を演じようとした信徒と争う。その陰で、その信徒を苦しめた加害者と内通して文通を重ねる。そして、唐沢は自分は筆者と「牧師と信徒の関係ではなかった」と主張しているのだから、笑い話のごとく呆れた話である。

こうした行動から、読者は唐沢治という人物の不実な人間性をもよくよく理解できるはずである。こういう牧師のいる集会に通えば、どういう将来が待ち受けているか予想できないのは、よほどの愚か者だけである。この集会に通った信徒が、その後、どんなトラブルに巻き込まれても、こういう牧師は、「私はそもそもあなたの牧師などにはなっていませんから、私には何の責任もありません」と後から言ってくるのは間違いない。その上、牧師のブログで公開処刑のごとく糾弾され、その牧師は別な人物に信徒の実名を書き送り、晒させるであろう。このような牧師は、まさに狼がやって来れば、群れを放棄して逃げる、聖書に登場する悪い牧者のたとえの典型例と言える。

読者のみなさん、牧師ななどという職業を安易に信用することは決してお勧めできませんよ。自分を正義漢や、優しい助言者に見せかける人間の内実を強く疑い、彼らを試してみることをお勧めします。大抵は、その本質はこういう人々から成るものだからです。
 
村上牧師は、あるいは、これ以上この事件を深く掘り下げると、もっとヤバい問題が噴出してくると危惧して、争いを早期終結させようとしているのかも知れない。杉本には公に言って良いことと悪いことの区別がつかないらしく、関係者を裏切るような証拠を次々と裁判に提出している。村上に筆者に関する問い合わせを行ったことを自ら答弁書において証言しているのも杉本である。杉本のその証言がなければ、そもそも村上が裁判に呼ばれる事態とはなっていない。

従って、この先、杉本がどれほど自己正当化のために不用意な発言を重ねるかは注目されるところであり、また、村上のブログで被害を受けたのも、筆者のような無名信徒の一人や二人ではないため、本件が長引けば、そうした人々が公に被害者として名乗り出て来る可能性は実に高いと見られる。
 
鳴尾教会を含め、当ブログなどよりもはるかに深刻な被害を受けた人々や団体が存在する。今回の裁判でも協力を仰いでいるが、彼らには勇気を捨てないでもらいたい。最後まで主張することの重要性を決して見逃さないでもらいたい。神にあって潔白とされ、無実とされ、誰からも罪に定められない贖いを得たことのはかりしれない意味を今一度、公然と主張してもらいたい。そして、正義は人間でなく神にあることを証明してもらいたいと願っている。 

ところで、読者にはさらなる注意事項がある。

それは、村上密についての記事を書くと、早速、掲示板等で騒ぎ立て、話題を逸らそうとする「さわやか読者」らが現れることだ。村上密の場合、他の人々に比べて、話題がかく乱されるスピードが圧倒的に速いため、他の人々との影響力の違いを感じさせる。

こうしたコメント投稿者らは、当ブログだけではなく、村上に敵対する人間に対して、ことごとく「狂気」「馬鹿」「人騒がせ」などの粗野な言葉で悪人のレッテルを貼り、しきりに誹謗中傷を繰り広げることで、話題を逸らし、この牧師を擁護する部隊の役目を果たしているのである。
 
こうしたコメント投稿者らは、何者なのか素性の全く分からない人間たちである。 一体、これらの人々が、まさか京都七條基督教会の信徒であるために村上を擁護しているとは思えず、信仰については一言もないため、おそらくクリスチャンでもないと見られる。

しかし、彼らは明らかに村上牧師を擁護する目的で団結しており、この牧師についてのコメントを隅から隅まで監視し、批判的な言動があると、一斉に匿批判者を名掲示板で中傷するなどして、話題をそらす役目を担っている。

そこで、彼らが誰の支持やリクエストに従って、こうしたコメントの投稿を日夜行っているのか、読者はよくよく考えてみられたい。特に、村上密が統一教会の出身であった事実を重視されたい。

村上牧師がこれまで常に杉本徳久のように、自分の教団や教会とは一切、無関係な人間のブログ記事を、自分のブログで引用しながら、自分の主張の裏づけとして来たことを思い出されたい。

なぜこの牧師は、自分の主張を展開するに当たり、自分の教会の信徒でもなければ、教団関係者でもない人間の主張を援用するのであろうか? どうしてカルト監視機構は最初から、キリスト教とは関係のない人間が、キリスト教界を監視することを想定していたのか? この事実をよくよく考えてみられたい。

村上はこのように、初めからキリスト教界に、キリスト教界に属さない部外者の手でメスを入れることを提案していたのであり、その部外者の中には、天理教の関係者なども含まれていたのであるから、それならば、統一教会の関係者だけは、カルト監視機構のメンバーになってはいけないという理由もあるまい。

実に恐ろしいことであるが、このように、村上の提唱するカルト監視機構は、最初から信仰を持たない人々によって教会の内情を監視することを目的としていたのであり、その意味で、カルトを取り締まると言いながらも、まさにカルトと内通し、「カルトによって教会を監視する」という逆転現象が起きる危険を最初から内包した機関だったと言えるのである。
 
従って、こうした事実を通して、現在、掲示板で匿名で、村上に敵対するクリスチャンへの誹謗中傷をしきりに繰り広げているコメント投稿者の雇い主(指導者)が誰であるのか、所属団体は何であるのか、彼らがそもそもどこから来たのかという事実をよく考えてみられたい。
 
もしも村上の主張が正しければ、裁判で全面的に自分の正義を主張し続けて、敵対勢力を敗訴に追い込めば良いだけであり、表向きの「和解」という美辞麗句を名目にして、自らの要求の取り下げを行う必要など全くないのである。

それにも関わらず、裁判では自らの主張を提示できなかった牧師が、掲示板等ではヒーローとなり、その牧師に「たてついた」信徒らが、依然、「悪者」とされて、根も葉もない誹謗中傷が拡大されて騒ぎが繰り広げられる。

こうした現象が繰り返されているのであり、繰り返されているという事実自体が、それが偶然ではなく、計画的に行われていることをよく物語っている。組織されたコメントであり、運動だということである。
 
公平かつ中立的な読者は、こうした現象を通して、当ブログに対する敵対がどの方面から来ているのか、村上密牧師を批判した牧師や信徒らが、これまでどのような目に遭わされて来たかをよくよく観察して、事の本質を見極められたい。

そして、村上牧師を含め、カルト被害者救済活動を推進したり、あるいは、ニッポンキリスト教界をしきりに挑発・敵対して来た唐沢治のような牧師が、本当にクリスチャンと言えるのかどうか、彼らは一体、何者であるのかについても、よくよく考察されたい。
  
さらに、信仰もなく掲示板で騒ぎを拡大している連中こそ、真に「匿名に隠れて」無責任な挑発行為を繰り返している人々であるから、最も警察の捜査対象となるにふさわしいと当ブログはみなしている。実に2015年から、当ブログでは2chの書き込みも十分に刑事告訴の対象となりうることを警察から知らされていることは、すでに書いた通りである。そして、告訴状を提出できる場所も、警察だけではないことを読者は知っているだろうか。彼らに対する警告は十分である。

さらには、掲示板では、パソコンを通じて敵対する勢力を監視していることをほのめかす読者まで現れる始末であるが、カルト監視機構の設立を願っていた村上密のような人々が、自分たちに挑戦して来るカルト勢力が、自分たちのパソコンをハッキングしようとしたとまでブログで主張していることを思い出されたい。

だが、一体、カルト被害者救済活動に関わる人々は、どのような経緯で自分たちのパソコンがハッキングされた事実を知り得たのか?という疑問が生じるのは当然である。そのような事実を察知したというだけで、この人々が普通の暮らしを送っていないであろうことは容易に推測される。なぜなら、セミプロ的な知識を持って、常時、そのような危険が自分にあることを理解して見張って、犯人を特定できなければ、そのような事実が分かるはずもないからである。

その意味で、彼らは、自分たちも同じ手口を使って常時、敵対勢力を監視していればこそ、敵の手法が分かったのではないかと推測される。

このように、カルトも闇であるが、カルト被害者救済活動も、同じほど深い闇なのである。どちらの陣営も、まさに暗闇におけるスパイ合戦でしかない。これまで、カルト被害者救済活動を支持する人々が、どれほど非合法な手段を駆使しては、自分たちへの批判をしきりに闇に葬ろうとして来たか、それは彼らの用いた手法、また彼らの取り巻きや支持者となった人々の言葉から十分に伺える。

この人々はクリスチャンでは断じてない。そして、キリスト教界を破壊することを目論むこの勢力がどこから送り込まれて来たのかについては、読者はよくよく考察と注意が必要である。彼らの目的が、聖書に基づく正しい信仰の破壊にあるということを決して忘れないでもらいたい。

   
とはいえ、掲示板等に書き込まれている証拠のない文章は、何年も残るものではなく、すべて束の間に消えて行くものでしかない。すでに昔に書かれたものの多くが板ごと削除されている。

他方、白日の下に残るのは、公の場所に提出された文書と、そこで下された判決文である。そして、筆者は、カルト被害者救済活動は、ただ自分たちの批判者を誹謗中傷しているのではなく、神が御子キリストを通して私たち人間にお与え下さった贖いそのものに敵対しているのだと2009年以来主張している。

私たちが主張しているのは、神の贖いの完全性であって、自分自身の義ではない。また、読者に自分自身を見させることが目的でもない(我が身可愛さ、自己主張が目的であれば、どうしてこれほどまでの手間暇と大いなる犠牲を払ってまでわざわざ主張するだろうか。無駄なことである)。

当ブログではただ、私たちを贖われたキリストの十字架における犠牲の完全さを主張し、贖われた人間を再び罪に定めることのできる人間は誰もいないということを示しているのである。
 
従って、聖書に予告された通り、この贖いに敵対する人間は、ヴィオロン何某に敵対しているのではなく、神の贖いを否定しているわけであるから、自ら救いを退けているのであり、罪に定められるのは当然である。

以上のような出来事は、やはり不当な圧迫に毅然と立ち向かえばこそ、得られる収穫である。

多くの人々は、著名人や、自分より強い力を持った権力者に対して、波風を立てることは、無益であり、害をこうむるだけだと考えている。彼らの頭の中では、法を犯すことが悪なのではなく、「権力者に立ち向かうこと、世間に波風立てることが悪」なのである。

しかし、筆者の言い分は、これとは全く別である。不当な主張に対して、立ち向かわなければ、何一つ成果はない。立ち向かわないことは、不当な主張が真実であると認めることに等しい。その悪しき効果は、すでに幾度も述べた通りであり、最初はどんなにいわれのない中傷や非難の言葉であっても、それを退けずに認めるならば、その「呪い」が現実になって行くのである。

また、不当な主張に反論しないということは、自分の権利を知らないこと、それを自ら放棄することを意味する。自らの権利を侵害されても、それを権利侵害と主張しない人間が、正当な権利を手にすることは決してない。

だが、自分の権利を主張するためには、まず、自分がどういう者なのかを知らなければならない。 
 
私たちの立脚点はあくまで天のキリストである。キリストの完全性が、私たちの霊的現実であり、また最終ゴールなのである。そこで、私たちの諸権利は、地上の法的根拠によっても付与されていることは確かだが、何よりも、天におられるキリストから発するものなのである。

キリストが持っておられる義が、私たちの義なのであり、彼の持っておられる聖が、私たちの聖なのであり、彼の贖いが、私たちの贖いとなったのである。これが、私たちクリスチャンにとっての本当の「人権」が生じる発端である。

つまり、この世の法的根拠は、アダムに属する古き人の人権を規定しているが、私たちはキリストから生まれた「新しい人」として、アダムにはるかにまさる人権を持っていることを知るべきなのであり、私たちの人権意識はすべてここを発端として始まるのである。
 
この他、山と書かねばならない事実があるが、それはこれからの記事に回すことにしたい。そこでは、虚偽や、他人の悪意や、中傷だけでなく、金銭面でも、仕事の上でも、人間関係でも、私たちは全ての圧迫に立ち向かわねばならないことを示すつもりである。そのためには、攻めの姿勢が極めて肝心だということを書きたい。

ただその前に一言だけ、もう一度、言っておきたい、サタンは、人に不当な重荷を課す達人だが、その重荷はサタン自身にお返しできるのだと。その法則を学びさえすれば、不当な圧迫に立ち向かうことは難しいことではないと。

長年、当ブログにいわれなく敵対・挑戦して来た人々は、村上牧師のように、自己の名声のためだけでも良いから、早期に主張を撤回して和解しないなら、彼らの名誉はいずれ打ち破られて粉々になるだろう。特に、宗教指導者でありながら、信徒と徹底的に争うようなことをすれば、その指導者の名声は終わりである。

さらに、物事には順序があるが、匿名掲示板だから対象外ということは決してない。というよりも、実名により、もしくは、自分自身でブログやホームページを開設して、きちんと文責の所在を明らかにした上で、公に論争している人々に比べ、このように真に「匿名に隠れて」、一切、責任を取ろうとしない形で、騒ぎを拡大している人々の方が、より罪が重く、責任も重いのは当然である。彼らが誰であり、誰の指示に従って動いているのか、といった事実も、時と共にはっきりするであろう。

筆者は、横浜にやって来た目的はここにあると考えている。つまり、試金石としての役目を果たすことにある。世間に媚び、地的な思いに心を占領されている人々と仲良くすることが目的では初めからないのだ。そして、暗闇の中で、ひそひそ声でささやかれただけのような会話が、今、公にされている事実を見ても、神はやはり闇の中に隠れていた真実を明らかにされる方だと思わずにいられない。

私たちは信仰のともしびを内に持つ者として、闇を照らす光である。私たちクリスチャンが存在することによって、世はその暗闇の中に隠れていた事柄を明るみに出されるのである。カルト監視機構を闇を暴くのではない。神の教会とクリスチャンこそ、高い山の上から下界にある町々をことごとく照らし出す大きなともしびなのである。
 
そこで、筆者はすべての心あるクリスチャンに向かって言いたい、最後まで目を上げて、この戦いをしっかり見なさいと。そして、不当な重荷を勇敢に押し返しなさいと言いたい。勇敢に重荷を払いのけて、早くそれを負うべき人間に押し返しなさい!と。

かつて、日本軍は敗戦に敗戦を重ねている時でさえ、自分たちは「勝っている」と嘘を発表して来たが、悪魔のやり方は今日も同じである。敵は最後まで「負けてはいない」と見栄を張るであろう。そして、正しい人を罪に定め、殺そうとするであろう。しかし、当ブログを嘲笑している人々が、恥をこうむって終わることは、聖書によれば、初めから確定済みの事実である。なぜなら、神を避けどころとする人間が恥をこうむることは決してないからである。
 
おそらく、当ブログがカルト被害者救済活動に対して勝つか負けるか、虎視眈々と結果に注目している人々が、世間にはかなりの人数、存在しており、情勢次第では、早速、カルト被害者救済活動に恨みを晴らすために襲いかかろうとしている人々も、たくさんいるものと考えられる。なぜなら、この活動はあまりにも多くの人々に敵対して来たためである。すでに戦いの決着はつき始めている。

筆者はクリスチャンであるから、カルトを擁護しようとは全く思わない。しかし、筆者はキリスト教を絶対的なものとして、人々に押しつけるつもりは毛頭なく、これを信じない人々を排斥するつもりもない。

筆者が擁護しているのは、内心の自由であり、信教の自由である。

クリスチャンであっても、人々は間違うことがある。そして、神はアダムが誤って罪を犯してしまうことを想定した上で、それでも、アダムに自由意志を授けられた。神が人間を創造される時、自分に逆らわないように脅したり、強制力によって意志を奪うということはなさらなかったのである。

それは今日も同じであって、神は、私たちが自らの判断で、物事の真偽を確かめ、正しい道を選び取っていくことを願っておられる。人は一時的に誤った教えをそれと知らずに信じてしまうこともあるかも知れない。だが、だからと言って、これらの人々が、その誤った思想のゆえに、危険人物のごとく排斥・殲滅されるようなことはあってはならない。公正な論争は行われなければならないが、それはあくまで法的に許された範囲内で行われるべきである。誤った思想を持つ人間を排斥することが目的になれば、それは初めから間違った運動である。

(しかしながら、一つのパラドックスとして、当ブログの根絶を願った人々が、自らブログを根絶され、当ブログ主の社会的抹殺を願った人々が、自ら社会的に抹殺されるということは大いに起きうるであろう。それはただ彼らが他人を呪い、他人の不幸を願い、他人に対して宣告した呪詛の言葉が、自分自身に跳ね返っているだけのことである。)
  
人は病原菌に感染して免疫抵抗力を育み、耐性を身に着けて強くなる。その意味で、病原菌そのものは有害であっても、人はその危険性に触れてそれを理解・体得したことによって、結果的に耐性を身に着け、進歩することがある。異端や誤った教えもこれに似ている。それ自体は極めて有害なのだが、それが存在していることによって、初めて、人々は、これを見わけ、退け、抵抗していく術を学び、自分の弱点をも知って、これを防衛する方法を学び、より賢明になり、進歩するのである。

その意味で、カルトそのものは誤っており、あるべきでないとはいえ、人の人生は複雑であって、これに触れたことによって初めて学べる教訓が存在する。その意味で、人の内心の自由は、誤った思想を信じないことよりも、より高度な利益であり、優先されるべきものである。

それにも関わらず、カルトが危険だというだけの理由で、カルトとカルトに「感染」した人々を根こそぎ危険人物扱いし、断罪し、無理やり棄教させ、考えを改めさせ、徹底的に謝罪させて恥をかかせ、誤りを認めさせなければ気が済まないといった時代遅れな方法では、物事は何も解決できない。まして強制力を用いて彼らを思想改造(洗脳)し、脱会工作を行い、内心の自由を侵してキリスト教徒に仕立て上げるといった方法では、カルトの問題を解決することは決してできない。

神がサタンを最終的に滅ぼされるまではまだ時間が残されている。その時間は、私たちが触れてはならないものが何であるか自ら識別することを学習し、誤った思想に対する耐性を身に着けるための時間なのである。従って、誤った教えを根絶して完全な無菌室を作ることは、地上では不可能事であるだけでなく、それによっては、私たちの進歩はない。

しかしながら、同時に、話を戻せば、恐怖、不安、脅かし、嘘といった圧迫は、何よりも、それをもたらした悪魔自身にお返しし、悪魔にこそ、恐怖を増し加えることができるのである。

だから、不当な圧迫は、どこから来たのか、原因を特定した上で、悪魔にお返ししなさい。恥は悪魔に、栄光は神に返しなさい。私たちは、キリストと共に天の栄光に満ちた御国を相続する者なのだから、主に信頼する者が恥をこうむることがないというのは、真実である。だとすれば、当然、恥は、それを負うべきしかるべき存在が、キリスト者とは別に、存在しているはずである。

久々に裁判に関する進捗報告を一つ。

カルト被害者を名乗る人々はよくよく見ておいて欲しい。 もしもキリスト教会であなたが何かの事件に遭遇したとして、受けた被害の相談をあなたは誰かに行いたいと考える。むろん、それを禁じる法はなく、誰かに話せば胸の内がすっきりすると思うのも当然だろう。

だが、そこで誰を相手に相談すべきかは、よくよく考えて検討することをお勧めする。特に、宗教トラブル相談センターに赴くことが妥当かどうかは、よくよく熟慮することをお勧めする。

なぜなら、相談と引き換えに、あなたは個人情報を収集され、その後、もしも相談した相手に何かの不審や疑問を感じても、いざ批判の言葉を口にすれば、たちまちネット上ですさまじい制裁を加えられるだけかも知れないからだ。

あなたは相談内容をことごとく公表されて、個人情報を暴かれ、人生の道を踏み誤り、カルト宗教の洗脳を受けた信者と呼ばれ、プライバシー権を侵害された上、そうした事件の解決を目的に、相手を調停や訴訟の場に呼び出し、公に議論しようとしても、その相手は、決して裁判所からの呼び出しに応じて速やかに出頭しようともせず、色々な理屈をつけては、逃げ回るだけかも知れないからである。

あなたは教会で遭遇したごくごく些細なトラブルをきっかけに、それとは比べものにもならないほどの巨大な重荷を背負い込まされることになるかも知れないからだ。

以下は、アッセンリーズ・オブ・ゴッド教団京都七條基督教会、宗教トラブル相談センターの村上密牧師が、当ブログ執筆者を原告として提起された訴訟の第一回口頭弁論期日について、「バングラデシュへの出張」を理由に、事件の京都の裁判所への移送を申し立て、それが裁判所により却下された通知である。

かつて被告A(杉本徳久)は、自らのブログで、被告が申し立てさえすれば、事件を被告の住所の管轄裁判所に移送できるかのように主張していたが、そのような主張が虚偽でしかないことが、この決定によっても証明された。

原告が知っている限り、一般に、原告の住所地の所轄裁判所で提起された損害賠償請求事件に、被告の希望に基づいて、移送の申立が認められるための条件は、かなり厳しい。被告が、仮に次回、別な理由を持ち出して移送を希望したとしても、同じように却下となる可能性は極めて高い。

それにしても、自分が正義の味方のように、カルトをやっつける側に回る時には、意気揚々と法廷闘争を呼びかけ、他の牧師を法廷に引きずり出すことをいとわない人間が、いざ自分が被告として法廷に呼び出されると、何かと理由をつけては出頭をしぶるというのは、感心できる態度ではない。

公に名を名乗り、TVにも出演しながら、全国をカルト被害者への支援のために飛び回っていることをアピールしている牧師ならば、誰からどんな訴えがなされたとしても、正々堂々とそれを受けて立ち、持論を展開して公の場で反駁すれば良いだけであり、自分にとって不利な訴えにも、根気強く、透明性のある形で、公に反論している姿が、信頼を呼ぶのである。それをしようとしないのは、自分にとって不都合なことには向き合うつもりがなく、そもそもやましい思いがあるから出頭したくないのだろう、などと憶測されても仕方がない。
 
しかも、海外出張という一過性の出来事を理由に、移送の申立が認められる見込みがほとんどないのは、誰にでも事前に予想できることである。そこで、この移送の申立は、自分が出頭を拒むための口実であるだけでなく、事件の解決を何とかして先延ばしにし、自分に不利な判決を先送りするための苦肉の策だと思われても仕方がないだろう。

それにしても、海外宣教師でもない牧師が、この時期にわざわざ出張というのは・・・。一般信徒から提起された訴訟に向き合うことが、そんなにも怖くて、バングラデシュまで逃亡せねばならないのか、という憶測を呼ぶのも仕方がない。

断っておけば、第一回目の口頭弁論には、被告は出頭しないこともできる。しかし、出頭しなければ、自分の口から主張を説明できないので、誤解が生じ、不利な判決が下される恐れが増し加わるだけだ。そして、二回目以降の期日には、出頭しないことはできない。

審理が長引けば長引くほど、被告として呼び出される回数が増え、答弁する苦労や、交通費が増し加わるだけのことである。それくらいなら、一度ですっきりとカタをつけるために、全力で準備した方が、よほど重荷が減るだろうに。
 
さて、被告らの答弁書が提出されたので、原告も準備書面を作成したが、村上密の答弁書は2頁、杉本徳久の答弁書は6頁と、相も変わらず、真面目に答弁しようという意気込みが全く感じられない。

原告が提起した訴状は約200頁。それに対し、この分量の反駁では、訴状の冒頭部分にさえ反駁したことにならず、自分の主張の正当性を広く世に訴えて、自分の権利を守るつもりが初めから全くない、とみなされても仕方がないことであろう。

具体的な根拠も伴わない一方的な「言いっぱなし」のスタイルが認められるのは、ネット上だけのことである。それ以外の文書では、すべての主張に具体的かつ客観性のある論拠を示すことなしには、どんな主張も正当と認められることはない。
 
神に対しても、人に対しても、原則は同じだが、自分がどのような権利を持っているのか、きちんと根拠を示して、他者に訴え、公然と自らの願いを正当なものであると主張することをしないのに、その人の言い分が認められることは、決してない。

主張しないということは、最初から、自分の権利を放棄し、自分に有利な判決をあきらめているのと同じことである。

被告らの主張には、依然として、いかなる信憑性のある具体的な根拠も示されておらず、仮に二回目、三回目の期日を開いたとしても、そこで新たな証拠等が提出されて、今以上に有意義な議論が行われる見込みがほとんどない様子は誰にでも分かる。

そこで、彼らの答弁書の分量・内容の薄さが、今後の審理の進行に甚大な影響を与えることはほぼ間違いないと予想される。



 


「あなたがたに対して、神が抱いておられる熱い思いをわたしも抱いています。なぜなら、わたしはあなたがたを純潔な処女として一人の夫と婚約させた、つまりキリストに献げたからです。

ただ、エバが蛇の悪だくみで欺かれたように、あなたがたの思いが汚されて、キリストに対する真心と純潔とからそれてしまうのではないかと心配しています。 なぜなら、あなたがたは、だれかがやって来てわたしたちが宣べ伝えてのとは異なったイエスを宣べ伝えても、あるいは、自分たちが受けたことのない違った霊や、受け入れたことのない違った福音を受けることになっても、よく我慢しているからです。」(Ⅱコリント11:2-4)

ウィルソンは、霊的にはただ一人の夫であるキリストと結ばれた花嫁であるはずだったのが、いつの間にか、別な存在と「結婚」させられ、いつの間にか、「違った霊」を受けてその導きのもとに歩み始めていた。そのことをまず真っ先に察知して懸念したのは彼の妻であった。
 
 

ある時は結婚記念日を祝う際、私は妻に武術の用事が
あるから明日にしようと言ったこともあった。
他にも色々と家族行事を武術のために後回しにした。



ある週末の日、妻と私が喋っていた時、
妻は昨夜見た夢について話し始めた。
私は夢に意味など無いと信じていたが、
妻は夢についてとても悩んでいた。

「エリック、これは主から来たものだと思う」



「あなたの学校の上級ランクの人たちが、
手をつないで輪になって立っていたのを見たの」
「その外側には彼らの家族が周りに立っていた。」

内側の輪がどんどん縮まるごとに、
家族はどんどん輪の外へと追いやられていた

妻が夢の話をしたあと、
彼女がその夢にとても悩まされているのを見た。


ウィルソンの妻は、正夢を見たのであり、そこでは、上級ランクの者たちが結ばれている「輪」は、家族との絆よりも強く、家族の絆を排除してしまうような残酷な「輪」だった。これはちょうど「皇国」のために命を捧げると誓い、家族を捨てて死へ赴いた三島由紀夫と盾の会のメンバーを思い出させる。

三島の盾の会と同じように、武士道に命を捧げることを誓ったウィルソンら武術学校の生徒らは、自分自身の生涯をその「道」に捧げるという、誓いによって結び合わされており、その「輪」は家族の絆よりも強い、死による絆だったのである。

 
(映画”MISHIMA"から)
 
先に述べたように、「道」とは永遠の循環を示す「輪」なのである。『龍の正体』の最後においても、この「道」が「輪(和)」であり、日輪(太陽神)であることが明かされている。
 
私たちはこのような「輪(和)」で結ばれているのは、武士道に生きることを誓った一部の人々だけだと考えているかも知れない。そういうものは、極端な宗教カルトのようなもので、今日の我々とは関係がないと。しかし、本当に、そうだろうか。私たちはこれを一部の人々だけの極端な生き様と笑うことができるだろうか? 

たとえば、戦後の日本の企業社会においても、企業戦士と呼ばれたサラリーマンたちは、妻子を置き去りにして、この「輪(和)」の闘いの中に生きる男社会を作ったのではなかったろうか? あるいは、受験のための競争社会となり、いじめによる多数の自殺者を出している学校教育も、子供たちを家庭から引き離して、この「輪(和)」に引き入れるものではないだろうか? 非正規雇用が拡大し、完全なヒエラルキーに基づく固定化された身分社会のようになっている現在の雇用情勢も、残酷な排除の「輪(和)」ではないだろうか? 

こうして、この残酷に人間を犠牲にし、死へ追いやる「輪(和)」は、今日も目には見えない武士道として、多くの日本の集団を貫く過酷な競争と排除の原理となり、人々から平穏な家庭生活から奪い去り、闘いの中で討ち死にさせている。
 
だが、ウィルソンは妻の忠告も退け、さらなる暗闇に足を踏み入れて行くことになる。

私は憤りを感じた。
今思えば、それが何を主にして仕えるかの分かれ目だった。
彼女が私を人生で一番大切に思っている
武術から引き離そうとしているように感じた。
それですごく怒りに満たされた。
彼女は理解していないと思った。

そして私はますます特訓に励んだ。
若い頃の夢の間に
何物をも立ちはだからせないと思ったからだ。

しかし理解していなかったのは
私の方だった。
それは私の自分本位の欲望を
妻と私の間に置いたからだった。

命を与える聖書の言葉は
今日、私たち一人一人に語りかけている。

「わが子よ、あなたの心をわたしに与え、
あなたの目をわたしの道に注げ。」(箴言23:26)

「夫たる者よ。キリストが教会を愛して
そのためにご自身をささげられたように
妻を愛しなさい。」(エペソ5:23)

すべての男性に立ち向かう闘いは
妻と子を自分よりも愛することだ。
苛立ちと反抗で私は
呼んでおられる神から心を遠ざけた。
服従することが勝利と自由へ導くということに気づかずに。」

 
ウィルソンは自分を縛り、幸福から遠ざけて行く偽りの契約の重さを認識していなかった。その「道」は、彼が幼少期に味わったトラウマを無意識に再現する道であり、妻子を捨て、子供にも取り返しのつかない悲劇を味わわせる道であった。
 
 


  

「願っていた夜がついに来た。
闘い相手と私はカンフーの弟子の資格を貰うことになった。
プライベートな儀式で上級ランク者しか
参加できなかった。
武術の訓練をし、教えたりしながら
17年も経ったあと
少し先に黒帯をとったライバルと共に
第五の夜明けのランクが与えられることになった。

私はその時のことを鮮明に覚えている。
師匠が我々二人と共に
弟子の資格式に入って来た。
二人とも同じ日に儀式を行った。
我々二人はこの30年間で初めての
第五の夜明けのランク受領者となった。

儀式の時、師匠が長い杖を持って入ってきた。
杖には馬の毛のようなものがあって、彫刻が刻まれていた。

儀式が終わり、皆がいなくなったあと、
私たちは師匠にそれについて尋ねてみた。
その杖は何処から来たのですか?
今まで何年もこの学校にいて
一度もそのようなものを見たことが無かった。
「この杖は誰かが弟子の資格を取った時のためだけに出すものだ」

後でわかったことは、それはシャーマンの杖だった。
師匠は主を愛していて、キリスト教だと
告白していたが、光と闇とを混ぜていた。

儀式から一週間たったころ、個人授業を
闘った仲間と一緒に受けていた時
忘れられない言葉を師匠が言った。
あなたが今学んでいることは
百年前だと魔術師とみなされていた事柄だ


ウィルソンが「結婚」(重婚)させられた相手が、どういう霊なのかが次第に分かって来た。儀式の度に、新たな異教のシンボルが登場する。師匠が持っていたのは、魔術師の杖であった。師匠はキリスト教徒を装っていたが、裏の顔があり、キリストへの信仰と、異教への信仰と、混ぜ合わせた霊を持っていたのである。
 
 



それからの二年半の特訓は想像以上のものであった。
平均台や梅花は柱の上で騎馬立ちしながら名何時間も毎日瞑想して
「気」と呼ばれる神秘的な力を引き出す訓練をしていた。
瞑想と深呼吸とイメージトレーニングをしながら、
体の温度を変えたり
精神力で環境や戦う相手に影響を及ぼしたりすることを学んだ。

訓練を進めるために、やむをえず私は神の言葉の
はっきりした啓示から妥協していった。
不従順の道を進むにつれ、心は頑なになり、
父なる神の愛する声が聞こえにくくなっていった。

神の言葉が取り去られると、私の人生の基礎が崩れ始めた。
家族と家庭が嵐によって吹き飛ばされていった。
私と神との絆と妻との契約とが壊れていった。

弟子の資格をとったあと、結婚生活が危うくなり始めていた。
そして私は誰にも相談できない悩みと格闘していた。

結婚を維持させ妻子を守るという
使命感と反対方向に私を向かわせる武術。
いまだかつてなかった難問だった。

ウィルソンの武術の特訓が、もはや体を鍛えるためのものではなくなりつつあった。彼は体の温度を変えたり、精神力で環境や対戦相手に影響を及ぼすなど、人体の通常の限界を超えた訓練を行い、自分の体を変容させ、超自然的な力を発揮する術を学んでいたのである。

通常、このようなことは、霊によって行われることであり、キリストの霊は、よみがえりの命であり、すべてを統治する神の非受造の神の命であるから、その命には、物理現象を治め、人の心にも、影響を及ぼす力がある。信者は御霊を受けて、神の言葉に従って生きる時、口では説明できない様々な不思議な現象が、祈りや信仰を通して起きて来ることを知っている。信者はそれを神が祈りに応えて下さったのだと思う。むろん、そうである。だが、同時に、それは信者の内に住んでいるキリストの御霊の働きでもある。御霊は万物を支配されるキリストの霊であるから、そこには統治という原則が存在するのである。

だが、邪悪な悪霊も、御霊の働きを模倣し、肉の力で「永遠の命」の働きを再現しようとする。

内丹術が人体を「気」によって変容させ、最終的には人を「道」と一体化させて、不老不死(永遠)に到達することを目的としていたことを思い出したい。ウィルソンの行っていた訓練はそのような人体の変容の始まりであった。

ウィルソンの家庭生活はこの頃から明らかに破綻し始める。
 

武術で学んできた技術や思想は
罪と闘って自由を得る助けにはならなかった。
武術では、なんであっても適度にとれば害はないと教わった。
絶対的な原則、白黒など無かった。
すべては真ん中の灰色。

神の言葉で明白に「人は二人の主人に
仕えることはできない」と書いてある。

しかし私はこの16年間それをしようとしていた。
家族と一緒に毎週教会に通ったが、
心は神のことと家庭のことから遠ざかっていた。
私は武術と肉の欲を妻との間に置いた。
そして神と妻との契約との間にも。

これはたぶん人生の中で一番激しい戦いだった。
長年武術を学び、古コンタクトで闘ったりして、
自分ではどんな困難にも立ち向かえる自信があった。
でも気づけば師匠の教えも
鍛えてきたものもこの困難には役に立たなかった。

「わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく
もろもろもの支配と、権威と、やみの世の主権者
また天上にいる悪の霊に対する闘いである。」(エペソ6:12)

教会の中や家庭の中だけに闘いは限らず、
自分自身の中にも激しい戦いが起こる。
向かい合っていた敵は心の中に潜んでいた。

そして自分の欲望や肉欲から自由になる方法が
わからなかった。その声から逃れることも。

その声とは我々が長年聞き従ってきたものであり、
テレビ、映画、音楽や雑誌などを通じて
今日も語りかけている。
そして私にとっては師匠や武術を通しても語ってきた。

「わたしたちの戦いの武器は、肉のものではなく、
神のためには要塞をも破壊するほどの力あるものである。
わたしたちはさまざまな議論を破り、神の知恵に逆らって
立てられたあらゆる障害物を打ちこわし、すべての思いを
とりこにしてキリストに服従させる。」(第二コリント10:4-5)

しかし主なるキリストがただで与えようとしている
勝利に身を任せる者はなんと少ないことだろう。
真のクリスチャン…本当に主の弟子になることは
ただキリストを信じるだけでは足りない。
週に一回教会へ行って、朝に少し聖句を読んで
慌てて世の中に出かける以上のものだ。

主 エホバ ヤーヴェはあなたの人生の
7割を要求しているのではない。
生まれ変わるということは
すべてを捧げるということだ。
人生のすべてだ。

武術界では、キリストを見上げる代わりに、
自分の内面を見つめることを教わった。
神の聖なる御言葉の啓示より
自分の気持ちに従うことが第一だった。
そして闘いがあった。

600年前に天で起こった闘いは今もなお続いている。
目には見えないが、すべての男女、
子供のうちに激しい闘いが存在する。
日々、暗闇の中や内なる敵と
闘っている人たちが我々のまわりにいる。
常に命のパンと水に飢え渇いている魂がいる。

彼らは本当にキリストの言葉を信じ、その救いの業や
愛を知っている弟子を見てみたいと望んでいる。

私は一番主を必要としている時に
はっきりとした識別力が必要な時
私は聖霊の指示に対し盲と聾になっていた。

結婚生活の問題を解決したかったが、
聖書を読んでも昔のように理解することができなかった。
私の中で光が闇となり、悪が善に見えた。
それは聖書では「霊によって霊のことを解釈するのである」
(第一コリント2:13)と書かれているからである。

武術や師匠やメディアを通した龍の声に
長年耳を傾けていた為か、
天の父の御言葉が分からなくなった。

「なぜなら、肉の思いは神に敵するからである。
すなわち、それは神の律法に従わず、
否、従い得ないのである。」(ローマ8:7)

 
 
ウィルソンは言う、「武術界では、キリストを見上げる代わりに、自分の内面を見つめることを教わった。」グノーシス主義は、神と人とが本来的に同一であるとみなして、神を探求すると言いながら、人に「本来的な自己を取り戻す」という口実で、自分自身を見つめさせる。神を仰がず、自分自身を見させるのである。

パウロはローマ人への手紙の第8章で、人間の内側では、肉の思いと霊の思いとの激しい葛藤があり、肉の思いは神に敵対し、神に従い得ないと書いている。しかし、人間の堕落を認めないグノーシス主義は、肉と霊とを区別しない。そして、堕落した肉を本来的に神と同一の「神聖な要素」の一部とみなすのである。そのため、グノーシス主義とは、「肉の復権」の思想なのだと言える。また、これに基づいて生まれるすべての思想も、人間の邪悪さを聖とみなし、光を闇とし、善を悪とし、すべての物事をさかさまに、あべこべに見るのである。

仏教では、仏(悟りを得た者)に備わる四つの知恵とされるものの一つに、大円鏡智(だいえんきょうち)というものがある。これは万物を鏡に映すようにしてそありのままの姿を真理として把握するという意味である。

だが、 鏡に映すと、すべてのものがさかまさに見えるのは言うまでもない。ここで言う「鏡」とは、聖書の神の側から見た真理ではなく、堕落した被造物が造り出した認識の世界、人間の側から見た事物の有様であり、大円鏡智なるものは、グノーシス主義の「鏡」と同じで、人間の認識が神の認識に取って代わって、普遍の真理、リアリティとなってしまっているのである。

それは「本体」がなくなり、「影」に過ぎない「映像」が自分は本物だと主張している世界であるため、それゆえ、そこで言われる「真理」はすべてがさかさまで、転倒してひっくり返っているのである。創造主の側に真理があるのではなく、被造物の認識の中に真理があるとみなすと、必ず、すべてが裏返しになった偽りの「真理」が出来上がってしまうのである。これが、グノーシス主義の「鏡」が作り出すさかさまの世界観である。

六ヶ月くらい自分の中で闘い悩んでいた。
でもそれは武術の教え通りに闘ったのである。
自分の強い意志と特訓で治めようとした。

しかしどんなに強くても、キリストの力無しでは、
人間はとうていサタンや悪天使たちに打勝つことができない。
何も解決しないことに苛立つあまり、龍の声に耳を傾け、
自己の自由を選び、とうとう離婚届を出した。

家庭が壊れた経過は言葉では言い表せない。
多くの人は、神の言葉を聞くよりも、
自分の肉の声に聞き従うと。
どれだけその選択で取り返し難い影響を
永遠に受けるか気づいていない。

「心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。 だれがこれを、よく知ることができようか。」(エレミヤ17:9)
 



田舎の家から引越しトラックで出て行った日を
今でもはっきりと覚えている。

それは家に帰る最後の日で
残りの家具をとりに行くところだった。
砂利を敷いたドライブウェーに駐車する時、
私は妻と小さい息子が玄関で天に向かって
助けを祈り泣き叫んでいたのに気づかなかった。

そしてトラックで出て行く時
六歳の娘が後ろから走ってきて
「パパ、パパ、待って!行かないで!」
と泣き叫んでいたことにも気づかなかった。

何年かしてから私の去ったことが、
どれだけ妻子につらい思いをさせたかを知らされた。
 

 
ウィルソンが肉に従って歩むに連れて、彼の内側で、愛が冷え、無慈悲さ、頑なさ、冷酷さ、自己中心性など、強情で冷たい性格が育って行った。体を変容させる試みは、彼の心までも変容させた。ただし、それは彼が願っていたような変容ではなく、「神のように」なることとは裏腹に、事実は、悪魔の姿に近づいて行った。

ウィルソンが子供たちを無慈悲に捨てた行動の中には、無意識のうちに、彼自身が父に捨てられたという心の傷が影響していただろう。「気」を汲み出す訓練が、激しい苦痛の連続であったように、悪霊は、人間の加害者意識や被害者意識を通じて働く。加害者意識と被害者意識は表裏一体であり、被害者意識を抱えたままの人間は、いつ加害者に転ずるか分からない暴力性を秘めている。肉にある生き方は、憎しみと怨念と暴力の道で、永遠に終わらない心の傷の連鎖を生み出すだけである。
 
 

  

妻のサラは信仰の闘いをし始めた。
彼女は主が約束の言葉を守らないはずはないと固く信じていた。

彼女は毎日神の約束を繰り返し音読した。
「神が合わせたものを人は離してはならない」
(マルコ10:9)

「なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して
救われるからである。聖書は、『すべて彼を信じる者は
失望に終わることがない』と言っている。」
(ローマ10:10-11)

妻が聖書朗読、断食や祈りをしていた時に、
私は自分が若い時から夢に見た
武術の深い闇に自らのめり込んで行った。

神が自分の良心に語り掛ける声をずっと打ち消そうとしたが、
良心の声と神の声の問いかけが続き、罪の呵責に苦しんだ。



妻が子供たちを私のアパートに連れてくる時、
妻がとても痩せ細っているのに、
目が喜びに満ちていたのを覚えている。
それがなぜか私には理解できなかった。
私が一生懸命になって得ようとしていたものを
妻は既に持っていた。

しかしどんなに走っても、
どんなに娯楽で気を紛らわせようとしても、
一人で夜ベッドに横たわる時、深い沈黙に包まれた。

「どうか、あなたはわたしの戒めに聞き従うように。
そうすれば、あなたの平安は川のように、あなたの義は
海の波のようになり」(イザヤ48:18)

「あなたのおきてを愛する者には大いなる平安があり、
何ものも彼らをつまずかすことはできません。」
(詩編119:165)


それでも、ウィルソンの探求は終わらず、彼は新たな師匠と出会う。そして、その師匠との出会いが、武術に隠された悪魔的な起源を知らされるきっかけとなった。(写真は前の師匠。陰陽道のシンボルや、武士道などの言葉が道着に記されている。)
 



もっと深い知識と力を学びたいと思い、
中国の内家拳の太極拳、八卦拳や気功などに励んでみた。
ある週末、親しい友達が熟練した武術者が
来るからとトレーニング講座に誘ってくれた。
そこは私の住んでいるところから数時間離れた町にあった。

私はこの武術者に会いに行くのがとても楽しみだった。
なぜなら彼は名声ランクも高かった。
なにより彼は内なる力「気」を実演したり
教えたりすることのできる人だった。
彼は第十の夜明けとして認められていて、
二つの拳法のカンフーと中国の気功を教える資格を持っていた。
気功の目的とは、武術と医学のために、
「気」の力を育てるためのものだ。

講座での訓練が終わったあと、
その師匠が来て数人かの生徒たちと話した。
そして黒帯とその従える生徒たちに
訓練についての指示を与えたのち
彼らはその指示通りに行うために去って行った。

師匠と二人きりになった時、彼は私を個人的に名指した。
私は彼と初めて会うのだが、彼はこの出会いは偶然ではないと言う。
ある中国のことわざで「弟子が準備が出来た時に、師は現れる。』

その日から、私はこの師匠の元で訓練する機会を徹底的に探した。
彼には、私を教える知識があるばかりでなく、
第五の夜明けの上の生徒の進行を見守る権威があったからである。
長年彼と付き合った中で一番記憶に残るものがある。

ある夜、激しい訓練が終わった後、
師匠は「気」を獲得する方法についてのなざを語り始めた。
しかし期待していたのとは違って、
中国の勇士や賢人について語るのではなく、
現代の音楽家ジミ・ヘンドリックスや
エリック・クラフトンなどの才能について語り始めた。



カンフーで使うエネルギーを
有名な音楽家が欲望に満ちたロックミュージックに
注いでいたエネルギーと比べていた。

その時彼が教えてくれたのは
初心者は「気」は「内なる力」と教わり、
中級レベルでは「気」は「息」と教わり、
上級レベルでは「気」を「霊」と教わる。

そしてこの霊的なエネルギーが何千という違う形で現れる。
それは武術者にとっては速度と力い使われ、
ホリスティック治療家は
患者を癒す振動エネルギーとして用い
会社重役や指導者は部下を
巧みに制御し影響することに用い、
役者は観客を虜にさせるような演技をするため、
音楽家はパフォーマンスに活気をつけさせ、
聴衆の感情や心を意のままに動かすために、
霊的なエネルギーは使われる。

 
新しい師匠に出会って、初めてウィルソンはそれまでは「内なる力」や「息」のようなものだと教えらえていた「気」の正体が「霊」であることを明かされる。「気」は「霊」から引き出されるエネルギーなのである。

その霊的なパワーが一種の見えない「波動」となって、音楽の演奏や、気功による治療や、企業活動などの場面で、人間関係に影響を及ぼし、自分の望む効果を相手から引き出すために利用されているのである。

だが、一体、それは何の「霊」から引き出されるエネルギーなのか? ウィルソンは師匠の自宅を訪問した際に、その秘密を知ることになる。
 

数年間この師匠の下で訓練を受け
もし本当にこの人の教えをすべて受け入れるなら
もはや他の主人に仕えることが出来ないと気づいた。

弟子が師匠から離れて別な学校で教師になって
教え始めるというのは珍しいことではない。
私はそうすることにした。

そして忠誠が引き裂かれたと悩む必要がなくなった所で
東洋武術に隠された力を探ろうとし始めた。

その力は見えるものであったが、その力が何処から
来るのかは常にわからないあやふやなままであった。

私はよく師匠の住んで教えている町まで
六時間かけて運転して行った。
ある時、師匠の家を訪問した。
ここで世界中の弟子たちが長年闘って
訓練してきた裏の秘密を知った。



師匠の家に入ると、意外なものを見た。
長年親しんだ少林拳の将軍や伝統的な着物を
着た僧などの絵が貼ってあるのではなく
部屋のすべての壁に飾ってあったのは、
等身大のヒンズー教の神々の壁掛けであった。

 

  
 
自分の頭の中で危険信号が鳴り響いた。
聖句の警告や子供の時教わったもの
今まで押し殺してきたものが、
すべて浮かび上がってきた。

師匠はその日、私に不思議な質問をしてきた。
「もしも、武術がすべて少林拳から始まったのであれば、
なぜこんなにも多く同じ思想で違う表し方が存在するのだろうか?」
私はそれを聞いて驚いたが、しかし興味深いと思った。
この質問の答えは長年探していたものだったが、
どう言葉で表現していいか分からなかったものだった。
危険信号がさらに大きくなった。



師匠の家にはヒンドゥー教の神々の壁掛けが飾られていたが、それによって、武術で見られるあの圧倒的なパワーが、聖書の神ではない、異教の神々すなわち悪魔と悪霊に由来して引き出されるエネルギーであることが徐々に分かって来た。師匠は示唆する、武術は少林拳から始まったのではないと。もっともっと古い起源があると。そして、そのことは、むろん、ただ武術だけに限るのではない。太古からあるものが、武術を含め、あらゆる分野において、様々なバリエーションとなって現れているに過ぎないのだ。

では、その太古からある起源とは何なのか? すべてのバリエーションに共通する型とは何なのか?

何事も徹底的に究明しようとするウィルソンは、ついに自分をそれまで導いてきた武術のパワーの根源がどこにあるかを知ることになる。すなわち、彼がそれまで追って来た「霊」の思想の起源を発見する。
 

その年は2007年であった。
武術では、夢見てきたことを何もかも成し遂げた。
ある夜、八卦掌のクラスを教えていた時のことだった。
八卦掌は太極拳と良く似ていてゆっくりとした正確な動きで
深呼吸や瞑想しながら動きに集中した。
私は生徒たちを円を描くように歩かせながら、
深呼吸や手のしぐさに集中していた。

それをしている間に、生徒の目を見た。
彼らが本当に武術の力を引き出しているか
どうかを確かめるためだった。

すると目を見ていると、生徒全員が催眠状態のような目つきをして
汗でびしょぬれであることに気づいた。
武術の経験のある私は、こんな軽い運動で
汗をかくなど人間的に不可能だと思った。
肉体訓練や柔軟体操などしてなかったはずだ。

その瞬間、私の精神は上に引き上げられて
生徒にフォームを教えている間に、まるで上から見下ろすように、
生徒たちと私が道場の床で作っている形が見えた。
こんなことはかつて経験したことはなかった。
まるでミステリー・サークルみたいだった。
百姓が畑に出るとただの散乱した畑であっても、
上から見下ろして鳥瞰図にしてみれば模様の形が見えてくる。



私が見た形は円で、その中心に点があって
まるで図星のようなものだった。
この形に関して非常に悩んだのは、
同じ形がすべての武術文学、書き物、師匠達の
様々な本などに載ってあるのを見たからだ。

その夜家に帰って自分の本棚をあさってみた。
合気道、日本武術、カンフー、気功、中国武術と
どの本を見ても同じ円の形があった。
そしてその意味もわかった。
それは太陽の神「道」をさすものであった。

生徒たちにどう説明するか迷った。
どうやって百人近くの人に
これまで学校で教えていた武術というものが、
太陽の神の霊を呼び出すものであったと伝えられるのか。


今までにも説明して来たように、「道」(=世界の根源となる混沌)とは、グノーシス主義の「虚無の深淵」や「鏡」、仏教の「空(無)」と本質的に同じ概念であり、日輪すなわち太陽神と一体である。シンボルとしての「道」は、永遠の循環を表す円(輪)である。

それが分かれば、たとえば、禅において、悟りに至る諸段階を、十枚の絵で表してるとされる「十牛図」が、なぜすべて円の中に描かれているのかも分かる。この円は「道」なのである。
 

十牛図

ウィルソンは、それまで人生で最も大切な価値だと信じて来た武術が、反聖書的な悪魔的な教えを起源としていることに気づいた時、その事実から目を背けなかった。彼はただ力が欲しかったのではなく、真実が知りたかったのである。そこで、彼は生徒たちにも、「輪」のシンボルについて調べさせた。すると、「道」(=「輪」=「鏡」=「太陽神)のシンボルは文化の壁を超えて様々なところに見られることが分かる。



そこで次の週、上級クラスに宿題の課題を出した。
家に帰ってこの形の意味を探してくるように
と言ってその円を黒板に描いた。

その次の週、クラスでは深い沈黙があった。
水を打ったような静けさだった。
すべての生徒たちは厳粛な表情をしていた。

私は一人ひとりにクラスの前で何を見つけたか発表させた。
宿題の課題を出す時、どこでその意味を
探しても構わないと前もって伝えてあった。

歴史の本、アステカやマヤ文化、エジプトやローマ、バビロン、
刺青の本やウィッカなど魔術の本からも探していた。







 





  どこで探したにせよ、結論は同じであった。
太陽の神の象徴、中国では「道」や
「陰と陽」などで表されている。
 


(陰と陽 Wikipedia「内丹術」から陰陽道大極図)

そしてある生徒が「これはどういうことですか?」と聞いて来た。
これからどうすればいいのですか?何が変わるのですか?
私は彼らに言った「これからはもう八卦掌を教えない」

しかしまだそれ以外にもありそうだと思い、
夜帰宅してまた本を探り始めた。
太極拳、ヨガ、気功、少林派のものも調べてみた。
調べているうちに想像以上に色々と発見してしまった。


武術の圧倒的なパワーが、反聖書的な、悪魔的な起源を有する悪霊による被造物崇拝から来るものであると分かった以上、もうこのようなものを教えることはできない、とウィルソンは考える。彼はそれが分かったにも関わらず、なお自分をごまかして、武術にすがり続けようとは思わなかった。

だが、武術の思想の誤りが分かると同時に、彼が歩んできた道が、聖書の神に逆らい、悪霊に従う誤った道であり、それによって彼は自分の家族を破滅させてしまったのだという事実がはっきりと見えて来た。幼い頃から親しんできたキリスト教の信仰が、彼の心に呼びかけていた。今、まことの神に立ち戻らなければ、彼の人生も家族の人生も破滅すると。
 

昔、母が不安そうにしていた記憶が蘇った。
そして武術で学んでいた霊的な力で私は家族を
破滅に追いやったのだとはっきりと見えてきた。

主は私を呼んでおられた「子よ、今こそ帰ってきなさい」
彼は私に繋がれていた鎖を解放しようと闘われていた。
そして妻子に変わらない忠誠の約束を示すために。
主は私と私の家族を仲直りさせていたと
同時に私の盲の目を回復させていた。

その週のうちに私は生徒たちに発表をした。
もう内家拳の太極拳や気功も八卦掌も
少林派のカンフーですら教えない。
私は肉体的な武術を霊的な武術から引き離そうとしていた。
しかしこれは非常に難しかった。
六、七カ月挑戦してみたところ、
肉体的特訓を霊的な基のある武術から
引き離すことは不可能であると気づいた。

この発表した時、たぶん生徒の四割は去った。
これは経済的打撃が強かった。
それだけではなく、長年付き添ってくれた
生徒が去っていくのをみるのも精神的に堪えた。
 

ウィルソンはそれでも何とかして武術から悪しき霊的な教えだけを切り離して、肉体的訓練の部分だけは残せないかと試行錯誤してみたが、それは不可能であることが分かった。思想はすべての土台であり、その上に生じる現われの部分だけを、思想と切り離して残すことはできない。だが、肉体的特訓ができないことを表明すると、多くの生徒は去って行った。経済的にも、これ以上、武術を教え続けることはもうできないことが明白であった。

しかし、ウィルソンが儀式を通して結ばれ、長年、心を捧げて来た対象には、ウィルソンが武術の精神と訣別することを決めても、そう簡単にウィルソンを手放すつもりはなかった。武術の精神とは、彼を飲み込もうとし続けて来た死の力である。
 

ある夜、クラスを教え終わったあと帰宅した。
真夜中近かった。
ドアを入ってジムバッグを
玄関近くにおろして台所に歩いて行った。
飲み物を取りに冷蔵庫を開けようとしたその時、
首筋に一気に鳥肌が立った。
なにか得体の知れない大きなものが
後ろに迫っているのを感じた。



それはひどく恐ろしいものだった。
長年武術の特訓をして、怖いものなど
自分にはもうないと思っていたのに、
しかし後ろにいたものは私を恐怖に陥れた。

もうどうしていいかわからなかった。
師匠たちに教わったことや読んで学んだ
知識などが頭の中をよぎった。
ここは闘うべきか? 逃げるべきか?
しかしどれも通用しなかった。
どちらも無意味だった。

何が後ろから見下ろしているのかと
みるのは怖かった。
4メートル近くあるように感じた。
その瞬間だった。
耳の中である名前が聞こえてきた。
「イエス・キリスト」
それを聞いたとたん一筋の希望が見えた。

もしかしたら、こんなに反抗した道を
歩んできた私を救って下さるのでは?
家族や他の人を傷つけてきたのに、私を救ってくださるのか?

使徒行伝2章の21節では
私達に約束が与えられている。
「その時、主の名を呼び求める者は
みな救われるであろう」と。

そんなに簡単なのだろうか?
本当に可能なのだろうか?
本当に私の声を聞き届けてくださるのか?
その時、私はひざまづいて、
上を見上げ、思いっきり叫んだ。
「イエス様、助けてください!
主よ、助けてください!」



どれくらい泣いたかは覚えていない。
頬に涙が伝った。
後ろの気配はまだ消えず、ただひたすら
イエス・キリストの名前を呼んだ。

永遠のように長く感じた時間が過ぎ去ったあと
誰かもうひとり部屋に入ってくる気配がした。
そして入ってきた人は、私の後ろにいた
巨大な悪霊のような人をつかんで、
部屋からぶっ飛ばした。
それは見えなかったが、
でも見えるかのように感じた。

私は涙でぐしょぐしょで、ずっと主に向かって呼んだ。
その時から、主は私の個人的な救い主だと知った。
その時から、主は力強い救い主だと私は知った。

2007年8月、離婚の5年後、南フロリダの静かな浜辺で
妻サラと私は聖なる結婚の契約を結びなおした。


2008年にイザヤ・ミニストリー誕生。
我が家は信仰によって、
「主がどんなに大きなことをしてくださったか。またどんなに
あわれんでくださったか、それを知らせなさい」(マルコ5:19)
というキリストの訓戒に従った。 



むろん、この最後の部分をどう受け止めるかはその人次第であろう。筆者は、ウィルソンを殺そうと迫って来たのは、悪魔的な起源を持つ死の力であったとみなす。それが「道」の正体である。永遠の循環を示す蛇の輪は、人間を死と呪いから決して逃がすまいという悪魔の決意を示している。だが、キリストは死を打ち破った方であり、信じる者をそこから解放する力を持っている。

ウィルソンの中で真理が勝った。徹底的に物事を見極めようとしていた彼の性格、知らされた真理から目を背けなかったことが幸いして、彼は信仰を取り戻したのである。他方、彼の師匠たちのような人々は、武術の起源がキリスト教にないことを知りながら、武術が与えてくれる力、栄誉に魅了されて、これを手放さず、うわべだけはキリスト教徒を演じながら、他の神々に仕え続けたものと思われる。

映画"MISHIMA"や、『龍の正体』は、どちらも東洋的な文化の中からは、決して提起できなかったであろう鋭い問題提起を行ている。

『龍の正体』では、「気」を通して「道」(永遠)との合一を目指す思想が、悪魔的な思想であり、「道」とは死そのものであること、また、「気」を引き出す訓練は、人間のトラウマ、利己主義、敵意、憎悪、怨念、憎しみ、欲望などの肉の思いを通して生まれて来るものであることを見て来た。

東洋思想の「道」とは、死に脅かされる被害者としての人類が、自力で永遠性を身に着けて、死を克服して、神のようになろうと、自分を脅かす者に闘いを挑む道である。だが、武術が敵としているのは、悪魔ではなく、聖書の神である。武術は、人類による単なる自己防御の手段ではなく、人類に死の判決を下した神ご自身に対する、悪魔と暗闇の軍勢による反逆の闘いの一部なのである。

十二神将の像に見られるすまじい形相には、自分に永遠の滅びの判決を下した神に対する悪魔の敵意、憎しみ、憤り、怨念、攻撃性が反映していると言えよう。それゆえ、その「道」を行く者は誰でもやがては悪魔と一体化して、鬼と化すのである。

だが、今や、映画の冒頭の警告にあるように、東洋神秘主義の教えは、キリスト教文化圏にも入り込み、それが欧米を経由して東洋に逆輸入されるようになって来ている。ペンテコステ・カリスマ運動も、東洋神秘主義がキリスト教と混合した上で、それが我が国に逆輸入されて入って来たものである。そのことは、ペンテコステ運動が、武術が誇るのと同じような魔術的な超自然的な力を通して神に近づくことを目指している様子からも分かる。そのペンテコステ運動の只中から、カルト被害者救済活動が生まれて来たことは、偶然ではない。

悪霊は、人間の傷やトラウマを足がかりにして、そこから内に侵入し、怨念や憎しみをパワーに変えて活動する。加害者意識と被害者意識はどちらも、悪霊の働く通路であり、人はこれを神に委ね、癒しを求めて祈る必要がある。

ダビデは祈った。

「神よ、わたしを究め
わたしの心を知ってください。
わたしを試し、悩みを知ってください。
御覧ください
わたしの内に迷いの道があるかどうかを。
どうか、わたしをとこしえの道に導いてください。」(詩編139:23-24)

ここで「迷いの道」と訳されている部分は、別の訳では、「傷ついた道」、「悪しき道」となっている。人が心傷つき、トラウマを心に抱えれば、無意識のうちに、そこから他人にも自分と同じ苦しみを味わわせることで報復を果たそうとする終わりなき罪の連鎖が生まれる。

だが、人は自分で自分の心を見極めることはできない。人の心を深みまで探って下さり、病んだ部分を探し出して、それを癒し、「とこしえの道」へと人を導いて下さる方は、神だけである。そして、その方に従うためには、人は自分を捨てねばならない。自力で武装して、自力で弱さを克服し、自衛することをやめ、弱さのゆえに十字架につけられたキリストと一つとなって、その死に神のよみがえりの命の力が働くことを信じねばならないのである。

さて、武術がどのように悪魔的な起源を持つものであるかを知るために、『龍の正体』の解説に戻ろう。ウィルソンはその後、大学に通いつつ、ビルマ拳法の学校に通うようになり、そこで5年間の月日をかけて黒帯を取り、キックボクシングの大会に出場して勝利をおさめる。その成功体験が、彼の虚栄心とプライドをさらに建て上げることになる。
 

「クリーブランドの町にいた頃、
いくつかの武術学校に通った。
最初に通った武術学校は
一心流空手道だった。
大学に通いつつ、二年半訓練を受けた。
それからある武術のクラスが
YMCAで行われていると耳にした。<略>

そこで習ったのがバンドー空手だった。
ビルマの国から来たものだ。
中国や日本、沖縄の武術の影響が強く
色んなものがごちゃまぜになった武術だった。
フルコンタクトが基本でボクシング
徒手格闘、五形拳もあった。
カンフーと少し違った動物が出てきたが、
似ていたのですぐに慣れた。

五年間の訓練でやっと黒帯が貰えた。

その直後、全国キックボクシング大会に
出場することになった。
こんな大きな大会に出たのは初めてで
ものすごく緊張した。
あんな大勢の前で戦ったことが無かった。
スポットライトが当たり、本当に緊張した。
リングに上がった時、大勢の観客を見渡し、
ラウンドガールが水着姿で番号を持って歩くのを見て
これは現実か?と思った。
とにかくリングの反対側の相手を見た。
そして、彼と目が合った瞬間、周りのすべてが消えた。
もう誰も見えず、何も聞こえず、観客は姿を消し、
ただ目の前にある闘いだけが重要だった。

振り返れば、あの闘いはすごく自分を変えた。
試合後、自分と自分の武術チーム仲間について
書かれた新聞記事が出ていた。
非常に優れた成績を獲得したと書いてあった。
自分の中のプライドがまた少し膨らんだ。


ウィルソンは、ある意味で、パウロがそうだったように、何事も徹底的に追求して熱心に極めようとするタイプだったらしく、一つの成功体験だけで満足することなく、自分にはまだ足りないものがあると感じ、なんと最初に学んでいた武術学校へ戻って、緑帯からやり直そうとする。
 

「ビルマ拳法で黒帯を取ってから
師匠たちは他の生徒たちを指導するよう勧めてきた。
だが何か足りないものを感じていた。
まだ獲得していないものがあったからだ。

すぐに私は最初に通っていた武術学校に戻ることにした。
最初に始めたところで自分の能力を試してみたかった。
だがその選択が暗闇への道に導くことになるとは
少しも気づかなかった。

武術学校史上四人目の黒帯獲得者に
出会ったのはこの頃だった。
その儀式は今まで見たことが無いようなもので
畏敬の念を起こさせるようなものだった。

最初の学校に戻って、緑帯からまたやり直し。
六ヶ月のうちに優等緑帯になり、
一年半後には茶帯になった。
師匠は私が黒帯になって教えるようになりたい
と思っていることを知っていた。

その頃に、優等茶帯が黒帯になる儀式が行われた。
ろうそくが並べられ、かなり本格的なものだった。
茶帯の人が黒帯を受けとるところで
師匠の目が私を見つめていたのを覚えている。
自分もいつかこの日が来る。
この学校で黒帯を取る日が来ると悟った。」



最初に通った武術学校で、ウィルソンは、人体の限界を超えた魔法のような驚異的な技を使うためには、「気」というものを引き出す秘訣を学ばねばならないことを知らされる。彼がはっきりと「暗闇への道」に引き込まれて行くのは、彼が「気」を汲み出す訓練を始めてからのことであった。

すでに述べたように、「気」というものの存在は、科学的には全く立証されていない。これは中国の伝統的な思想に由来する、非科学的な、純粋に東洋的な概念である。

中国の伝統的な思想では、「気」とは天地万物を構成する見えない根源的なエネルギーであるとみなされており、すべての物質に「気」が宿っているため、人が自らの体内にある「気」を汲み出し、養うことで、体の状態を変容させる修行法(=内丹術)が歴史を通じて編み出されて来たのである。

今や「気」という概念は世界中に広まり、欧米諸国においても、ヨガや瞑想、あらゆるトレーニングの宣伝広告に使われており、あたかも人間が簡単に「気」を高めることで体の調子を良好にし、人生を好転できるかのように謳われている。

だが、多くの人々は、そのその源流となる思想が、東洋神秘主義にあることや、「気」を引き出すために通らなければならないとされる激しい苦痛に満ちた修行のことを知らない。

ウィルソンが通っていた武術学校は、キリスト教文化圏の学校であるから、その師匠は、「気」が東洋思想に由来する異教的概念であることは明かさず、それはただ「神が人間に植えつけた内なる力」であると説明していた。

「気」こそ、圧倒的で驚異的な技を生み出すエネルギーの源であることに気づいたウィルソンは、自分もその力が欲しいと願う。だが、「気」を技に適用する方法を学ぶことは、黒帯のような選ばれた者だけに許された訓練であり、その訓練は、閉じた扉の向こうで行われる、武術の奥義の世界を意味していた。
 

「1999年私はこの学校で黒帯を取る五人目となった。
30年間での五人目だった。
14年もの特訓を経ての取得だった。
一番激しい内家拳(太極拳・形意拳・八卦掌など)の特訓は
閉じた扉の奥の上級クラスの中で行われた。

その特訓で私たちが教わった思想に
「気」というものがあった。
今日ではテレビなどで
良く使われる言葉だ。
歯医者の待合室にある健康雑誌にすら載っている。
しかし80年や90年代の頃は、誰にでも
通用する言葉ではなかった。

師匠が私たちに説明した「気」とは
神が人間の中に植えつけたもの、内なる力である。
それを自分の中から引き出して
技と一緒に使う必要があるのだと。
サンドバッグを蹴るにしても、
二百回腕立て伏せするにしても、
その「気」を内側から引き出して
一緒に使わなければいけない。

そしてこれこそ必要不可欠な力であり、
茶帯や上級茶帯や黒帯が成す驚異的な技は
すべてこの力に基づいている。

現代の映画やハリウッドや
ドキュメンタリー番組などで見かける
200キロの氷を一撃で打ち砕く技
鉛筆二本折るような話ではなくて
本格的なすごい力。

こういった技はどうしたらできるのかと
上級緑帯の頃に師匠に聞いたことがある。
こういう訓練は黒帯限定だと返された。
そういう訓練のための準備については教えられるが
「気」を汲み出す方法を学ぶのは
黒帯になってからの話だと言われた。」


 
ウィルソンは緑帯の時に、まずは「気」を汲み出す方法を学ぶ訓練を始めるように言われる。だが、その訓練は痛みの連続だった。生徒同士が、渾身の力で平手打ちを加え合う、板で腹を打つ、といった暴力的な訓練を通じて、激しい痛み苦しみが加えられ、それによって引き出される憎悪、敵意、攻撃性の只中から、「気」が引き出されるというのであった。

 


緑帯の頃、この「気」を出す準備訓練

というものは痛みの特訓だった。
この訓練をする数週間前から師匠は私たちに
これから始めることを少しずつ話した。

まず最初に自分と同等の実力の相手を選び、
そしてお互いに平手で顔を打ちあった。
私が相手を引っ叩いたら、交代で向こうも私を引っ叩いた。
最初は普通に叩くのだが、だんだんと一発ごとに強く叩く。
相手が私を強くたたけば、私はそれ以上にもっと強く叩く。<略>

緑帯たちはお互いに緊張していて
控えめに打ち合っていた。
だが茶帯の方は本格的に平手で叩きあっていた。
サメのようにお互いの攻撃性で刺激を増していた。
顔が終わったら、腕、そして足にうつった。

そのうち約3センチの太さの板を持ち出してきた。
この板は頑丈なオークやヒッコリーの木で出来ていた。
そして体を引き締めて、相手に板で腹の方を打たせる。
そして打たれる際に思いっきり息を吐き出す。

師匠は私たちにこれが内なる力を
引き出す第一歩なのだと説明した。

あの夜あったことは、今となれば
あの頃よりも理解できると思う。
特訓が終わったあと、師匠が私たちにその夜は格闘を禁じた。
いつも特訓が終わった後は、互いに格闘をし、
訓練するのが上級クラスの特徴だった。
数年後、師匠にどうしてかを尋ねてみた。
「あまりにもテンションが上がりすぎてお互いを傷つけてしまう。
あの状態だとお互いに手加減はしないだろう」
彼の言葉は私の頭に残った。」 


 
「気」を引き出す訓練の最中には、生徒たちがあまりにも激しい痛みを互いに加え合い、敵意が高まったために、そのまま格闘に入れば、相手を死に至らせてしまう可能性があることを師匠は理解しており、格闘を禁じた。

一体、これほどまでの憎悪、殺意、攻撃性を通じてでなければ、養えない「気」とは何なのだろうか?
 
そこで、「気」を汲み出すことで、人体を変容することを目指す内丹術が、一体、どのような経緯で生まれたのかを見てみたい。これは調べてみると、老荘思想、神仙思想、禅宗、儒家の思想など、数々の思想を合体して出来た思想・修行法であることが分かる。

特に、注目されるのは、これが神仙思想の流れを汲んでいることである。神仙思想では、不老不死の神仙(仙人)が実在するとみなして、人間は生を養い(養生術)、丹(または金丹)という薬を作り服用する(錬丹術)などの修行を行うことで、神仙となり、不老不死(永遠性)を手に入れられるなどとしていた。

この神仙思想がやがて道教に取り入れられて、煉丹術となり、そこでは金などを液体として服用する「外丹」と、体内で気を養う「内丹」の二つの方法が編み出され、金属などを摂取する方法は人体に有害であったため、次第に廃れて行き、不老不死の素となる要素を体内に求める内丹術の方が後まで残った見られる。とはいえ、外丹術は中国の医薬学の発展を促し、火薬の発明の基礎になるなどしている。

このような経緯を見ると、内丹術が「気」を汲み出し、練ることで何を最終的に目指しているのかが見えて来る。この思想では、万物が生まれる前の「混沌とした状態」を「道」と呼び、この「道」こそが物質世界の真の根源であり、「道」が目に見える物質を生み出す際のエネルギーが見えない「気」だとみなす。

内丹術は、人間も「気」によって生み出され、構成されているため、人がいたずらな「気」の消耗を防ぎ、自らの体内で「気」を集め、これを練り、「内丹」という霊薬を生み出す方法を学べば、損なわれた人間の生命エネルギーが回復されて、生み出された当時の人間の自然なありようが回復され、最終的には「道」との一体化が成し遂げられるとする。

だが、端的に構造だけを見つめれば、この思想に表れているのも、やはり、グノーシス主義と同じ「原初回帰」の願望であり、時間軸を逆にすることで、人間が、創造される前の状態に自力で回帰することで、神と一体化し、永遠の命に到達しようという欲望であることが分かる。

つまり、この思想が目指しているのは、 ただ「気」を集めてこれを「内丹」として再生させることで、人体の生命力を回復しようという単なる健康法のレベルの達成ではなく、それをはるかに超えて、人間が自ら「気」を養う修行を通して「本来の自己」に立ち戻り、「道との合一に至る」ことによって、永遠性を身に着けることなのである。
 

内丹術の修煉とは、本来純粋な気を宿して生まれ、生から死への過程で欲望などで損耗しつつある人体の気を「内丹」として再生させ、気としての自己の身心を生成論的過程の逆行、存在論的根源への復帰のコースにのせ、利己たる存在を超えて本来の自己に立ち戻り、天地と同様の永遠性から、ついには道との合一に至るという実践技法である。(Wikipedia 「内丹術」より)



ここで「道」と呼ばれているものは、「神秘なる母性」「虚無の深淵」「空=無」「永遠の循環(輪)」に置き換えることができよう。そう考えれば、そのままグノーシス主義の思想が成立する。結局のところ、内丹術が目指している究極的な目的は、人間が生まれながらの自己のままで、「神」(道)と合一し、永遠存在となることなのである。

中心概念の「道」は、宇宙と人生の根源的な不滅の真理を指し、道家と儒家で説かれる概念である。『老子』は第一章と第二十五章で、世界の根源である混沌を「道」と呼び、道は天地万物の一切を生みだす霊妙な働きがあるとする。それは「無為自然」で、おのずからそうなるという自然の働きそのものである。第十四章で、道は姿や形はなく目で視ることも聴くこともできないとされる。<略>『荘子』は「知北遊篇」の東郭子で、真実在としての「道」はこの眼前の世界を離れて在るのではなく、万物は道を含み「万物は道のあらわれ」であると説き、道はこの現実世界にこそ在ると示す。「齊物論篇」は、人為による二元的判断を捨て去ってありのままの真実を観れば、人間を含む一切の万物は齊(ひと)しく同じであると「万物齊同」を説き、道は通じて一と為すと「万物の一体」を言う。<略>

『老子』第二十五章は「大なれば曰(ここ)に逝き、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反(かえ)る」と万物の循環を説き、『易経』は万物を陰陽魚太極図に示される、陰陽の消長する運動体であるとする。仙学では、宇宙の万物にはすべて生成があれば必ず死滅の終わりがあり、一切が止むことがない生死消長の変化の過程とされ、虚無だけが唯一永久不変不滅のものである。虚の中に物はなく、質も象もないから天地が崩壊しても虚空だけは生死を超越し、崩壊することがない。虚無は「道」である。
Wikipedia 「内丹術」より)


 このような概念は、まさに神と人とが本来的に同一であるとするサタンの偽りの「道」である。聖書において、イエスはわたしが道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」(ヨハネ14:6)と言われたように、聖書におけるイエス・キリストという「道」は、不可逆的な一方通行の道である。人間は堕落した存在である自己に、キリストへの信仰によって一度限り永遠に死んで、彼のよみがえりの命にあずかり、新たな自己として父なる神のもとへ召されるのであって、このプロセスを逆行する者は、自分を救いから切り離すことになるだけであり、呪われた存在である。

しかし、東洋思想における「道」は、直線的な概念ではなく、曲線を描いて円(輪)となる。東洋思想の「道」、すなわち、世界の根源である混沌には、形はないとされるが、もしそれをあえて象徴として表すならば、永遠の循環としてのウロボロスの輪と同じものになるだろう。なぜなら、創造された当初の状態に人間が自力で回帰することにより、人が「神」(=混沌)と一体化して永遠の存在になれるとする教えは、時間軸を完全に無視してこれを逆行するものであり、永遠の堂々巡りとして、円を描くからである。このように、サタンの「道」は、直線ではなく、原初回帰の無限ループとしての「輪」なのである。

よって、これはグノーシス主義と同じように、物質世界に存在する人間が、キリストへの信仰を持つことなく、本来的に神と同一の性質を持つとみなす反聖書的な悪魔的思想である。世間一般で宣伝されている「気を養うことで健康を回復する」とか、「運気を高める」などということは、いわば、この思想のほんの前半部分に過ぎない。「不老不死に到達する」「神のような永遠の存在になる」という隠れた後半部分こそこの思想の中核である。

ウィルソンは、「気」という概念の背景に、そのような反聖書的で悪魔的な思想が込められているとは気づかずに、訓練に励むが、後になって、彼は「気」を通じて人間を自己を強化する術の完成である「武士道」は、人間の内に憎しみと怨念をかきたて、人が生涯を戦いに投じる戦士となって神に反逆する道であると結論づける。
 

 

「武術では色んな拳法に分かれていて、

ある拳法では内家拳と外家拳というものがある。
外家拳は肉体を鍛えることに集中するが、
内家拳は内なる力「気」を引き出すことに集中する。

そしてすべての武術はその武士道という言葉に基づいている。
武士の道、武士の心、その道を行けば、
武士になる、いわゆる戦士になる。
しかし、エホバ、神の戦士ではなく、肉の戦士である。

「サタンは戦争を喜ぶ。なぜなら戦争は魂の最悪の激情をかきたて
悪と流血に染まった犠牲者たちを永遠に葬り去ってしまうからである。
なぜなら、そうすることによって人々の心を神の日に立つ備えの働きから
そらすことができるからである」
(各時代の大争闘下巻第36章351ページ)」
 
「その時から、武術とは闘いや自己防御だけに限らず、
武道、生き方の一つであると気づき始めた。
武道は武術の道で「道」がつくものは
すべて生き方を示す。合気道、空手道、柔道…。」


  

(映画”MISHIMA"から)



さて、アメリカ軍には、第二次世界大戦とその後の沖縄駐留などを通して、1950年頃から東洋世界の武術が積極的に取り入れられた。その後、60年代から米国にはヨガやヒッピー・ムーブメントを通して、東洋の文化が流行し出す。カンフー映画なども多数、作り出されて茶の間に流され、東洋神秘主義があたかも「文化」の一部のようになって行く。
 

「キリスト教の集まりの中でも、
多くのクリスチャンが質問をする。
自己防御の何が悪い?
国の軍隊はどうなのか?
法律を守らせる役目のある人はどうなのか?
よく質問されるのは「お巡りさんはどうなの?」
もし彼らが格闘の仕方を知らなければ国はどうなる?
軍隊で訓練したり、弱いものを守ることは、
武術で学ぶ事柄と明らかな違いがある。

アメリカの軍隊で武術を取り入れ始めたのは1950年頃である。<略>
1950年頃、第二次世界大戦後、
軍隊は武術を持ち帰ってきた。
多くの軍隊は戦争の頃、沖縄に配置され、
そこで武術というものを知った。
小柄な東洋人が不可能に思える技や
超人的な力と速さを持っているのを彼らは見た。
そこで、その技を持ち帰り、また東洋の師匠たちの
多くがアメリカに上陸してきた。
始めは日本人や沖縄人が柔道や柔術を教えていた。
そのうち60年代に東洋の文化が流行りだし
ヨガやヒッピー運動と繋がっていった。

こういった武術や神秘的思想、哲学が、
私たちの国に持ち込まれている間、
メディアはそれらを取り上げた。
武術に関する映画が出始めたのはその頃だった。<略>
こういうヒーロー達が次々と
私たちの家族や子供たちの脳裏に埋め込まれていった。
伝統的なキリスト教徒でさえ
今までオカルトと思っていたものに対して、
これは肉体的な運動?
我々がまだ発見していない人間の
エネルギーなのか?と思い始めている。
私にとってこれらの映画は魅力的であった。
私たちにも現実にできるものだったからだ。」


  
沖縄の空手道の師匠である船越義珍は、武術は勝ち負けではなく、人間の品性を養い、建て上げるものだと述べたそうだが、その言葉は、米国で武術の宣伝のために大いに利用された。しかし、ウィルソンは、武術が人に学ばせようとしている本当の品性は、表向きに宣伝されているような美しいものとは全く異なると言う。武術がどんな品性にかたどって人を形造ろうとしているのか、それは船越の書物を見れば分かると。
 

「現代の武術の基を据えた者がいた。
その名は船越義珍である。
彼は現代の空手の父と呼ばれている。
彼の引用が読んだ色んな本に書かれてあり、
道場の壁に良く貼ってあったりする。

両親が子供たちを連れて空手を習いに行く時、
船越の言葉が彼らの心を掴むのである。
船越はこのような言葉を語った。
「武術は勝ち負けではない…競争や敵を打ち負かすことではない。
参加者の品性を完全にするものである。」

その引用を見た親たちは思う。
すばらしい!こういうものを子供に与えたい。
品性を極めさせ、やる気を起こしたい。
自制や自信をつけて欲しい。

しかし殆どの親たちが知らず、師匠すらも
見せないのは、船越の本の表紙だ。
表紙の絵を見れば、どういう品性にかたどっていくのかに気づく。

戦う精神。
数年前、私はこの表紙の絵を見て、
これは何処から来たのだろうかと思った。
こんな怒りに満ちた怖い鬼のようなものを
理由なしに表紙にするはずがない。
調べてみるとそれは
十二支の守り神の一人であった。

この絵がパンチや蹴り、闘いなどの
芸術のたしなみを通して見える真の姿であった。
武術とは武の芸術である。
果たしてこういう品性を自分と自分の子供たちに
受け継いでほしいものであろうか?」

 


船越の本の表紙にあるグロテスクな絵は、武術が形造ろうとしている人間の本当の姿をよく物語っている。怒り、憎しみ、怨念に満ちた鬼のような人間の顔。しかも、その姿はもはや人間の姿からもほど遠く、鬼というより、妖怪のようである。

これは調べて行くと、十二神将、十二夜叉大将などと呼ばれ、大乗仏教で悟りを得た仏の一人とされる「薬師如来」を護衛する「神々」であるとされている。しかし、夜叉(悪鬼)という言葉からも分かるように、これはもとはインドの古代宗教で悪鬼とされていた存在が、仏教に取り入れられたものである。

私たちは、多くの寺院で、知らず知らずのうちに次のような恐ろしい形相をした、甲冑をつけた武将の像が飾られているのを至る所で見て来たはずだ。



   
 


左から順に、新薬師十二神将毘羯羅、奈良興福寺十二神将像波夷羅)、新薬師寺十二神将像、(伐折羅)、浄瑠璃寺伝来・十二神将立像『辰神』、大興寺木造十二神将(巳神将)新薬師寺十二神将伐折羅(CG)(写真の掲載元はリンクで示しています。)


 一体、なぜ悪鬼とされていた存在が、仏教に取り込まれて守り神とされたのか。そのいきさつは明らかではないが、そこには、般若の面と同じ原則が働いていると思われてならない。

つまり、般若(悟り)にはもともと二つの面があり、表向きの顔は、すべての戦いが終わり、涅槃の安らぎに到達した平安な顔であり、裏の顔は、怨念と憎しみに満ちた般若の面である。それと同じように、薬師如来という、悟りに達し、現世で人類にあらゆる幸福を願う幸福の象徴のような「仏」と、永遠に戦いを終えることのない悪鬼の武将たちとは、表裏一体なのである。

一般には、薬師如来とは、「約壺を持つ仏」として、医薬を司る「仏」とみなされ、現世において病気や厄災に苦しむ衆生の治癒を祈願し、安楽を与える現世利益の象徴である。薬師如来と、錬丹術との間には、直接的な関連は見いだせないが、薬師如来への「信仰」の根底にも、深い文脈では、人間が不老不死に自力で辿り着こうとした錬丹術と同じ欲望が流れていることは明らかである。
 
薬師如来は十二の祈願を捧げたというが、その内容を見て行くと、まさに人間のすべての欲望を叶えるユートピアである。そこには、男女同権の基礎のようなことまでも含まれているから驚きで、共産主義思想が生まれるよりもはるかに前に、すでに共産主義のような特徴を備えていたのである。
 

  1. 全ての人を仏にする。(=光明普照)
  2. 全ての人を明るく照らし、善行できるようにする。(=随意成弁)
  3. 全ての人が悟りを得るために必要なものを手に入れられるようにする。(=施無尽物)
  4. 全ての人を大乗仏教の教えに導く。(=安立大乗)
  5. 全ての人に戒律を守れるように援ける。(=具戒清浄)
  6. 全ての人の生まれつきの身体上の障害や苦痛、病気を無くす。(=諸根具足)
  7. 全ての人の病を除き窮乏から救う。(=除病安楽)
  8. 女であることによって起こる修行上の不利な点を取り除く。(=転女得仏)
  9. 全ての精神的な苦痛や煩悩から解かれるように援ける。(=安立正見)
  10. 国法による災いなどの災難や苦痛から解放する。(=苦悩解脱)
  11. 全ての人が飢えや渇きに苦しむことがないようにする。(=飽食安楽)
  12. 全ての人に衣服を与え、寒さや困窮から救済する。(=美衣満)

十二の大願の意味(十二の大願とは) から



だが、大乗仏教は、一方ではこのように人間が現世において悟りに達し、すべての苦しみや欠乏から解かれ、自己存在を永遠にまで高められるかのように説きながら、そこへ至るために、人が通らなければならないもう一つの苦しみの道として、十二神将の恐ろしい姿を突きつける。つまり、人類が地上を幸福の楽園に変えて、現世と彼岸とが一体化したユートピアに至るためには、このように憎しみと怨念に満ちた悪鬼たちによる激しい自己防衛の死闘の道を通らねばならず、彼岸の理想は、悪魔の庇護のもとにしか成立しないことを暗示しているのである。
 
さて、ウィルソンは知らず知らずの間に、武術を通して、このような邪悪な東洋的世界観の中に取り込まれて行くことになる。
 

「黒帯(中国ではブラック・サッシュ)
あるいはカンフーの第一夜明けの獲得に近づいていた頃
私は一番最強の競争相手と闘っていた。
彼は私と同じ上級茶帯であった。
上級茶帯から黒帯になるまで二年半掛かった。
私と競争相手は毎週闘った。
彼は私より50キロ重かった。
彼との闘いによって、どんな困難でも
乗り越えるという自信はお互いについた。

ある夕方、師匠が格闘中の私たちの間に入り、
私の目を見つめて、もう良いだろうと言った。
そして私を引き寄せ、五月はどうだ?と日にちを言ってきた。
私はその意味をすぐに悟り、彼は私に微笑んだ。

その日が来た時、妻と子供たちを連れて私は学校まで運転した。
そこには卒業生、上級ランク、茶帯、上級茶帯、緑帯などが
参加するのが長年の伝統だった。

車から降りると師匠、師父は上級ランクの人たちに
私の妻子を学校に案内させた。
そして彼は私を学校の外にある別の部屋へ連れて行き、座らせて
エリック、話したいことがある。今は理解できなくても
いつか理解できるだろう
今から始まることは昇進する儀式
というよりも結婚式に近い
そして彼は部屋から出て、私を一人で考える時間を与えた。



ウィルソンはこの頃はまだ武術とキリスト教の信仰は両立するものだと考えていたため、自分の晴れの昇進の儀式を妻子に祝ってもらおうと、ためらいなく妻や子供たちを学校へ連れて行った。しかし、師匠は、この時からすでに分かっていた、もしも彼が武術の道を究めようとするならば、必ず、途中で妻子を捨てねばならなくなることを。

師匠がウィルソンに黒帯を取る儀式が「結婚式」と同じであると述べたのは、それによって、ウィルソンが新たな存在と「結婚」することを示唆していた。一体、誰との結婚なのか? 師匠を導いているのと同じ霊との結婚である。つまり、キリストに属さない、キリストの霊とは異なる霊的姦淫の霊としての東洋思想の霊との結婚である。その儀式が持つ邪悪な意味を師匠は知っていたが、ウィルソンは理解していなかった。
 

「儀式の準備が出来た一時間後に私は学校に戻ってきた。
歩く道にはろうそくが備えてあった。
先に師匠が歩いて来て、上級ランク、
茶帯、上級茶帯、緑帯と続き、
茶帯がろうそくを持ち歩いて、
それを一人ずつ置いていった。
まるで炎の道を作るように。
私が最後に来て、ろうそくの道を通って行って前に座った。

学校には何百人もの人がいた。
師匠と一緒い前に座ると、
彼は足を組んで私の前に座った。
そして師匠はスピーチを始めた。
私の今までの業績と克服した困難について。

彼が話している間、そばを見ると
きゅうすと二つのろうそくがあった。
彼はお茶を飲む前にそこのろうそくを
指で消しなさいと言った。
そのあとお茶を酌み交わした。
それで同じ器でお茶を飲んだ。
それは象徴的な行動で、
彼の教えは私の教えとなって、彼の命は私の命、
彼の霊は私の霊となって、私と彼は一つになったのである



クリスチャンはこれが「異なる霊との聖餐式」であることを理解できる。キリストへの信仰に立つ者は、霊においてキリストに花嫁として結ばれており、その信仰の中で、地上における自分の配偶者や家族を愛し、仕える。聖餐は、信じる者がキリストの体の一部とされて、彼の血によって清められ、主の死と一体となっていることを証するものである。この体と血潮にあずかっていればこそ、信者は、潮によって罪を清められ、死を超えて、彼のよみがえりの命にあずかり、信者も家族も、あらゆる呪い、災いから遠ざけられて、神の命の中に隠されている。キリストがすでに呪いとなって木にかかって下さったからである。パンとぶどう酒による聖餐式は、信者がキリストの体の一部であることを確認するものである。

「すなわち、主イエスは、引き渡される夜、パンを取り、感謝の祈りを捧げてそれを裂き、「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。また、食事の後で、杯も同じようにして、「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。だから、あなたがたは、このパンを食べこの杯を飲むごとに、主が来られるときまで、主の死を告げ知らせるのです。」(Ⅰコリント11:23-26)
 
 
だが、これとは異なる「別の聖餐式」が存在する。映画"MISHIMA"においても、三島由紀夫と盾の会のメンバーたちが、各自がそれぞれ自分の血を垂らした杯を共に飲み干す場面が登場する。
 

 



血を入れた杯を飲むことは、その血によって、飲んだ者同士が霊的に一つに結ばれる契約を意味する。それゆえ、彼らは肉親や愛する人々を捨てて、団結して最後の決戦としての自決へ赴いたのである。

ウィルソンが出席した儀式は、もう一つの聖餐を意味した。注がれたのはお茶であったが、それは混ぜ合わせた血、混ぜ合わせた霊を象徴していた。炎はおそらく地獄の炎の象徴であろう。キリストの霊ではない、異なる霊との聖餐にあずかれば、人はその霊と一つになる。その時、武術の先人たちにならって、彼も怨念、憎しみ、憤怒によってすべてを焼き尽くす地獄の炎の道に生きることが誓われたのである。ウィルソンは師匠と同じ霊にあずかり、キリストとの結合とは異なる霊との結合の中を歩むことになった。

以下の聖書の御言葉は、ただ単に娼婦との関係を避けるようにという警告ではない。そこには「キリストの霊とは異なる霊と交わることを避けなさい」という警告が含まれている。

「あなたがたは、自分の体がキリストの体の一部だとは知らないのか。キリストの体の一部を娼婦の体の一部としてもよいのか。決してそうではない。娼婦と交わる者はその女と一つの体となる、ということを知らないのですか。「二人は一体となる」と言われています。しかし、主に結びつく者は主と一つの霊となるのです。みだらな行いを避けなさい。

人が犯す罪はすべて体の外にあります。しかし、みだらな行いをする者は、自分の体に対して罪を犯しているのです。知らないのですか、あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。」(Ⅰコリント6:15-20)

ウィルソンが新たに「結婚」した霊は、キリストの霊とは異なる「高慢の霊」であり、ただちにウィルソンに人々に仕えることをやめさせて、彼に地上的な栄光を受けさせ、人前で自分を偉い人間と見せるよう促した。
 



「儀式の後、食事をし、生徒たちやその家族が

大勢集まっていた。
私は人を助けることを教育されていたので、
上級ランクや緑帯と連なって食事の給仕を手伝おうとした。

すると師匠が私の肩を叩いて引き寄せて、
「あなたはもう彼らと同じではない。
給仕を手伝うな。ここに来て座りなさい」

そこで私はテーブルに行き、黒帯の仲間と共に座り、
師匠も私の隣に座った。
「あなたが給仕されるのですよ」と彼は私に言った。
そこで緑帯達が次々に食事を持ってきた。

その時、何かこれはおかしいという
シグナルを神が送っていたような気がする。
これは神の言葉と相反する行動だからである。

マタイの福音書の20章にイエスは言っている。
「そこで、イエスは彼らを
呼び寄せて言われた、
『あなたがたの知っているとおり、
異邦人の支配者たちはその民を治め、
また偉い人たちは、その民の上に
権力をふるっている。
あなたがたの間では
そうであってはならない。
かえって、あなたがたの間で
偉くなりたいと思う者は
仕える人となり、
あなたがたの間でかしらになりたいと
思う者は僕とならねばならない。』」
(マタイ20:25-27)

考えが頭の中を廻った。私が仕える立場なのに
なぜ仕えられているのだろうか?

しかし、その時14年間育ててきたプライドが
仕えられる立場を気に入っていた。
注目を浴びるのも嫌いではなかった。」

  
黒帯を取るための「結婚」の儀式を境に、ウィルソンは武術にのめり込み、特に、魔術のような技を使えるようになるために「気」を引き出す修行に熱中することになる。その過程は、同時に、彼がどんどん家族から引き離されて行く過程でもあった。
 

「儀式の次の週、学校に戻り
いつもの個人授業を受けた。
もっと武術に進みたいと思い、
個人教授をすることにしていた。

その日、師匠は私に鋭い質問を投げかけた。
儀式の後、師匠と私との間の何かが変わった気がした。
今まで上目線だったのに、まるで生徒を師匠から
遠のかせていた壁が外されたみたいだった。
「エリック、黒帯をとった今
これから何をしたいのか?」
「あなたのもっている能力が欲しいです」
14年間師匠を見ていたが彼の成す技は魔法のようだった。
師匠は私にもう少しほかの武術に励むようにと勧めてくれた。<略>

師匠は「気」を引き出す訓練にのみ
集中することだと言った。
そこで私はどんな武術で訓練するにしても
これらの業がどう「気」と関連するか、
どうやってこの武術を使って
超人的な技をこなせるかを考えた。

少林寺の書き物には「師匠と弟子の絆は血よりも強い」
訓練のために週に五、六回通った。
そして安息日に教会に行くのは週に一日、
他の日は武術の特訓に励んでいた。
友人たちと出かける時もいつも武術関係だった
武術がすべての中心になっていた。
武術の中に深く入り込んでいけばいくほど
家族との関係から少しずつ引き離されていった

 

<続く>

さて、ここで少しだけ、映画『龍の正体』の解説を離れたい。ウィルソン青年が武術を身に着け、次第に自信とプライドを増し加え、キリスト教の信仰を離れて行く様子を見ながら、筆者は、カルト被害者救済活動を率いている村上密牧師のブログ内容を思い出さずにいられない。

カルト被害者救済活動が、当初は拉致監禁という方法を用いて、暴力的にカルト宗教から信者を奪還し、密室で説得工作を行い、強制的に彼らの信仰を打ち砕いていたことは、すでに述べた通りである。

最近では、このような方法で信者の心を無理やり入れ替えることはできない相談であることが常識となりつつある。拉致監禁などという暴力を用いた方法に非難が集まり、それが信教の自由、身体の自由の侵害を含む人権侵害であるとして、カルト宗教の側からも訴訟などが起こされているだけではない。

そのような暴力的な方法で人の心を変えようとする説得工作自体に、大きな問題があり、そのような方法で棄教を強制された人は、心に深い傷を負い、場合によっては、強い洗脳を短期間で一挙に解こうとすることで、人格が崩壊する恐れさえあるとされている。

筆者はこれまで、そのようにして強制的に脱会させられ、クリスチャンとなった人たちと幾度か接触したことがあるが、その際、彼らの内心が根本的に変化して、心底からのクリスチャンになったとは思えない何かの違和感を感じ続けて来た。

むろん、そうした脱会者らは、表面的には穏やかで、敬虔そうに見える。彼らは口では、脱会できて良かった、何某先生のおかげでカルトから足を洗うことができて、自分は本当に幸運であった、などと一様に感謝を述べるが、一旦、彼らの心の琴線に触れるような話をすれば、心の内側に隠されていた憤りと憎しみが噴出する。これらの人々は、本当に解決すべき問題と向き合わないまま、表面的な回心を経て、キリスト教に入信させられた上、自分の精神的支柱を打ち砕かれているため、あまりにも傷ついた自己を抱えており、デリケートな話になると、常に感情的な爆発に直面する恐れがある。

だが、カルトでの洗脳が終わったかと思うと、今度はカルト被害者救済活動によって、新たな洗脳を施され、自我をへし折られたまま、いつまで経っても本当の自分を取り戻すことができずに、力の強い指導者の言いなりになって生きねばならないことは、本当に哀れである。

筆者から見て、本当に注目せねばならない問題とは、この人々がカルトに入ったことが間違っていたという事実ではなく、むしろ、なぜ彼らが、カルトに逃避の場を求めずにいられなかったかという理由である。

人は自分に何も悩みがないのに、いきなりカルトに接近したりはしない。青年期にカルト宗教に接近する人たちのほとんどは、そのきっかけとなる何かの悩み苦しみ、人生や世界に対する疑問を抱えており、そうした悩みのきっかけとなるのは、ほとんどが家庭内問題ではないかと筆者は見ている。

人は幼少期から受けた教育の中に、何かしらカルト的な教えに心惹かれるような土壌がなければ、そのような宗教に抵抗感を覚えずに接近して行くことはなかなか少ない。つまり、常日頃から何かしら「カルトと似たような教育」を家庭で施されているために、抵抗感が薄められている場合が少なくないのである。

そこで、こうした人々が最も考えなければならない問題は、一体、自分が何の問題からの逃避を求めてカルトに接近したのか、という具体的な理由である。それは家庭内の問題であったかも知れないし、親の暴力や暴言、抑圧的な態度、あるいは両親の離婚、学校や職場のいじめであったりと、原因は様々であろう。

だが、いずれにせよ、彼らが、一体、自分は何から逃げるためにカルトへ走ったのか、自分の個人的な人生にスポットライトを当てて、その本当の原因に迫ってこれと向き合って問題解決しようとしない限り、ただカルトの教義の誤りだけを認めただけでは、彼らが心の深いところで抱えている問題は何ら解決しないままなのである。

そのような状況だと、彼らはキリスト教に改宗しても、以前から引きずり続けて来た問題をまた新たな宗教の中に持ち込み、さらなる厄介な問題を引き起こし、それに巻き込まれて行くことになるだけなのである。

そこで、カルト被害者救済活動が、なぜこうした人々がカルトへ走らざるを得なかったのかという本当の原因を考えてこれを解こうとするのではなく、ただ親たちの訴えだけに耳を傾け、子供たちが親に迷惑をかけて、人生を棒に振っているという理由で、子供たちの信仰を強制的に打ち砕いて、誤りを認めさせ、その逃避をやめさせようとして来たことは、非常にまずい悪質なやり方であったと言えよう。

もしもこれらの人々がカルトに助けを求めた最も深い理由が、家庭内問題にあった場合、ただ親たちの言い分だけを鵜呑みにする被害者救済活動では、子供たちがカルトへ走った真の原因を探り出して明るみに出すどころか、それをより深く隠ぺいし、見えにくくして、こじらせる結果にしかならないためである。

その危険性は、村上密自身の人生を見ても分かることだ。村上は、若い時分に統一教会に入信していたわけであるから、本当は、こうした問題点を理解していておかしくなかった。暴力的に信仰を打ち砕かれることが人の心にもたらす傷や、強い者が支配する理不尽な環境の家庭や学校や社会からの逃避の場を求めてカルトに走らざるを得ない者たちの心の痛みを理解していておかしくなかった。

にも関わらず、なぜ村上は、暴力的に他人の意志を打ち砕いてまで棄教させるという活動に関わり、これを「救済」ととらえていたのだろうか。それを考える上で興味深い材料が、村上のブログに記載されているので、今回、その問題について具体的に考えてみたい。

この問題を理解する鍵となるのは、村上と父との関係である。村上はブログにおいて幾度も、幾度も、子供時代に父から暴力を振るわれ、深刻な虐待を受けていたことを示唆する記述を行っている。ただし、村上自身は現在に至っても、これを虐待と認識しておらず、実はそのことこそ、村上の抱える最も深刻な問題なのである。
 
通常、牧師は回心前などに、学校で級友と流血沙汰の喧嘩をしたことがあったとしても、それは信仰を持つ前の神を知らなかった頃の行為であるから、愚かだったと思いこそすれ、そのような話は福音伝道のためにならないと思い、公に告白しないことであろう。

ところが、村上密は今になっても、自信ありげに、子供時代の殴り合いの喧嘩を武勇伝のごとく吹聴している。村上はいくつかの記事で、高校時代に他の生徒ににらまれた際、殴り返して撃退し、それに懲りた相手方の生徒が、自ら転校して行って勝利をおさめたという話を自慢げに繰り返している。

だが、この記述の中で、注目すべきは、そのような喧嘩の仕方を村上に教えたのが、彼の父であったことである。父が息子に喧嘩の仕方を教えていたので、高校時代には、村上はすでに相手を殴るだけでなく、蹴倒して蹴り回すなどの術をも身に着けていたのだという。

村上の父は、言葉で息子を諭すよりも、体で「教える」タイプの人間だったらしいが、そのように喧嘩の仕方を教わったことで、いじめっ子を撃退できたことが、村上の中では誤った「成功体験」となり、村上は牧師になった今でも、それを「父のけんかの教え」と呼んで(あえて「教え」という言葉を使っていることに注意したい)、「父の先見の明に感じ入った」などの賞賛の言葉を記している。未だに「父に忠実な息子」であることを誇りとし、その教えの中に悪しき思いが入り込んでいることに気づかないのである。
 

高校1年生の時のことである。Aが私の机でパンを食べ散らかした。私はごみをかき集めて、Aの机の上に置いた。Aは授業が始まってから、教師の目を盗んで、パンくずを私に投げてきた。授業が終わって教師が退室すると、ぬしゃ~(おまえは)と言い寄り、つかみ合い、殴りかかってきた。椅子や机がなぎ倒され、けんかの場所がべランダになった。私は父の言いつけを守ってきた。1発、2発は殴られてやれ。3発目は油断して殴ってくるのでカウンターで急所を殴り返せ。忠実に相手の鼻を拳骨で殴った。たちどころに鼻から血が流れだし、戦意を喪失した。私は蹴倒して、蹴りまわそうかと、父のけんかの教えを再現しようと思ったが、さずがに同級生たちが束になって止めにかかった。Aは翌日から高校に来なくなった。いつまでも来ないので心配していたら、転校していったとのことだった。高校生の時「わる」に絡まれたのはこの時一度だけだった。以後は争いのない高校生活を終えた。

それでも、私は二度高校をやめようと思った。一度はけんかの後、退学か停学かを受けるのではないかと思い、どうせなら自主退学をしようと覚悟していた。ところが、担任教師がこのことを知っても何も処分について口にしなかった。正当防衛が成立しているからである。ちょっと行き過ぎた正当防衛である。父の先見の明に感じ入った。<略>
拳骨で平和を 2018年 04月 25日 )


この記事の後半で、その当時に村上が禅に心惹かれていたと記述されていることも興味深く、やはり、東洋思想からの思想的な影響を感じさせる。筆者はDr.Lukeを初めて実際に見かけた際にも、どこかしら禅寺の僧侶を思わせるような人物だという印象を記事に記している。(筆者は実際に禅寺がどういうところであるかを知っているので、これは単なる印象批評ではない。)

村上は暴力事件については、さらに、なんと保育園時代から、年長者に兄を相手に、相当な手傷を負わせることで、兄から手を出されることがなくなり、不戦の関係が築かれたと自慢している。
 

私は兄とけんかした記憶がない。これは両親と兄から聞いた話である。私は保育園児の頃に兄とけんかをした。肥後刀の取り合いになって、貸して、貸さんのやり取りになった。兄は怒って、肥後刀を私に投げた。それが私の左目の目じりの端で眼球まで数ミリの骨の部分に当たった。瞬く間に左目は血だらけになり、ポタポタと血が流れ出した。私は近くにあった鎌を手にかけて上段に兄の頭に振り下ろした。兄は頭から血がだらだらと流れた。兄弟とも血まみれになった。急いで病院に連れて行かれたと聞いた。昨年、兄と何かを話しているとき、まだ、あの時の傷が目じりに残っているよと話すと、おる(私)もまだ頭に傷が残とっととたいと頭の傷を指した。互いに大笑いした。私たちは私たちのけんかがどのような結果になるかを経験した。その結果、私たちは互いを恐れ、暗黙のうちに不戦の関係を築いたのではないかと思う。口げんかさえ記憶にない。
血まみれのけんか   2018年 04月 25日)


幼児だから力が足りなかっただけで、もう少し成長していれば、殺人事件になっていてもおかしくなかった。このことから分かるのは、村上は、かっとなると、見境のない行動に出て、身内が相手であっても、とてつもない暴力性を発揮する可能性のある性格の持ち主だということである。

だが、なぜ幼児期から、村上はこのような衝動的な行動に出ていたのであろうか? おそらく、この兄弟喧嘩が発生したこと自体に、親の影響が相当にあったと思われる。村上の父がどのような人間であるかは、以下に挙げる記事からも分かるが、父の影響を受けて、すでにこのような幼児期から、村上は、自分の家庭では、「目には目を、力には力でやり返せ」といった、力の論理で生きるしか、身を守る術はないという考えを会得しており、口で説得したり、言葉を用いて相手をねじ伏せるよりも前に、まず手が先に出て、体でやり返し、本能的な自己防衛の思いから、相手に打撃を与え、痛い思いを味わわせることで、自分を守ろうとする方法論が身に着いていたと思われる。そして、そのような方法論を村上に体得させたのは、他ならぬ父だったのである。
 

子どもの頃、けんかして泣いて帰ると、父からげん骨を食らう。やり返してこい。何かで泣いていると、男が泣くもんじゃない。馬鹿たれ。なんば泣くか、とげん骨である。父の前では涙を見せられない。歯を食いしばって我慢するしかない。おかげで奥歯が擦り切れた。けんかに負けないように、教えてくれと言っていないのに、勝つ方法を教えてくれた。以来、けんかで負けたことはない。負けるかんか(ママ)はしない。父親の方が怖い。

高校の時である。クラスのワルがけんかを仕掛けてきた。二発殴らせてやった。向こうは安心して三発を打ってきた。それで相手の鼻をカウンターで打ち返した。鼻血を流して戦意喪失。クラスメートが間に入って止めた。相手は翌日から学校に来なくなった。転校したのだろう。以来、私はけんかをしなくなった。その代り、論争に負けないように努めた。こうやって、私の性格は父のげん骨で作られた。父の最高傑作品ではない。父の前で泣かないだけだから。クリスチャンになって、天の父の前ではよく涙を流すようになった。私は二人の父親を使い分け、次第に変わってきた。
ところが、自分が父親になって、子どもが泣いたり、めそめそしていると、なんば泣くか。男が泣くもんじゃない、と聞かなくなった父の言葉を今度は自分の子どもに言い、げん骨を食らわしている。父親の血は私の中に流れていたわけである。そのたぎる血も、頭を打つのは止めてください。手でおしりを叩くぐらいにしてくださいとの懇願に転向を余儀なくされた。そして父親と同じように子たちが中学生になる前には手をあげることを止めた。
父とげん骨 2017年 11月 19日)


 
これはまさに武術に励むことで、いじめっ子を撃退し、プライドを立て上げようとしたウィルソン少年の姿を彷彿とさせる。村上ははっきり述べている、「私の性格は父のげん骨で作られたと――。これは非常に恐ろしい告白である。彼はキリストの成分が自分を形作ったのだと言っておらず、父の暴力が自分の性格を形作ったと言うのである。

クリスチャンには、「二人の父親」はいてはならず、まして「二人の父親の使い分け」などあってはならない。だが、村上の告白は、クリスチャンになった後でも、村上の中には、キリストの教えと、もう一つ、それとは異なる肉の父親が教えた「力の論理」がずっと併存して息づいていたことを示している。

村上は少年時代に、たとえ子供のけんかであっても、負けて帰って来ることは恥であると父に責められ、自分で自分の身を守れと言われ、力の論理を体得させられた。すでに保育園時代から、村上は、自分の家庭では、力が弱いがゆえに喧嘩に負けても、誰からも同情などしてもらえず、相手が兄であっても、負けることは恥であり、涙を見せることは心の弱さの証拠でしかなく、馬鹿にされるだけだと学んでいたのではないかと思われる。

以上の喧嘩に関するすさまじい記述は、どれもこれも、村上が少年時代に、親から事実上の虐待を受けていたことをよく物語る。たとえば、子供同士の喧嘩で負けて帰って来た子供を、親が慰めず、子供の心配をするどころか、みっともないと叱りつけたり、「泣いてはならない」と命じたり、「喧嘩の仕方を教えてやる」という口実で、父が子供に取っ組み合いのわざをしかけるなどの行為は、れっきとした虐待である。さらにもっとひどい虐待の様子も、後述するように、村上の記事にはいくつも記されている。
 
親の庇護がなければ、子供はもともと生きていけない存在である。弱い子供に自分で自分の身を守れるはずがない。ところが、親が、子供の弱さをかばうどころか、子供自身が強くなって自衛するのが当然であり、それができないのは恥だと教え、弱い子供を突き放し、泣くことさえ禁じるのは、ただ親が子供への保護責任を放棄しているだけである。

だが、問題は、村上が未だに自分の親のこのような行動が、深刻な虐待であったという意識をまるで持っていないことである。それどころか、村上はキリスト者になっても未だに、そうした父の「教え」が、自分に役に立ったと考えて、それによって得られた「成功体験」を重んじ、継承しているのである。

級友に暴力を振るい、級友が学校に来なくなった時点で、村上は、自分の暴力が、イジメ問題に発展し、自分が学校で罰せられるかも知れないという自覚を持っていたと書いている。正当防衛を主張するには、明らかに分を超えてやり過ぎたのだ。しかも、相手が不登校になってしまえば、何が原因であれ、やはりそれはあるまじき結末だ。きちんと和解して両方が同じ教室で学べるように決着をつけるべきだったのだ。

ところが、学校側は無責任で、和解の努力もせず、村上は罰を受けることもなく、ただ喧嘩の相手となった生徒だけが転校するという重荷を負うことで、事件が済まされてしまった。そのことは、村上にとって悪しき「成功体験」となる。この時、村上の中では、大人たちの世界では、たとえどんな卑劣な方法を使おうと、どんなにやり過ぎようとも、とにかく力の勝負で勝ちさえすれば、それが勝利としてまかり通るのだ、従って、そのような方法で自分が身を守ったのは正しいことだったのだという認識がさらに強化されたと思われる。

それは、喧嘩に負けることを恥であると普段から教えて来た父親の言葉に、学校側も呼応して同じ見解を示したことを意味する。そこで示されたのは、世間は「力の論理」で成り立っている、何が正義であるとか、真実であるとか、何がほどほどの妥協点であるかなどは関係なく、「力の論理」で相手を打ち負かした者が、勝つのだという理屈であった。

こうして、村上はキリスト教に改宗した後も、暴力で弱い者を打ち負かすことを恥とせず、何事をも父から教わった「力の論理」によって解決しようとし、力によって身を守れた者が勝つのであって、それができなかった者は敗北するのが当然だという考え方を持ち続けることになる。そして、キリスト教とは根本的に相容れないこのもう一つの肉的な教えを、キリスト教と同時に使い分けて行くのである。

村上の「力の論理」は、村上自身が親となった際にも、自らの子供への体罰という形で受け継がれる。 

前にも書いたことだが、筆者は村上密の教会に実際に通い、村上の家族を実際に目撃しているが、一番最初に疑問に思ったのは、村上の妻が少しも幸せそうでない、ということであった。

牧師がワンマンでないか、本当に謙虚な人格を持ち、周囲のことを思いやっているかどうかをはかる最も良いバロメーターは、妻との協力がどれくらいうまくいっているか、牧師夫人が本当に生き生きして満たされて行動しているかに注目することである。牧師の行動はいくらでもごまかせるが、牧師夫人が幸せであるかどうかは、人の目にごまかすことができない。
 
村上自身は、筆者の前で、一度も怒鳴り散らしたり、不機嫌なところを見せたり、取り乱した態度を取ることはなかった。むしろ、常に温和で人好きのする態度を見せていたので、筆者は初めの頃、村上の人柄に全く不信感を持たなかった。だが、おかしなことに、まだ若く、幸せいっぱいの家族であるはずの村上ファミリーの様子が筆者にはどうにも変に感じられたのであった。子供たちは比較的、のびのびしているように見えた(弱さを見せることを禁じられていたので、そのように振る舞うようしつけられていたのかも知れない)。だが、夫人は、村上と接触する時でさえ、感情を押し殺したような表情で、伸び伸びした態度も、心の余裕もないことが分かった。
 
これは非常に奇妙なことであった。特に、被害者のケアに当たるという仕事を常日頃から夫婦でやっているのであれば、夫人の側には、夫の手が回らない部分まで、慈愛に満ちた思いやりある行き届いた態度が求められるのが通常であるが、そういうものからはほど遠い夫人の行動を見たあたりから、この家族は何かどこかが変なのではないかという気が筆者にははっきりとし始めたのである。

だが、以上の村上の記事などを読めば、なぜそのようなことになっていたのか、その理由もある程度は理解できよう。村上は、決して信徒らの目には触れない場所で、子供への折檻を行っていたと自ら告白しているのである。しかも、その折檻は、子供が何かあるまじきいたずらに手を染め、あるいは万引きしたり、非行に走ったりと、誰が考えても社会的に容認できない行動に走ったために加えられた体罰ではなく、ただ「子どもが泣いたり、めそめそしていると、なんば泣くか。男が泣くもんじゃない、と聞かなくなった父の言葉を今度は自分の子どもに言い、げん骨を食らわしている」と村上が書いている通り、ただ子供が気落ちして、心弱くなっているところを目撃しただけで、それを「罪」のようにみなして殴っていた、というのであるから驚きである。

その記事からも分かるのは、おそらく、村上は、かっとなれば、突然火がついたように自制心を失い、普段とはまるで違った形相になって、子供を思い切り打ち据えずにいられなかったのだろうということだ。決して人前で弱さを見せるなと、自分が幼少期から父に厳しく叩き込まれたために、子供たちが弱さを見せただけでも、許せない思いになり、見境なく手を出さずにいられなかったのである。
 
しかし、妻を含め、周りで見ていた者たちは、村上の血相を変えた尋常ならぬ様子に怯え、その体罰に命の危険をさえ感じていたのであろう。その記述は、幾度、やめて下さいと、妻も懇願したか分からない様子を伺わせる。だが、村上を止めることは誰にもできない相談であった。

こうしたことは、まさにこれまで書いて来た「般若の面」を思わせる出来事である。明らかに、村上には、表向きの、弱者に対して優しく親切そうな表情とは別の、牧師として第三者に接触している時には、決して見せることのない、もう一つの顔があった。彼は二つの面を使い分けており、隠れたもう一つの面が隠されていたのである。

その「鬼の面」は、カルト被害者に対して親切で、思いやり深く、彼らの心の傷や弱さに寄り添い、それに我が事のように共感を寄せる牧師という表向きの顔とは全く逆の、決して人が自分の弱さを打ち明けることも、そのために涙を流すことも許さず、力の勝負で「負けて帰って来る」こと自体を恥とみなし、負けて帰って来た者にはさらなる罰を加えてこれを恥として責め立てるような、残酷な般若の面だったのである。

その鬼の面は、村上自身にもコントロールできない「父親の血筋」であり、一旦感情に火がつくと、自分の生んだ子供たちという最も身近な愛する者たちにさえ、容赦なく手をあげ、向けられるような憎しみだったのである。

だが、村上は、自分の中にそのような「父親の血」が流れていることを、以上の記事でも、反省すべきあるまじき出来事としてはとらえていない。むしろ、子供が中学生になる前に手をあげることをやめたのだから、それでいいではないか、と言いたげだ。自分は親から教えられた通りのことを忠実にやっているだけで、それで自分も無事に生きて来たのだから、それはしつけであり、処世術であって、何が悪いと言いたげである。

自分の仕打ちが、子供たちの心の中で深い傷となり、それを見ている者にもはかりしれないショックとトラウマを与え、自分が育てた子供たちが、いずれ親になって、自分と同じことを繰り返すかも知れないということには、全く思いが至っていないのである。

さらに、もっと注目すべきは、村上が統一教会から脱会したいきさつである。

筆者はまだ幼い頃に、筆者が所属していた教会に、村上がやって来て、セミナーやら講演やらを開いていたことがあるのを覚えている。そのような集会の一つで、村上は直接、自分の口で、どうやって統一教会を脱会したのかといういきさつを語っていた。

一方では、村上は、統一教会の用事であったのか、それとも他の仕事であったのかは分からないが、トラックか何かを運転中に、「密、密、なぜ私を迫害するのか」というキリストの声を聞いて、滂沱の涙を流して自分の誤った信仰を悔い改めた、などと話していた。

あたかも、パウロのダマスコ途上の回心のような、劇的で自主的な回心があったような話しぶりであったが、この種の話はかなり眉唾物だと思わざるを得ない。

ところが、そのように話した舌の根も乾かないうちに、村上は、統一教会を脱会するに当たり、もう一つの決定的事件が起きたことを自ら告白していたのである。彼は会衆からの質問に答えて、「統一教会を脱会する際、父から半殺しの目に遭わされ、力づくで連れ戻された」と自分で語っていたのであった。

「半殺しの目に遭わされた――」、この非常に穏やかならぬ、牧師にふさわしくない言葉に、筆者は驚き、それが記憶にとどめられた。 今、村上のブログを開いてみると、やはりその言葉は、筆者の思い過ごしでもなく、誇張でもなく、まさしく事実であったことが分かる。村上は脱会のいきさつについて、次のように語っている。

統一教会の研修に参加するため家を出た。その後、家は大騒動。父と兄と叔父が、私が匿われている場所を捜し当てた。父が2階にいる私を見つけ出し、私が死んでも帰らないというので、父が殺して連れて帰ると言って、殴る、蹴る、引き回す。2階から髪の毛をつかんで引きずりおろし、車で連れ帰された。

11月に熊本で兄と母と一緒に食事をしているとき、先の話をしていると、兄が、そるわ~、おとっつあんじゃなか、おったい。用心棒がおっと思ったけん、木刀ば持って殴り込んだたい。わっが、死っでん帰らんていうけん、うちくらわし、けたぐっ、ぞびきまわし、連れち帰ったたい。兄から記憶違いを起こしていることに気づかされた。私の瞼に浮かぶ、手をあげる父は実は兄だったとは。驚きである。そして、兄が、おまえがにぐっといかんけん、3日間、ロープでしばって、座敷にとじこめとったたい。おまえは3日間、めしもくわんでおったたい。この辺の記憶はない。母がそぎゃんだったたい、と言ったので確かだろう。私は兄に、その節は大変お世話になりました、とその場でお礼を言った。その場で私たちは大笑いをした。

兄が、おまえはこまかっとき、おやじに梁からロープで吊るされ、竹ん棒でたたかれたこつば~あったたい。母が、あんたはなきもせんで、歯ばかみしめっ、引きつけばおこして気おとしゃせか~、しんぱいしたとたい。
これも記憶にない。記憶は作り変えられ、消されるものだと分かっているが、自分のことでわかって驚いている。

一部を熊本弁で書いた。迫力ある場面、追憶する話し方、このような話し方はどれもなじみの言葉である。「その場で私たちは大笑いした。」つらい事、悲しい事、大変なことも笑いでくるむ話し方は我が家の話し方である。
記憶は作られ 削られる 2017年 12月 12日)


ここでは、笑いごとではない話が、笑いごとのように済まされている。しかも、この記述は、本当のところは、どうだったのか分からないと思わせる。父と兄と叔父の三人が、村上を連れ戻すために、統一教会のアジトに殴り込んだのだ。そこで行われた乱闘において、誰が村上に手心を加えたのかは、今となっては誰にも分からない。それは兄だったのかも知れないし、父だったのかも知れないし、叔父だったのかも知れない。いずれにせよ、みなの連携プレーがあったのだ。みなが一体となって暴力を振るっていたことはほぼ間違いない。兄が後になって父をかばっているだけの可能性も高く、記憶違いをしているのが誰なのかすらももう分からない。

さらに、この話の中には、村上が小さい時から、父が彼をロープで縛って、梁から吊るし、竹刀のような棒で打ち据えていたなどのことも書かれている。しかも、子供は泣くことも許されなかった。幼い頃から、このようなすさまじい有様だったのだから、この父ならば、何でもやりかねないと思うのは当然である。

いずれにせよ、親族たちの暴力的な連携プレーで、村上青年がカルトから連れ戻されたのは確かであり、そこで誰がどれくらい村上に直接、手を下したのかなどは重要な問題ではない。とにかく村上青年は、父、兄、叔父の三人によって、殴る、蹴る、引き回す、髪の毛をつかんで階段を引きずりおろす、殺してでも連れ戻してやる、などの暴行と暴言を受け、無理やり拉致されて、車に詰め込まれ、その後、家では、逃げないようにロープで縛られた上、座敷に閉じ込められて、三日間、飲まず食わずだった、ということが分かるだけである。

全く恐ろしいほどの暴力沙汰の脱会劇である。しかも、これを身内がみなで一致協力してやったというのだから、恐ろしく、通常であれば、これほどのことをされてしまうと、身内に対する不信感から、完全に周囲に対して心を閉ざしてしまったとしても不思議ではない。村上の場合、そうならなかったのは、おそらく、普段からそのような暴力沙汰が、珍しいことでなかったためであると思われる。
 
こうして、「死んでも帰らない」と豪語していた村上青年の脱走劇は、あえなく暴力によって打ち砕かれて終わった。そもそもなぜ村上が統一教会に心惹かれ始めたのか、その動機はそれほど定かではなく、世界を滅びから救うとか、日本が罪の懺悔を果たすとか、統一教会が表向きに掲げているスローガンはいくらもあって、そのどれに心惹かれたのかも定かではない。

だが、村上自身の記述を読むにつけても、想像されることはただ一つ、そういった統一教会の唱えている表向きのスローガンへの傾倒とはまた別に、村上には、自分の家庭から何とかして逃げたい、もしくは、家庭で味わい続けて来た苦痛の意味を知りたい、という動機があって、その逃避の場を統一教会にしか求められないと考えて、カルトに走ったというのが真の動機ではないかということだ。

「死んでも帰らない」という穏やかならぬ村上青年の言葉が、家や、親に対する悲壮なまでの抵抗の決意を表しているように思われてならない。それがただ統一教会の洗脳だけの結果であったとは思えず、もっと深い動機から出たものであったと考えざるを得ないのである。とにかく、それが本人にとっても命がけの家庭からの逃走劇だったことを思わせる。

だが、不幸なことに、その命がけの試みさえも、中途で打ち砕かれて、再び、彼は以前と同じ牢獄に引き戻されてしまった。ロープで縛られ、身体の自由も奪われ、憔悴の果てに、飲まず食わずで時を過ごし、それによって、「どんな卑劣な手を使ってでも、最終的には、力の強い者が勝つのだ」という、村上家の暗黙の掟が、またもや彼に体で叩き込まれたのである。

肉の父親による暴力的な支配と、家に恥をもたらさないように行動をすることだけを第一とする価値観は、文鮮明の教えよりももっと強かった。肉の父に対する反抗は、どんなことをしても許されず、カルトに走り、父に逆らい、家の恥となる行動をしたことに対する罰は耐え難く重かった。

村上はこうして統一教会に逃げることで、何とか得ようとしていた家庭からの脱出口も失ってしまう。そして、そのまま、一体、自分がどんな問題に悩み、何からの解決を求めてカルトに走ったのか、という根本問題をさえ、自分で封印してしまった。もはや父親に対する抵抗はどんなものであれ、許されないものとなり、父が間違っているかもしれないなど、考えることもできないタブーとなった。
 
村上は実際には、幾度も、幾度も、弱い立場にある子供としての自分からのSOSを無言のうちに発していたのであろう。カルトに走ることも、親に対するSOSだったのだ。ところが、親からも親族からも、その言い分に耳を傾けてもらうことができず、ただ一方的に自分の心の弱さだけが「悪」であると決めつけられ、暴力的に発言の機会を奪われ、口を塞がれ、意志を打ち砕かれて従わされた。彼は、ウィンストン・スミスのように、絶対的な権力によって無理やり自分の意志を打ち砕かれたことにより、暴力事件によって深い心の傷を負ったと考えられる。

そのために、村上は、自分の子供たちが心の弱さを見せることさえ許せなくなり、キリスト教の牧師になった後も、カルト被害者救済活動という名目で、自分以外のカルト信者に対して、自分が受けたのと同様の暴力行為を行うことで、暴力の連鎖を生み始めたのである。つまり、他のカルトへ走った信者らに対しても、拉致監禁という方法で、自分がされたのと同じような暴力に走り、他の信者らの信仰を容赦なく打ち砕いて来たのである。それは信仰がなせるわざではなく、人の心の傷が生み出す連鎖であり、救済ではなく、トラウマの連鎖であった。

いかにカルトから脱会させることを目的に掲げていても、暴力を振りかざす親の理屈が間違っていることを心から理解せず、親から訣別を果たすことができないままであった村上は、傷ついた自分の心と向き合う機会が失われたまま、その傷を、今度は他人に植えつけ始めたのである。

村上の信仰は、いわば、強者の論理によって獲得されたものであると言えるだろう。彼は暴力的に自立の試みを妨げられたため、父を批判することが未だに出来ず、「それで人はその父と母を離れて・・・ 」(創世記2:24)というステップが未だに完了していないのである。しかも、ただ両親から離れられないでいるだけでなく、受け継いではならない「父親の血(肉による力の論理、暴力の連鎖)」に疑問も持たずにこれをそのまま継承してしまっているのである。

それゆえ、牧師であるにも関わらず、このような物騒な暴力事件の話を自慢げにブログに書いているわけだが、しかし、その心の中には、「とにかく勝ったのだから、あれで良かった」という思いと、「なぜ自分があんなことをされなければならなかったのか」という思いが無意識に交差しているように見える。

村上は気づいていないであろうが、彼が救おうとしているのは、カルト被害者ではなく、本当は、痛めつけられた自分自身なのである。弱く、言葉を発することもできず、立ち向かう力もなかったがゆえに、無視され、侮られ、踏みつけにされ、否定され、傷つけられ、それでも立ち上がるよう強制されて来た自分を救いたいという動機が、被害者への共感を生んでいるのである。

だが、彼は、それを父親が自分に教えたのと同じ理屈で成し遂げようとしていることろに誤りがある。すなわち、弱い被害者たちに「裁判」という力を付与し、自分の力で戦わせることによって、彼らに自衛の方法を教え、この世の力を帯びさせて勝利をおさめさせようとしているところに誤りがある。

村上は自浄作用の働かない教会では、被害者の訴えは浮かばれず、そんな教会は教会とは呼べず、「だまされ続けることを聖書の教えと思い込む愚か者の集まり」だと決めつける。

互いが和解できなければ、それは裁判に持っていくべきではなく、教会の中で正しく裁かれるべきである。それをしないで、世の裁判に訴えることは敗北であると言うのである。<略>パウロは教会の中に「兄弟の争いを仲裁することのできるような賢い者が、ひとりもいないのですか。」(1コリント6:5)と語りかけている。赦しなさいは仲裁ではない。正しく判断をしないならば加害者への加担である。教会の中で正義と公平を持って裁く人がいないなら、教会は教会性を失ってしまうことになる。すなわち、もはや教会は教会ではなくなっているわけである。どんなに礼拝会や祈り会に出席者が多くても、賢い者のいない教会、正しい判断をすることにできない教会となる。不正が正されず、不正のはびこる教会、だまされ続けることを聖書の教えと思い込む愚か者の集まりとなる。
誤用される聖句 2018年 04月 19日) 


しかし、このようなものは本当の解決とは言えない。人間の世界で起きる真に残酷な「被害」は、決して人が口に出せるようなものではなく、裁判にも持ち出せるようなものでもない。世の中には、赤ん坊や、子供を含め、自分が受けた不当な仕打ちを、決して論理的に説明することもできず、それを代わりに訴えてくれる味方もいない人々が数多くいる。

村上は言う、教会が教会性を失わないためには(何を持って「教会性」と考えているのかは不明だが)、裁判によって、被害者を救済せねばならないと。外から力を行使して、教会を正さねばならないと。

しかし、そういう理屈だと、人が言葉にもできず、裁判にもできず、誰にも打ち明けられない問題は、どこへ消えて行くのであろうか? 誰に助けを求めることもできない環境に置かれ、訴えを出すこともできない人々の「被害」はどこへ行くのであろうか? 自ら立ち上がり、理屈を駆使して相手を言い負かし、裁判という力を行使して、それによって勝利をおさめて、初めて教会が「教会性」を取り戻すというなら、被害者が名乗り出ず、訴えもしないがゆえに、誰も気づかない不正はどこへ消えるのであろうか? それらは神の御前に悪事でさえなかったことになるのだろうか?
 
村上が述べていることは、どこまでも終わりなき「力の論理」であって、そこには、被害者といえども、ただ力を行使することに成功した者の訴えだけが、最終的に認められるという理屈しか存在せず、すべてのことを公平に裁かれる神が不在なのである。
 
このような考え方は、被害者の中にも、格差を生み出す。裁判で勝ったのか、どれくらいの賠償金を取り返せたのか、相手をどれくらい重い罪に問うことができたのか。どれくらい短い間で訴えを終わらせたか。効果的な裁判を行えたか。弁護士はいたのか。云々。

だが、私たちの聖書の神は、そういうお方ではない。我々の聖書の神は、乳飲み子、みどりご、やもめ、寄る辺ない者全ての庇護者であり、自分で声を上げることができないすべての弱い人々の味方であって、一人一人の思いを知っておられ、自ら立ち上がることのできない人々のために正義を行って下さるのである。

村上の論理の矛盾と破綻は、この世の力を行使しなければ、決して教会に是正はあり得ないと考えている点にある。それでは、教会の主人は人間ということになってしまい、教会は神の支配が及んでいる領域ではないと言っているも同然である。つまり、そこでは、正しい裁きを行う者は、常に人間でなくてはならず、神が裁きを行われるということを信じてもおらず、それに任せるつもりもいないのである。

だが、人間の行う裁きは、そもそも偏っていて、不公平であり、必ずしも正しいものとは限らない。現に、世間では、冤罪事件で有罪とされた人もおり、裁判という枠におさまらない悪しき事件は日々、膨大に起きている。裁判の判決さえ、しばしば公正でなく、まして、裁判に訴えることもできない人々の訴えはどうなるのか。

教会の問題を裁判所に持ち出し、そこで勝利を収められさえすれば、勝ったことになるという村上の理屈は、結局、自分の父がしたのと同じ方法で、弱者に自衛を求めているだけなのであり、弱い者に力の論理を身に着けさせ、それによって武装した者が勝つのだという教えなのである。

村上は、弱者が自分に従順で、自分の「教え」を忠実に学んでいるうちは、助けようとするであろうが、それは離脱を許さない残酷な支配であり、その優しさは本当のものではない。彼は決して自分が許した範囲外に、弱い者たちが出て行くことを許さない。

村上は、彼の活動に反対する一人や二人の人間だけに対して残酷なまでの非難を繰り広げているだけではない。村上の教団の配下から出て行こうとした牧師や信徒たちにも、同じように残忍な非難の刀を振りかざして、彼らを打ちのめそうと、彼らに落伍者の烙印を押し、離脱した教会を再び傘下に連れ戻すべく、裁判にまで及んで敗北している。

こうしたすべての行為は、村上が統一教会に走ることで、家から脱走することを決して許さず、彼の行為を「家の恥」とみなして断罪し、彼を辱めて滅多打ちにして、力づくで座敷牢に閉じ込めてまで、その意志を暴力的に打ち砕き、家庭に連れ戻した父親の行為の二の舞でしかない。

村上が被害者たちに言い募っているのは結局、こういうことである、「おまえら子供たちは家を守るために勇敢に戦いに出ていけ。そして勝って戻って来い。自分を傷つけた者を打ちのめし、そいつに勝利を果たして、我が家に栄光を携えて戻って来い。正義がこの世に存在することを思い知らせてやれ。おまえの存在はこの家のためにあるのだ。おまえは家に栄光をもたらす道具であって、そこから出て行くことは決して許さない。」
 
分かるだろうか、こうした発想の根底にあるのは、「母を守る」という東洋思想の危機感と同じなのである。「家が脅かされているから、家族の成員が皆立ち上がって家を守らなければならない。そのために、一人一人が力を身に着けて、自衛しなければならない」ということである。『国体の本義』が、家の名誉のために、ためらいなく皆が死ぬことを奨励しているように、もし家の名誉を守る戦いの最中で命を落とすのであれば、それは名誉の戦死として扱われるのである。

村上が、自死に対して寛容なのも、おそらくそのためであろう。被害者が脅かされながらも、決して家や両親に逆らって自分を守ろうとすることなく、むしろ、家の犠牲となって、その名誉のために命を落としたのなら、それは名誉の戦死であって責められるべきことではないというわけである。自死した本人を免罪しようとしているというより、家と親たちを守ろうとしているのである。
 
このような世界観に立って、彼は教会というものも「脅かされる家」と見ている。だが、そこで抜け落ちているのは、教会の支配者は人間ではなく神であって、神の正しい裁きが存在し、それに委ねる必要があるという点と、教会を脅かしているのは、あれやこれやの人間ではなく、最終的にはサタンであるから、人間相手の戦いで、教会を脅威から守ることは決してできないという点である。

人間相手の戦いには「目には目を」の法則が働いて、「殺す者は殺される」という結果に至るだけである。

村上のブログからは、当ブログの他にも、村上の行き過ぎた活動を批判し、村上を名誉毀損で訴えようと具体的に動いている勢力があるらしいことが分かる。以下で言う「スピリチュアル系カルト」とはその他の記事を合わせて読めば分かるように、当ブログとは一切無関係である。

最近、スピリチュアル系カルトからのインターネット上での嫌がらせが増えている。それは指導者がヒステリーを起こしているからである。名誉棄損されていると信者に警察に相談に行かせたりしている。事実、警察から注意とも警告とも思われる電話があったが、別に私の意見を述べているだけで、名誉棄損になるような記事ではない。一種の脅しである。自分たちのネット上の攻撃は悪質であることを棚に上げてである。国外からだとどうすることもできないが、国内であれば対処できる。エスカレートしてきているので、こちらも対処しなければならないレベルになってきた。放っておいて罪がまし加わるのを待つのがいいのか。軽いうちに止めさせる方がいいのか。後者の方が相手思いかもしれない。   (スピリチュアル系カルト 2018年 04月 16日)

この記事によると、すでに警察からも警告が入っているらしく、そうなると、事件はかなり深いものと予想される。実際に名誉毀損による告訴が成立している可能性も十分に考えられる。
 
今や村上についてはかなり各方面から物騒な話題が持ち上がり、だんだん抜き差しならない事態になって行っていることが分かる。むろん、カルトと名指しされる団体に自ら首を突っ込み続けると、いずれ手に負えない反撃が来ることはもともと予想されていたことである。村上から被害者を通じて思わぬ干渉を受けた団体は、当然ながら、反撃に出て来るであろう。相手はもともと正常な団体ではないのだから、そのような争いに自ら首を突っ込み続ければ、いずれは命の危険にも遭遇する。そのような戦いが、牧師の正常な活動ではないことは言うまでもない。

しかも、村上は、自分だけは決して誤りを犯すことはないという前提に立って物事を考えているようであるが、彼が他人に振りかざした厳しい基準が、彼自身に適用されるのだ。和解できない場合には、いずれ村上自身が裁判に引き出され、決着を求められることになる。その時、他人に憐れみを示さなかった彼に対する裁きは容赦のないものとなろう。「人に憐れみをかけない者には、憐れみのない裁きが下されます。憐れみは裁きに打ち勝つのです。」(ヤコブ2:13)

さらに、村上が次のように書いていることも実に要注意である。

聖書には、殺してはならないとの神の命令があり、時には、殺せとの神の命令がある。殺してはならないが浸透し過ぎて、殺せがないかのように思っている人がいる。聖書には、赦しなさいとの神の命令があり、時には、裁きなさいとの命令もある。赦しなさいが浸透し過ぎて、裁きをしてはならないかのように思っている人がいる。

偏った聖書理解によって、被害者が被る言葉には滑稽なのがある。謝罪もしない加害者に対して、聖書には赦しなさいと教えているから赦しなさい。それでも赦せないでいると、赦しなさいと聖書に書いてあるのに赦さないあなたは神に逆らている。それは罪だと裁かれる。赦しなさいと言っている人が自分の言うことに従わない人を裁くわけである。(偏った理解   2018年 04月 08日)

   
これは非常に恐ろしい記述である。誰一人、村上に殺人について尋ねたわけではないのに、彼は自らこのように「聖書は殺人をも禁じているわけではない」という誰も聞いたことのない自らの奇抜な「信仰告白」を繰り返す。ここで村上が、「殺せ」という命令と「裁きなさい」という命令を一つに結びつけて話していることは注意である。このことは、村上自身の中で、この世の強制力である裁判を用いて教会の問題を解決しようとすることと、殺人とが、同じ力の論理に属するものとして同一線上にあることをよく物語っている。

だが、彼が聖書が殺人を正当化していると述べる根拠として、引き合いに出しているのは旧約聖書の記述である(「クリスチャンの裁判」 参照)。聖書において、神が主の民に神に背いた人々や異教徒を「殺せ」と命じたのは、旧約聖書の時代の話であり、新約になってからは、そのような命令は一切、主の民に下されておらず、むしろ、キリストは弱さのゆえに十字架につけられ、主の民が殺される側に回り、殉教している。村上がなぜ問われてもいないのに、聖書を悪用しつつ、「聖書は必ずしも殺人を禁じているわけではない」と、殺人を正当化しようとしているのか、いぶかしく思われる。

そこには「自死を正当化する」という目的と、もう一つ、「殺して連れ帰る」という父の言葉が暗黙のうちに反映していると思われる。村上は、沖縄の被害者のグループ「カイロスの会」で、自死は罪ではないと語り、大変な物議をかもした。このように、彼は自死を罪とみなすどころか、むしろ、奨励するかのような言葉を発しているが、そこには、子供が自死するまでその思いに気づけず、子供を犠牲としてしまった残された遺族らが、これ以上、罪悪感を感じたくないという自己正当化の思いが代弁されていることに加え、子供が家の恥になる行為に手を染めるくらいならば、親は子供を殺すことも厭わないという父の発言を正当化する思いが暗黙のうちに含まれているものと見られる。

暴力的な手段を講じて強制的に相手の意志を打ち砕いてでも、自分の信念の正しさを相手に押しつけることは、それ自体、精神的殺人であると言えよう。このように、聖書を悪用しながら、「正義のためなら殺人も厭わない」という誤った思いを正当化しようとする村上の姿勢は、暴力による強制的な脱会工作だけでなく、アッセンブリー教団に背いた教会や信徒にとことん誹謗中傷を浴びせ、破滅に追い込むまで手を緩めないという行動にも表れている。

村上は、他の人々を差し置いてでも、傷ついた自分自身の心に目を向け、自分自身が幼い頃から父によって受け続けて来た暴力、虐待を悪しきものとして憎み、これを退け、下からの出自である「父親の血」を断ち切り、「父のげん骨で作られた」性格と訣別し、真に親離れを成し遂げなければ、父親が自分に向けて来た殺意を、自分の心の中に育み続けることになるであろう。そうなれば、たとえ憎き敵に復讐を果たしても、彼自身がいずれ死の中に飲み込まれて終わるだけである。それはカインの道であっても、アベルの道ではない。憎悪は新たな憎悪を生むだけで、鉄拳では平和は作れない。それは血塗られた悪魔の道であって、断じてキリスト者の道ではないのである。

「肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和であります。なぜなら、肉の思いに従う者は、神に敵対しており、神の律法に従っていないからです。」(ローマ8:6-7)

さて、今回から、しばらく以下の映画『龍の正体』などを通して、武士道が「魂の力」を開発して人が神のようになろうとする東洋的神秘主義に由来するものであり、今日、それがキリスト教の中に入り込んでいることの危険性について考察したい。

ペンテコステ運動の指導者などが行使している超自然的な力も、東洋的神秘主義に由来するものと理解できるため、この動画は、この運動の危険性を考える上でも、非常に参考になるものである。

今日、もしも信者が「肉のものと霊のもの」を見分けることができなければ、信者は「魂の力」を開発して超常的なパワーだけを得ることで、あたかも神の聖霊を受けたかのように錯覚したり、キリストの十字架の霊的死を経ないのに、それによって自分が偉大な霊的存在になったかのように錯覚する危険性がある。

また、信者がこうした力に手を伸ばしてしまう背景には、「魂の力」を引き出し、自己を強めることによって、心の内側にある自信喪失や被害者意識や自己憐憫などと言った心の傷を隠したいという動機が隠れていることが多い。

家庭で受けた心の傷や、人生で味わった数々の自信喪失などのトラウマから抜け出したいと願うがゆえに、信者は手っ取り早く自らの心の傷を覆い隠して、自分自身の弱さから目を背け、自分を強めるために、こうした超常的なパワーを手に入れたいと願うことが多いのである。

『龍の正体』では、武術がキリスト教の信仰と両立できるかのように誤解したまま、少年時代から武術の訓練にのめり込んで行ったウィルソンというクリスチャンの男性が登場する。彼の告白を通して、私たちは、武術の起源とその本当の目的がどこにあるのかを理解することができる。

詳細は動画を見てもらえば分かるが、この映画が言わんとしているのは、武士道は決してキリスト教の信仰と両立するものではなく、その起源は悪魔的なものだということである。 また、この映画は、ここ数十年間の間にキリスト教界に積極的に入り込んだ東洋神秘主義の武術に対して警告を呼びかけている。

一見、武術は無害な自己啓発やスポーツや芸術の一部のようにみなされ、巷に広まっているが、その奥に潜むものは何なのか。その起源は、東洋神秘主義思想にあり、決して、キリスト教と両立するものではなく、その道を行けば、悪魔の虜とされてしまうだけである。以下では、要所をピックアップしながら、ペンテコステ運動やカルト被害者救済活動の危険性と会わせて解説して行きたい。
  
  


  
 
  



「今日、武術はスポーツや健康維持または芸術として見なされている。

しかし、武術とは昔からそうだっただろうか?
超人的な技術で観衆を驚かせる彼らは一体何者なのか?
彼らはどうやってこの能力を得たのか?

なぜこの10数年の間に東洋神秘主義思想がキリスト教会の
中に広がっているのか?

それはただ競技の技術に焦点を当てているのだろうか?
それとも千年の平和をもたらす道徳的指導者に準備させる
ためのものなのか?

この東洋神秘的武術は自己啓発のためのものか?
それとも背後に何者かが潜んでいるのか?」


 
さて、ウィルソン少年が武術に心惹かれるようになったきっかけは、物心つかないうちに、テレビで小柄な東洋人が不可能に近いような技を使う場面を見たことであった。
 



「初めて武術のことを知ったのは4歳か5歳のことだった。
 小柄な東洋人が不可能に近い技を使うのを見て驚いた。
 あの日から私の中に小さな種が植え付けられた。
 その種は静かに育って行った。


「テレビで小柄な老人が超自然的な武術を披露するのを見た。
 卵を地面に置いて、その上に片足で立ち、20秒ほど、そのままだった。
 その時の映像がずっと私の脳裏に焼きついた。

 すごい、奇跡だ、と思った。」

「あの日見たものを忘れることはなかった。
 あんな技を使えるようになりたいと夢見るようになった。
 だがその裏に潜む暗闇に気づかなかった。
 そして、その選択によって自分と周りの人々の人生が
 どんな影響を受けるかにも。

 
だが、少年が、東洋人の使う魔法のような武術に心惹かれたのは、ただ神業のような芸が脳裏に焼き付いたためだけではなかった。彼は家庭の問題に見舞われており、12歳の時に、両親が離婚、父親を失った少年は、自分は愛される価値のない子供として見捨てられ、人生が滅茶苦茶になったかのように感じた。

両親の離婚によって生じた心の傷、被害者意識や自己憐憫から抜け出し、失意や、男性として生きる上で必要不可欠な人生のモデルを失ってしまったという空虚感を埋め合わせようと、少年は、自分の力で強くなりたい、自分で自分を守るために強くならねばならない、と意識するようになる。おそらく、そこには、無意識のうちに、残されてすべての苦労を一人で負わされている母を守りたいという気持ちもあっただろう。

人生の嵐に立ち向かう力もない弱い子供でありながら、世間の様々な脅威から自分で自分を守って生きるしかない立場に立たされたことが、彼の中で、無意識のうちに、自己を強めることによって、何者にも脅かされることのない、神のような力強い者になろうとする東洋神秘主義の武術への共感に結びついて行ったのである。
  

 

 
12歳の時、両親は離婚した。人生が滅茶苦茶になった気がした。
親に対する怒りが込み上げてきて反抗するようになった。
傷つけるつもりではないと分かっていたが、
見捨てられ、拒絶され、守られる価値が無いのだと感じた。
この頃から、人生の目的、生きる意味、男としての価値を探し始めた。
そして母に武術の学校に行きたいと言うようになった。」


  
ウィルソン少年は母と共に、街で開かれていた沖縄流の空手道場を尋ねる。だが、ウィルソンの家庭は敬虔なクリスチャンの信仰を持っていたため、彼の母は、訪れた道場に違和感を持つ。キリスト教信仰によって育てられた少年自身も、武術の訓練の風景に心惹かれながらも、同時に、よく分からない違和感を持った。幸い、授業料は高く、母子家庭には負担が大きすぎたために、その道場に通うことはできなかった。
 

「帰り道は魂が抜かれたようだった感じだったことを覚えている。
夢がやっと叶うと思っていた。
しかし授業料は高く、
母と二人で町の中を歩いていると気まずい雰囲気だった。
お金のことというより、
道場自体の何かに違和感を感じている様子だった。
実は私も同じ気持ちだった。
勿論、この習い事をできたらとすごく興奮はしていたが、
何か異質なものを感じた。

キリスト教の家庭で育ち、
安息日にはいつも教会に通っていた私には、
何かがどこかで噛み合わなかった。

道場で見た力、猛威、武の芸術世界の数々を、
自分の中でどう整理したらよいか分からなくて
良い気持ちにはならなかったので、忘れることにした。

それに母にとってはそんなに簡単に無視できる問題ではないと
なんとなく分かっていたから
家に帰ったその夜、母には何も聞けなかった。
でも私には母の考えていることが分かっていた。」


この告白の中では言及されてはいないが、もしかしたら、ウィルソン少年の両親が離婚した原因には、父の暴力などがあったかも知れない。彼の母親が敬虔なクリスチャンであったことを考えると、母親が自ら離婚を望んだと思えず、それにも関わらず、そのような結末が避けられなかったのは、それほどやむを得ない深刻な事情があったためと思われるためである。もしかすると、母親は、道場で行使される「力」の中に、自分自身が受けた深刻な出来事の片鱗のようなものを見いだしたのかも知れない。
 
だが、少年と武術との接近はそれで終わらなかった。キリスト教の信仰と関係ない道場で武術を学ぶことはできないという彼の悩みを解決するかのように、友達からキリスト教的な武術学校があることを知らされたのである。
 

「ある時、親友の兄に食堂で会った。
彼は高校の3年か4年の先輩で、
私は高校に入ったばかりだった。
彼は近くの武術学校でカンフーを習っていると言った。
習い始めて一年か二年ということだった。
私は彼に質問をした。
「どれくらいのお金がかかるの?」
すると彼は「毎晩一ドルだ」
「本当?」「うん本当だよ。」
「どんな学校なの?」と彼に聞いた。
母の心配する顔がよぎった。
「教えている先生はクリスチャンで毎晩聖句を読んでから
訓練したり格闘に励むんだ」
「キリスト教の学校だし、毎回払うのはたったの一ドル。
契約もいらないよ」
私はそれを聞いてとても喜んだ。眠っていた夢と希望が
一斉に蘇ってきたから。
家に帰って母に話すと彼女も喜んでくれた。
次の週、友達と二人で学校を訪問してみた。」



武術学校に行ってみると、訓練生たちは白帯、緑帯、茶帯、黒帯という四つのステージに分けられており、学校始まって25年の歴史の中で、黒帯を取ったのはたった3人だけだった。

ウィルソン少年は、武術の力を身に着けることで、世界の状況をコントロールする力を身に着けたいと願う。彼は自分の人生が、様々な状況に一方的に振り回されているばかりで、自分で人生をコントロールできておらず、自分が本当に人生の主となって、状況をコントロールする力を手に入れねばならないと願う。その背景には、両親の離婚という、自分にはどうすることもできない出来事によって心傷つけられ、運命に翻弄されるだけの弱い自分から逃れたいという思いがあった。
 

「最初の日は男たちがお互いを蹴ったり、
色んな格闘するのをみて圧倒される気持ちだった。
これこそが真の力だと思った。
いや力というよりコントロールだと。
自分の人生はコントロールできていないように見えた。
状況や成り行きに身を任せるだけで、
何も抵抗できずにいた。
だからコントロールできる力が欲しかった。
問題を一人で対処したり自分にもっと自信をつけて
一旦これと決めたら諦めずに
やり遂げるという人間になりたかった。」



さて、これまで当ブログでは、グノーシス主義はヒエラルキーの教えだということを繰り返し述べて来たが、ウィルソンの通った武術の学校にもヒエラルキーがあった。グノーシス主義は、もともと神聖な叡智(グノーシス)は、限られた人数の選ばれた人々にしか知ることのできないものであるとして、真理の知識を少数の人々に限定する教えである。そこで、この教えは、霊性のヒエラルキーを定め、その階段を徐々に上に上って行くことにより、「より高い霊性が身に着く」かのように宣伝して、もっと優れた者になりたいと願う人間の欲望を刺激して、その教えの中に深く引き込んで行くのである。それゆえ、こうした思想に基づくすべての運動には、階層を上に上らない限り伝授されることのない秘儀のような儀式がある。




カンフーの学校では階層制度があり、
白帯は初心者なので緑帯の言うことを聞き、
緑帯は茶帯に脅えていて
茶帯は黒帯となるべく関わらないように避けていた。
いわゆるつつき順だ(強いものが弱いものをつつく)

私が入った頃に気になったことは
緑帯が一週間に一度、皆が帰った夜の十時ごろに、
特別な訓練を師父(先生)から受けていたことだった。
訓練する時ドアを閉め、誰もそこで何が起こっているか、
見ることも話すことも出来なかった。

裏では何をやっているのだろう?
私も訓練にあずかりたいと思った
それほど緑帯の技は優れていた。
あのドアの奥に入れば、特別な技が
手に入るのかと思うと、
早く緑帯になりたかった。


ウィルソンは緑帯になった時に「特別な授業」を受けることになるが、それに当たり、まず新人が受けるべき最初の秘儀を受ける。それは次のように、新人の腹を他の生徒たちが集まって思い切り素手で叩くというものであった。



「緑帯になった後
特別な授業を受けることにした。
最初に新人が入った時の儀式があり、
床の上で仰向けになり、他の生徒たちが、
新人のシャツを上げ、
授業を受ける一人一人が新人の腹を
思いっきり強く平手で叩いた。
だが儀式で誰もけがはしなかった。
ただ私の腹の痣は4、5日くらい
消えなかったのを覚えている。
強い刺激を受け腹の表面に
血が浮かんでくるからだ。
でも、その儀式を経たあと自分が認められた気がした。
まるで努力の結果の報酬であるかのように。」


当ブログでは、前回まで、三島由紀夫の割腹自殺、イスカリオテのユダの自殺時に腹が裂けたことなどを取り上げ、キリストの十字架に敵対して歩むグノーシス主義者にとって「腹」は特別な意味を持つ部位であることを見て来た。

ここで、再び、「腹」が、儀式の中で重要な部位として登場する。そこで、東洋神秘主義において「腹」とはどのような意味を持っているのかを調べてみると、これは古来からの中国思想において極めて重要な役割を担う体の部位だと見なされて来たことが分かる。中国思想においては、「気」こそ、自然界に存在するすべての物質の最も基本的な構成単位であり、エネルギーの根源であると考えられて来た。あらゆる現象や変化は、「気」が動き流動することによって現れ、「気」が無くなると、その物質や生命体は存在できなくなり、消滅するとされたのである。

そこで、「気」の作用によって、人間が自分の体の状態を強化し、人間存在と生命の意味を極める方法を編み出そうという試みがなされ、そのための修行法の一つである内丹術においては、ヘソの下あたりの「丹田(たんでん)」に「気」を集めて煉ることにより、霊薬の内丹を作り出すことができるとされて来た。

おそらく、腹を叩くという儀式は、「丹田」に「気」を集めることと密接な関連があるのだろう。今日でも、「丹田に気を集める」、「気を練る」、などの方法は、禅、神道、仏教、気功、ヨガなど東洋神秘主義の流れを汲むすべての流派で使われている。

ただし、西洋医学において「気」といったものの存在や、「丹田」という体の部位は確認されていない。これは科学的には何ら証明されていない純粋に東洋的な概念である。「気」や「内丹術」がグノーシス主義的世界観とどのような関わりを持つか、さらに詳しい内容については、追って述べることにしたいが、結論から言えば、西洋思想のものの考え方が、デカルトの有名な「われ思うゆえにわれあり」という言葉にも表れているように、「精神=頭」を中心として、あらゆる物事を知性よってわきまえようとするものであるとすれば、東洋思想は、知性や思考とは関係のなく、より情意的に、また本能的で動物的なエネルギーによって、物事をわきまえようとするものであり、その試みは「頭」ではなく「腹」を中心に始まっていると言えるかも知れない。

そういう意味で、「キリストの十字架に敵対してい歩んでいる者が多いのです。彼らの行き着くところは滅びです。彼らは腹を神とし、恥ずべきものを誇りとし、この世のことしか考えていません。」(フィリピ3:18-19)という聖書の御言葉の警告は、決して故なきことではなく、実際に、東洋思想世界では、「腹を神」とする教義体系のようなものさえ、長年かけて作り上げられて来たと言えるのである。

さて、ウィルソンは父親との関係が全くなくなっていたわけではないらしく、大学進学の際に父と共に住むことが決まった。その時にはウィルソンが成長していたためか、親子の確執はなくなっていたようだが、それも、ウィルソンがキリスト教の信仰から離れて武術にのめり込んだことと無関係ではなかったかも知れない。ウィルソンが母親の世界観から離れ、父親の世界観により近いものを持ったために、温和な関係が築けるようになった可能性も考えられる。

以下の告白からは、彼が武術にのめり込んで行くのと同時に、キリスト教の信仰から遠ざかって行った様子が分かる。力によって人や物事を制圧し、コントロールすることを学ぶに連れて、彼にとって、信仰は何ら現実的解決を与えない味気ない理想論のようにしか見えなくなって行ったのである。

「高校卒業する頃に
父が大学の学資を出すと言ってきた。
チャタヌーガの町から外れた所だが
遺書に住むなら大学資金を出してやろう」
引越しが決まった。
武術学校を去るのは残念だった。
他にも武術学校があるとは知らなかった。
我が校が一番の武術学校だ。
ここのように教える学校は他にない、と教えられていた。
それが果たして本当かを探る良い機会でもあった。

テネシー州のクリーブランドという町に引っ越してから、
武術学校を電話帳で探すことにした。
電話帳をあけると、町が大きいほど
武術学校や道場が多く、
ある広告では、師匠の名前と黒帯何段とか、
第五、第六の夜明けや
どれだけ経験があるかなど
どういった武術を教えているかが書かれていた。

ほとんどの広告は、自分を守ろう、自信を持とう、
自尊心を高めよう、などと書かれており、目を惹きつける。
何が皆に欠けているかを広告は知っている。

改心した後に気づいたことは、すべての欠けたところは、
イエス・キリストによって本当に満たされるということ。
神に対する絶対的信仰の中でのみ見つかるということだった。

しかし、当時の私はまだそれを悟っていなかった。
神と教会から離れたのは14歳の時だった。<略>

少しずつ、私は敵の計画によって、
一つの宗教から別の宗教へと変わっていった。
教会の中で見つからない答えを武術の中で見出そうとした。

あいにく、私の求める答えはそこにあった。
自信がついて自分の生活をコントロールできていた。
もういじめっ子も怖くなくなり、頑固一徹になっていった。
時々口のほうが先走って
自分が出来る以上のことを言ったりもした。
武術で鍛えた技によりプライドが
自分の中で大きくなっていた。



こうして、武術を身に着けたことにより、ウィルソンはいじめっ子にも勝てるようになり、学校生活でもあたかも自分が悩んでいた数々の問題に勝利をおさめる力を得たように思えた。彼はそうして力によって問題を制圧し、勝利をおさめ、人生のコントロール権を得たかのように錯覚する度に、自分が本当は少しも成長したわけでなく、生まれながらの自己中心なプライドが大きく膨らんでいるだけであることに気づかなった。

<続く>

さて、これまでの記事で、グノーシス主義の本質は「肉のものを霊のものに見せかける」という偽装にあり、人類が堕落した天然の「肉の力」によって自力で神に到達しようと試みであると見て来た。

そこで、今回からは、しばらくの間、御霊によって歩む上で、信者が「肉のもの」と「霊のもの」を見分けることがどんなに重要であるかについて考えるため、キリスト教に入り込んだグノーシス主義が、どのような形で「肉のものを霊のものに見せかけようとする」か、その手法について詳しく見て行きたい。

先に説明したように、グノーシス主義思想は、聖書の「二分性」に強い拒否反応を示す。そして、切り離されたものの統合、対極にあるものの融合を訴えるが、そのような考えは、彼らが神と人との区別を認めないことから始まっている。

人類が神によって被造物として創造され、さらに罪の堕落によって神と分離したことを、この思想は認めない。そして、依然として、人類が創造される前の状態、堕落によって神との交わりを失う前の状態に、自力で回帰することを目指し、あたかもそれが可能であるかのように教える。

そのようにして、物質世界の被造物を霊なる神と同一であるとみなしている意味で、グノーシス主義は、神が霊であることを認めず、霊的世界があることをも認めず、仮に「霊」という言葉を使ったとしても、実際には、すべてを目に見える物質世界に置き換え、物質世界の被造物を神とする被造物崇拝の教えであり、それゆえ、あらゆる唯物論の起源であると言える。

唯物論も、汎神論や、東洋思想のように、「目に見える全宇宙と神とは一体である」とみなす思想も、基本的に、すべてグノーシス主義に含まれる。

要するに、グノーシス主義とは、神と人とが本質的に同一であって、人間がキリストの十字架の死を経ることなく、この物質世界にあるもの(人の生まれながらの天然の自己を含む)を通して、神に到達することができるという神秘主義の思想全体を指すのである。そこで、神という概念を用いておらずとも、物質世界にあるものがすべてであるとする唯物論は大きく見ればグノーシス主義の変種の一つである。また、グノーシス主義それ自体の神話のプロットにも見られるように、神は霊であると言って、至高神という存在があると主張していても、それを「虚無の深淵」と同一視し、事実上、神の概念を骨抜きにしているのでは、結局、被造物を神としているのと同じである。そのような意味で、仏教のように、すべては「空=無」であるとみなす思想も、事実上、グノーシス主義と同じ虚無の深淵を神としているのである。

グノーシス主義の特徴は、「あらゆる分離(区別、二分性)」を否定することにあるため、まず、この思想は神と人との分離を否定することから始まり、清いものと汚れたものの区別、霊なるものと肉のものの区別、男と女の区別を否定するなど、文字通りあらゆる区別を否定する。そして、本来的に相容れず、統合することができるはずもないものの統合を唱える。

ペンテコステ・カリスマ運動の指導者である手束正昭氏は、聖書の父性原理の二分性が人を精神病理に陥れる脅威になっていると主張して、キリスト教に「母性原理」を補う必要があると主張したが、そのような主張も、よく見れば、鈴木大拙のような東洋思想家の主張とまさに瓜二つである。

グノーシス主義と東洋思想は本来的に同じものであるが、そこでは、あらゆる対称性を超えた永遠の輪という概念を作り出すことによって、全世界のすべての造られたものが、終局的にはこの「輪」と同一であると結論づける。その「輪」(和)とは、虚無の深淵であり、死である。

だが、表向きは、この「輪」は、ウロボロスの輪に見るように、対極にあるものの統合の象徴ということになっているので、それは単なる虚無や、死だけを表す単純な概念ではないとされ、むしろ、破壊や死でありながら、創造の始まりであるということにされている。要するに、この「輪」の中に、生成と消滅、聖と俗、神と人類、精神と肉体、男と女などのすべてが含まれているというわけである。

しかしながら、このように、あらゆる区別を廃して対極にあるすべての概念を「統合」するというのは、人間が勝手に作り出した錬金術のような無理筋の詐術に過ぎず、事実、そのようなことは不可能事である。それゆえ、グノーシス主義の用いる「輪」は、実際意には、存在しないフィクションの概念であり、そこから始まり、グノーシス主義の「言語」は、すべてがこの「輪」と同様に、二重の概念を帯びたダブルスピークで出来上がっており、それゆえ、偽善的で、自己矛盾しており、不誠実で、虚偽だと言える。

たとえば、すでに見たように、般若心経も「不生不滅」「不垢不浄」(生成も消滅もなく、清さも汚れもない)など、対極にある概念をひとつにまとめ、その後、「無色無受想行識     無限耳鼻舌身意    無色声香味触法      無限界乃至無意識界    無無明     亦無無明尽      乃至無老死      亦無老死尽   無苦集滅道     無知亦無得」などと、延々とダブルスピークを続ける。 要するに、何もかも正反対のものが究極的には「無=空=輪」に集約されるわけであるから、対極にある概念を区別すること自体が必要なく、そのような区別はもとより存在しないも同然であり、意味をなさないというのである。      

ダブルスピークと言えば、思い出されるのは、「戦争は平和である、自由は隷属である、無知は力である」という、ジョージ・オーウェルが『1984年』で描いたディストピアの世界で人々の洗脳のために使われるスローガンであろう。オーウェルの作品は、ただ単にフィクションの域を超えて、ソビエト体制その他の実際に存在した全体主義体制の特徴を明白に描き出しており、今日も、全体主義を非難する際に手本のように引き合いに出されることが多い。

いわば、このような現実にも存在した全体主義ディストピアを生み出す原型となる思想が、グノーシス主義なのであり、この思想の中には、人を欺くための詐術が満ちていると言えよう。今、改めて『1984年』のあらすじを開いて読んでみると、そこにグノーシス主義が作り出す世界観が広がっており、それが慄然とするほどまでに、現代の我が国の政治状況、および、キリスト教界におけるペンテコステ・カリスマ運動に酷似していることを思わないでいられない。
 

 Wikipediaからのジョージ・オーウェルの『1984年』のあらすじの抜粋

1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国によって分割統治されている。さらに、間にある紛争地域をめぐって絶えず戦争が繰り返されている。作品の舞台となるオセアニアでは、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、物資は欠乏し、市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョン、さらには町なかに仕掛けられたマイクによって屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。

オセアニアに内属しているロンドンに住む主人公ウィンストン・スミスは、真理省の役人として日々歴史記録の改竄作業を行っていた。物心ついたころに見た旧体制やオセアニア成立当時の記憶は、記録が絶えず改竄されるため、存在したかどうかすら定かではない。スミスは、古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、禁止された行為に手を染める。ある日の仕事中、抹殺されたはずの3人の人物が載った過去の新聞記事を偶然に見つけたことで、体制への疑いは確信へと変わる。「憎悪週間」の時間に遭遇した同僚の若い女性、ジューリアから手紙による告白を受け、出会いを重ねて愛し合うようになる。また、古い物の残るチャリントンという老人の店を見つけ、隠れ家としてジューリアと共に過ごした。さらに、ウインストンが話をしたがっていた党内局の高級官僚の1人、オブライエンと出会い、現体制に疑問を持っていることを告白した。エマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書をオブライエンより渡されて読み、体制の裏側を知るようになる。

ころが、こうした行為が思わぬ人物の密告から明るみに出て、ジューリアと一緒にウィンストンは思想警察に捕らえられ、愛情省で尋問と拷問を受けることになる。彼は、「愛情省」の101号室で自分の信念を徹底的に打ち砕かれ、党の思想を受け入れ、処刑(銃殺)される日を想いながら“心から”党を愛すようになるのであった。

本編の後に『ニュースピークの諸原理』と題された作者不詳の解説文が附されており、これが標準的英語の過去形で記されていることが、スミスの時代より遠い未来においてこの支配体制が破られることを暗示している。<略>
 




党には中枢の党内局(2009年新訳では党中枢) (inner party) と一般党員の党外局(2009年新訳では党外郭) (outer party) がある。党内局員は黒いオーバーオール(かつての労働者階級の作業着だったとされる)を着用し、貴族制的な支配階級(上層階級)で、世襲でなく能力によって選ばれ、テレスクリーンを消すことができる特権すらある。

党外局員は青いオーバーオールを着る中間層(中層階級)で、党や政府の実務の大半をこなす官僚たちである。党の主要な監視対象は、上層階級に対して立ち上がる可能性のある中層階級である党外局員であり、党内局員も党外局員も反抗の意思を少しでも見せたら密告などに遭い、思想警察(思考警察)に連行され「蒸発」してゆく。「蒸発」した人間は存在の痕跡を全て削除され(例外あり)、その者は初めからこの世に存在していなかった(ニュースピークで言う「非存在」)として扱われる。

党に関わりを持たない人々はプロレ(2009年新訳ではプロール、the proles、プロレタリアの略)と呼ばれ、人口の大半を占める被支配階級(下層階級)の労働者たちであるが、娯楽(酒、ギャンブル、スポーツ、セックス、またその他「プロレフィード(Prolefeed、直訳すると「プロレの餌」)」と呼ばれる、党の制作した人畜無害な小説や映画、音楽、ポルノなど)が提供されている。彼らに対する政治教育は行われておらず、識字率も半分以下である。多くはテレスクリーンさえ持っておらずそれゆえ監視もされていないが、党はプロレ階層を社会を転覆させる能力のある脅威であるとは全く見ておらず、動物を放し飼いにするように接している。彼らは10代から働き、早くに子供を作って60歳までには死んでしまう。重労働が彼らを蝕み、彼らの住む貧民地区にはおびただしい犯罪が横行している。

党外局員およびプロレの生活水準はきわめて低いが、テレスクリーンによる宣伝によれば日用品などの生産は毎年驚くほど伸び続けており、1950年代の革命以前の社会は言語を絶するほどの貧しさだったという。もっとも過去の統計や過去に発表された目標数値は改竄され続けており、今より昔のほうが生活が豊かだったことを証明することは不可能である。

人間の性本能や愛情は抑圧されている。党は神経学的に性本能を抹殺し、性行為から快楽を除去しようと試みており、党や「ビッグ・ブラザー」以外への愛情は必要としない。プロレの性に関しては放置されているが、党員の場合、結婚は党への奉仕のために子供を生むための「儀礼」であり、男女間に肉欲がある場合は結婚を許可されない。若者の間には「青年反セックス連盟」というものがあり、完全な独身主義を提唱し性を汚すキャンペーンを行っている。


     
 
戦前回帰を唱える日本会議勢力によって占められた今日の我が国では、まさに「オセアニア化」が進んでいる。与党が国会の議席の大半を占めたことで、一党独裁化が極端に進み、ビッグ・ブラザーはまだ一応は生きた人間の形を取って国民の前に姿を現してはいるとはいえ、自分が事実上の神であるかのように高慢に振る舞い、ビッグ・ブラザーに逆らった人々は、「蒸発」とまではいかないものの、たとえ高級官僚であっても、捏造されたスキャンダルで職を追われ、社会的に抹殺されつつある。

これらの政権に逆らった人々に対しては、ネットやTVや新聞雑誌という「テレスクリーン」を通して、さまざまなネガティブ・キャンペーンが張られ、国民の憎悪が煽られている。

さらに、賃上げがあったとか、景気は上向いているとかいった虚構の成功談が盛んに宣伝されているが、その恩恵を受けているのは社会のごくわずかな最上層部だけであり、一般大衆労働者の中で、誰一人そのようなことを実感できる者はおらず、この噂話の真偽のほどは全く定かではない。折しも、高級官僚は日々、公文書の改ざんに手を染めていたことが発覚し、それが発覚しても何の悪びれることもなく、まだ自殺するほどの良心が残っていた者がわずかにいたことだけでも奇跡のようである。

国民の大半を占める労働者は精神をむしばむ有害な娯楽をあてがわれ、重労働と貧困によって疲弊させられ、人としての尊厳を奪われたまま、家畜のように搾取され、死へと追いやられている。ピラミッドの最下層に位置する一般大衆労働者への締めつけは年々強化されており、社会保障費は削減され続け、社会的弱者はネットで吊し上られ、今、機能停止している国会では、ちょうど与党だけの独断で「働き方改革」法案が強引に審議入りしたところである。この法案によって、我が国の一般大衆労働者にはより一層、総動員体制が押しつけられ、アウシュヴィッツ行きの列車の発車時間が早まろうとしている。

ビッグ・ブラザーに忠誠を誓う高級官僚や報道関係者の性的不祥事は大目に見られ、セクハラや暴行事件を起こしても処罰もされずに見逃される一方で、庶民のうちである芸能人等は、若さの絶頂を過ぎてもまだ結婚できずに独身のまま過ごすことを余儀なくされた上、彼らの自由恋愛は厳しい統制の対象となる。ちょうど最近でも、独身の芸能人が意中の少女に恋心ゆえにわずかに接近を試みたところ、その肉欲が厳格な処罰に値する悪しき暴力事件であるとして公に懺悔を迫られていることろである。

さらに、漢字も読めない大臣や議員が国政を動かし、ツイッターやフェイスブックや匿名掲示板やブログのコメント欄といった極めて短い文章しか書けないツールが登場したことにより、極端に言語を省略した「ニュースピーク」への国民の言語の切り替えが進行中である。

何よりも、「戦争は平和である、自由は隷属である、無知は力である」のスローガンの通り、国家の安全のためと称して戦争法が推し進められ、自衛隊は海外の戦闘地域へ派遣され、武器が輸出され、共謀罪が制定されて、人々の自由や人権を脅かし、教育現場でも、国家の経済政策に役立つ人間の育成ばかりが重視されて、カネ儲けと直接関わりのない人文科学は隅に追いやられ、知性の破壊が進んでいる。
 
他にも、続ければきりがないほどの類似点が挙げられるであろう。何しろ、日本会議もその源流はグノーシス主義であるから、それが政権を握れば、我が国がディストピアと化すのは当然である。

しかし、当ブログにおいて、主眼となるテーマは、キリスト教界に入り込むグノーシス主義的異端であるから、今はペンテコステ・カリスマ運動に話を移したい。

今日、まるでキリスト教の一派であるかのように、大きな顔をしてこの宗教の中に座を占めているペンテコステ・カリスマ運動は、実は純粋なキリスト教ではなく、東洋思想と合体して出来た異端であることをこれまで見て来た。

グノーシス主義は、「肉的なもの」を「霊的なもの」であるかのように見せかけて、人を騙す詐欺の教えであり、ペンテコステ・カリスマ運動にはこの騙しのテクニックがちりばめられている。片方では、彼らは自分たちが「聖霊のバプテスマ」と呼んでいる偽りの霊を受ければ、信者は神のように高められ、超常的なパワーを発揮し、人間には理解できない言語で話ができるようになるとして、霊的な事柄を追求するクリスチャンの心をひきつけながら欺いている。

他方では、そうした肉的な教えに耳を貸さなかったり、それに関わってひどい目に遭わされて疑問を感じるようになった信者には、私営の秘密警察・思想警察と化した「カルト被害者救済活動」をけしかけて言論統制を行う。この運動は、文字通りすべての教会と信者を監視の対象として7自らの監督下に置こうとしており、その指示に服さない信徒には、盛んにネガティブ・キャンペーンを張って中傷して教会から追い出し、暴力的脅迫により沈黙に追いやっている。

インターネットは、カルト被害者救済活動の支持者らが信者を支配するための双方通行の「テレスクリーン」として用いられている。彼らはこの「鏡」を通して、要注意とみなした信者らを監視し、彼らの思惑に従わない信者らをディスカウント・中傷し、脅し、傷つけて、黙らせようとしている。それによって、彼らの 「ビッグ・ブラザーがあなたを見守っている」(BIG BROTHER IS WATCHING YOU) という標語を実現しようとしているのである。

ここにおける「ビッグ・ブラザー」とは、人格というより、虚無の深淵としての「鏡」そのものであろう。そのような「鏡」の一つがインターネットであり、スマホや携帯電話などのツールであり、それらが人々の思想を監視するための双方通行の「テレスクリーン」の役目を果たしているのであり、神のようになりたいと願う者が、どこにでも偏在して「すべてを見通す目」を持つための手段として用いられているのである。

さて、これまでの記事では、ペンテコステ・カリスマ運動が、キリスト教と東洋思想の合体であることを、主として思想面から分析して来た。ペンテコステ・カリスマ運動が、キリスト教の父性原理に母性原理(ここで言う母とは被造物のこと)をつけ加えよと主張していることなどは、まさにこの運動の東洋思想とのほぼ完全な一致をよく表しているが、これから先、記事では、思想面のみならず、現象面を通しても、この運動の起源が東洋的神秘主義にあることを見て行きたい。
 
実は、ペンテコステ・カリスマ運動は、現象面においても、東洋的神秘主義に起源があることが明白なのである。ペンテコステ運動のミニストリーが、いかに超常現象を強調するものであるかは、今更、説明せずとも、多くの人々の知るところである。この運動は必ずと言って良いほど、彼らが「聖霊」と呼んでいる偽りの霊が引き起こす「しるし・不思議・奇跡」などの超常現象を強調する。
 
彼らの見せる奇跡の多くは偽物であるが、中には、本物の超常現象もある。筆者はかつてアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団にいた時代に、この教団の教会がしきりにペンテコステ運動の名だたる「宣教師」たちのセミナーや大会を推奨していたこともあって、そうした偽りの宣教師たちが海外から来日して開いた大会などを見聞きしたことがある。

ある大会で、次のような光景が繰り広げられた。詳細は覚えていないが、南米の国々などからやって来たと思われる白人の宣教師の一人が、講演中に、会衆に向かってステージに上がるよう指示した。ペンテコステ運動の集会では実によくある光景である。人々は何が起きるかと期待しながら、ぞろぞろステージに上がって行った。筆者と同伴者らもステージに上がった。そこで、偽りの宣教師が、ステージで何かを命じた(その言葉は、外国語だったせいか、それとも、異言だったためなのか、当時の筆者には意味が理解できなかった。)会衆の多くは、宣教師が命じれば、自分たちは床に倒れることになると初めから期待していたものと思われ、実際にそうなったのである。

むろん、スーツを決め込んだ白人の宣教師は、マイクの前に立っているだけで、誰にも指一本触れていない。ただ言葉で何かを命じ、わずかに手振りをしただけである。それだけで、ステージのかなり端の方にいた会衆たちにも、何かの衝撃波が到達したらしく、人々はよろめき、中には倒れる者もあった。

だが、筆者はそういう話を色んな場所で聞いて、眉唾ものだと思い、疑っていた。会衆が倒されることばかりに期待を寄せているから、倒れたいという自分の願望によって自ら倒れているだけなのではないかと疑っていたのだ。そこで、筆者は、半信半疑で、目をかっきと開いたまま、冷静に会衆の様子を見ていたが、宣教師はステージの上を歩き回り、まだ床に倒されていないで立ったままでいる人々に、手をかざすなどしてさらに倒し始めた。その時、宣教師のそば近くにたまたまいた筆者の同行者の一人が、宣教師の手の一振りで、吹き飛ばされるようにして完全に床に引き倒されてしまった。

今や大勢の会衆が当たり前のように床に転がるように倒れていたが、人々は催眠状態か恍惚状態にあるようで、そこには何か異常なことが起きたという危機感が全くなかった。倒された人々がパニックになることもなく、けいれんしていた人を世話する係まで用意されており、そうした出来事はすべてまるでありふれた日常的な風景に過ぎないかのような雰囲気があった。
 
だが、筆者は、自分の周りの人々に起きた異常を忘れなかった。引き倒された筆者の知人は、床に頭を打ち付けることもなく、また、倒れた衝撃で何らの不愉快な感覚を味わった様子もなく、瞬間的に気を失って、何か心地よい恍惚状態の中で、眠るように目をつぶっていた。おそらくその大会で自分が倒された事実さえ今となっては全く覚えていないほどであろうと思う。明らかに、その偽りの宣教師が、身振りと手振りだけで知人を地面に引き倒したことは明らかだったが、その倒れ方は、まるで風にあおられて自然に床に落ちた木の葉や、ティッシュペーパーか何かのように、音もなく滑るように瞬間的に仰向けに引き倒されたのであり、よく電車などで見かけるように、気分が悪くなった人が自主的に床に倒れ込む様子とは全く違っていた。数分程度、倒れたまま、目をつぶり、気を失っていたが、呻いたり、苦しんだりしている様子もなく、完全に無意識の状態に置かれていたのである。その後、意識を取り戻して起き上がっても、困った様子もなく、異変を感じている様子もなく、普通に行動し始めた。

その衝撃波は、筆者には何一つ影響を及ぼさなかったが、筆者はその時、目撃した異常を忘れなかった。その出来事を通して、偽りの宣教師たちが強調している「超常現象」が、必ずしも捏造された奇跡や、サクラの演出などによるヤラセばかりではなく(そういうものも多いかも知れないが)、実際に偽りの宣教師たちの中には、明らかに何かの人間離れした超自然的な力を行使できる者がいることを知ったのである。

今から考えると、その力は、仏教やヒンドゥー教の僧侶やシャーマンたちが、修行を通して得られる、魂の力を開発した超常的な能力だったに違いないものと思われる。当時、来日していたペンテコステ運動の「霊の指導者」たちは、ほとんどが白人であったが、彼らは東洋的神秘主義に由来する力を身に着けていたのである。

東洋思想とは、神と人とが本来的に一つであるという神秘主義思想であるが、ただ単に頭の中だけで考え出され、頭脳を通して理解される思想とは異なり、人間が修行を通して自己を鍛え、実際に神と合一したと言えるような神秘体験をし、何かの超自然的な力を行使できるようになるための「秘儀」を含んでいる。そして、それはインドやその他の地域で絶えず開発・利用されて来た能力であるとはいえ、日本にも伝来し、我が国では武士道という最も完成された形を取って現れたのである。

私たちは、三島由紀夫が武士道を通して自分を鍛えようとしていた事実や、有名な武士道の書『葉隠』の中に、「武士道と云ふは死ぬことと見つけたり」という一節があることなどを知っている。

武士道とは、いわば、「虚無の深淵」を神とし、すべての目に見えるものが本質的にこの「虚無の深淵」と一体であるとみなす東洋的思想の神秘主義の完成として作り出された「死の美学」である。武士道の極意は、いかに人間が常日頃から死と一体化し、死を美学として完成させるために生きるかを示す方法論のようなものである。彼らは、生きているうちから死と一体化することにより、死によって脅かされている儚く脆い生命の「美」を極めようとするのである。

だが、武士道を「美学」とみなすことは、この誤った思想のほんの表面的だけを見る偽りである。武士道とは、ただ単に水面に浮かぶうかたかや、散って行く桜を眺めては、その無常に思いを馳せ、情緒的感慨に浸ってため息をつくという種類のものではなく、残酷な力の行使である。儚く脆い命を愛で、自分も儚い命として自分を守り、自己完成を目指すという美しい響きとは裏腹に、その本質は、憎しみと怨念のパワー、堕落した魂の力に由来する暴力の行使なのである。

そのような東洋的神秘主義に由来する力が、キリスト教界に入り込んでいること、まさにその魂の力こそが、ペンテコステ・カリスマ運動の本質であることを、次回以降の記事で、実際に、様々な動画などを例に取り、詳しく見て行きたい。

・ハンセン病の絶対隔離政策に見る、「慈愛」や「同情」を装う偽りの救済事業」の危険性
 
さて、これまで、グノーシス主義がしきりにキリスト教の父性原理に基づく二分性を糾弾し、「慈愛」や「慈悲」によってすべてを包容する「母性的情愛」を高く掲げていることを見て来た。

今回、私たちは、グノーシス主義がしきりに善良な要素として掲げる「母性的情愛」なるものが、本当に人間を解放することに少しでも貢献するのか、むしろ、「慈悲」や「同情」といったうわべだけは美しく響く概念が、どれほどその美名とは裏腹に、人間をディスカウントして貶め、人を弱さの中に閉じ込めてそこから受け出せないように支配する口実として利用されるかということを、以前にも一度触れたことのあるハンセン病の絶対隔離政策を例に見ていきたい。

ハンセン病患者に対する強制隔離政策は、我が国で、約90年以上も続けられて来た。

ハンセン病は、我が国では、古来から、世間では「家系に伝わる不治の病」「業病」などと呼ばれて、不当な差別の対象とみなされて来た過去があるが、我が国で、国家レベルでハンセン病者に対する差別的な隔離政策が推進されるようになったのは、明治になってからのことであった。
 
明治になってから、我が国は、近代国家としての体裁を急ごしらえで身に着けようと、西欧諸国にならって文明開化を急いだ。「内地雑居」により、欧米人が自由に日本国内を行き来できるようになった頃、当時の日本政府は、ハンセン病患者の存在を、文明開化した国にはふさわしくない、未開の国の無秩序状態を示す「国家の恥」とみなして、ハンセン病者を「国辱」であるかのように考え、排除を決定したのであった。

つまり、欧米人の前で、国家の見栄や体裁を保ちたいという理由で、国はハンセン病者を社会的に抹殺・隔離・根絶することを決め、それに基づいて、明治以降、平成に至るまで、政府が率先して絶対隔離政策を長年に渡り、推し進めて来たのである。

以下は、後ほど紹介するように、絶対隔離政策がようやく違憲として廃止された後、2005年に厚労省でとりまとめられた「ハンセン病問題に関する検証会議による最終報告書」からの抜粋である。そこには、明治政府が、1907年に「癩予防ニ関スル件」という法を定め、ハンセン病者の隔離政策に踏み切った理由が、対外的な見栄を保つためであったことが示されている。
 
そこから、欧米人と肩を並べる列強として、文明開化された強い軍事力を持つ国であることを対外的に演出したかった当時の明治政府から見て、ハンセン病患者は、アイヌ民族や、精神障害者と並んで、「野蛮」や「汚濁」を象徴する存在として、覆い隠さねばならない存在とみなされたことが分かる。

 

当時の日本の衛生政策は、防疫、すなわちコレラなどの急性感染症への対処に追われていて、とてもハンセン病への対策を実施する余裕はなく、ハンセン病患者への医療は、こうした宗教的施設に依存するばかりであった。

では、なぜ、1907(明治40)年、法律「癩予防ニ関スル件」を公布し、国家はハンセン病患者の隔離に踏み切ったのであろうか。その契機は2 つある。1 つは、1897(明治30)年、ベルリンで開かれた万国癩会議で、ハンセン病が感染症であり、その予防策として隔離がよいと確認されたことであり、もう1 つは1899(明治32)年に欧米諸国との間の条約の改正により新条約が発効し、「内地雑居」が開始されたことである。

「内地雑居」により、欧米人たちは日本国内を自由に居住し、旅行できるようになった。

当時、
ハンセン病には遺伝病という認識が支配的であったため、患者は家族・親戚への差別を恐れて、自宅に隠れて暮らすか、家を出て放浪して行方をくらますかの、いずれかの境遇を強いられていた。

放浪する患者のなかには、神社・仏閣などの門前で物乞いする者も多く、「内地雑居」が始まると、そうした放浪患者の姿を欧米人に見られることは国家の屈辱と考えられた。なぜならば、当時、ハンセン病は北米やヨーロッパには少なく、アジア・アフリカ・ラテンアメリカなどに多くの患者を発生させていたからである。

1900(明治33)年12 月、内務省が初めておこなったハンセン病患者調査では、患者数3 万0359 人、「血統戸数」19 万9075 戸、「血統家族人口」99 万9300 人と報告されている(国立療養所史研究会編『国立療養所史』らい編、厚生問題研究会、1975 年)。ここで、「血統」という表現を使用しているが、これは内務省がまだハンセン病=遺伝病説に固執していたということではなく、家族に患者を抱えている戸数と家族の人口という意味である。すなわち、「血統家族人口」とは、家族間で感染している可能性があり、今後、発症するかも知れないという人口を意味しているのである。

この数字は、国家にとって大きな衝撃であった。日清戦争に勝利し、条約の改正にも成功した本にとり、アジア・アフリカの植民地並みの患者が存在することは国辱以外のなにものでもなかった。

ちょうど、この頃、1899(明治32)年に「北海道旧土人保護法」が成立し、1900(明治33)年には「精神病者監護法」が成立しているが、法律「癩予防ニ関スル件」もまた、これらの法律とともに「内地雑居」との関連性をもって評価されるべきであろう。


すなわち、アイヌ民族への「保護」を掲げた「北海道旧土人保護法」や精神障害者の座敷牢ヘの監禁を認めた「精神病者監護法」について、小熊英二は「欧米人の視線から<野蛮>ないし<汚濁>とみなされかねない存在を隔離し被いかくす対策」の一環とみなしているが(『<日本人>の境界』、新曜社、1998 年)、法律「癩予防ニ関スル件」もまた、その一環とみなすべきである。

(厚労省「ハンセン病問題に関する検証会議、最終報告書」、pp.52-53)



こうして、もともと国家の対外的な面子を保つ上で、ハンセン病患者の存在自体を「国辱」とみなす考え方が生まれ、それを土台に、光田健輔のように、ハンセン病患者の治癒後も含めた生涯に渡る絶対隔離の必要性や、断種による患者根絶の必要性を強力に唱える(ある意味ではマッドサイエンティストのような)医師が登場して、多大なる影響を行使した結果、「癩予防ニ関スル件」、「無らい県運動」、「らい予防法」などの、日本政府による数々の非人道的な絶対隔離政策が成立して行ったのである。

このように、医学的な見地に立つよりも、むしろ、中世あるいはヘイトのような差別感情に基づくものと呼んだ方がよい我が国におけるハンセン病者への絶対隔離政策は、1943年にアメリカ合衆国で「プロミン」の治療効果が報告されて、ハンセン病の治療が可能となり、その後、これを改良した治療薬が開発されて、ハンセン病が事実上、不治の病ではなくなった後も、撤廃されることなく長年、続行された。

「らい予防法」に基づく絶対隔離政策がようやく終焉を迎えたのは、2001年5月11日に国立ハンセン病療養所に入所している元ハンセン病患者が起こした「らい予防法違憲国家賠償訴訟」において、熊本地裁が絶対隔離政策を違憲とする判決を出し、国が控訴を断念し、ハンセン病患者・元患者に謝罪を行ってからのことである。

1953年(昭和28年8月15日)に制定された「らい予防法」それ自体は、1996年(平成8年4月1日)の第136回国会で廃止されていたものの、この時点では、「らい予防法」に基づく「絶対隔離政策」や「患者絶滅政策」の違憲性は何らまともに検証されていなかった。こうした政策そのものが反人間的な違憲の法であったことが初めて明らかにされたのは、上記の熊本地裁判決においてである。

その熊本地裁判決が出された翌年の2002年に、政府は「ハンセン病政策の歴史と実態について、科学的、歴史的に多方面から検証を行い、再発防止の提言を行う」ことを目的に、検証会議を設置し、その後、2年半に及ぶ調査の結果、2005年3月1日に検証会議が「最終報告書」をとりまとめて厚生労働省へ提出した。

この最終報告書は、検証会議が行った療養所における患者や元患者への膨大な聞き取りや実態調査、さらに、長い歴史時代に渡って培われた差別構造についての多角的な考察や検証などを含んでおり、極めて重大な意義を有するものであるが、それでも、この調査報告がまとめられただけでは、それはハンセン病者らの不当に奪われて来た人権が回復されるための最初の一歩に過ぎない。

その後、政府は、「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」を設けることににより、絶対隔離政策の犠牲となった元患者らへの補償金の支給を決定したものの、この補償金は、法律の施行からわずかに5年間の間しか請求できないと制限がつけられ、その5年の間に請求がなければ、受給できないものとされて、2006年6月で請求期間が終了した。

だが、その申請期間に、この法律の対象となりうるどれだけの患者・元患者らが、この法律の存在を知って、請求を行ったのかは、その後の調査もなく不明である。何しろ、90年間もの長きに渡り、差別と隔離の歴史が続き、自分の病気を患者が公表することもはばかられる環境が作り出されて来たのだ。その後で、ようやくその悪法が違憲と認定されてから、わずかに5年の間に、新しい法律に基づき、補償金の申請をせよというのは、あまりにも元患者らにとって、不親切・不案内かつ配慮に欠ける措置ではないだろうか。

療養所を退所した後、かつて隔離されていた過去をひた隠しにしながら息をひそめて生きたであろう多くの人々の存在を考えてみると、未だ差別意識に苦しめられているがゆえに、そのような権利があることを知っても、あえて行使しなかった人々もいると思われる。しかも、この補償金が違憲の法律によって家族のメンバーを残酷に家庭から奪われた人々などは対象としていないことにも、決してこれが政府による隔離政策に対する十分な反省や償いを示すものとは言い難いことは明らかである。

国は戦後、かつての軍人やその遺族に手厚い恩給や年金を支給しているのであるから、長年、隔離され、人権を奪われ続けて来たハンセン病者やその家族に対する補償は、決して期限付きの自主申請に基づいて行われるべきものではなかったと考えられてならない。

政府が90年以上もに渡る隔離政策の後で、療養所の入所者や退所者に関するきちんとした後追い調査をせずに、補償金の受け取りをただ元患者らの自主申告に委ねたことは、大きな間違いであると思われてならない。

こうして、元患者らへの、隔離によって奪われた人生の年月や、残酷な断種政策によって侵害された人権に対する償い、また、隔離施設の中で、非人間的な差別的扱いのもとで開かれた「特別法廷」で出された判決の再検証などの取り組みについては、法曹界からの声などは上がっているが、政府からは、今も個別の訴えがない限り、遅々としてなされていないのが現状であると言える。

もしも真の「国辱」とは何であるか、真の「野蛮」や「未開」の概念とは何を意味するかを考えるなら、このように、政府が自ら不当に弾圧して来た人々の人権の回復に積極的でなおい態度を取り、いたずらに補償金の受け取りを制限し、絶対隔離政策のもたらした害を個人の責任として押しつけて放置するような態度を取っていることこそ、文明国家の恥であると言えよう。

さて、以上で挙げたハンセン病に関する検証会議の最終報告書は、「ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書」(厚労省)および「ハンセン病事業検証調査」(公益財団法人日弁連法務研究財団)のホームページで見ることができる。
 
だが、おかしなことに、厚労省が出しているホームページでは、「第四  1953年の「らい予防法」―強制隔離の強化拡大の理由と責任― 」における「第4  藤楓協会および皇室の役割」の項目には、個別のリンクが貼られていない。

よくよく探せば、この項目は、その上にある第三の全体版に合体されていることが分かるが、他のすべての項目では個別のPDFが存在するにも関わらず、皇室の責任を問うたこの項目だけに、個別のPDFのリンクが存在しないことは、非常に奇妙に感じられる。偶然のミスなのであろうか。

さて、以下では、この最終報告書を参照しつつ、皇室および、宗教界の中から、キリスト教を例にとりつつ、これらの宗教勢力が、なぜ絶対隔離政策を廃止する原動力とならないどころか、むしろ、強力にこの人権侵害を黙認し、むしろ、擁護するための大義名分の役割を果たしたのか、それぞれの「救済観」の誤りという問題に照らし合わせながら、考えてみようと思う。

まず、皇室からである。

ハンセン病者は、「慈悲深い皇室」というプロパガンダを国民に流布するために大いに利用された。絶対隔離政策は、ただ暴力的に患者を隔離するという方法で推進されたのではなく、皇室がハンセン病者に「慈愛の涙を注ぎ、救済の手を差し伸べる」という「神話」や美談によってカモフラージュされながら、推進されたのである。

> 近代日本の皇后像を研究した片野真佐子は、「皇室を慈善恩賞の府、とりわけ慈善の府となし、皇恩の広大さを目に見えるかたちで国民に知らしめるもっとも有効な事業はなにか。的は『救癩』事業にしぼられた。問題は国家の体面にかかっている。『癩』の問題を放置する国家を、西洋社会は文明国家と認めないからである」と述べ、皇室と「救癩」の接点となったのが貞明皇后節子さだこであったと結論する(片野真佐子『皇后の近代』講談社、2003 年)。

たしかに、貞明皇后(節子は1926 年12 月25 日に大正天皇が死去した後は皇太后となるが、本報告書においては諡名である貞明皇后で表記を統一する)は、1930(昭和5)年、癩予防協会設立の基金に「御手許金」を「下賜」し、1932(昭和7)年11 月10 日には、大宮御所の歌会で「癩患者を慰めて」と題して「つれづれの友となりても慰めよ 行くことかたきわれにかはりて」などの歌を詠むなど、皇室の「救癩」の象徴となっていく。

では、なぜ、象徴の役割が貞明皇后でなければならなかったのか。これについては、片野も引用している次田大三郎「地方局の思い出を語る・上」(『自治時報』1959 年5 月号)に詳しい。それによれば、癩予防協会設立時、内務省地方局長であった次田は内相安達謙蔵に対し、「一つ、皇室のお力を借りられたらいいのではないか。大臣が皇后に拝謁されて、あの光明皇后―奈良時代の光明皇后の先例にもあるから、皇后が、そういう哀れなるらい患者のために大御心をわずらわすということにされたらいいと思う。そういうことをお願いなすつて、皇后がそれをやつてくださるということであれば、それはもう皇室中心の日本で、きゆう然として世論がそれにしたがつて来るだろうと思う」と述べ、安達もそのとおりに、貞明皇后に願い出て、同意を得たという

次田は、隔離政策に国民の理解を得るための「プロパガンダの一つの方法」として、貞明皇后を担ごうとしている。そして、その根拠は光明皇后の「救癩」伝説にあった。かつて、光明皇后がハンセン病患者の背を流し、膿を吸ったという伝承を現代に再現する意味で、貞明皇后は象徴となり得たのである。 
(ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書 p,144)



光明皇后に関する「神話」に重ね合わせる形で、貞明皇后が「救癩」の象徴として担ぎ出された。それは、皇室が主体となって、ハンセン病者を「救う」という「お涙頂戴物語」を隠れ蓑にして、政府が事実上、「国辱」とみなしていたハンセン病者を、可能な限り、穏便かつ早急に社会から排除するためであった。

そのために、「皇后じきじきにハンセン病者の苦悩に寄り添い、慈悲をかけられた」という「救済神話」が作り出され、恐るべき隔離政策が、皇室に由来する費用の下に、「同情」の名のもとに進められて行った。

こうして、「慈悲」や「救済」の概念の下、ハンセン病者の「根絶」や「絶対隔離」という忌むべき政策の非人道性が覆い隠され、国を挙げての人権侵害が正当化されたのである。
 

貞明皇后は、すでに1925(大正14)年、後藤静香が主宰する教化団体希望社を介してハンセン病患者の処遇に関心をいだき、「女官一同」の名で、金一封を後藤に贈っていた(加藤義徳「後藤静香と救癩運動」、『JLM』571 号、1980 年11 月)。希望社は全生病院への慰問や群馬県草津の鈴蘭園への支援をおこなうなど、隔離を前提にした患者の「救済」を実践し、希望社が発行する『希望』は宮中の女官にも読まれていた。

貞明皇后は安達内相の申し出を受けて、1930(昭和5)年11 月10 日、「御手許金」24 万8000円を内相と拓務相に「下賜」した。このうち、20 万円が癩予防協会の基金に組み込まれ、残りは日本国内と朝鮮・台湾の計10 か所の私立療養所への補助、公立療養所職員への慰安、および公私立療養所入所者への慰安に使用された(関屋貞三郎『皇太后陛下の御仁慈と癩予防事業』、癩予防協会、1935 年)。

その際、入江大宮大夫より「熟ら思召さるゝには世に不幸な者多しと雖も癩病患者の如く治療の方難く家庭の楽もなき悲惨なるものあらしと最も御同情遊はされ、又其の患者を救護し事務に尽瘁する人々の献身的の至誠に深く御感動あらせられ、今般此種の社会事業に対し夫々御下賜あるべき旨御沙汰あらせらる」という「謹話」が発表され、貞明皇后の「同情」が強調された(『山桜』12 巻10 号、1930 年10 月)。

また、1934(昭和9)年3 月、中央社会事業協会主催の社会事業中央講習会で、「皇室と社会事業」の題で講演した前宮内次官関谷貞三郎も、貞明皇后と「救癩」の関わりについて詳しく論じている。この講演は、同協会より冊子になり刊行されているが、全体47 頁のうち、貞明皇后と「救癩」についての叙述が7 頁を占めている。講演は、古代から近代に至る内容であったことを考えると、その比重の大きさは否定できない。<略>

貞明皇后のハンセン病患者への「仁慈」は植民地にも流布される。<略>

さらに、1942(昭和17)年、「大東亜共栄圏」に日本のハンセン病患者を送り出し、現地の患者を看護させようという「救癩挺身隊」構想が、長島愛生園などから提起されると、同園事務官宮川量(ペンネーム東洋癩生)は「八紘一宇の理念さらに我等に尊い皇室の御仁慈がある。これを大東亜の病める兄弟姉妹に頒ち与へ、共に大恵に浴さしめたい」と訴え(東洋癩生「大東亜救癩進軍譜」、『愛生』13 巻1 号、1943 年1 月)、入所者の間にも、隔離された自分たちでも御国に奉公できるという意識が強まり、星塚敬愛園の入所者は、貞明皇后の「つれづれの友となりても慰めよ」の歌をもとに皇室の「仁慈」が「大東亜共栄圏」のすべてのハンセン病患者を救済する「御歌海を渡る日」を待望していた(南幸男「南方救癩に処する我等病者の心構え」、『愛生』13 巻3 号、1943 年3 月)。

結局、「救癩挺身隊」構想は、戦局の悪化で実現しなかったが、貞明皇后のハンセン病患者への「仁慈」がこうして、患者の戦争動員の論理にも適応されていった。

このように、ハンセン病患者は皇室の「仁慈」を顕在化させる恰好の対象とされた。しかし、その一方で、ハンセン病患者は皇室の権威を借りて排除された事実も指摘しなければならない。
(同上,pp.144-145)



もちろん、この残酷な絶対隔離政策に、患者自身が抵抗しなかったわけではない。当時のハンセン療養所では、強制的に隔離された患者たちが、脱走や逃亡を企てたり、反乱が起きることもなかったわけではない。

しかしながら、療養所では、貞明皇后がハンセン病者を哀れんで詠んだとされる歌や、皇后の「慈愛」に満ちた「救癩」の取り組みがしきりに強調されることにより、隔離された患者らの心には、「皇后じきじきに関心を持って下さるのだから、私たちは国家の恥として見捨てられ、抹殺された存在ではない」とか、「私たちは差別されているだけの惨めで哀れな存在ではない」などという考えが植えつけられ、患者らは、皇后が自分たちに慈悲を垂れたという美談によって自分を慰めることで、おとなしく隔離に自主的に応じるようマインドコントロールがなされて行ったのである。

こうしてハンセン病者は、皇室が「慈悲深い救済者」であり、見捨てられた社会的弱者の「救済事業」を主体的に行っているという「美談」や「神話」を作り出し、身分差別を強化・固定化していくための大いなるプロパガンダとして利用されたのである。

そうした伝統は戦後になっても受け継がれる。

こうした藤楓協会が国民に強く訴えたのが皇室の「仁慈」である。一般的に、日本の医療・福祉関係の施設・団体には多くの皇族が顔を並べている。日本赤十字社を筆頭に多くの皇族が名誉総裁などの地位を占め、また、皇族が旅行すると必ずと言っていいほど、病院や福祉施設を慰問する。

戦前は、男性皇族は軍務に就き、女性皇族は軍事救護や福祉に関わるという、まさに厳父と慈母というイエ制度に基づくジェンダー的役割分担をおこなってきたが、戦後は男女とも、福祉の顔を国民に向けることになった。

ハンセン病に関しては、特にそれが顕著である。藤楓協会のみならず、菊池恵楓園、邑久光明園の園名には、いまだに皇后たちの印章や謚号が使われている。戦後の皇族は、どれほどハンセン病と関わってきたのか。

皇族のなかでは高松宮宣仁が頻繁に療養所を訪れている。高松宮は、藤楓協会の初代総裁であり、1987(昭和62)年に死去した後は、妻の喜久子が総裁を継いだ。貞明皇后に続き、高松宮は皇室のハンセン病患者への「仁慈」の象徴となった。

ここで、特に注目するべきは占領期の高松宮の行動である。高松宮は1947(昭和22)年から1951(昭和26)年までの5 年間に、全国9 か所の療養所を廻っている。これは、高松宮の自発的なものだったとは考えられない。皇族の行動には、それなりの意味がある。(同上,pp.151-152)


ロイヤルファミリーという特権階級の存在意義を世間に納得させ、その威光を社会に輝かせるためには、彼らが絶えず、自分たちが最もひどく搾取している対象である弱い人々を気にかけ、特に打ち捨てられた社会的弱者に関心を寄せ、彼らに救援の手を差し伸べているというポーズを取ることが必要不可欠である。

やんごとなき人々が「慈悲深い姿」を社会に見せることが、支配階級を存続させるための絶好のプロパガンダであるという認識は、日本だけに限ったことではない。

そのような慈善事業は、一見、支配階級が格差や差別によってできた溝を埋め合わせるために行っているように見えるかも知れないが、真の目的はそれとは正反対である。それは格差や身分による差別をより一層、強化・固定し、永遠にそれが覆されることがないよう、支配階級に対する弱者の怨念の一種のガス抜き、うわべだけのプロパガンダとしてなされているだけなのである。

つまり、やんごとなき人々が、雲上人の高みから、どん底の苦しみの中にいる人々に関心を示し、同情の涙にくれて手を差し伸べるという「神話」が作り出されることにより、うわべだけ、「差別する側」と、「差別される側」との間の感情的対立が緩和され、両者の和解が成立したかのように見える。

差別階級は、「慈悲」の名のもとに、被差別階級のために涙を流し、被差別階級は、その涙を見て、自分たちの労苦がかえりみられ、差別階級が反省を示して歩み寄りをしてくれたかのように考えて自分を慰める。ところが、現実には、「慈悲」という隠れ蓑の下で、「哀れむ側」と「哀れまれる側」との間にある圧倒的な不公平や身分差別は、なくなるどころか、より一層、強固に固定されて行く。

「哀れむ側・施す側・助ける側」だけが一方的に栄光を受け、「助けられる側」は、ますます惨めな境遇の中に閉じ込められて、支配階級の栄光と満足の道具とされて行くのである。

従って、その慈善事業は、実際には、社会的強者を永久に強者のままにしておき、社会的弱者を永久に弱者のままに留め置くための「ポーズ」でしかない。その実態は、「救済」どころか、「不当な支配や搾取の正当化」であり、人々を弱さの中に閉じ込め続けることで、永遠に搾取の対象とすることにあり、実際には「救済事業」という見せかけの美しい名目とは正反対の役目を果たしているのである。

こうして、「慈愛」や「同情」や「救済」の美名のもとに行われる排除、支配、差別、隔離、マインドコントロールが存在する。

当時、ハンセン病のほとんどの療養所では、貞明皇后がハンセン病者を「慰める」ために詠んだとされる歌が、皇室からハンセン病者への「御恵み」として宣伝された。以下の記述を通して、ハンセン病者を利用して「慈愛に満ちた皇室」のイメージが作り出され、それがまるでカースト制のような、差別に基づく支配構造を固定化するために大いに利用されていた様子が分かる。

「我々国民として最も尊ぶ皇室」の威光を輝かせるためには、それと正反対の「日本で一番虐げられて居る、踏みにじられている癩者」の存在が大いに役立ったのである。

「癩予防協会」は、1931 年3 月に、絶対隔離政策を支持する世論作りのために、大正天皇の后、貞明皇太后節子が深く関わり設立されたものである。この時ハンセン病医療のために出された節子の「下賜金」25 万円の内の10 万円が設立の基金とされているが、基金ということ以上に、皇太后節子の関わりは世論形成に大きな意味を持った。

癩予防協会は、節子の誕生日である6 月25 日を「癩予防デー」と定め、「癩撲滅」「絶対隔離推進」の世論喚起の取り組みを行い、11 月10 日を「御恵みの日」と定め、「我々国民として最も尊ぶ皇室皇太后陛下が日本で一番虐げられて居る、踏みにじられている癩者に御手を下し給ふた」ことが皇室の慈愛として強調されていったのである。

ハンセン病問題における皇室の存在の大きさは、節子が「癩患者を慰めて」と題して詠んだ「つれづれの友となりても慰めよ 行くことかたきわれにかはりて」という歌の歌碑が、私立も含めて、ほとんど全ての療養所(菊池恵楓園は額装のみ。現在は倉庫に格納されている)に存在し、現在も大切に扱われていることからもうかがえる。「御恵みの日」の11 月10 日は、この歌が詠まれた日にちなんでいる。

光田健輔は、療養所内の反応を「患者たちにとりては、境遇上虐げられ、さいなまれた夜が明けたように有難く思うたことであろう」と述べ、「その声が療養所から叫ばれるとき、民衆は一日も早く病者を恩恵の楽天地に送ることを心がけるであろう」(『愛生』3 号 1932 年)というように、皇太后節子の存在を、絶対隔離政策推進の大きな力として感じとっている
(同上、pp.436-437)


だが、こうして、残酷な隔離政策、差別と支配の構図の上に立って、ハンセン病者を利用して存分に栄光を受けたのは皇室だけではなく、宗教界も同じであった。

最終報告書には、キリスト教がどのように隔離政策の推進に利用されたかというくだりもあるため、読んでみよう。
 

信仰によって苦難もよく之を征服する事を得べく、苦難に遭遇し初めて真の信仰に生きる事が出来るのだ、我々は苦難に打ち勝ち初めて意義ある人生の光明を見出す事が出来る。(「苦難の恵み」仁人 『甲田の裾』1931 年9 月号)

苦難を恵みとして受けとめ、それに打ち勝つことが「真の信仰」なのだと受けとめられている。
このように信仰による安らぎを与える「慰安教化」活動は、そのまま入所者に対して「隔離の受容」を植え付けていくことと表裏となるものであった。

2)「隔離の受容」の植え付け

「隔離の受容」の植え付け、このことが、ハンセン病問題に対する宗教の責任を明確にしていくうえでもっとも重要な事柄と言える部分である。

まずキリスト教の事例から考えていきたいが、多磨全生園のある入所者は、次のように述べ、ンセン病は天主(神)が人間に対して許可した疾病で、それには霊的すなわち宗教的な意味があるはずだと主張している。<略>

十字架の贖罪にしめされた天主の愛を知り、新生を経験した癩者の魂は、かつては自らの生ける屍を埋めるために来た墳墓である癩園を、聖寵の花園に変える。肉親との離別の寂寥、病まざりしならば知り得たであろう人間生活の諸々の愉しみ、病気の肉体的苦痛、それらをすべていと小さい犠牲として捧げる。それらは云いがたい霊魂の冨となって、彼の中に浄らかな喜びを溢れさせるだろう。」 (「癩と信仰」光岡良二『声』1954 年6 月号)

イエスの十字架上での苦しみと死を通して神の愛を知る者は、苦しみを神に捧げる貴い犠牲として受け入れることができ、そのことが療養所の中で生きていく上で喜びをもたらすとの理解である。

一言で言えば、病気とそれゆえの隔離の苦しみを受容し耐え忍び、喜びと変えて療養生活を営んでいくための支えとして、キリスト教は役割を果たしてきたと言える。そのことは、次の神山復生病院院長岩下壮一の「祖国の血を浄化せよ」というタイトルの講演でも顕著である。

この講演で岩下は、宗教あるいは信仰の果たす役割を「納得の装置」とみなし、なぜこの病気にかかったかという質問にどう答えるのかとの友人の質問に、「これはただの道徳や慈悲の心では解決できない、信仰の世界に入らなければ納得させることができない、実に癩問題には必然、宗教問題が伴わなければ満足な解決は得られない」(『岩下壮一全集・第8 巻』)との考えを示している。

ここでの信仰の世界とは隔離政策を受容し、自分の病気の苦しみを犠牲として神に捧げることである(岩下壮一「病者の栄光の日近づく!」『声』No.736 1937 年5 月号)。要するに隔離政策の中で生きていくには十字架にかかったイエスを思い起こす信仰によって不満や怒りを鎮め、さらに皇恩を感謝して生きるようにと促していくのである。
(同上、pp.444-445)

ここで、宗教あるいは信仰が、あらゆる理不尽な人権侵害に対する「納得の装置」としての役割を果たしたと指摘されていることは興味深い。

療養所において、キリスト教界の伝道者らは、ハンセン病患者が、このような病にり患したという不幸な事実だけでなく、その上に、政府の不当な絶対隔離政策によって社会から排除されて、残酷に人権を剥奪されて暮らさねばならなくなったという不幸をも、あたかも「キリストの十字架の苦難」にならうことであるかのように説くことにより、患者らの抵抗を静めることに貢献した。

キリスト教の伝道者らは、療養所を訪問しても、病者に向かって、苦しみの中に、「神の御心」を見いだすことによって、苦難を感謝しつつ耐え忍ぶように説いて聞かせるばかりで、決して政府の隔離政策そのものの不当性を訴えることはなかった。

このように、患者らが病という苦しみに冒されるだけでなく、絶対隔離政策という人権侵害の苦しみまでも耐え忍ぶことを、伝道者らは「霊的研鑽を積み、神に近づくための尊い宗教儀式」であるかのように説こうとしたのである。

このように、国家神道だけでなく、キリスト教界も、信仰を隠れ蓑にしつつ、患者らに不当な苦難を、抵抗することなく、甘んじて受け入れるように教え、人権侵害を正当化し、覆い隠す一種の「アヘン」(「納得の装置」)としての役割を果たした。さらに、カトリックは、そこからすすんで、患者らが療養所に隔離されていること自体を、あたかも出家者が俗世を離れて山奥で隠遁生活をするように、修道院生活と同一視することで、患者らが世俗の社会を離れて霊的な修練を積み、神に近づくことに専念できる生活は幸いであるとする考え方までも生んだ。
 

さらにキリスト教の信仰を持つものに対しての隔離の受容ということの極めつけは、療養所を修
道院と見なすことである。前出の多磨全生園の入所者は「癩と信仰」というタイトルで次のように記している。

「癩園にも特有の人間の悪意があり、醜さがある。其処と言えども原罪、自罪から自由に離れた世界ではない。しかし国家社会の保護の下に、生存競争の激しさから免れ、静穏な療養にいそしむ事の出来る此処は、世の嵐からの避難所であり、憩いの場所であり、或る意味でのユートピアであろう。この様な環境を最もよく利用する道は、此処を肉体的疾患の療養の地としてのみでなく霊魂の鍛錬、浄化の場所として用いることであろう。自らの療養生活を修院生活として自覚し実践することであろう。」 (『声』918 号、1954 年6 月号)

カトリック教会には修道生活の伝統と生活が美しく伝えられており、療養所を修道院と見なして生活することを理想とするようなメンタリティーも、カトリックの信者にとって隔離の受容に大きな役割を果たしたと思われるである。

そしてこの療養所は「修道院」という考え方は、カトリック系私立療養所の入所者にとって、大きな意味をもつものであった。

このたびの検証会議のなかで行われた被害実態調査の調査結果からもうかがえることであるが、カトリック系の療養所においては園内結婚は認められていなかったといってよい。それはカトリックの教義と深くかかわっており、療養所で働き生活をするシスターたちは、「清貧」「従順」「貞潔」がモットーとされ、信仰の上において男女関係を絶つ生活が貫かれていた。そのことが宗教的に価値のある生き方として、入所者に対しても求められていったのである。また、子孫をもうけること以外の目的での性交渉はカトリックの倫理観に強く反するものとされ、断種や堕胎は宗教上の「罪」であり許されるものではなかった。

これらのことから、国立療養所において隔離がもたらした大きな人権侵害である「断種」「堕胎」「不妊」手術は、カトリック系療養所では、国立のそれとはまったく背景の違うところで、少なくとも建前上は実施されなかったのである。

この結果、結婚をしようと思う入所者は、国立療養所などに移っていくより仕方がなかった。

また、患者作業についても、国立のそれとはやや趣を異にするといってよい。
カトリック系療養所において、「労働」は、毎日の「ミサ」と並んでひとつの「宗教的行為」と位置づけられていた。前にも触れたが、1959 年にカトリック系宗教誌で、神山復生病院の70 周年の特集が組まれた時、そのキャッチコピーが「祈りかつ働く生活」であった。

宗教施設における労働は、「神の願いを地上に実現するための行為」なのである。これは「修道院」の精神であり、神山復生病院が修道院になぞらえていたことがうかがえる。そのような修道院的環境の中で、患者作業への従事を施設側は入所者に求め、それに応えようとした入所者が存在していたことは確かであろう。国立療養所の患者作業との違いとして注目しておきたい。
(同上,pp.444-445)


この指摘は、カトリックの修道院生活を決してロマンチックで浅はかな幻想で美化してはおらず、修道院生活の中に、根本的に療養所生活に通じる「人権の剥奪」という概念が横たわっていることを見ている点で、非常に興味深いと言える。

むしろ、療養所生活の残酷さを通して、修道院生活の残酷さをも浮かび上がらせているとさえ言えるかも知れない。

こうして、療養所が修道院と同一視されることにより、「神への献身」「清貧」「貞潔」「従順」といった美名のもとで、患者らに、私有財産の剥奪、社会からの隔離、結婚の禁止や、子供を持つことの禁止などの様々な人権の制限・剥奪を加える行為が、宗教的な装いによって正当化されたのであり、その行為の残酷さが覆い隠されたのである。それらのことは、あたかも信者となった患者自身が自主的に望んで行われる神への献身であるかのようにみなされたのである。

さらに、療養所では、患者らの労働が奨励され、患者自身への日常生活の世話や、死んだ者の火葬でさえ、患者たち自身の仕事とされていたが、こうした労働についても、「カトリック系療養所において、「労働」は、毎日の「ミサ」と並んでひとつの「宗教的行為」と位置づけられていた。」。こうした刑務所の強制労働のような作業も、搾取や、支配や、苦役ではなく、自主的な宗教儀式の一環であるかのように、美化され、正当化されていたのである。

さて、最終報告書では、キリスト教界のみならず、仏教や天理教などが絶対隔離政策に果たした役割についても公平に記述されており、全宗教界がこの隔離政策の推進に加担した事実があるわけだが、本記事では、それぞれの宗教について語ることが目的ではないため、そろそろ最終報告書の記述を離れよう。

なぜ、これらの宗教は、絶対隔離政策の非人間性を何一つ指摘することもなく、むしろ、それに対する抵抗を眠らせる「アヘン」(「納得の装置」)としての役割を果たしたのであろうか。

その問題を考えるとき、私たちは、こうした宗教すべてが、それ自体が、「隔離」の原則に基づいて成立しており、ハンセン病者が隔離されていたのみならず、これらの宗教そのものも、人間に真の自由を与えず、むしろ、「愛」や「慈悲」の名のもとで、弱さの中に閉じ込め、人間の作り出したヒエラルキーの下に束縛することしかできないという、全く同じ構図を持っていた事実を見ることができるのではないだろうか。

筆者は、以上の宗教はすべてグノーシス主義的ヒエラルキーに基づいて成立した偽りの宗教であるがゆえに、本質的に、ハンセン病者に対する絶対隔離政策と同じ弊害を内に宿していたと考えている。たとえば、貞明皇后が、戦前の日本社会のヒエラルキーの頂点に存在する者として、最下位に位置するハンセン病者に慈悲を垂れるという構図は、グノーシス主義的な「簒奪の模倣」の願望を、ある程度満足させるものである。

つまり、至高者のような、下々の者たちには手の届かない高みにいる存在が、ほんの束の間、最下級の者たちに自分を現すだけで、下級の者たちにとっては、「神に等しい存在」である者が、自分たちに「存在を分かち与え」てくれた行為であるかのように、この上ない幸いとして受け止められる。

だが、現実には、何一つ、分かち与えられるものはなく、かえって奪い去られるだけである。慈悲という名目で、やんごとなき人々は、下級の者たちを救うどころか、より一層、辱める。「行くことかたきわれにかはりて」と詠まれた通り、貞明皇后が自ら直接ハンセン病者の世話をすることはなく、彼らの前に姿を現すこともない。患者に求められているのは、ただ「皇后が慈悲を示された」というフィクションの物語に感涙し、それを理由に、自分たちに対して行われている人権侵害を黙って受け入れ、耐え忍ことだけである。下賜金さえ、療養所の隔離政策を推進するために投入されたに過ぎず、ハンセン病者の自由のために用意された費用ではない。

これとほぼ同じ構図が、カトリックのヒエラルキーや、プロテスタントの牧師制度にも、見いだせるのである。もちろん、キリスト教以外の宗教も皆同じなのだが、伝道者らは常にハンセン病者よりも高いところに立って、彼らに慈悲を垂れる存在として、患者らのもとを訪れた。それらの宗教は、それぞれの人間の抱える弱さに、常に「救済」めいた解決案を示すことと引き換えに、信者となった者たちを、宗教指導者とのヒエラルキーに従属させ、かつ、信者が宗教団体のもとに来て、これに所属し、奉仕や献金をすることで仕えるよう奨励する側面を持っていた。

いわば、これらの宗教そのものが、大きく見れば、信者を俗世から「隔離」し、宗教団体の支配の道具として行くという側面を持っており、信者を人間を中心とする宗教的なヒエラルキーの中に束縛して行くちう性質を持つものなのである。そして、常にそのきっかけとして大いに利用されるのが、人間の抱える弱さや問題なのである。

キリスト教に入信する多くの信者たちは、この世で味わった何らかの挫折体験をきっかけに、己が罪を自覚し、それを克服する手立てを見つけようと教会を訪れる。しかし、教会の方では、彼らの弱さに耳を傾け、相談に乗り、助けの手を差し伸べるように見せかけながら、実際には、その悩み相談をきっかけに、信者となる人々から、「救い」を質に取る形で、その信者を宗教指導者を頂点とするヒエラルキーの中に組み込み、神に奉仕するという名目で、支配を受け入れさせた上、宗教団体の中に束縛し、「隔離」して行く。

はっきり言えば、キリスト教界であろうと、それ以外の宗教界であろうと、目に見える人間を宗教指導者として立て、信者がその者の教えに従い、宗教団体に帰依することで、人間が人間に「救済」を与えようとするすべての宗教には、本質的に、ハンセン病者の隔離政策に通じる残酷な支配と搾取、「隔離」の側面が含まれていると言えるのである。そうであるがゆえに、これらの宗教は、絶対隔離政策の誤りを見抜くこともできず、それを糾弾することができる立場にも初めからなかったと言えるのである。

当ブログではこれまで、ペンテコステ・カリスマ運動から出現して来たカルト被害者救済活動を例として、なぜこのような「弱者救済運動」が、偽りであると言えるのかを説明して来たが、つまるところ、この弱者救済活動の失敗も、国家神道がハンセン病者を「救済」という名目で隔離したのと同様に、「人間による人間の救済はすべて偽りである」という事実を表しているだけなのである。

うわべは「慈悲」や「同情」に基づいてなされる人間による人間の「救済事業」の究極的な目的は、決して人間を弱さから解放することにはなく、むしろ、弱さの中に永久に閉じ込めて支配することにこそある。それは「イゼベルの霊」のなせるわざであり、支配する者とされる者とのヒエラルキーの中に、弱さを抱える人間を永久に閉じ込める事を目的とする偽りの「救済」なのである。

人の弱みを足がかりにして、「救う側」と「救われる側」の差別が作り出され、その差別構造を固定化するために「慈悲」や「同情」という名目が用いられる。それをありがたいものとして受け入れれば、ターゲットとされた人間はどんどんディスカウントされて、その支配に抗う力を失って行くのである。

こうしたグノーシス主義的被造物崇拝と偽りのヒエラルキーのもたらす歪んだ差別と支配の構造が、ハンセン病者の絶対隔離政策には、究極の形で現れていただけであると、当ブログでは考えている。療養所の外に出れば、そこには自由な世界が広がっていたのかと言えば、全くそうではなかったのである。

療養所を訪れた宗教界の人々は、ただハンセン病に罹患していなかっただけで、宗教界にも、療養所と本質的にはそれほど変わらない風景が広がっていた。軍国主義時代の日本人の国民生活は自由でなく、宗教界の信者の生活も同じであった。人々は自分たちの弱みを宗教団体や社会に質に取られつつ、現人神のような誰かに生殺与奪の権を握られて、その者に仕えることで、自分を正当化し、何とかして自分の弱さを克服しようともがきながら、現実には、いつまで経ってもその弱さを克服できずに、支配と搾取の関係の中に閉じ込められ、隔離されていただけなのである。

さて、当ブログの本題に戻ろう。私たちは一体、どうすればこのようなグノーシス主義的な忌まわしい差別や支配と搾取の構造から逃れ出ることができるのであろうか? 

どうすればイエスが与えようとされた自由に人は至り着くことができるのであろうか?

そのためには、まずは目に見える宗教指導者に帰依することをやめることであろう。「やんごとなき人々」を探し出しては、彼らに自分の悩みや問題を打ち明け、他人に弱さを解決してもらおうと、彼らの「慈悲」や「同情」を乞うことをやめ、目に見える一切の教師たちを心の中から投げ捨てて、ただ目に見えない神だけに頼り、神にすべての重荷を負ってもらうことである。

イエスは地上におられた間、人々に同情の涙を注ぐことによって永久に人を弱さの中に閉じ込めようとはされなかった。むしろ、ご自分の復活の命を、信じる人たちに分け与えることにより、ご自身が救いとなって、その人を内側から解放されたのである。イエスは盲人の目を開き、足の不自由な人を立ち上がらせ、らい病患者を癒され、「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15)と言われた。

人間は被造物に助けを求めている限り、罪に罪を増し加えるだけで、決して解放されない。キリストだけが唯一の救い主であり、十字架を通して人を内側から解放する力を持っておられるのである。

あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。<略>まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。」(ヨハネ4:21-23)

あなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要はありません。この油が万事について教えます。それは真理であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。」(Ⅰヨハネ2:26)

わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネ8:31)

主の霊のおられるところに自由があります。わたしたちは皆、顔の覆いを取り除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。」(Ⅱコリント3:17-18)

・「イゼベルの霊」(被造物崇拝)による歪んだ支配がグノーシス主義者の心にもたらす尽きせぬ怨念と復讐心

さて、ようやく本題に戻ろう。当ブログでは、東洋的な「母なるもの」を神とする母性崇拝の思想は、グノーシス主義的被造物崇拝に起源があることを論証して来た。 

グノーシス主義とは、唯物論の教えでもある。なぜなら、この教えは聖書とは反対に、見えるものが、見えないものではなく、見えるものから出来たとしているためである。

聖書の秩序は、次のように言う、「信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。」(ヘブル11:3)

グノーシス主義は聖書の唱えるこの秩序をさかさまにする。グノーシス主義は、まず第一に、世界の創造を、「神の言葉」によるものではなく、神が自分自身の像を水面に映し出すようにして、自らの「似像」を造ることによって始まったとしている時点で、「目に見えるものが見えるものからできた」かのように聖書の秩序を壊している。

グノーシス主義とは、父なる神がすべてを創造し、支配する方であるという原則を逆転させて、被造物に過ぎない者が、父なる神の神聖を盗み取ることで、被造物自身が神となって、父なる神を被造物の欲望に従わせようとすることを正当化する教えだということを見て来た。

そこで、我々は、鈴木大拙がしきりに説いていたように、「母を守る」ことを至高の価値とする東洋思想の考えの根本にあるのも、グノーシス主義であり、そこで言われている「母」とは、被造物全体を指しており、要するに、人類を指しているのだと理解することができる。

結局、東洋思想における「母を守る」という思想は、グノーシス主義の言う「ソフィアの過失を修正する」ことと同義なのである。つまり、それは神ご自身から、神のご性質を不当に盗もうとした悪魔と、その悪魔につき従って堕落した人類の欲望を正当化することに、人類は全生涯を捧げて生きよ、という悪しき思想なのである。

キリスト教を知らず、東洋思想の中だけで育てられた人間は、無意識のうちに「母を守る」ことを至高の概念のように考えて生きているため、このような考えが罪であることを知らない。

だが、クリスチャンとなっても、未だそうした思想から抜け出せない大勢の人々が存在する。彼らは無意識のうちに、人類を至高者のように考える被造物中心の思想に従っているため、クリスチャンを名乗っていても、実際には、神を人間の欲望を叶える道具とし、人間の栄誉を保ち、人間が恥をかかなくて済むことだけを第一として行動する。

そして、聖書の御言葉に基づき、人間の悪なる本質を明らかにするような言説を見つけると、憤激して立ち向かって来ることもある。

このような人々は、父なる神の目に、唯一正しいと認められる存在が、キリストだけであるという事実を認めようとせず、キリストだけに従うと言いながらも、同時に、キリストに匹敵する「誰か」を担ぎ上げ、その人間を宗教指導者とし、神のように栄光を帰しながら、その人物を拝み、誉めたたえる。

最後には、その人物を栄光化するだけでなく、その人物に従っている自分自身をも、神だと宣言して誉め讃えるまでに至るのである。

そういうことは、教祖を再臨のキリストと同一視する異端の宗教団体だけで起きることだと考えるのは浅はかである。目に見える人間を神の代理人のようにみなし、信徒にまさる階級であるとして、ほとんど絶対化している牧師制度は、教祖を再臨のキリストとして拝む宗教と実質的に何も変わらない。

だからこそ、異端の宗教団体で起きているのとほぼ変わらない腐敗した現象が、キリスト教界でも起き続けているのである。それはプロテスタントに限った話ではなく、カトリックも同様である。

そういう問題はすべて、彼らが根本的に人間の本性を偽り、人類について美化されたフィクションを作り出してこれを教会に持ち込み、その幻想のフィクションの象徴として、現人神のような宗教リーダーを作り出し、その人物を拝み、褒めたたえることにより、人類の欲望を賛美しているために起きているのである。

私たちは、先の記事で、大田俊寛氏がグノーシス主義における「父なる神」の概念はフィクションであるが、「父とはフィクションを創設することによって、人間社会を統御する者である」と述べ、「フィクションとしての父」が、家制度の基礎となり、共同体社会の基礎となり、都市国家の基礎となって行ったと説明していることを見て来た。

聖書を参照する限り、私たちは、人類には神と悪魔という二種類の「父」が存在することを見て取れる。イエスは偽善的なユダヤ人たちに向かい、彼らは悪魔を父として生まれた種族であるとはっきり指摘された。

「わたしの言っていることが、なぜ分からないのか。それは、わたしの言葉を聞くことができないからだ。あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その父の欲望を満たしたいと思っている。悪魔は最初から人殺しであって、真理をよりどころとしていない。彼の内には真理がないからだ。悪魔が偽りを言うときは、その本性から言っている。自分が偽り者であり、その父だからである。<略>神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである。」(ヨハネ18:43-47)

だが、ここで、悪魔を父として生まれたと指摘されたユダヤ人たちは、地上的な自分の生まれに大いなる誇りを持つ人々であった。彼らはアブラハムを父祖に持つ選ばれた民であり、それぞれ立派な出自を持っており、自分の家系図について大いに誇るところがあっただろう。他方、それに比べ、異邦人たちは、選民でないため、初めから救いに縁のない人々として蔑まれていた。

ところが、イエスは、生まれながらの出自がどれほど由緒あるものであれ、さらに行いの上でも、律法を落ち度なく守っていたとしても、信仰がないユダヤ人たちは、悪魔を父とする民であり、悪魔の欲望を満たすためにしか生きていないと宣告し、ユダヤ人たちが最もよりどころにしている地上の由緒ある生まれを根こそぎ否定されたのである。

こうした記述からも、我々は、グノーシス主義が言う「フィクションとしての父」とは、本質的に悪魔を指しているとみなせる。イエスが述べた通り、悪魔は「偽り者」であって、「彼の内には真理がな」く、「悪魔が偽りを言うときは、その本性から言っている」ためである。まさに「フィクションとしての父」という呼び名がふさわしい。

しかし、聖書の父なる神は、「わたしはある」と言われる方であり、フィクションとしての父ではない。すでに述べたように、聖書の父なる神は、ご自分の子供たちが誰であるかをちゃんと見分け、ご自分の子として受け入れた者に、父として「宣誓」をされる。イエスがバプテスマを受けられた時に、神はイエスがご自分の心にかなう子供であることをはっきりと他の者にも分かるように示されたのである。

しかし、グノーシス主義の「父」はもともとフィクションであって、お飾り的な存在でしかないため、決して我が子が誰であるのかを、人前ではっきりと宣言することなく、それを良いことに、「子」の側でも、好き勝手に「父」の権威を濫用して、詐称に詐称を繰り返す。

「万世一系」などとされる天皇家に関する神話も同様で、神武天皇などと言う存在は、学術的にも実在性が認められていないようだが、こうした神話を継承しようとする勢力から見れば、重要なのは、実在性が認められるかどうかという議論や、生物学的な血統が証明されうるかといった問題ではない。

ただ「神聖なる始祖」の威光を代々継承するために「家」制度が続いて来たのだという「神話」が維持されることにより、その「家」のルーツが正当化され、権威づけられ、栄光を失わなければそれで良いのである。

当ブログでは、かつて「国体の本義」を通して、国家神道においては、「生み生まれるという親子の立体関係」がほとんど絶対視されており、その「生み生まれる親子関係」に基づいて、臣民と天皇との関係が定義されていたことを述べた。

このような親子関係は、地上における「生み生まれる親子関係」を指しているとは言っても、文字通りの生物学的な絆を指すのではない。そこには大いなるフィクションが混じり込んでいるのであって、そこで重要なのは、生物学的な血統が証明されるかどうかではなく、たとえその「親子関係」が虚構のものであろうと、「神聖な始祖」から「神聖な火花」を受け継ぐ「家制度」が存続して来たという「フィクション」が維持されることが肝心なのである。

さらにそのような神話に基づく家制度が、「一大家族國家」として、国家レベルにまで高められたのが戦前の国家神道である。

こうして、国家レベルで「万世一系の天皇家」というフィクションが作り出され、それと並行して、国民レベルでは「ご先祖様」を「神聖な始祖」として崇拝する「家制度」が存続した。

しかしながら、こうした神話が社会に何をもたらしたかは明らかである。グノーシス主義が「父とは、フィクションを創設することによって、人間社会を統御する者」と主張するのとは裏腹に、そのような壮大なフィクションによって、人間社会が統御されたり、秩序が保たれることはない。逆に、国家レベルにまで膨らんだ虚構の神話は、大勢の人々を破滅に巻き込みながら、最後には風船のように弾け飛んで消えてなくなったのである。

こうしたグノーシス主義的な神話は、国家神道や、先祖崇拝に基づく家制度のみならず、王権神授説や、国民全員の負託によって国家権力が出来たという現代社会の国家観などにも、共通して流れていることであろう。

要するに、この世には、時代を超えて常に人間存在に意義を与え、社会のヒエラルキーを成り立たせるための何らかの「神話」が存在しており、要するに、現実がどうあれ、この世全体が、悪しき者の支配下にあって、偽りの父である悪魔が作り出す「壮大なフィクション」によって、様々な権威づけがなされ、それによってあたかも社会が「統御されている」かのように、見せかけの秩序と幻想が保たれているという事実は、時代を超えて変わらないのである。

「わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。」(Ⅰヨハネ5:19)

だが、そのようにしてフィクションに過ぎない神話の守り手となった人々には、虚偽を真実であるかのように告白し、先祖の罪をかばい立てするために辻褄合わせの嘘をつき続けて生きるという大いなる苦悩が降りかかる。

そのような「フィクション」に閉じ込められた人々は、一方では、家族の絆や、天皇と臣民の関係や、国家的なレベルで作り出された神話や、宗教指導者との関係や、独裁者から信任を得ていることなどを誇りとし、その関係を神聖なもののように誉め讃えながらも、もう一方では、「父なる神」を骨抜きにして自分を支配する「母」なる被造物に対する尽きせぬ憎悪と復讐心を無意識のうちに心に募らせて行くことになる。

もちろん、彼らには、自分が本当は「母」を憎んでいるのだという意識はない。自分が身を委ねているヒエラルキーや、それを成り立たせている価値観が幻想だという認識もなく、それに反逆する意図もない。だが、これまで書いて来たように、人類のアイデンティティは「喪失した父」を真に回復することによってしか見いだせないため、「父」を名目だけの存在として、その存在を骨抜きにし、「フィクション」にしてしまう「母」の存在は、決して「子」にとってためにならず、「母」の呪縛(被造物崇拝の呪縛)はかえって「子」を破滅に追い込むだけなのである。

すでに述べて来たように、目に見えるものを神とする「イゼベルの霊」(被造物崇拝)は、「子」を永遠に自立させず、自分の罪をかばうための道具として支配する。そこで、人類の罪をかばい立てするという無理な仕事を負わされて、その神話のために犠牲になって生きるしかなくなった人々には、自分は神に拒まれ続けて、「父」を喪失したまま生きねばならないという鬱屈した怨念がたまりにたまって行くのである。

何しろ、彼らが敬愛する「母」は、どんなに思いを寄せて仕えても、彼を「嬰児」のように扱い、道具として支配し、利用するだけで、決して自由を与えず、一人の人間としてのプライドをも認めない。

そうであるがゆえに、人類はそういう「母」を敬愛しているつもりでありながらも、その支配を受ければ受けるほど、「母への歪んだ愛」が、やがて本人の中で、憎しみと怨念と復讐心に変わっていくのである。
 
彼らは「母」と運命共同体として結ばれているため、その関係から抜け出ることができず、「母」に直接反逆することができない。そのため、彼らの憎しみと怒りは、本来、向かうべき「母」へは向かわず、「母よりも弱い女性」に向けられるという屈折した形を取ることになる。

一言で言えば、彼らの怨念は、自分自身を疎外し、「母」を脅かす「父」の存在へと向かい、ここに、グノーシス主義者による「神殺し」というプロットが生じるのであるが、目に見えない「父なる神」を殺すことは、人間には不可能なため、グノーシス主義者に残された手段は、「父なる神」の似姿が投影されている神の教会を破壊し、神の神殿である自分自身を破壊することだけとなる。

「イゼベルの霊」による支配に耐え切れなくなった人々の怨念は、まずは神に愛される神の子供たちへ向かう。すなわち、キリストの花嫁である「エクレシア」へと向かい、教会の破壊という形になって現れ、最後に、神の神殿として創造された自分自身へ向かい、「自分殺し」となって終わるのである。

ここで、当ブログでは、なぜ村上密や唐沢治や杉本徳久のようなカルト被害者救済活動の支持者が、キリスト教そのものを告発することをライフワークにして来たのかを思い出したい。しかも、彼らがとりわけ女性指導者や女性信者などを標的に攻撃をしかけて来たことを思い出されたい。

「イゼベルの霊」による支配は、東洋的な「情」による支配であるが、これはマザー・コンプレックスとも密接な関係があることは幾度か記した。なぜなら、「父」(男性)という存在が、知性に基づいてすべての物事に善悪の区別をつけ、秩序や規則によって支配する象徴であるとすれば、「母」(女性)は、すべてを善悪の区別なく慈愛によって包容する情意的な存在だからである。

一人のグノーシス主義者が誕生する背景には、このような「母性的な情愛による支配」が、「父性的な知性や規則による支配」に比べ、圧倒的に優位にある環境で育ったという事情があることは珍しくない。もう一度、鈴木大拙の言葉を通して、どれほど「母性的な要素」が東洋民族の心理の根本となっているかを振り返ろう。
 
 

「万物分割の知性を認識すること、これもとより大事だが、「その母を守る」ことを忘れてはならぬ。東洋民族の意識・心理・思想・文化の根源には、この母を守るということがある。母である。父ではない、これを忘れてはならぬ。

 欧米人の考え方、感じ方の根本には父がある。キリスト教にもユダヤ教にも父はあるが、母はない。キリスト教はマリアを聖母に仕立てあげたが、まだ絶対性を与えるに躊躇している。彼らの神は父であって母ではない。父は力と律法と義とで統御する。母は無条件の愛でなにもかも包容する。善いとか悪いとかいわぬ。いずれも併合して「改めず、あやうからず」である。西洋の愛には力の残りかすがある。東洋のは十方豁開である。八方開きである。どこからでも入ってこられる。

 ここに母というのは、わたしの考えでは、普通にいままでの注釈家が説明するような道といったり、また「ゴッドヘッド」といったりするものではないのである。もっともっと具体的な行動的な人間的なものと見たいのだ。しかし今は詳説するいとまをもたぬ。」
(『東洋的な見方』、鈴木大拙著、岩波書店、pp.13-14、太字、下線は筆者による)


このような「女性的な情愛による支配」は、母だけでなく、祖母からの支配という形で現れることもある。たとえば、杉本がブログで祖母から溺愛にも近い愛情を注がれて育った事実を記したり、長い間、親しい人々の間で「ちゃん付け」で呼ばれるなどして、ある種の子どもを喜んでいた事実を自ら記していることは興味深い。

杉本はこうしたことが、自分の心を圧迫し、束縛する枷となったという事実を認めていないのであろう。しかし、実際には、その記事が書き記された時、杉本は自ら三十代であったことを告白しているわけだから、その年齢になっても、まだ「ちゃん付け」で呼んでくれる人が少なくなったと寂しがったり、祖母に溺愛されて育った親族関係を強調するなどの行為は、大人の社会人である男性としては、相当に年齢不相応な子供っぽさを感じさせる行動である。だが、ペンテコステ・カリスマ運動の信者の告白には、これよりももっと年配の信者であっても、年齢相応の落ち着きが全く感じられない例が少なくないことはすでに述べて来た通りである。
 
このように、子供時代から「父性的な要素」よりも「母性的な要素」を重んじる環境の中で、無意識のうちに、「女性的なるものの」に心を絡めとられ、その代弁者として行動することを求められながら生きて人々の心の中には、本来であれば、父親をモデルとして作られるはずの、健全な自己像、揺るぎない自信、確固たるアイデンティティが喪失しており、「自分が何なのか分からない」という、不確かでコンプレックスに満ちた自己が形成されることが多い。

しかしながら、本来であれば、聖書に「それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。 」(創世記2:24)とあるように、人間はまず、生み生まれるという、肉による家族関係を離れて、初めて一人前となるのであるから、父からも母からも離れねばならない。

この地上の人間社会においては、肉による自分の両親に心から満足している人はほとんどいないであろう。ある人々は、両親が優れた知性や美貌の持ち主でなく、億万長者でなかったがゆえに、自分が子供として受けられる恵みが不足していたと考えるであろう。いずれにしても、肉による親子関係は、いつも子供にとって不公平であり、それゆえ、大変に不完全なものでしかない。

聖書は、そのような肉による地上の親子関係に対して、信仰者は十字架を通して死ぬ必要性を説いている。そして、そのことは一般的に考えても、常識にかなっていると言えるだろう。人が一人前になるためには、父からも離れねばならないが、まず最初に離れねばならない存在が「母」である。まずは、母のへその緒から分離され、次に乳離れし、精神的にも、「母」を離れて新たな家庭へと旅立って行かねばならない。

ところが、この分離が上手くいかず、いつまでも「母」なる被造物とへその緒で結ばれ、「母」の子宮に閉じ込められるがごとく、嬰児扱いが続き、「生み生まれる関係」から脱することができなくなると、人は精神的に大人になることができなくなり、著しい幼児化が起きるなど、精神が歪められてしまう。

それは個人の家庭のレベルだけでなく、国家レベルでも起きうる。たとえば、臣民は天皇の「赤子」であると教えられたり、牧師夫妻を「霊の父・母」として、信徒はその「子」であるなどと教えを受けた人々は、目に見える被造物を「母」として、これとへその緒でつながれたまま、いつまでも分離することができなくなり、健全なアイデンティティを失ってしまうのである。

こういった形で、「母なるもの」に心を絡め取り、被造物崇拝から離れられなくなってしまった人々は、自分を優しく包み込み、すべてを許容してくれる慈愛に満ちた「母」こそが、自分の心を不当に抑圧し、正常な「父なる神」のモデルを失わせて、自分から健全な模範を奪い去ったなどとは疑うこともできないため、彼らの心の内に無意識に蓄積された憎しみや怨念は、「弱い女性たち」に向けられることになる。

その結果として、この種の自立できず、自信を喪失して、コンプレックスを抱える人々の多くは、常に弱みを持った女性を探し出しては、その女性たちを助けてやる風を装いながら、彼女の心を支配して、彼女たちから誉めそやされることで、自分の傷ついた自尊心を埋め合わせようとしたり、もしくは、自分たちから見て「格下」の存在のように見える女性たちを虐め抜いて抑圧することで、自分のコンプレックスや自信喪失を覆い隠そうとする。

このような形で、彼らは自分の心を抑圧し、支配して来た「母なるもの」に対する復讐を果たそうとしているのである。

だが、そこに、我々は「自分よりも弱い女性を抑圧し、罵倒・嘲笑することでしか、男性としてのプライドを保てない」という惨めな人格を見るだけでなく、より深い文脈において、そこには、以下に記すように、被造物の理想であるキリストの花嫁たる「エクレシア」を冒涜し、蹂躙することでしか、神の御前での自分の罪深さ、愚かさ、弱さ、醜さから目を背けることのできない人間の心理を見るのである。
 
 
・神に疎外された者たちによる神への復讐としての「エクレシア殺し」
 
グノーシス主義の「母性崇拝」は、被造物自身を高める教えであるから、それを受け入れた人間に、当初は、陶酔感や、解放感にも似た心地よい満足をもたらすかも知れない。東洋的な「母なるもの」は、人にとって、初めの頃は、自分を優しく包み込み、生かし、守り、養ってくれる生命の源のように見え、かつ、慈愛に満ちた理想像であり、憧憬の的と映る。

彼らは、その「母なるもの」の延長上に、自分が慕う女性美があり、自分の自立もあるのだと考えようとする。「母なるもの」を慕い、追い求めることが、そのまま、未来に理想的な「妻」を得ようとする願望へとつながり、自分が完全な存在になることへとつながるのだと考えようとする。だが、時が経つうちに、そのようなことは不可能であると分かって来る。

「母なるもの」に心を捧げるグノーシス主義者にとって、「母なるもの」の支配は、次第に重荷になって来る。彼は自分では「母」を敬愛し、そこに「最高の女性美」を見ているつもりでおり、憧憬の念を抱いているのであって、憎んでいるのではないと思うかも知れない。

ところが、どんなにその「母なるもの」を守って、離れずに生きても、実際には、いつまでも嬰児として扱われているという屈辱感が募るばかりで、「母なるもの」を追えば追うほど、ますます悔しさと惨めさを味わうことになる。

グノーシス主義における「母」は、一見、慈愛に満ちた存在であるかのように見えても、人の心を拘束し、支配するだけで、決して自分自身を彼に与えようとはせず、人を一人前の存在とも認めないため、グノーシス主義者の心の内側では、「母なるものへの憧憬」が、次第に「憎しみ」や「怨念」へと変化して行くことになる。

その変化の過程を、以前も引用した映画" Mishima A Life In Four Chapters The Criterion Collection] [1985] Paul Schrader "の中から、三島由紀夫の小説の『金閣寺』の主人公の言葉を引用して見てみよう。

 

「永遠(とわ)の美しさっちゅうもんは、怖いもんやで。どんどんどんどん大きなって、何もかも押しつぶしてしまうんや。」 「美しさはぼくの怨敵(おんてき)なんや。金閣寺が滅びん限り、とてもやないが、耐えられへん」


ここで主人公の言う「永遠の美」とは、鈴木大拙の言う東洋思想の「母なるもの」や、ゲーテの言う「永遠の女性」、老子の言う「玄牝」などと本質的に同じであるとみなせる。『金閣寺』の主人公は、金閣寺を「永遠の女性美」として崇め、金閣寺を守り、これを離れず、絶えず追い求めることで、自らの憧憬の対象との一体化を目指そうとしている点で、まさに「神秘なる母性」を至高の存在と崇める東洋思想の担い手であり、根本的にはグノーシス主義者であると言える。

ところが、三島の『金閣寺』の主人公は、吃音という障害ゆえに、自己に深刻なコンプレックスを抱えている。そのコンプレックスゆえに、主人公は、金閣寺という心の理想にはおろか、地上のどんな女性にも近付けない。

(*ここで言う吃音という問題は、より深く象徴的な意味では、人類の罪を示している。人類が罪ゆえに感じる恥の意識や、コンプレックス全般が、吃音の中に象徴されているのである。)

こうしてコンプレックスゆえに、どんな女性からも一人前とみなされることがなく、一人の男性として完全な自信を持てない主人公の苦悩は、金閣寺と関係において、究極的な形にまでクローズアップされ、凝縮される。金閣寺は彼にとって、最高の美の化身であり、女性美の究極的完成であり、彼はこれと一体化し、我が物とすることさえできれば、すべてのコンプレックスから逃れて、完全な存在になれるはずである。

いわば、金閣寺は、この主人公にとって、待ち望んだ花嫁のような存在であり、彼を一人前にしてくれる「妻」のような存在なのである。金閣寺が得られさえすれば、彼は不足だらけの卑俗で惨めな自己から脱して、真のあるべき男性となり、欠けたところのない、非の打ちどころのない一人前の完全な人間となれるだろうという予感を持っている。

戦中には、金閣寺が戦火にさらされ、破壊されたり、消失するかも知れない危険に直面していると考えることによって、この主人公は、自分が憧れている金閣寺も、自分と同じように、弱い存在として、共に受難を受けているのだと考えて心を慰め、金閣と一体になれずとも、騎士のように金閣を守ることによって、自分は金閣から必要とされているのだという誇りを持つことができた。

ところが、金閣の美は、戦火によっても少しも動かされることなく、この「永遠の美」は、地上の何物によっても影響を受けず、不動の美をたたえているだけで、戦争も含め、地上の一切の醜く、歪んで、不自然で、不完全なものを寄せつけない。

主人公が金閣寺を守ってやることによって、金閣寺に少しでも近づけるかのような幻想は、むなしく砕け散った。金閣寺はそれ自体が完全であり、独立しており、永遠に誰の助けも必要としておらず、まして、コンプレックスだらけで醜い主人公の存在など全く寄せつけず、初めから必要としていなかった。

そのことが分かり、主人公は打ちのめされる。金閣寺は常に完璧で、弱さのかけらも見せず、とりつく島がない。どんなに憧れ、熱心に追い求め、守ってやろとしても、主人公の手を冷たく振り払うだけで、彼にとっての「永遠の美」は、どこまで行っても、不完全な人間とは交わることがない。それはまさに人間を寄せつけない「サンクチュアリ」である。

金閣寺は、主人公の心を一方的に捕えることはしても、彼の側からの接近を許さず、金閣寺から彼に突きつけられる回答は、いつも「(あなたはあまりにも惨めで低い存在でありすぎるがゆえに、永遠の美には)値しない」という結論だけであった。

主人公は、自分が理想として拝んでいるものから絶えず「値しない」という宣告だけを突きつけられるという繰り返しに絶望する。金閣寺と一体化することによってしか、完全な存在になれないにも関わらず、金閣寺が自分を拒んでいることにより、その目的は永遠に達成不可能となっているのだ。

そうなっても彼は金閣という偶像を心の中から捨てることができず、そのせいで、ただでさえ、人前でもコンプレックスを覚えずにいられない上に、金閣寺のように完璧な美と絶えず比較されて、絶えず途方もない屈辱と惨めさを味わわねばならない。

ついに主人公は、自分にそれほどまでの耐え難い惨めさしか味わわせることのない金閣寺を憎しみの対象とみなし、「殺そう」と考える。自分の心を一方的に支配し、翻弄するだけで、決して、その存在を自分には与えず、常に自分とは比較にもならない崇高な存在として、高みにいて勝ち誇り、自分に疎外される惨めさと屈辱だけを味わわせる金閣寺を焼き払うことによって、彼は自分を拒み、惨めにさせるだけの「永遠の女性美」に対して復讐を成し遂げ、これを否定し、美醜の概念そのものを葬り去ることによって、それを乗り越えることができると考えようとするのである。

主人公は、寺という有限なる物質を焼き払うことによって、目に見えない「永遠の女性美」という、それまで自ら信奉して来た理想自体に復讐を果たそうとしたのであった。

彼は、言わば、「神殺し」のような作業に着手したわけであるが、正確に言えば、彼が破壊したのは神ではなく、神を入れるための「器」であり、「神の宮」である。

「宮」を冒涜し、破壊することによって、彼は、自分自身がそれまで「神」として拝んできた理想を否定し、それを否定的に乗り越えることで、自分自身が「神聖」となり、誰にも支配されることのない絶対的な主人になろうとしたのである。



三島由紀夫は、小説『金閣寺』の原文において、主人公による金閣寺へのこの放火という犯罪行為を、決して悪なる所業として断罪してはいない。小説は、主人公に厳しい報いの足音が近づいていることを知らせながらも、主人公の心に生じた何かしらの清々しい解放感を描くところで終わっている。

このことは、三島自身が、グノーシス主義者であって、この放火をどちらかと言えば、「解放」という側面からとらえていたことを意味する。そのような立場は、三島自身の最期にもよく表れている。

しかしながら、上記の映画は、ある意味では、小説よりも進んで、三島の描こうとした内面的な葛藤を、決して主人公の立場に一方的に肩入れすることなく、より客観的にとらえている。

この映画を観れば、それが決して主人公の放火をすがすがしい「解放」として描いたり、その行為に賛同することはしておらず、かええって三島自身の生きていた世界観の歪みをもそれなりに理解した上で、三島の人生に重ねて、この主人公の心に起きた悲劇と絶望を描き出そうとつとめていることが分かる。

この主人公は、金閣寺を葬り去ることによって、自分を苦しめている「被造物の理想像」から解放されようと考えたのだと言える。だが、逆説的に、彼が自分を疎外しているとして憎み、否定しようとした「金閣寺」は、彼自身の存在でもあった。

それは「神の宮」であるがゆえに、主人公が自分を殺すことと同義だったのである。むろん、物語は、主人公が金閣寺を焼き払ったところで終わっているため、その後、主人公が逮捕されて刑罰を受けねばならないとか、それによって主人公の人生は破滅し、金閣に身を捧げることだけが唯一の人生目標だった彼は、残る人生において、抜け殻同然となるといった事実は描写しない。

しかしながら、我々は、小説の枠組みを超えて、ここに不思議なパラドックスが存在しているのを見ることができる。つまり、金閣寺を焼き払うことにより、自ら神を「簒奪」し、「神」になろうと、「神の宮」の強奪と破壊行為に及び、「神殺し」を試みた人間は、結局、自分で自分の首を絞め、滅ぼすことになったというパラドックスである。

筆者は、三島由紀夫は無意識かも知れないが、この物語を書いた時点で、自分の最期を予告していたも同然だと考える。

聖書によれば、人はみな神の宮とされるために創造されたとあり、神の神殿を壊す者は、自分を破壊しているのと同じで、やがて自滅へ至るのである。

「あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなた方に宿っておられることを知らないのですか。もし、だれかが神の神殿をこわすなら、神がその人を滅ぼされます。神の神殿は聖なるものだからです。あなたがたがその神殿です。」(Ⅰコリント3:15-16)

むろん、聖書がここで「神殿」という言葉で指しているのは、直接的には、キリストへの信仰を有し、神の霊を内側に持っているクリスチャンを指すのであって、信仰のない人々を「神の神殿」であると呼んでいるわけではない。また、仏教の寺を、キリスト教における神の宮と同一視することもできない。

とはいえ、深い霊的な意味においては、人はみな神の宮となるべく創造されたのであって、どれほど堕落して、神から遠く離れて生きており、聖書の御言葉を信じてもいないにせよ、それでも、人に備わっている宮としての機能がすべて否定されるわけではないのである。

むろん、「神不在」の宮は、宮として機能しておらず、荒れ果てて死んだ器も同然であるが、それでも、あらゆる「宮」には、神の霊を入れる器という意味が込められているのであって、そこで、人が神の宮を破壊するという行為に及ぶことは、同時に、神の霊を入れるための器であり、神の宮となるべく創造された自分自身を破壊するという行為を象徴的に意味するのである。

だからこそ、『金閣寺』の主人公は、金閣寺を焼失させることによって、自分を苦しめていたコンプレックスの呪縛から解放されることはなく、かえって金閣寺と共に自分の人生を失うことになるのである。

彼は金閣寺の理想だけを否定して、その理想から神聖な要素を奪い、自分はこの「神」を否定的に乗り越えて生き残ったつもりだったかも知れないが、実際には、彼の人生は、金閣寺の焼失と共に終わったのである。

これと同様に、天皇を神として「生み生まれる関係」の中に、人間社会の理想を追求しようした三島も、彼自身の「金閣寺」に拒まれた結果、その理想を入れる宮であった自分自身を破壊するという行為に出ざるを得なくなる。天皇も、自衛隊も、三島の語る「理想」には耳を貸さず、彼は自分自身の理想から置いてきぼりにされたのであるが、その時、彼が選んだのは、自分は、自分の信じる理想に「値しない」という事実を直視することではなく、自分自身の存在を抹殺することで、その理想がもともと自分には達成不可能であって、自分はそこから疎外されているという現実から目を背けることであった。

三島が否定しようとした現実とは、彼がどんなに肉体を鍛え、研鑽を積み、崇高な理想を語っても、罪にまみれた人間の一人にすぎない彼には、決して自力では完全に至り着くことができず、どんな理想をも打ち立てることができないという事実である。むろん、三島だけでなく、三島が期待をかけたすべての人間がそれと同様なのである。彼らが望んでいる理想に「値しない」というのがあらゆる人間の出発点である。

しかし、『金閣寺』には、「永遠の女性美」との対比の中で自分が味わう惨めさやコンプレックスを受け入れることを拒み、かえって「永遠の女性美」を滅ぼすことで、自分の罪や弱さから逃れ、自分を義として、罪から解放されようとした主人公の姿が描かれている。

その主人公の姿は、かなりの程度、三島自身に重なる。彼は弱さ、罪、歪んだもの、醜いもの、不完全なものが本質的に悪であることを知り、その克服につとめながら、それを自力で自分から切り離すことができないと分かった時、自ら目指して来た「完全なもの」を否定することで、自己存在の不完全さを否定し去ろうとしたのである。

グノーシス主義がそれを信じた人間にもたらす結論とは、常にこのようなものである。

聖書が教える事実とは、人には生まれながらの自己のまま、キリストの十字架の死を介さずに、神に受け入れられることは決してないというものである。

人には創造された時点で、宮となるべき機能はあるかも知れないが、神がそこへ入って来られない限り、その宮は、単なる死んだ器でしかない。

人の生まれながらの自己がもたらす自覚は、自分は神から遠く離れ、神に拒絶されているという罪の意識だけであって、肉体を改造しようと、精神を改しようと、どんな方法を使っても、人がその罪威意識を自力で払拭して神に至り着くことはできない。

キリストと共なる十字架の霊的死を通って、初めて、人は「新しく造られた者」として神に受け入れられる神の子供とされる。

だが、それが達成されるためには、人がまず己が罪を認めて神の御前に悔い改めねばならない。自己の不完全さ、醜さ、愚かさ、弱さ、欠点、恥といったものを、自分に思い知らせる存在をことごとく退けることで、自分の不完全さから目を背けようとするのではなく、まずはそういうものが究極的には、すべて自己の罪に由来する当然の結果であるとして理解せねばならないい。

もちろん、吃音者を馬鹿にしたり、障害者を嘲ったりする人々の心が陰険であり、力の強弱によって人間の価値がおしはかられるこの世の社会の価値基準そのものが歪んでいるのであるが、だが、だからと言って、自分が暴力を行使して破壊活動に及ぶことによって「強者」の側に立てば、自己の不完全さから逃れられるかと言えば、そうではない。彼はその行為の報いとしてさらに大きな暴力に飲み込まれるだけであり、それでは終わりなき力の争いしか生まれるものはないのである。

人間の不完全さは、すべて究極的には人間自身の罪から来るものであって、神の御前に悔い改めて贖われることなくして、どんなにそれを不当な差別だと叫んでも、人ガ自分でそこから逃れることはできない。

「自分は差別された被害者だ!」などと叫んだり、自分の弱さをダシにして同情を乞うことで、自己正当化をはかることも、自己欺瞞でしかない。

ところが、自分の弱さが罪から来るものであることを認めず、自分に恥の意識をもたらすという理由で、完全なものを否定し、蹂躙、冒涜することによって、自分自身の罪から目を背け、あたかも自分が聖なる正しい存在になったかのように思い込もうとしているのが、カルト被害者救済活動の支持者のような人々なのである。

以上の映画では、三島とおぼしき人物が、幼少期から祖母の精神的な支配を強く受けて成長したために、祖母によって自分が体の弱い人間であると思い込まされ、それゆえ、人前で自信が持てなくなり、大人になっても、絶えず自分の弱さについて恥とコンプレックスを持たずにいられなくなった様子が描かれている。

そこで成長してからの彼は、体を鍛えるなど、様々な方法を通して、自己のコンプレックスから逃れる道を模索し続けたのだが、自分を一人の人間として認めず、永遠に道具として支配する「母なるもの」の支配こそが、そうしたコンプレックスをもたらした元凶であると思い至らなかったために、自分のコンプレックスの真の原因を見いだすこともなく、見当外れな方法でその克服を試みては挫折し続けるのである。

そうこうしているうちに、当初は、「祖母」や「母」という存在に限定されていたはずの、彼の心を支配する「母なる存在」は、やがて彼の中で無限大とも言える巨大なスケールにまで拡大して行き、「神話」となり、「天皇崇拝」といった国家レベルの思想にまでなって行き、耐えられないほどの重圧として、彼自身を押しつぶし、粉々に打ち砕くのである。

「永遠の女性美」なるものが、無限に拡大して、人間の心を打ち砕き、押しつぶしたのである。なぜそのようなことが起きたのかと言えば、彼が誉め讃えていた「永遠の女性美」はリアリティではなく、真のリアリティは、目に見える被造物の側にはなく、目に見えない父なる神の側にあったためである。それにも関わらず、影に過ぎない被造物を「本体」としたことによって、そのフィクションの鏡を見つめるうちに、フィクションが現実とされ、それに合致しない(値しない)彼の自己は奪い去られて消失したのである。

結局、東洋思想は、聖書が言うように、神と人との間に、罪による超え難い断絶があることを認めず、神と人とは本来的に一つであるとして、「神と人との融和」を唱える。そして、「すべてを慈愛によって包含する母」の存在を高く掲げる。

ところが、おかしなことに、そのような思想を実践に移そうとすると、その「慈愛に満ちた母」であるはずのものが、逆説的に、人類をことごく残酷に疎外し、自分の子供たちを「慈愛によって包み込む」はずが、ことごとく「値しない」という宣告を突きつけるのである。

「金閣寺」から疎外されたのは、主人公だけではない。天皇崇拝の思想を信じる三島も含め、は、どれほど多くの人々をこうした被造物崇拝の思想のために弾圧され、疎外されて、殺されたか数知れない。天皇崇拝は、すべての「臣民」を自分から疎外したとも言える。

このように、キリスト教の神が人間を疎外しているのではなく、神と人との断絶を認めず、地上の「生み生まれる関係」こそ、人間生活の根本であるかのように教えるグノーシス主義こそ、絶えず人間を残酷に疎外し続けているのであり、こうした思想を信じると、人は結果的に「父を喪失」するだけでなく、「母」をも喪失して終わることになる。「父なし子」であるだけでなく、「みなし子」にまでなってしまうのである。

彼らは自分たちのルーツを正当化し、自己を取り戻そうとして、かえってすべてのルーツを失い、自己をも失ってしまうという結果に至るのである。

繰り返すが、被造物は、本来は、キリストの花嫁たる教会となるために創造されたため、被造物それ自体では完全となることはできず、被造物は本体の影に過ぎず、そこにリアリティはないのである。

にも関わらず、被造物がリアリティであるかのように誉め讃え、人が己を神として、自力で理想状態へ至り着こうとすると、自己の尊厳、自己肯定感、健全な自己愛が持てなくなるだけでなく、最後には彼らの自己も消えてなくなる。

『金閣寺』の主人公が、寺を焼き払った行為の中には、自分の理想の否定だけでなく、神の宮を破壊する行為を通して、自分自身を否定し、さらに、そこには象徴的な意味で、贖われた被造物の総体である「エクレシア」殺しという悪魔の欲望も込められていると言える。

なぜなら、真の意味での「女性美」は、キリストの花嫁たるエクレシアにしか見いだせないからである。(東洋思想における被造物崇拝は、エクレシアの歪んだ摸造としてのバビロン崇拝と同一である。)

カルト被害者救済活動の支持者は、神の宮である教会を冒涜、破壊し、蹂躙すれば、キリストの花嫁から、神聖な花嫁たる性質を強奪して、我が物とでき、かつ、自分自身の罪や弱さからも目を背けられると考えようとした。

ところが、その試みは成らず、結果として、彼らの恥だけが残り、アベルの流された血が天に向かって叫ぶように、彼らが犯した行為自体が、彼らが最も人前で隠したかった自己の罪、恥、弱さの証拠となる。

彼らがどんなに自分を苦しめる「永遠の女性美」を否定しようとして神の教会に害を加えたとしても、それによって、彼らの罪がいささかも取り去られることはなく、ますます罪が増し加わるだけである。

アベルを殺し、エクレシアを破壊して、自分の罪の証人を目の前から消し去っても、それでも、自分の罪から逃れられないことが分かると、彼らはその事実から目を背けるために、次なる行動に出るしかなくなる。すなわち、神の神殿として作られた自分自身の破壊である。

エクレシアの破壊という行為に手を染めた人間には、例外なく、自分が目指していた究極の目的から疎外されて、自分を滅ぼすという結果が降りかかる。今、現実の物語のプロットは、この最後のステージにさしかかろうとしている最中である。

さて、民事調停ではいかなる妥協も歩み寄りも示さず、当ブログの主張を「棄却する」などと豪語していた杉本徳久が、調停の期日後に、当ブログに新たなメールを送りつけて来たので、ここに掲載しておく。

 杉本徳久が3月28日に送りつけて来た新たな迷惑メール

杉本は、わざわざ公の開かれた場所で、自分の主張を具体的に提示して、和解を探るために交渉するチャンスが与えられているにも関わらず、そこでは自分の非を一切認めず、一歩たりとも譲歩せず、自分の主張内容を客観的に論証することも、具体内容さえ明らかにすることもなく、誰にも理解できない要求をただ一方的に突きつけただけで、合意にも至っていない。

にも関わらず、早速、そこで提示した自分の一方的な要求を、あたかも当ブログが履行する義務でも負ったかのように、人目につかない場所で、他人の人生に不当に干渉し続けようとする杉本の行為には、呆れ果てるほかない。

正当な手段では決して問題解決をはかることができず、真実に向き合う勇気もなく、正々堂々と他人に向き合えない臆病で卑怯な性格を見ることができる。

杉本は自分が今まで他人にして来たように、自分自身が標的とされて記事を書かれたことが、よほど身に堪えたのだと見られるが、以上のメールの中で、何とかして筆者の非難の矛先を、自分から他人へと逸らそうとしている。

だが、証拠もないのに、他人の悪口を第三者へ宛てたメールの中に書き連ねていれば、さらなる名誉棄損や侮辱罪で訴えられる可能性が高まるだけだ。
 
村上密はおそらく今までと同様、自分は決して矢面に立つことなく、杉本と筆者をぶつけ、戦わせることにより、自分は手を下すことなく、当ブログを駆逐し、自分はネット上のキリスト教界批判の分野において、ナンバーワンの座を得ようと考えているものと思われる。

それと同様のことを、おそらく唐沢治も考えていたであろうことはすでに述べた。唐沢から見れば、杉本も筆者も、KFCを批判しているため、どちらが勝利をおさめようと、一定の利益が得られることになる。

これが牧師というものの実態である。信徒同士を争わせ、戦わせ、自分はそれを高みの見物しながら、自分自身の地位の安泰をはかる。唐沢であろうと、村上であろうと、坂井であろうと、結局、彼らは牧師階級を守るという、全く同じ利益のもとに結託して、ほとんど同じ働きをなしているのだ。つまり、彼らは、キリスト教界内のカースト制度を温存する目的で、信徒を踏み台にし、互いに戦わせながら、それによって自分の利益を得ているのである。
 
だが、すでに見て来た通り、唐沢は、本気で杉本や村上と対立する気は全くないため、Dr.Lukeは彼らの競争相手ではない。残るは筆者一人である。

そこで、杉本は村上の代弁者として、村上の意向を忠実に「忖度」して、自分自身を捨て駒・当て馬とすることによって、必死に当ブログの更新を中断させ、相打ちに持ち込もうと試みているのだと考えられる。

そのことは、以上の杉本のメールの内容からも理解できるし、さらに、村上密が他ならぬ3月23日に自らのブログに以下のごとく大量の投稿をしているという異常現象を通しても伺える。村上は、民事調停への出席を蹴ったこの日に、なんと29本もの記事をブログに投稿しているのである。

ちなみに、さわやか読者らは、大抵、当ブログの更新が途絶えて何時間も経ってから騒ぎ出すのが常であるが、筆者が本日、村上のブログを訪問して、当ブログの欄外のコメント欄で、この異常な投稿数について書き記した途端、早速、ほとんど時間を置かずに、フェイスブックから、以下の読者が当ブログに押し寄せて来た。

p399088-ipngn5401souka.saitama.ocn.ne.jp
(↑古参のさわやか読者、どれだけの工作がこの特定のIPアドレスから行われているかを間もなく発表予定。いつかは必ず人物が特定される。)
pl960.ag1111.nttpc.ne.jp
69.171.240.21
66.220.151.210
31.13.114.55
66.220.151.182
pl6728.ag5354.nttpc.ne.jp
p3b935fcf.hyognt01.ap.so-net.ne.jp
fs76eee8bc.tkyc210.ap.nuro.jp

(追記:3.31)
pl14651.ag1212.nttpc.ne.jp
p399088-ipngn5401souka.saitama.ocn.ne.jp
(↑この日も朝一で来ている。ほとんど主犯格と言えよう。) 

(4.1)
softbank219209223053.bbtec.net 
   
調停が行われた当日にも、フェイスブックを利用して当ブログを訪れたのは以下の面々である。

55.10.134.27.ap.yournet.ne.jp
185.89.219.166
pw126199005109.18.panda-world.ne.jp
16.199.183.58.megaegg.ne.jp
p701203-ipngn1802sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
ool-2f16ab0a.static.optonline.net
softbank126209003004.bbtec.net
sp49-98-53-109.mse.spmode.ne.jp
 
しかし、フェイスブックは最も個人が特定されやすい危険な媒体である。匿名の2ちゃんねるが不評であり信頼低下が著しいため、彼らは別な媒体に移動しつつあるのかも知れないが、そういうことを繰り返しているうちに、彼らはやがて自ら身元を明かす時が来る。杉本がメールで画像を添付して来たように、それを見ている人々が身元を特定して通報することが十分にあり得るからだ。

当ブログのさわやか読者はほとんどが毎回、そのようにして徐々に自分自身の存在を明かすというパターンを辿っている。悪霊に導かれる人々には、自己顕示欲という捨てがたい欲望があるため、危険を承知で自分たちの存在を誇示しないわけに行かないのである。

いずれにしても、今回の記事のテーマはさわやか読者ではない。杉本もさわやか読者も自分たちに注目を集めることによって、記事の本題を逸らそうとする人々である。そこで、今回は、杉本がどれほど当ブログで批判されても、それだけではほとんど反応しない人々が、村上に関わる話題が持ち上がると、これほど素早く反応を起こすことに注目されたい。
 
以上とはまた別に、連日、Yahoo!、Google、Bing などの検索サイトで工作を繰り返し、当ブログの順位を下落させ、検索結果から駆逐するために活動している部隊がある(重複している部分もある)。だが、村上に関する話題が出ない限り、決して起きることのない騒ぎがある。
 
さわやか読者らは、検索結果を操作し、話題をかく乱し、印象操作を行うことによって、「本命」の村上密をかばおうとしているのである。だが、彼らのすべてが村上密をかばうという目的だけのために活動しているとは言わない。杉本徳久を含め、彼らは牧師階級そのものを温存するために、牧師階級の手先となって活動している勢力であると言った方が良い。

さて、村上密が自分に関する評判にどれほど敏感に目を光らせているかについては、かつて何年も前に、杉本徳久が、自らのブログに、村上密という牧師を「全く信用していない」と記し、村上の記事内容を批判した際、その直後に、村上からクレームをつけられ、反省文のような記事を書かされている様子からもよく分かる。

その当時、水面下でどんな圧力があったのか知らないが、その出来事や、当ブログ執筆者が村上から受けた人格攻撃を通しても分かることは、村上密という人物は、少しでも自分に対して批判的な言動があれば、決してそれを放置せず、ただちにクレームをつけ、さらにそれで効果がなければ報復措置に出る人間だということである。

村上密に関する記述を巡っては、当ブログに関しても、連日、工作員部隊が、隅から隅まで発言に目を光らせており、少しでも批判的な言動がなされれば、すぐに飛んで来る。そして、批判を行った者を揶揄したり、嘲笑したりするコメントを別の場所に投稿することによって、批判者を追い込み、批判的な言説が広まらないように印象操作を続けているのである。

こうした工作員部隊の活動は、アベンジャーズとも呼ばれている自民党ネットサポーターズクラブの動きを彷彿とさせる。アベ様を身を呈して守ろうとしている人たちと、密様を守ろうとしている部隊の動きは、筆者から見れば、瓜二つに見える。「誤報」などという言葉を使って、論敵を貶めようとする言葉の遣い方もよく似ているが、やはり統一教会がらみだからであろうか、こうして批判者を封じ込めようとする手口までそっくりなのだ。

自民党ネトサポに関しては、彼らのネット上の書き込みが金で行われていた事実が判明している。そこで、牧師という階級制度を温存するために、捨て身の作戦に出ているこれらの者たちの書き込みも、印象操作のためのシナリオに基づき、世論の誘導のために行われているのであって、決して自発的なものではない可能性を我々は十分に疑ってみなければならない。
 
以前から何度も書いて来たように、我々は、統一教会がキリスト教界にスパイを送ることなど決してないなどと安心している場合ではない。キリスト教の中に、キリスト教とは無縁かつ異質な勢力を送り込み、彼らの圧力によって神に忠実に従うクリスチャンを駆逐して行くということは、異端の勢力が必ず取る方法である。ペンテコステ・カリスマ運動もそのようにして既存の教会を破壊して来た歴史がある。

村上密が全くクリスチャンの利益のために行動していないことは、村上の言動から一目瞭然であり、村上が仕えているのは、聖書とは「別の福音」であることは何度も述べて来たが、それならば、村上は一体、どこの宗教、誰の利益に仕えているということになるのであろうか。

しかし、それにしても、村上密が3月23日に開かれた調停の場に出て来ることもなく、自らのブログに引きこもろうとするかのように、記事を大量に投稿した行為は、どこから見ても異常でしかない。引きこもりの患者ならば、他にすることもないので、一日に10本以上の記事を投稿するようなこともあるかも知れないが、29本の投稿は行き過ぎである。何のためになされた行為なのか、必然性もなく、牧師にも関わらず、ここまでブログに入れ込んでいる姿はもはや異常と言われても仕方がない。

このことは、当ブログが、村上のブログを引きこもり老人のモノローグ的回顧録も同然であると評したことの腹いせに、筆者が期日に出かけ、ブログを更新できなかった日に、大量投稿を繰り返すことにより、遅れを挽回しようとしたと考えられないわけでもないが、あまりにも異常な行動なので、そういう動機では単純に片づけられないものがある。

しかも、その後の記事において、村上はまたもや信徒の恥を晒すような相談内容を漏洩している。以前と何も変わってはいない。人間関係などを仔細に描写するだけで、相談者が明らかになってしまう危険もかえりみず、いつまで経っても、信徒の個人情報を守ろうとする姿勢がないことに呆れるしかない。 

さて、一日に29本の記事の投稿という異常行動は、調停の期日当日の村上の不安心理をよく示していると考えられる。やはり、この日、村上は杉本一人をスケープゴートとするかのように矢面に立たせ、自分は公の場に姿さえ現さなかったことに、内心ではよほどの罪悪感や、忸怩たる思いがあり、居ても経ってもいられない心境だったのだろうと感じさせる。

以下を見れば、これがただ不安心理の表れとしか見えないのは当然である。光のもとへ出る勇気がないために、藪の中に隠れて石を投げることしかできない幼稚な生き方しかできない人間が、一体、誰であったのかは、読者の前に明々白々である。
  

3月23日の村上密の記事投稿数(全29本)

権威について [ 2018-03 -23 23:37] 
権威2018-03 -23 23:28 ] 
宗教的権威に対して [ 2018-03 -23 23:20 ]
政治的権威に対して [ 2018-03 -23 23:14 ]
司法的権威に対して [ 2018-03 -23 23:07 ]
司法的権威を持つ者への注意事項
 [ 2018-03 -23 23:03 ]
政治的権威を持つ者への注意事項 [ 2018-03 -23 22:58 ]
権威について 21
 [ 2018-03 -23 22:50 ]
権威について 20
2018-03 -23 22:25 ]
権威について 192018-03 -23 22:23 ]
権威について 182018-03 -23 22:20 ]
権威について 17
2018-03 -23 22:18 ]
権威について 162018-03 -23 22:15 ]
権威について 152018-03 -23 22:12 ]
権威について 142018-03 -23 22:00 ]
権威について 13
2018-03 -23 21:56 ]
権威について 122018-03 -23 21:54 ]
権威について 112018-03 -23 21:51 ]
権威について 102018-03 -23 21:47 ]
権威について 92018-03 -23 21:45 ]
権威について 82018-03 -23 21:42 ]
権威について 72018-03 -23 21:40 ]
権威について 62018-03 -23 21:33 ]
権威について 52018-03 -23 21:32 ]
権威について 42018-03 -23 21:29 ]
権威について 32018-03 -23 21:26 ]
権威について 22018-03 -23 21:19 ]
赦し2018-03 -23 20:39 ]
権威について 12018-03 -23 10:10 ] 
  


 
 だが、断っておくが、人間は、それほどまでに単純な生き物ではない。うわべでは自らの非を認めなくとも、良心においては、自分がどんなに卑劣な行為に及んでいるかはちゃんと分かっている。そこで、この先、杉本をスケープゴートにすればするほど、村上は罪悪感の重さに耐え切れなくなるだろうと筆者は予想している。

しかも、上記メールに見るように、杉本がこの期に及んでもまだいじらしく村上をかばっているだけに、村上が自分一人、ブログに引きこもって、モノローグ的回想を延々と綴っている行為は、誰から見ても納得できるものではない。神と人の前で、こうして信者を利用して破滅させた村上の罪ははかりしれないほど重いものとなろう。

だが、だからと言って、筆者は決してそのことで杉本を犠牲者として擁護するつもりはない。我々は、以上に挙げた杉本のメールの文面を通して、杉本という人物がどれほど深くグノーシス主義に汚染されてしまっているか、また、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の信者でもないにも関わらず、村上密にどれほど深く心酔し、まるで運命共同体のように、この牧師の意向を「忖度」し、身を呈してこの牧師をかばおうとするほどまでに、深くマインドコントロールされてしまっているかをはっきりと見ることができる。

そのようにまで自分を見失って他人の欲望の奴隷となって行動したことの罪は、全て本人に跳ね返る。聖書は、キリストにあって自由とされた信者は、二度と人間の奴隷となってはいけないと教えている。しかも、あれほどカルトの危険性を訴えていた本人がこうなったことには、誰も同情しないだろう。

杉本と村上の例を通して、我々は、互いに面識があるかないかとか、同じ教団に所属しているとかいないとか言ったことに関わらず、離れたところにいても、これほどまでに深い精神的絆(癒着)が生まれることがあり得ると分かる。村上密による遠隔操作、重症のマインドコントロールを思わせる行動である。
 
杉本が当ブログに対していわれのないバッシングをしかけ続けた行為も、やはり杉本が村上の意向を忖度して、村上密の利益のためになされたのだろうと筆者は改めて思う。杉本はこれまで常に村上密の「影」として、村上の心を「忖度」しているつもりになって、村上の利益をおもんばかって行動して来た。そして、村上密にはそういう杉本の行動を止めようとした形跡が全くない。
 
杉本は、村上密のために、村上をキリスト教批判の分野においてナンバーワンとして担ぐためならば、自分自身は捨て駒となって、罪を問われても構わないという姿勢で、当ブログに体当たりしているのであるから、もはやこういう人間関係は、カルトの教組と信者との結びつきにも近く、教祖を守るためならば、どんな罪に問われても構わず、死んでも良いとする信者の姿を彷彿とさせる。

かつて杉本は、筆者を妄想教組に従うカルト信者のように形容していたが、蓋を開けてみれば、それは他ならぬ杉本自身だったことがこうして明らかになっているのである。

 だが、彼らがどれだけそのように所属教団や所属教会をも無視した異常な連帯を用いて、当ブログを圧迫したとしても、この先、誰の主張が駆逐されるのかは明らかである。

以前にも書いた通り、クリスチャンは、試金石である。本物のクリスチャンであれば、誰かがその人間にぶつかればぶつかるほど、かえってぶつかった人間の本質が見えて来る。

石とダイヤモンドでは勝負にならず、高速でダイヤモンドにぶつけられた石は、粉々に砕け散るしかないように、霊的法則性についても同様のことが言える。人間の主張対主張の争いにおいては、もしもどちらかが聖書の真理に堅く立っている場合には、虚偽の主張は根こそぎ粉砕されるしかない。

キリストご自身が生ける「石」となって、偽善者たちの上に落ちかかり、その教えを粉砕してしまったように、今日も、クリスチャンたちは、神の神殿を構成する「生ける石」として、嘘を粉々に打ち砕いてしまう役割を担っている。

それは、私たちが願おうと願うまいと、避けられない結果として起きて来る。このリトマス試験紙としての役割は、「地の塩」としての役割であり、自分の意志で取り除くことができるものではなく、その役目を果たせなくなれば、外に捨てられて踏みつけられるだけで、クリスチャンとしての意味もない。

そして、杉本も村上も、自分たちの主張に正当な論拠がなく、公の場所に提示すれば、それが否定され、粉砕される運命にあることを知っていればこそ、可能な限り、公の場で、当ブログの主張と直接、対峙することを避け、暗闇から非合法な方法で言いがかりをつけることで、意見表明を断念させようとしているのである。

以上のような事情があるため、当ブログでは、あえてこの先も、杉本から送りつけられる全ての迷惑メールや、さわやか読者らの動向を、逐一、仔細な注釈や分析を加えた上で、すべて公開して行くつもりである。
 
さて、筆者は、この先、杉本に一つだけ期待していることがある。それは杉本がこれから訴訟等を通して、公の場で、どれほど多くの情報を証拠として提示して来るかということである。

ソ連が崩壊する前には、ペレストロイカとグラースノスチがあり、その過程で、あまりにも多くの体制の腐敗・不正に関する闇の事件の情報が明るみに出て来たことが、この体制の決定的な信頼の失墜と崩壊を導いた。

このように、悪しき体制の崩壊には、まず信頼の失墜が先立つ。杉本はこれまでクリスチャンに関する情報を暗闇で密かに収集しては、クリスチャンを脅しつける材料として利用して来たが、当ブログではこの度、その「鏡」をくるりと反転して、逆に杉本からの情報収集を始めた。

まずは杉本が調停で証拠として出して来た唐沢治のメールを公開したが、それによって、当ブログがDr.LukeとKFCに関して述べて来た主張にも、かなりの裏づけが取れたと言える。

しかしながら、こんな程度では済まない大量の情報が、杉本徳久という「要塞」の中に、まだ数多く眠っているものと見られる。そして、当ブログでは、その情報に多大なる関心を寄せている。それだからこそ、前々から、杉本は、一人の人間でありながら、同時に、反聖書的な思想の体現者であり、霊的要塞なのだと述べて来たのである。

訴訟になれば、彼らは今まで以上に多くの証拠を出して具体的に反駁せねばならないが、その過程で、どれだけの情報が明らかになるのかが、最も注目するところである。

杉本徳久という人物は、うわべだけは敬虔そうな態度を装う”自称”クリスチャンたちが、密かなところで隠れて行って来た悪事、嘘、密告、裏切り、中傷、讒言、監視、陰謀、分裂工作などに関する様々な情報を嫌というほど握っている証人であると見られ、そうした情報を出させることにより、事の真相を明らかにすることには、とてつもなく大きな意義があると考えられる。

しかも、通常であれば、犯罪事件で訴えられたことが分かっている被疑者は、自分に捜査が及ぶ前に、証拠隠滅を図るであろうが、杉本という人物にだけはその原則が当てはまらない。未だに刑事事件となった事実さえ認めようとしない杉本は、まるで現実感覚がないがゆえに、逆に自分が難を逃れるために、この先、開き直って自分の握っている情報をとことんまで吐き出して来る可能性がある。

杉本が、ブログに記したコメントの一つさえ、削除を要求しても、応じない人間であったことを考えれば、杉本が自称クリスチャンたちに関して握っている不利な情報を隠滅するとは考えにくい。クリスチャンを貶めることが最初から彼らの目的であったにも関わらず、その材料を自ら手放すとは思えないからである。

そして、当ブログでは、杉本の存在を通して、うわべだけ敬虔を装う”信者”が、暗闇の中で、どれほど陰湿かつ卑劣な陰謀に加担し、神の子供たちを貶める行為に手を染めて来たかという情報が明らかになることは、大いに結構であり、望ましい展開だと考えている。
 
現在になっても、当ブログがまだ、人に優しく、耳に心地よい信仰告白を行う場だと考えている読者がいるとすれば、その人には、大変、残念なことであるが、当ブログにはそのような目的は初めからないので、人間の弱さを根こそぎ明るみに出すような話題を不快に感じられるならば、読まないことをお勧めするしかない。

なぜなら、聖書は言う、

人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。わたしが暗闇であなたがたに言うことを、屋根の上で言い広めなさい。体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい

二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父がお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」(マタイ10:26-31)

「ともし火をともして、それを器で覆い隠したり、寝台の下に置いたりする人はいない。入って来る人に光が見えるように、燭台の上に置く。隠れているもので、あらわにならないものはなく、秘められたもので、人に知られず、公にならないものはない。だから、どう聞くべきかに注意しなさい。持っている人は更に与えられ、持っていない人は持っていると思うものまでも取り上げられる。」(ルカ8:16-18)

ある人は言うかも知れない、「ヴィオロンさん、あなたは杉本が、カルト監視機構の設立を訴えていた村上密の活動に共感して、教会の不祥事をブログで発表し続けたことを、キリスト教の信用を失墜させる行為であると非難しています。それならば、あなた自身が、クリスチャンの堕落を明らかにすることは、同じようにキリスト教の信用を失墜させる結果になるだけだと思いませんか?」

筆者はそれに答えて、決してそうは思わないと言おう。なぜなら、たとえば「私たちはエロヒム(神々)だ!」と臆面もなく集会で宣言しているDr.Lukeこと唐沢治が、真にクリスチャンであって、聖書の御言葉に基づくキリスト教を布教しているなどと、どうしてあなたは思うことができようか。

だとすれば、KFCのメッセージが反聖書的であることを具体的な根拠と共に明らかにしたからと言って、それがキリスト教の信用を低下させる行為であるとは言えないであろう。むしろ、逆である。

ペンテコステ・カリスマ運動についても同様のことが言える。キリスト教の中にこっそりと滅びに至る異端を混ぜ込む「疑似キリスト教」の骨子を明らかにし、なぜペンテコステ・カリスマ運動がこれほどまでの混乱をキリスト教界に引き起こして来たのか、それをこの教えの本質を明らかにすることによって理論的に証明し、このような偽りを聖書の御言葉から公然と分離し、取り除いて行くことこそ、キリスト教の信頼の回復のために欠かせない過程ではないだろうか。
 
さらに、牧師制度の根本的な誤りを明らかにすることの重要性がある。村上密のような牧師が、いかにカルト化教会の牧師が自らの権威を絶対化していると批判したとしても、その村上自身が牧師である以上、そのような主張は大いなる自己矛盾でしかない。

唐沢治であろうと、村上密であろうと、彼らの論理破綻はまさに同じ点にある。他の牧師を批判する前に、自分自身が牧師の職を辞さなければならない。なぜなら、牧師が自らの権威を絶対化することが誤りなのではなく、牧師制度そのものが、必ず、権力の絶対化を引き起こす誤った制度なのであり、それを認めず、一部の牧師だけを批判する彼らの主張は、甚だしく合理性を欠いており、さらに自分自身を絶対化している彼らの行動とも相矛盾盾するものでしかないからだ。

このことは、かつてあれほど牧師制度を批判し、キリスト教界を批判していたDr.Lukeが、結局、自分のミニストリーに反対した信者について、虚偽の情報を言い広めて印象操作を行うまでに身を落とした様子からもよく分かる。まさにカルト化である。自分の活動の批判者を誰彼弾圧せずにいられない村上は言わずもがなである。
 
しかし、そうしたカルト化現象も、もしも村上や唐沢が、人々の目にヒーローのように映るフィクションの自分自身の姿を作り出し、それを見つめさせることによってしか、自己肯定、自己安堵を得られず、自己認識ができないという精神的弱さを克服することさえできていれば、起きなかったであろう。
 
だが、彼らには後戻りの道はなく、おそらくこの先も、最後まで虚構の自己像を演じ続けることで、真の自分自身から逃避するしか道はあるまい。
 
我々は、臆病さや卑怯さのために、彼らと同様に、ありもしない幻想の自己に逃げ込むことはせず、恐れることなく、真実な自分の姿を見つめたい。そして、真実な自分の姿とは、聖書に書いてある通り、アダムに属する人間はすべて堕落しており、弁明の余地なく、すべて十字架で廃棄されなければならないという事実である。

キリスト教の信用を失墜させないとは、決して人間に媚び、人間の機嫌を損なわず、人間の威光を傷つけないために、人間に関して楽観的で、美化された虚偽の幻想を流布することを意味しない。

キリスト教が唯一正しい方であるとしているのは、聖書の父なる神、独り子なるキリストだけであって、人間については徹底的に悲観的で絶望的な結論しか提示していない。

キリスト教は人間を賛美したり、神を信じているクリスチャンを美化し、誉め讃えるための教えではない。
 
聖書が教える人間の本質とは以下の通りである。

心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。
「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。おのおのに、その道にしたがい、その行いの実によって報いをするためである」。 」(エレミヤ17:9-10)

聖書はすべての人間が、義人ではなく、堕落・腐敗しており、信用ならないことを教えている。だからこそ、被造物はすべて死を通らねばならないのであって、キリストの十字架以外にはいかなる救いも存在しない。

にも関わらず、あまりに大勢のクリスチャンが、キリスト教を自分のうわべを飾り、人前で自分を義と見せかけるための手段として用いている。彼らはうわべだけは敬虔そうに振る舞い、数々の儀式には精通しており、熱心かも知れないが、神を知らず、神に近づくことも考えておらず、聖書の御言葉への従順さも、神の御前での心の清さも求めない。何よりも、彼らは偽善的で、誠実さ、真実、御言葉への従順が欠けているのである。

彼らはアダムに属する人間の自己が、キリストと共なる十字架で死に渡されねばならないことを認めず、神を信じていると言いながら、自分が受ける恵みのことばかりを強調し、こっそりと、神を自分の魂の情愛や欲望を満たす手段へと変えてしまう。ない。そして、古い命に基づく情愛を賛美し、その情に基づく関係を兄弟姉妹の交わりと呼び、堕落した魂の情愛によって、神の教会を築き上げようとして失敗し、結局、異端に逸れて行くのである。

だが、そうした腐敗は、すべてもとを辿れば、グノーシス主義が生む現人神崇拝としての牧師制度へと行き着く。まずは牧師制度が、キリスト教を人間が栄光を受けるための手段に変え、被造物中心の教えに変えてしまうのである。神を信じることにより、堕落した人間に過ぎない牧師が、あたかも神の代理人のように高められ、しかも、他の信徒にまさって、「神の御言葉を取り継ぐ」資格を得たかのように振る舞い、神と人との唯一の仲保者であるキリストになり代わって信徒の心を支配し、金銭的にも肉体的にも、搾取し、自ら栄光を受けるのである。

このような牧師制度は、教会内に偽りのヒエラルキーを作り出し、教会を人間の欲望を叶える手段とし、奴隷としてしまうだけである。

それはちょうど、地上の会社組織が、人間の欲望に仕える団体であるがゆえに、人々に尊ばれているのと同じである。ある企業の社長が人前に敬われ、栄光を受けるとすれば、それは、その会社が人々の欲望を満たす手段だからである。人々は、ある会社の社長を尊ぶとき、本当は、その会社の社名や、社長の人物を尊んでいるのではなく、その社長の背後に存在しており、自分の欲望を都合よくかなえてくれる手段としての会社を尊んでいるのである。つまるところ、社長を尊んでいるというよりも、自分の欲望を尊んでいるのだと言って良い。

これと全く同じ原則が、牧師という制度や職業にも当てはまる。

主イエスは言われた、「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたがたの心をご存じである。人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われる。」(ルカ16:15)

なぜ人に尊ばれるものが、神に忌み嫌われるのか。それは、人が尊ぶものは、自分の欲望を都合よくかなえてくれそうなものばかりだからである。この世において、人が尊ぶものはすべて人々の欲望の化身なのであって、人はそれを尊ぶことによって、結局、自分自身の欲望を重んじているのである。

今日の教会においても、信徒らは、牧師という目に見える「象徴」の中に、自分の一切の願望を投影する。神の御心にかない、人々の救いのために自分の命を惜しまず注ぎだす、御言葉に忠実で従順かつ理想的な神の僕の姿を見ようとする。

しかし、神の御心にかなう従順で忠実な僕は、キリストお一人しかいないのであるから、目に見える人間の中に、神の忠実な僕を見たいとする信徒らの欲望は、裏切られて終わるだけである。

あれやこれやの牧師が特別な例外として誤りに陥るのではない。牧師制度そのものが、神と人との唯一の仲保者であるキリストの地位を奪い、キリストになり代わろうとするフィクションの制度であって、牧師という職は、それ自体が、人々の心の欲望から作り出された偶像、神話なのである。
 
そこで、信徒が、牧師という目に見える存在に、美化された人間の幻想を重ね合わせ、それを自らの欲望の化身として拝むことをやめなければ、信徒らがこの「フィクション」である牧師を手本に、福音を自分の御を飾る手段として利用して、幻想の自分を作り出しては、それに耽溺し、虚構の「聖化」や「栄化」の概念に溺れて行くことも終わらないであろう。

私たちは、そもそも人間という存在を欺瞞に満ちた幻想の美しい花輪で飾り立てることをやめ、聖書の突きつける厳しい現実を決して目を背けることなく直視せねばならない。

そこで、話を戻せば、当ブログでは、杉本を含め、カルト被害者救済活動の陣営がこの先、出して来る情報を通して、いかにも敬虔そうに振る舞う「信者」たちが、隠れたところで行って来た悪事が明らかになることは、全く問題ではないと考えている。むしろ、そうした情報が明るみに出されることにより、うわべの外見だけで人を判断し、無意味に人を美化しようとする偽りの幻想が打ち砕かれて恥をかかされ、退散して行くことは、まことに望ましい結果だと考えている。

私たちは、クリスチャンになったからと言って、人間というものの堕落した本質から決して目を背けるべきではない。誰にも嫌われたくないからという理由で、人の耳に心地よい言葉を語り、人間に過ぎない者を賛美したり、自分自身を美化したりして、神を自分の欲望をかなえ、自分が栄光を受ける道具として利用することは、聖書の福音に対する裏切り行為でしかない。

そんなことをしていれば、結局、神の御前で真理を否定して、救いから除外されるだけだ。

クリスチャンは、神が預言者エゼキエルに語られた内容を知らないわけではないと思う。

「彼はわたしに言われた、「人の子よ、立ちあがれ、わたしはあなたに語ろう」。
 そして彼がわたしに語られた時、霊がわたしのうちに入り、わたしを立ちあがらせた。そして彼のわたしに語られるのを聞いた。
 彼はわたしに言われた、「人の子よ、わたしはあなたをイスラエルの民、すなわちわたしにそむいた反逆の民につかわす。彼らもその先祖も、わたしにそむいて今日に及んでいる。
彼らは厚顔で強情な者たちである。わたしはあなたを彼らにつかわす。あなたは彼らに『主なる神はこう言われる』と言いなさい。
彼らは聞いても、拒んでも、(彼らは反逆の家だから)彼らの中に預言者がいたことを知るだろう。
人の子よ、彼らを恐れてはならない。彼らの言葉をも恐れてはならない。たといあざみといばらがあなたと一緒にあっても、またあなたが、さそりの中に住んでも、彼らの言葉を恐れてはならない。彼らの顔をはばかってはならない。彼らは反逆の家である。
彼らが聞いても、拒んでも、あなたはただわたしの言葉を彼らに語らなければならない。彼らは反逆の家だから。
人の子よ、わたしがあなたに語るところを聞きなさい。反逆の家のようにそむいてはならない。あなたの口を開いて、わたしが与えるものを食べなさい」。
この時わたしが見ると、見よ、わたしの方に伸べた手があった。また見よ、手の中に巻物があった。
彼がわたしの前にこれを開くと、その表にも裏にも文字が書いてあった。その書かれていることは悲しみと、嘆きと、災の言葉であった。」(エゼキエル書第2章)
 
旧約聖書において、神が人に語られる時、その内容が、人間の耳にとって心地よいものだったことはほとんどない。特に、自分たちは神に仕えていると自負する民にとって、それは厳しすぎる宣告と思われるほどに、彼らの罪を暴き出すものであり、耳を背けたくなるほど、受け入れがたい内容ばかりだった。その原則は、新約になっても変わらない。主イエスは、地上に来られた当時、律法学者やパリサイ人たちが、自分こそは神の代理人だと考えて、自分を聖なる存在のようにみなして思い上がり、民に誉めそやされ、民に君臨し、民を収奪していることの罪を指摘し、彼らの面目を失わせたのである。

だとすれば、現代だけは例外などということがどうしてあるだろうか。さばきは神の家から始まる、と書いてある通り、今日も、自分たちこそ敬虔な信者であって、御言葉の教師であると自認している人々こそ、最も厳しい裁きを受けねばならないのである。

このようなわけで、筆者は、万民祭司のこの時代、キリスト教界に秩序が回復されることがもしあるとすれば、それは一人一人のクリスチャンが、牧師制度を離れ、直接、キリストに従うようになる時だけであると考えている。

少なくとも、筆者が知っている限り、2008~2009年当時には、牧師制度と訣別し、キリスト教界を出て、信徒たちが真に対等な兄弟姉妹として交わることのできる場を追い求め、直接、御霊から御言葉から教わり、キリストに連なろうとする信仰者たちが存在した。そういう議論がタブー視されることもなく公然と展開されていた。

それから随分、状況は変わったが、その時に明らかにされた結論が、後になって変わることは決してない。当ブログの出発点は、牧師制度を離れなければ、正しいキリスト教の信仰は決して得られないというものであり、筆者が神を知ったのも、一切の地上的な組織や団体を離れ、いかなる宗教指導者からも離れた後のことである。

そこで、我々は一度得られた確信を決して捨てることなく、汚れた一切のものとの分離を保ち続け、前進して行かねばならない。我々の側から、心を清め、神に近づくためには、それが必要であり、神に忌み嫌われるものを一切捨てる覚悟なしには、誰も神に近づくことはできず、神が近づいて下さることも決してない。



★本来の正しい教義

正しい教義 キリストだけが神と人との仲保者

★今日広まっている異端の教義


牧師がイエス・キリストに成り代わっている

・国家レベルで広がるグノーシス主義~人間を神とする現人神崇拝からのエクソダスの必要性~
  

本題に入る前に、再び、政局について書いておきたい。やはり、佐川前国税庁長官の国会における証人喚問は、予想した通り、単なる見世物であり、安倍夫妻が逃げ切るための出来レース、ガス抜きだったという印象を受ける。しかも、これをインターネットでリアルタイムで実況中継しようとしていた菅野完氏のツイッターが直前に凍結されるなど、この国の暗黒状態をよくよく物語る出来事が進行中である。

当ブログが、何年も前から、暗闇の勢力からいわれのない攻撃を受けて来たことも、我が国が統一教会や日本会議などのオカルト勢力に占拠されている現状と無関係であるとは思えず、もはや安倍政権になってから何でもありとなったこの国には、言論の自由もなくなりつつある上、巷でささやかれているように、公文書の改ざんも、明らかになっていないだけで、他にも数えきれないほど横行しているものと思われる。

公文書が改ざんされたということは、ただ公務員の仕事に信頼が持てなくなったなどという次元の問題ではなく、国の存立基盤が根本から揺るがされていることを意味する。今やこの国そのものが、オカルト・ヤクザ勢力に乗っ取られ、どんどん書き換えられ、「フィクション」になりつつあるのが現状なのである。

我が国は、すでに何年も前から、全体主義社会と化しており、表面的に平和に無事に生きようと願う人々は、悪魔に魂を売るしかない状況だ。そのことは、官僚の世界でトップクラスに至るまで腐敗が進行し、誰もが粉飾に手を染めている事実からもよく分かる。こうした腐敗と癒着が、官僚の世界だけにとどまるはずがなく、当然、民間にも深く浸透しているはずである。
 
筆者はこうした世の腐敗の中に、牧師を神のように崇めるキリスト教界の堕落を見る思いがする。以下でも詳しく論じるが、牧師制度は、決してキリスト教に由来するものではなく、その起源は被造物を神とするグノーシス主義に由来するのである。

多くの信仰の先人たちが、目に見える人間をリーダーとして、それを頂点にいただく地上の組織や団体を作ることは、キリスト教と本質的に相容れないことに気づき、聖書に忠実なエクレシアを求め、そうした団体をエクソダスして行った。

今や信仰とは関係ない地上社会においても、バビロン化が極度に進んだ結果、誰かをボスとして、その人物に雇用され、生殺与奪を握られて生きることが、結局、教会に籍を置くことにより、救いを教会に質に取られてしまっている信者の状態とほとんど変わらなくなっているものと思う。

独裁国家では、独裁者に異議を唱えた人物に、平和な暮らしはない。投獄されるか、殺されるか、国外追放されるなどして、厳しい迫害が待っているだけである。牧師制度に異議を唱えた信徒も、同様に、教会から悪魔扱いされて追放されるということが多々起きている現状であるが、国ごとグノーシス主義に乗っ取られた我が国では、国家レベルでカルト化が進行中なのである。

首相夫妻が、事実上の現人神となり、「真の父母」となって国民に君臨しており、オカルト信仰によってこの国を動かしている。彼らおよび彼らの作った体制を拝むことを拒否した人々は、「人民の敵」のごとくネガキャンにさらされ、社会的な抹殺へと追いやられているのである。

だが、至る所からほころびが出ている現在、こんなにも腐敗し切った愚かな体制が長く続くことはあり得ない。

筆者は、ペンテコステ運動が米国から持ち込まれたものであるように、日本会議も米国発(源流はイスラエル)から輸入されたものではないかと考える。米国ではロシアの悪魔化のプロパガンダが一層、進んでいるようだが、巨悪から目を逸らすために、「巨大な悪役の像」を作り上げては、自ら犯した悪事のすべての責任をその悪役に転嫁するというのは、彼らの常套手段である。

米国がイスラエル及び他の国々と組んでこれまで行って来たすべての悪事を、ロシアを巨大な悪役に仕立てることでオールリセットしようとしていることは、もはや人々の共通認識となりつつあるように思う。ロシアという国もそれなりに相当に厄介な「フィクション」であるとはいえ、こんなお手軽かつ馬鹿馬鹿しい卑劣な手段によりすべての悪事を帳消しにできるはずがないことは明白である。

こうしたすべてのことには、決して偶然ではない霊的影響があり、筆者は自分が様々な意味で、古い時代と新しい時代の歴史の交差点に立っていることを感じる。結論から言えば、信仰の世界は、この世と合わせ鏡であるから、筆者があるべき場所に確固として立つことにより、こうした支離滅裂な国際情勢や、この国の悲惨な現状にも幾分か変化が訪れる可能性があると考える。

さて、筆者は、これまでの記事にも書いて来たように、暗闇の勢力に真実を語らせるためには、訴訟を通して答弁を公開させるしか残された手段はないと確信している。筆者はこれまで自分から訴訟を提起したことは一度もなく、また、村上徳久や杉本密の行って来た行為を、キリスト教界の内側の問題としてとらえていた頃には、教会の問題を世に持ち出すべきではないという聖書の御言葉に基づき、訴訟という手段を使って彼らの引き起こした争いを解決することを回避して来た。

だが、今や杉本徳久や村上密という人物はキリスト教徒ではなく、彼らには信仰の片鱗もなく、彼らを信者と同様に扱う理由はどこにもない上、筆者が個人的な思惑により彼らと対立しているわけではなく、この争いは彼らの側からしかけられたものであることを明白にするためにも、ネット上の議論を出て、きちんと実社会において公にしかるべき形で決着をつけることがぜひとも必要であると考える。

その作業を通して、これまで杉本や村上のような人物が、自分の側から率先してクリスチャンに訴訟をふっかけることにより、自分たちがあたかも悪を退治する正義の味方であるかのようなポーズを取り続けて来たことの欺瞞性が、より一層、公衆の面前で明らかになるであろうと思う。
 
また、それを通して、聖書の御言葉に反逆する者たちは、どんなにこの世の常識を振りかざしているように見えても、結局は、この世の常識や法制度をも平然と踏みにじり、すべての善悪の基準をあざけり、踏みにじりながら、自分が何者にも服する必要のない神であるかのような思い上がりに陥り、己が欲望を高く掲げるのだという事実が明らかになるだろうと思う。

彼らがこの世の法廷において敗訴したという記録を作ることは、非常に重要である。訴訟は、ヤクザ者の専売特許ではなく、そんな者たちのために作られた制度でもない。クリスチャンはそうしたこの世の手続きにあまりにも無知であるべきではない。

本当のことを言えば、筆者にとっては、個人情報を収集されるとか、実名を開示されるとか、名誉を毀損されるとかいった問題は、本質的に重要ではなく、実に些末な問題でしかないのだ。実名を公表してブログを書いている人々は、世に数多く存在し、そうした人々は厳しい批判にも時にさらされている。筆者が実名を公開しないのは、杉本や村上のようにさかんに自分の名を売りながら、宗教指導者や改革者をきどる気がないためで、自分の名を冠したミニストリーのようなものを作って、人前に栄光を受けたくないからである。

さらに、筆者の実名が特定されないことによって、筆者に関わる人々のプライバシーも保たれる。当ブログでは、牧師や指導者として自分を公にし、自ら自分の情報を明かした人々以外については、たとえ敵のように行動する信者があったとしても、実名を公開したり、彼らを特定できる個人情報を開示したりはしていない。

もしも自分のミニストリーを作って有名になろうと願ったならば、筆者にもそのチャンスは十分にあったであろうと思う。ブログを金もうけの手段とし、何かの新しい教えを宣べる教祖となって、人々に君臨しようと考えたなら、そのための才覚がゼロだったとは思わない。そういう悪しき目的のために、筆者がこれまで地上で積み上げて来た様々な経験や肩書を存分に利用することも可能だったろう。今から先も、様々な戦いに勝利をおさめれば、筆者の名を使って、筆者を担ぎ上げようとする人々が出て来ないとも限らない。

だが、筆者はそういうことを全く願っていないので、無名氏のままであり続け、自分の名を売るまいと考えているのである。地上で栄光を受ければ、天での栄光はもうないからだ。

当ブログに対して引き起こされている様々な戦いは、神の国の権益に関わる問題であって、個人の諸権利に関わる問題ではない。ここで本質的に重要なのは、ヴィオロン何某といった地上の人間の諸権利が侵害されているといった個人的なレベルの問題ではなく、聖書の神の御言葉が否定され、キリスト教が歪められ、聖書の神と神の教会が冒涜され、神の国の権益が侵され、真実と正義が曲げられているという問題なのである。

個人の諸権利を主張することは、聖書の御言葉に基づく信仰を公然と守り、神の国の権益を守るために必要な現実的措置として行っているだけのことであり、それが本質的に重要な問題なのでは全くないのである。

ちなみに、3月23日という日は、本当にいわくつきな日だったらしく、札幌では、元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏と、日本会議の強力な代弁者の一人であると見られ、筋金入りの改憲派でもある櫻井よしこ氏との間で本人尋問が行われた日であったらしい。
 

【慰安婦記事訴訟】植村隆氏、櫻井よしこ氏双方の本人尋問 札幌地裁で7月6日に結審
03/23 19:50 産経新聞

 元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏(59)が、記事を「捏造」と書かれ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏や出版社3社に損害賠償などを求めた訴訟で、植村氏と櫻井氏双方の本人尋問が23日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。7月6日に結審する。
  植村氏は朝日新聞記者だった平成3年8月、元慰安婦が「『女子挺身隊』の名で連行された」とした大阪本社発行の記事について、「連れていかれた所で監禁され意に反して慰安婦にさせられた。だまされて戦場に連れて行かれた。一連の行為で『連行』と書いた」とした。また、「当時の韓国では慰安婦が『挺身隊』を意味していた」と証言し、意図的に慰安婦と挺身隊を結びつけたのではないと主張した。
  一方、櫻井氏は、後に作り話と判明した吉田清治氏の「女子挺身隊の名のもとで強制連行された」に呼応する形で植村氏の記事が書かれたと主張。「植村氏は(吉田氏の)作り話の被害者が実際にいると書いた」とその影響力の大きさを指摘した上で「植村氏は公開討論の呼びかけにも応じてこなかった」と批判した。  


   この裁判については、植村隆氏を支える市民団体が以下の記事を発表している。

櫻井よしこ氏が自身のウソを認める! 「捏造決めつけ」記述にも重大な誤り
札幌第11回■詳報  次回7月6日に結審、判決は秋以降に

札幌訴訟の第11回口頭弁論が3月23日、札幌地裁で開かれ、原告植村隆氏、被告櫻井よしこ氏に対する長時間の本人尋問があった。

この尋問で、櫻井氏は、いくつかの記述に誤りがあることを認めた。この記述は捏造決めつけの根拠となるものであるため、植村氏に対する誹謗中傷が根も葉もないものであることがはっきりした。櫻井氏本人がウソを認めたことにより、櫻井氏の根拠は大きく揺らぎ、崩れた。櫻井氏はその一部については、訂正を約束した。
<続きは本文参照。>

 
当ブログは、これまでこの訴訟を追って来ていないため、内容について深く立ち入ることはできないが、大筋を見る限り、この裁判は、「大日本帝国」の復活を願い、戦前の軍国主義路線の誤りを認めず、従軍慰安婦などの問題はすべてなかったこととして闇に葬りたい日本会議を支持する櫻井よしこ氏が、慰安婦問題を掘り下げる報道を不当にバッシングし、そのようなテーマを追求するジャーナリストに不当な打撃を加えて、このテーマ自体を葬り去ろうとする趣旨の記事を発表したため、記者がバッシングから身を守り、自分が行った報道の正しさを立証するために起こさざるを得なくなった訴訟であるという印象を受ける。

市民団体の報道によれば、櫻井氏は徐々に誤りを認め、自分の主張が捏造であったことを認めざるを得ない立場に追い込まれているようだ。 

植村氏が起こした裁判は、名誉毀損の被害を取り返すという、ただ自分の権利を守ることだけが目的ではなく、自分が報道した内容が真実であることを論証して、慰安婦問題が闇に葬り去られて社会の利益が損なわれることのないよう必要なアクションを取ったものだと考えらえる。

報道関係者でなくとも、自分が述べた言葉が真実であることを証明するためならば、それを公に論証する機会として、裁判を用いることは、時には必要であろう。そのようにして自分の言葉の真実性を主張するためには、自分の権利が侵害されたという訴えの形を取るしか今のところ方法がないのが実状である。

日本会議サイドは、櫻井よしこ氏を大いに利用して、慰安婦問題を報道した植村氏を個人攻撃させることで、慰安婦問題に触れると、誰でもこういう結果になるので、慰安婦問題など掘り下げない方が良いですよ、という見せしめ事例にしようとしたのではないかと考えられる。

筆者や当ブログに対して行われて来た攻撃もそれと同じで、牧師制度を批判したり、ペンテコステ・カリスマ運動の偽りを証明したり、カルト被害者救済活動を批判したりすれば、徹底的な報復を受け、人生に害を及ぼされるので、そのような厄介なテーマを、クリスチャンは扱わず、決して言及しない方が良いですよ、という見せしめのためになされたと思われる。

このように、あるテーマそのものをタブーとするために、個人攻撃が行われるということはままある。だが、筆者が書いている内容は真実であり、杉本や村上が書いていることは虚偽である以上、どちらが消し去られなければならないのかは明白だ。しかも、これはこの世のみならず、来るべき世にまで及ぶほどの永遠性を持つ普遍的テーマを巡る論争なのである。

虚偽の情報によって真実が駆逐されねばならない理由はなく、ましてそれが永遠性を持つテーマに関するものならば、なおさらだ。そこで筆者は、杉本が当ブログを誹謗するために書いた虚偽と人権侵害に満ち溢れる記事を一刻も早く削除してもらいたいがために、そのための取引材料として、当ブログ記事を差し出したりするつもりはさらさらない。そのようなことをすれば、敵の脅しに屈したことにしかならない。

だが、誰が真実を述べているのかということを証明するにふさわしい場が、判定者のいないインターネット上の議論や匿名の掲示板の無責任なコメント投稿欄ということはあるまい。そこで、より公共性・社会性のある形で決着をつけなければならないのである。

さて、筆者が個人的にキリストの十字架の死と復活のより深い意味を知って、関東へ来た2009年8月に政権交代があった。おそらく、その頃、関東へ来た筆者に求められていたのは、人間の指導者につき従わず、神にのみ従って歩むことであり、決して、人間の指導者を頂点とする組織に所属することではなかったものと思う。

その点で、KFCは偽りであり、その他の人間のリーダーを担ぐすべての交わりや集会も虚偽であった。牧師制度と手を切りながらも、それと類似するすべての人間による支配を断ち切り、その偽りなることを証明できなかったことが、筆者の霊的停滞の原因なのであり、今から考えると、そのようにしてリーダーを担ぐ団体の虚偽なることを証明することこそ、筆者に当初から求められていた課題だったのであろうと考える。

筆者は、その当時、聖書に基づくエクレシアを探し求めていたとはいえ、それはKFCや、誰かをリーダーとし、その人間を事実上の神とする集会に受け入れられたり、その集会にいる信者らと仲良くして、そこに定着することとは全く無関係であった。そのようなことを目的に、筆者はこの地へ召されてやって来たわけではない。神が筆者を召し出されたのは、人間的な思いや欲望に基づいて、人間の作ったヒエラルキーに依存する自己満足的な共同体を作って、それをエクレシアと呼ぶことでは全くなかった。そのような悪しき目的とは全く異なる目的が、当初から存在していたのである。

人間を中心に作り出された団体は、すべて過ぎ行くアンシャン・レジームに過ぎず、万民祭司とされているこの時代、いい加減に、現人神なる人間のリーダーに従うという腐敗とは一切無縁の、新しいエクレシアの姿が出現しなければならず、新しい時代が来なければならないのである。筆者はその新しい時代の新しい思想の担い手としてこの地へやって来た。その後、長く続く停滞が訪れたように見えるが、それでも、筆者が召された当初の目的が変わらないならば、遅かれ早かれ、その目的は姿を現すのであり、それは筆者が人間の生まれながらの情愛に基づく肉なる絆を根こそぎ断ち切り、神の国の権益にのみに立つ者として行動するときに初めて可能となるのだろうと思う。

筆者はアダムに属する「人類」を離れる覚悟を固めねばならないわけで、今その時が来ているように思う。筆者は、筆者が杉本や村上に対して訴訟を起こすことが、地上のアダムとしての出自を完全に断ち切ることとどこかで霊的につながっていると考えている。これまでの筆者は、人間的な感情を優先しすぎるがゆえに、してはならない妥協をし続けて来たのである。その人間的な感情こそ、牧師制度に類するすべての制度を偽りであるとして、毅然と退けることをしなかった筆者の甘さなのである。(今、そうした呪われた団体が、どれほど筆者の足手まといとなっているかを考えればそのことは明白である。)

そこで、筆者は人間的な情愛を優先するがゆえに、物事を曖昧にしたまま決着をつけずに終わりにしようとする甘さを根こそぎ払拭せねばならないと考えている。

一部の人々は、筆者が訴訟を提起しようとしていることを、あたかも筆者の個人感情に基づく残酷な報復措置であるかのように主張するかも知れないが、その考え方は転倒しているとはっきり言う。

物事にきちんと決着をつけないまま、無責任なネット上だけで、当事者でもない者が、野次馬のごとく対立を煽りつつ、責任の所在も分からない匿名のコメントを延々と半永久的に書き連ね続けることの方が、訴訟を起こすことに比べ、はるかに残酷で無責任で有害な行動であり、かつ限度を超えて行き過ぎた報復措置、私的制裁であると言えよう。そのような無責任な行動に比べ、この世の法に従い、きちんとルールを守って論敵と対峙することは、はるかに公正かつ公平な措置であり、それにかかる時間も限られているし、それによって下されるペナルティの度合いも限られている。
 
筆者がもしも自分の個人の利益を優先したいだけの人間であれば、これほどの手間暇を裂いて、ペンテコステ・カリスマ運動の異端性や、カルト被害者救済活動の誤りや、グノーシス主義の分析など行う必要もなく、早々に取引に応じて、不都合な記事を削除してもらう代わりに、手間のかかる当ブログにおける議論もさっさとやめてしまえば良いだけである。

だが、問題は、筆者個人の利益などではなく、聖書の御言葉の真実性という永遠のテーマなのである。聖書の神が否定され、神の御言葉が曲げられ、キリスト教が歪められ、神の教会が蹂躙され、正義が曲げられ、真実が葬り去られようとしている時に、筆者が、自分の利益が最優先だからと、悪魔との取引に応じて沈黙したりすれば、来るべき日に、神は筆者に向かって「わたしはあなたを知らない」と言われ、筆者は恥ずべきクリスチャンとして見捨てられるだけである。

繰り返すが、ここで問題となっているのは、個人の利益などではなく、神の国の権益である。自分の個人的・地上的な利益よりも、神の国の権益を優先し、主と共なる十字架において古き人としての自己を完全に死に渡すクリスチャンが現れないことには、神の国の地上における前進もない。

代価をいとわず、主と共なる十字架において自己を徹底的に死に渡すという過程を、信仰によって貫き通す個人が現れることによって初めて、神の国の前進が地上にもたらされるのであって、誰一人としてそのように代価を払って主に従う者も現れないならば、そんな社会を神が守らねばならない義務はない。そのような社会は、教会も含めて、ますますバビロン化が進み、ソドムとゴモラ同様、地獄のようなところになって滅びるしかないであろう。

日々代価を払って主に従うクリスチャンの信仰を通して、初めて神の国が地上に引き下ろされるのであり、そのようにして神に従う一群が現れる時、初めて、教会だけでなく、この世の地上の政治体制にも影響が及び、変化が訪れるのである。
 

キリスト教が信仰によって「神を知る」ことが可能であるとしているのに対し、「神は不可知である」とするグノーシス主義が人類にもたらす悲劇

さて、筆者が当ブログを始めたのは2008年頃であるが、その頃から、当ブログでは、キリスト教界に誤った教理が満ち溢れていることを検証し、牧師制度の誤りを主張し、聖書に基づく真実なキリスト教とは何なのか探求して来た。

当初は「何が誤った教えであるか」ということに重点的に目を向けていたが、「何が真実であるか」に注意を払わねば、偽りを明るみに出すこともできないと気づき、途中から、当ブログでは、改めて聖書の御言葉に立ち戻り、神ご自身を真剣に尋ね求め始めた。

その過程で、聖霊派の教団の中などにいたのでは、決して知る機会もなかったであろう聖書の真理(キリストと共なる十字架の死と復活という十字架のより深い働き)を知らされ、筆者は、初めて以下のエレミヤ書にあるように、聖書に書かれている「主を知る」ということの意味を知ったのである。
  
「しかし、それらの日の後にわたしがイスラエルの家に立てる契約はこれである。
すなわちわたしは、わたしの律法を彼らのうちに置き、その心にしるす。
わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となると主は言われる。
人はもはや、おのおのその隣とその兄弟に教えて、『あなたは主を知りなさい』とは言わない。それは、彼らが小より大に至るまで皆、わたしを知るようになるからであると主は言われる。わたしは彼らの不義をゆるし、もはやその罪を思わない」。 」(エレミヤ31:33-34)
 
前の記事で、贋作は、オリジナルと対比されて初めて、贋作であることが証明されうると書いたが、その原則は、何が正しいキリスト教であり、何が誤ったキリスト教であるか、という問題を解く際にも、同じように適用される。

我々自身が、真実なキリスト教の信仰に立ち、神によって選び出され、神の子供とされた、主を知るクリスチャンとして生きないことには、どれほど偽りのキリスト教を分析し、非難したとしても、それを当事者として「神の国の権益に関わる被害」として訴えることができないのである。
 
クリスチャンとは、文字通りの意味では、「キリストに属する者」、「キリストの復活の証人」であるが、現実には、クリスチャンを名乗っているすべての者が、必ずしもキリストのものとされた、キリストの証人であるわけではない。

今日、クリスチャンを名乗っている人々の中には、数えきれないほど、神を知らず、キリストのものとされておらず、神を知ろうともしていない人々が存在する。毎週日曜、どこかの教会で開かれる礼拝に出席し、讃美歌を歌い、聖書を読み、うわべだけ敬虔そうに見える生活を送ることによって、神を知ることはできない。そういう形式を通して神に近づくことはできない。

「イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝するときが来る。あなたがたは知らないものを礼拝しているが、わたしたちは知っているものを礼拝している。救いはユダヤ人から来るからだ。
しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」(ヨハネ4:21-24)

このように、神を礼拝するとは、日曜ごとにどこかの団体へ出かけて行き、人間に過ぎない誰かの語るメッセージに耳を傾けることとは何の関係もないことである。「神を知る」ことは、聖書の御言葉に立つ信仰によって、人の霊の内側で起きることであり、神によって与えられる啓示であるため、形式によってそのような啓示を得ることは誰にもできず、それを外側から見て分かるように客観的に立証することもできない。

そこで、誰がキリストに属する本当のクリスチャンであって、誰がそうでないのか、我々が、それを区別するために与えられている唯一の方法は、外見的要素によってそれを区別しようとすることではなく、ただその人物が述べた言葉や行動を、聖書に照らし合わせて検証することだけである。その人間が述べている証の言葉とその人物の行動を検証することだけである。

そのような検証作業によって初めて、クリスチャンを名乗るある人物が、本当に神に知られているクリスチャンであるのか、そうでないのか、その人物を導く霊の性質を確かめることができる。

その人物が真にキリストの証人であれば、その人の言動には、聖書との齟齬がないはずである。だがもし、その人の言動に、嘘やごまかし、自己矛盾、トリック、歪曲、捏造などが見られ、聖書との齟齬、不透明さが見つかれば、その人は見せかけだけの信者で、内的では、キリストを全く知らず、キリストの御霊に導かれてもおらず、神の子供とされてもいない、非クリスチャンである可能性が極めて高い。

主を知らずとも、様々な教義を身にまとい、うわべだけはあたかも神を知っているかのように、敬虔そうに振る舞うことは可能である。しかし、それがその人の内側の本質から出て来るものでない外側の演技のようなものに過ぎなければ、必ず、その人の言動は偽善的なものとして、あちこちにほころびをきたすことになる。
 
だからこそ、聖書は愛する者たちよ。 すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。 多くのにせ預言者が世に出てきているからである。 」(Ⅰヨハネ4:1)と言うのである。

さて、ようやく話を本題へ戻すが、当ブログでは、今日、あたかも正統なキリスト教であるかのように、プロテスタントの一部を占めているペンテコステ・カリスマ運動は、「偽物のキリスト教」であって、もとを辿ればグノーシス主義に行き着くことを再三、述べて来た。

グノーシス主義とは、一言で言えば、創造主ではなく被造物を崇める「被造物崇拝」の教えである。 筆者が幾度となく強調して来た、異教的な母性崇拝の原理(「イゼベルの霊」)も、被造物崇拝を指すのである。

異教的な女性原理の崇拝における「女性」とは、文字通りの女性ではなく、神の助け手となるべく、霊的な女性として神によって創造された人類を指す。

「イゼベルの霊」の教えとは、要するに、人類を神以上に高く掲げて神として賛美する教えなのである。

この世には、表面的に見れば、様々に異なる思想が存在しているように感じられるかも知れないが、根本的には、大きく分けて、たった二つの思想しか存在しない。キリスト教とグノーシス主義である。

異端はすべてグノーシス主義に由来するものであり、究極的には「被造物崇拝」の教え、人類の自己崇拝である。

だからこそ、異端や異端化されたキリスト教には、必ずと言って良いほど、目に見える人間を指導者として担ぎ上げ、その人間をキリスト以上の存在として絶対化するという特徴が現れるのである。

そして、それに基づいてこそ、筆者は、牧師制度とは、グノーシス主義にルーツを持つ、聖書に根本から抵触する制度であり、牧師制度を取り入れた教会は絶対的に腐敗すると述べて来たのである。

さて、キリスト教とグノーシス主義という、真っ向から対立する二つの思想には、数えきれない違いが挙げられようが、根本的な違いは一つであり、それは「人間には神を知る道があるのか、ないのか」という問いに対して、両者が正反対の答えを出している点にある。

結論から言えば、聖書が「父なる神」は「わたしは有る」(出エジプト3:14)という方であって、れっきとしたリアリティであり、信仰を通じて、人は神を知ることができるとしているのに対し、グノーシス主義は、「父なる神」をフィクション同然の概念とする。

聖書の記述はすべて「父なる神」の計画を中心に「父なる神」の観点から書かれたものであるのに対し、グノーシス主義の神話的プロットは、すべて「父なる神」に創造された被造物の側から、被造物の都合に従って書かれた物語であると言える。

聖書の記述が、「父なる神」の御思いを中心に展開される物語であるのに対し、グノーシス主義の物語における主役は、「父なる神」(真の至高者)ではなく、「父なる神」に創造された被造物なのである。

グノーシス主義における「父なる神」(真の至高者)は、人格もなく、意志もなく、存在すらも、あるかないか分からない「虚無の深淵」であり、いわば、被造物の存在に口実や意義を与えるための添え物のような、名ばかりの存在に過ぎず、物語の最後まで、確固たる登場人物として自分自身を現して舞台に登場することのない不可知的存在である。

こうして、グノーシス主義の本質が、父なる神の概念を「フィクション」とするところにこそ、この偽りの神話とそれに導かれる人々の悲劇の根本原因があるのだと言える。

当ブログでは、以前から、グノーシス主義とは、「母の過ち」によって生まれた「父なし子」としての人類が、確たる証拠もないのに、「父なる神(真の至高者)」の子孫であると一方的に名乗り出て、神の家への復帰を企てるという、実にナンセンスな「神の家の乗っ取り」物語であると主張して来たが、大田俊寛著『グノーシス主義の思想<父>というフィクション』(春秋社、2009年)は、この考えに驚くほど多くの裏づけを与えてくれる。

この文献は決してグノーシス主義を批判するために書かれたものではないが、それにも関わらず、グノーシス主義における「父」とは何かというテーマだけでなく、「父」を喪失した人類が、完全な自己や、健全な「自己愛」を探し求めて、精神分析やカウンセリングやインターネットといった「鏡」を通しての自己認識に病的に明け暮れるようになることの危険性など、まさにペンテコステ・カリスマ運動の支持者らが陥っているいくつもの「病理現象」についても、実に多くの示唆を与えてくれる。

この文献を参照しつつ改めて思うことは、ペンテコステ・カリスマ運動の本質はまさにグノーシス主義であり、グノーシス主義とは何かを理解することによってしか、この運動の誤った本質を明らかにすることは決してできないということである。

ペンテコステ・カリスマ運動があたかもキリスト教であるかのように理解して、聖書だけを用いて、この運動の間違いを分析しようとしているうちには、決して解けなかった実に多くの謎が、この運動がグノーシス主義を手本に出来上がったものであると仮定すれば、驚くほどあっさりと解けるのである。

今日、グノーシス主義の研究なくして、キリスト教に流入し、襲いかかっている異端の本質を掴むことが、どれほど困難であるかを思わされる。初代教会があれほどの労力を費やしてグノーシス主義と格闘し、対決したのは、決してゆえなきことではない。現代にも、グノーシス主義という異端がゾンビのようによみがえり、見えないところで教会に襲いかかり、キリスト教を骨抜きにしている事実に、クリスチャンは決して無知であってはならないと筆者は確信する。

~「父なる神」をフィクションとし、人類をもフィクションとするグノーシス主義を信じる人間の自己の内面の空虚化と荒廃の実例~

さて、このところ、政局が目まぐるしく変化しているので最初に一言述べておきたい。昨年、7月末から大阪拘置所に長期拘留され、家族との面会すらも断られ続けて来た籠池泰典氏に野党がようやく接見を果たしたという。

裁判もなく詐欺罪の容疑だけでこれほど長期拘留する法的根拠は疑わしく、ただこれ以上安倍政権に不利な証言を行わないよう、口封じのためだけに、勾留されているのは明らかである。今や安倍政権にたてつく「政治犯」を収容する監獄のようになりつつある大阪拘置所が「バスティーユ監獄」にたとえられ、首相夫人(安倍昭恵)が「マリー・アントワネット」になぞらえられるのはまことに無理もない。

「私人」と言いながら、歴代の首相夫人と比べても、破格の特権的な待遇で警護され、公務員の付き人を5人もつけていたこともあるという昭恵夫人は、夫である首相が国会で厳しい追及を受けている最中にも、全国各地での公演活動をやめず、野党を罵倒したり侮辱するような書き込みに、軽率に「いいね!」ボタンを押してはひんしゅくと買っている。このように状況をわきまえない奔放な行動を繰り返すお騒がせ者で、その上、森友事案に深く関与したことが明白となり、国有地の不当な売却や、公文書改ざんという重大な犯罪に関与した疑いが濃厚であるのに、国会への招致も拒み、権限もないのに国政を陰から操る「私人」に、公金を大量につぎこむ意味がどこにあるのかと、国民に怒りがおさまらないのは当然だ。そうした総理夫人の姿が、民衆が飢えている時に「パンがないなら、お菓子を食べれば良いじゃない」と言い放ったとされるマリー・アントワネットの姿を彷彿とさせるのは仕方がない。

さらに、安倍首相の八方美人的な外交も行き詰りに達し、トランプ大統領からも「人を出し抜こうとして薄ら笑いを浮かべている」かのように勘ぐられて疑いの眼差しを向けられ、ロシアからも北方領土を返せる見込みなど全くないとの宣告を突きつけられて共同開発も進まず、国際的に、もはや相手にする者もなくなりつつある状況を見ていると、国内にも国外にも逃げ場のなくなりつつある安倍夫妻は、やがて本当にルイ16世とマリー・アントワネットのような終わりを辿るかも知れないと感じられて来る。

筆者は、これを機に、我が国に新たな革命勢力が台頭すれば良いと言いたいわけではない。この政権が転覆した後に、どういう時代が来るのか、それは一つの懸念事項である。だが、いずれにせよ、安倍政権が終わらないことには、この国にはいかなる希望ある未来もないことだけは確かであろう。そのことはもはや国民の共通認識に近くなって来ているように感じる。

安倍政権に盾突いた人々が、官僚であれ、民間人であれ、執拗に人格攻撃を受けては、社会的に抹殺され、ブラック企業や裁量労働制などが実質的に広がり、国民の貧窮化が進み、国力が低下している中、国家総動員体制のような無理な苦労が国民に要求され、税は重くなる一方で、軍備が拡張され、最後には、政権が誤った政策を自ら認めて撤回することができないプライドのゆえに、再び、軍事力に頼って無謀な戦争を起こしてすべてを都合よくオールリセットしようとするしか残された道がなくなるという、一度すでに辿り、結論が初めから見え透いている破滅へ転げ落ちるだけのこの暗黒時代が早く終わらないことには、この国には何一つ進歩もなく、希望ある未来もなく、未来が向こうから愛想を尽かして立ち去るであろう。
 
さて、筆者は政治家ではないので、政治運動に参加することを通して政局を変えようとはしないが、クリスチャンとして、霊的な戦いを勇敢に戦い通すことによって闇を払うことに貢献できると考えている。それが当ブログの役割なのである。

当ブログが聖書に基づく真実な信仰を求めて探求を始めたのが2008年、それから一年近くで、筆者自身が神と出会うという実りある収穫を得て、2009年8月末に戦後、初めて政権交代がなされたが、こうしたことが偶然に起きたようには思われない。
 
また、この度、籠池氏に野党が接見を果たしたのが、ちょうど筆者が当ブログに執拗に根拠のない言いがかりをつけては記事の削除を要求し続けて来たブログ「随想 吉祥寺の森から」の著者杉本徳久および、杉本に筆者の個人情報を提供して誹謗中傷を幇助した疑いが濃厚であるアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の村上密を民事調停に呼び出した日に当たることも、とても偶然とは思われない。


・ブログ「随想 吉祥寺の森から」の著者杉本徳久が民事調停で出した空疎な答弁書とグノーシス主義の関連性について

ちなみに、杉本徳久と村上密に対して当ブログが起こした民事調停は、予想の通り、まるでお子様のようなレベルでしかなく、筆者が出した100枚近くの答弁書は、十分に訴訟に対応できる内容であり、民事調停のレベルをはるかに超えていたため、一刻も早く訴訟に移行すべきものと思う。

だが、お子様のレベルの「話し合い」とはいえ、叩けばそれなりに埃は出るもので、今回、収穫がゼロだったわけではない。

村上密は予想通り、具体的な反駁も寄越さず、調停に姿を見せることもなかった。その一方、杉本徳久は当日になって時間ぎりぎりに現れ、たった2枚しかない人を馬鹿にした内容の答弁書を提出した。

今回の二人の対応から、これまでクリスチャンや教会に次々と言いがかりをつけては、裁判に及んできた村上密と杉本徳久の正体が、さらにはっきりしたと言えよう。

村上は、自分に不利な訴えには極力、耳を貸したくないという狡い性格の持ち主であり、杉本も、とてもではないが、訴訟に対応できるような人物ではない。クリスチャンをこれまで訴訟によって恫喝して来たこの二人が、実際には、自ら訴訟を受けて立つような力量が全くない人間であることは、今回のことではっきりと証明されたと言えよう。

以下で記す通り、杉本の答弁書における反駁を読めば、それがまるでお話にならないほどに幼稚なレベルのものであることは、誰にでも分かる。

むろん、杉本には弁護士などいなかった。あれほど筆者に向かって、再三、弁護士を通じて連絡せよと要求し、弁護士相手でなければ、話にもならないという態度を見せていたにも関わらず、結局、杉本には、自分が訴えられた際、弁護士をつける経済的余裕が全くなかった様子が、今回のことで明らかになったのである。

ちなみに、杉本徳久は、株式会社メディアテラスの代表を名乗っている人物であるから、単なる一般人としての「私人」ではない。杉本の行為は、すべてこの会社の代表としての振る舞いであると世間に受け止められることになる。

それが、期日当日の時間ぎりぎりになって、ようやく裁判所に答弁書を出すというのは、まるでブラック企業に雇用された悪徳弁護士が使うような汚い手口である。そういうことをすると、参加者全員が、事前に答弁書をきちんと読んで協議に備える時間がなくなるため、審理に悪影響を及ぼす。いたずらに協議を長引かせて結論を先送りすることだけを目的とする、非常に印象の悪い、人を馬鹿にした利己的な行動である。

さらに、杉本が出して来た答弁書は以下の通りであるが、その内容を見ると、基本的な言葉遣いさえなっておらず、証拠書類の番号の振り方さえ間違っており、弁護士が一度も目を通していないことが明白であるだけでなく、大の大人が書いた文章とも思えず、小学生程度の算数さえできるのかどうか危ぶまれる内容である。

  
(図1、2 杉本徳久が民事調停の期日当日に提出した「とんちんかんでお話にならない」ほど幼稚な答弁書)

杉本は答弁書の冒頭において、筆者の主張を「棄却する」などと書いているが、正しい表現は、「否認する」である。訴えを棄却するのは裁判所にも関わらず、まるで自分に誰かの訴えを「棄却する」権限があるかのように考えているこの言葉からも、杉本の傲慢さが透けて見える。
 
 杉本はこのたった2枚しかないあまりにも手抜き作業であることが明白な答弁書によって、筆者の訴えを一方的に「棄却」したつもりになっている上、調停を起こす費用もすべて筆者に負担させた上で、自分は一銭の賠償金も支払うことなく、勝手に「3日以内」と根拠も不明な期日を一方的に指定して、自分のブログ記事を削除する代わりに、筆者のブログからも、都合の悪い記事を削除せよと叫んでいるのである。

きちんとした弁護士であれば、申立書に記された一つ一つの項目ごとに、きちんとその内容を踏まえた上で、否認する旨とその具体理由をちゃんと書き記すものであるが、杉本の答弁書には一切、具体的な反駁がなく、反論している内容さえ、申立書には書かれていない内容ばかりである。

筆者の申立書には、段落ごとに番号もふってあり、無数の段落がある。それがたった2枚の答弁書の数行だけの文章で、筆者の全ての主張に反駁したつもりになり、これを「棄却する」とまで宣言しているとは。厚かましさ・愚かさに呆れ果てることを通り越して、もはやただ苦笑するのみである。

小学生でももう少しましな文章を書くであろう。しかも、杉本が出した証拠の大半も、筆者のブログをただ印刷しただけのもので、答弁書の本文と照らし合わせても、必然性が全く感じられない添付書類であった。その上、証拠書類の番号のふり方さえ間違って、番号が飛んでいるのだから、夏休みの終わりになって宿題を片づける小学生のように、期日当日になって慌てて作成したのだろうと笑うだけだ。

杉本が弁護士に相談を行った実績がないことが、この答弁書の内容からはよく分かる。無料相談くらいなら、利用したかも知れないが。

要するに、杉本の答弁は、杉本自身の言葉を使えば、完全に「とんちんかんでお話しにならない」レベルのものであり、とことんまでの手抜き作業であり、さらに、杉本が筆者に投げつけて来た言葉を使えば、この答弁書こそ、「思い上がった上に、市井の常識をわきまえない、あまりにも自己中心な内容」と非難されてしかるべき内容であったと言えよう。

筆者は近々、このようにお子様レベルの不毛な民事調停を打ち切って、訴訟に移行するつもりである。訴訟となれば、こんな人を馬鹿にした無内容の答弁書など提出している余裕などは全くない。信憑性のある反駁ができなければ、敗訴に終わるだけである。また、村上密も反駁を寄越さないわけには行かなくなる。さらに申立内容によっては、申立人の住所地で裁判を行う道が開けるため、わざわざ被告の住所地へ足を運ぶ手間も省ける。移送を申し立てても、被告の希望が認められる見込みはほぼなくなるであろう。

以上のような経緯から察するに、杉本と坂井氏が対決したという裁判も、しょせん、民事調停以下のレベルだったのだろうと想像されてならない。つまり、杉本は、きちんとした訴訟が提起されれば、およそ勝ち目のない人間であり、これまでただ自分の方から先に訴訟をふっかけることにより、心の準備のできていないクリスチャンを恫喝して黙らせて来ただけなのである。

かつて杉本徳久は2009年頃に、2ちゃんねるの書き込み内容が名誉毀損であるとして、2ちゃんねるに削除要請を行おうとした様子が、掲示板「株式会社メディアテラス(杉本徳久)」に残っている。

確かに2ちゃんねるは悪質な掲示板であり、しかも、杉本がこの当時から2ちゃんねるに、コメント番号を指定することさえも不可能なほどに大量の書き込みをされて、ほぼストーカーのごとく追いかけられていたことを考えれば、多少、彼の言い分にも、同情の余地があると言えないわけではない。

だが、それでも、そのような事態となったのは、杉本自身が自らのブログであまりにも多くのクリスチャンに自ら喧嘩を売って、実名で誹謗中傷を重ねて来た結果であることや、また、削除を要請するに当たっては、どんな掲示板であろうと、どれほど書き込み数が多かろうと、杉本自身が、どの部分をどんな理由で削除依頼するのか、手間がかかっても、やはりそれだけは最低限度、明らかに指定しておかねばならないことを考えれば、一方的な同情の余地は残らない。

その当然の形式を整える手間を怠ったがゆえに、杉本は2ちゃんねるに削除依頼を出しても、依頼として扱ってももらえないまま、門前払いされた経緯がよく分かるのである。

こうしたことからも分かるのは、杉本徳久は、常に自分が主張している内容の正当性を、他者にも客観的に分かるように具体的に根拠を示して証明するという作業をしないということである。今回の民事調停の答弁書もそうなのであるが、杉本はいつも「自分が迷惑を受けて嫌な思いをしていることは、あなた方にも当然、分かるはずだ!」という理屈で、自分の要求を何一つ客観的に証明することなく、相手がそれを理解して飲むのが当然であるとして、一方的に押し通そうと突きつけて来るのである。

しかも、杉本は、そうして客観的な手間を省いた分だけ、常に刑事告訴やら、民事提訴やらといった脅し文句を凶器のように振り回して、相手に要求を飲めと脅すばかりなのである。

杉本はこうした手抜きな要求の結果として、以上の掲示板でも、自分の出した削除依頼を、必要条件を全く満たしていないため審査にも考慮にも値しないと言われて「棄却」され、「門前払い」された上、削除を求めた書き込みや、そこで引用した誹謗中傷のコメントの転載も含めて、それをさらに半永久的にさらしものとされる材料として増し加えてしまい、削除依頼をもあきらめざるを得ない結果に追い込まれたのである。

2ちゃんねるはこのように悪質な掲示板であるとはいえ、それでも、2ちゃんねるで事件に巻き込まれた人々の中には、努力に努力を重ねて、刑事事件にこぎつけたり、その他の方法で、第三者機関を通して、削除にこぎつけている例もある。

彼らはおそらく膨大な手間暇をかけては証拠書類を集め、読みたくもないコメントを一つ一つ丹念に探し出してコピーし、番号を指定して、そこでどんな人権侵害が行われているのか、何が事実であってそうでないのか、自分の主張を精魂込めて練り上げた上、しかるべき場所に書類を持参し、何度も何度も様々な公的機関に足を運んで話を重ねつつ、あきらめることなく、自分の主張が認められて実現にこぎつけるまで、手続きを重ねて来たのである。

ところが、杉本は、そうした努力を一切払わず、ただ「私が言いたいことはあなたにも分かるはずだ」という子供のような理屈で、常に周囲の者たちが、自分の意向を「忖度」してくれるよう当然のごとく求め、「忖度」してくれない他人は、告訴したり、個人情報を暴露するなどと脅して言うことを聞かせようとし、筆者のような形で事件を解決しようとする他人が現れると、その他人の努力に便乗して、調停や裁判を自分のリクエストを提示する場として都合よく利用しようとするのである。

しかも、訴えを起こされても、自分の非を一切認めず、何の譲歩も行なわずに、ただ他人だけに一方的な代価を払わせて、自分の願いを実現しようとするのである。そこに、杉本徳久という人間のどうしようもない卑怯さ、利己主義、怠慢が見て取れる。

杉本は、筆者に送りつけて来た恫喝メールの内容からも分かるように、おそらく、これまで自分の願いを実現するために必要となる苦労をして来たことがないのであろう。周りの者たちが、常に自分の意向を尊重してくれて、面倒な作業を何もしなくても、願いが叶うのが当然という環境で、甘やかされて育って来たのではないかと想像される。

自分よりも強い者には媚びておとなしく従うが、そうして自分をひっこめて願いをあきらめた分だけ、自分よりも弱い者を恫喝し、八つ当たりすることでしか、自分の弱さ、卑怯さ、臆病さをごまかそうとするしかないのだろう。

杉本が勝訴した裁判がこれまでにいくつかあるそうだが、こんな風に自分の主張を客観的に論証する手間さえ省く無精者に敗訴するなど、あまりにも恥ずかしくみっともなく馬鹿げたことである。多分、訴訟に及ばれた側が、あまりにも不慣れで、心の準備ができておらず、弁護士を雇ったりして、十分に対策を打つ手間暇がなかったせいでそうなっただけであろう。クリスチャンの中には、そういう風に世の事柄に格別疎い人々も多い。

この度、杉本が出して来た答弁書を見るにつけても、このような手抜き作業では、訴訟には絶対に勝てないことは明白である。弁護士がついているかどうかといった問題ですらない。たとえ弁護士がついていたとしても、依頼人自身が、自分が何を言いたいのかさえ分からず、自分の主張を明確にして相手に反駁することさえできない状況で、当事者でもない弁護士が、それを補って完璧な主張を作り上げてやることは無理である。

まあ、とてつもない大金を積めば、そういう面倒な作業をも代行してくれる弁護士がいないわけではないだろうが、企業であればそういうことができても、個人のレベルではまず無理である。だから、この答弁書を見ただけで、いざ訴訟になった時の結果は初めから明らかだと言えよう。

繰り返すが、これが今まで数々のクリスチャンを訴訟の脅しで黙らせて来た男のみっともない答弁なのである。まだ分析は以下でも続くが、まずはよくよくご覧になられたい。

さて、このようにお子様レベルの民事調停であるとはいえども、それでも、杉本が今回、出して来た証拠の中にも、それなりに収穫と言えるものが、二つだけあった。

それは、杉本の生年月日を記した社会福祉士登録証と、唐沢治が杉本に送信したというメールである。


(図3 杉本が出して来た社会福祉士の資格者証 社会福祉士にあるまじき社会的弱者への侮蔑・嘲笑をブログで公然と行っておきながら、こうして資格を誇示しようとする態度に呆れる。しかも、資格取得から2年しか経っていないのに、自分は駆け出しに過ぎないという認識が全く欠けている様子にも呆れ果てるのみ。)

杉本徳久は、大学院修士課程まで出ており、博士号の取得は諦めたようであるが、修士でも、研究者として生きるのでなければ、一般人の学歴としては十分であろう。にも関わらず、杉本は博士号を取得しなかったことが、それほど自信喪失やトラウマにつながったのであろうか。大学院卒の肩書では満足できなかったようである。

杉本はこの度、社会福祉士の国家資格を取得したことが、よほど自慢の種だったらしく、唐沢のメールの文面からも、杉本がソーシャルワーカーの資格を取得したことを唐沢に向かって大いに自慢していたらしい様子が読み取れる。


(図4 唐沢治が杉本徳久に送ったメール。唐沢の信用ならない嘘つきな性格がよく分かる内容であり、唐沢が水面下でどれほどこれまで事態を常にこじらせてきたか、その様子も見て取れるが、それでも、杉本が坂井氏と唐沢を裁判で破ったにも関わらず、2017年になってもまだこうして唐沢にも筆者と同様に因縁をつけては絡み続け、嫌がらせメールを送りつけていた様子にも、唖然とし、恐れ入ると苦笑するほかない。杉本は、こうして明らかになっている人々の他にも、一体、どれだけの人物にこうして隠れたところで言いがかりをつけては嫌がらせメールの送信を繰り返して来たのであろうか。)

だが、このタイミングで、杉本が自分が何より大切にしている国家資格者証を、筆者に向かって出して来た気が知れない。

特に、杉本が今までクリスチャンに対して裁判をしかけては個人情報を収集し、その情報をダシにして、クリスチャンを貶め、中傷して来たことを思うと、まさにそれは自滅行為であるとしか言えない。

杉本徳久や、村上密が、これまでクリスチャンに対して取って来た行動は、古代社会における、シャーマンの呪詛の祈祷をも思わせるものである。

古代社会や、今でも文明の行き届いていない社会では、シャーマンのような呪術師が、誰かから金をもらって、ターゲットとする人を呪い殺すための祈祷を捧げる依頼を受けるなどのことが、おそらく日常的に行われていると思われる。

その際に、シャーマンは、依頼者に、ターゲットとなる人物の髪の毛など、身の回りの品を持って来させ、それをもとに藁人形などを作っては、その人形を本人に見立てて、連日、呪いの祈祷を捧げるのである。

筆者は、村上密や杉本徳久のして来た行為は、シャーマンによる「呪い」や「冒涜」とほとんど変わりないものだと考えている。彼らは自分たちが憎んでいる相手(クリスチャン)の個人情報を何らかの方法で入手しては、それを不当な形で利用して、その情報を土台に、まるで「藁人形」でも作るように、本人の歪んだ「像」を作り出し、その像を侮辱・嘲笑することで、ターゲットとなる人間の人生に危害を加えようとして来たのである。

杉本は自分がこれまでそのようにクリスチャンをターゲットとして呪詛のような行為に及んできた事実を少しでも考えれば、自分が宝としている情報を、敵方のサイドに提供することが、どれほどの自滅行為であるか、分からなかったとは思えない。

しかも、当ブログでは、杉本の行った行為は、ソーシャルワーカーの信用を著しく傷つけるもので、国家資格の剥奪に値すると何度も書いているのである。

にも関わらず、杉本が危険もかえりみずに以上のように国家資格者証を誇示したことは、筆者から見れば、杉本を破滅に導こうとしている悪霊のなせるわざであるとしか言えないのである。

これまで書いて来たように、社会福祉士の仕事内容は、社会的弱者を助けることにあり、社会的弱者を嘲笑したり、罵倒することにはない。精神障害者も、社会的弱者に含まれるのは明らかだ。にも関わらず、杉本は、筆者のような健康な人間を、何の根拠もなく精神異常、人格障害と決めつけて罵倒・嘲笑した上、さらに、精神障害者が一般的に就労困難であったり、社会に適応困難な状態にあるなどの苦しい状況をあげつらいながら、これを罵倒・嘲笑したのだ。

自分が助けねばならない社会的弱者全般をターゲットとして侮辱するようなソーシャルワーカーが全国のどこにいるだろうか。こうした記述内容を通して、杉本がおよそソーシャルワーカーにふさわしくない人格の持ち主であることがよく分かるのである。

杉本が資格を取得したのは、決して社会的弱者を助けるためではなく、ただ自分よりも弱く困っている人間を上から目線で見下げ、彼らを「助けてやっている」という優越感を味わうためでしなかったのではないかと強く疑われる。

さらに、この証書を通して、杉本が国家資格を取得したのは、平成28年3月であり(交付は4月)、取得からまだたった2年しか経っていない事実も分かる。これでは、社会福祉士として、まだほんの駆け出しではないか。

現場で10年くらい実践を積み、プロと言えるような実績がそれなりに出来上がってから、人前で資格を自慢するならばともかくとして、よくもこんなにも短期間で、ただ資格を取ったという表面的な事実だけを理由に、これほど他者に対して傲岸不遜な態度に出られるものだと呆れざるを得ない。

筆者は、まだ唐沢治と親交があった頃、杉本が福祉関係の仕事を始めたという情報を入手した唐沢が「杉本にそんな仕事が続くはずがない」と述べて苦笑していたことを思い出す。

それでも、しばらくの間は続いたのであろう。だが、その努力すらも、今回のような行動を取ることによって、杉本は自分で台無しにしてしまっているのである。

杉本は、以前には、株式会社メディアテラスの代表であるという身分をしきりに強調していた。今やそれをあまり口にしなくなり、かえって、ソーシャルワーカーであることを誇示している様子を見ても、メディアテラスという会社は、ネットで幽霊会社と言われていることは事実無根でなく、極めて厳しい経営実態にあると懸念されてならない。

杉本は会社の事業として、音楽スタジオやら、他にも様々な事業を手がけようとしていたようであるが、あまりに手を広げすぎて、趣味と実益が結び付かなかったのであろうし、仮にそうした事業が先見性のあるものだったとしても、「随想 吉祥寺の森から」のようなブログで、あれほど数多くの人々の実名を出して誹謗中傷し、自分からクリスチャンを訴えるための争いを起こし、さらにそれを手柄のように吹聴していたのでは、会社の代表としては、およそ世間の理解や信頼を得られない。事業が成功する見込みを自ら潰しているも同然である。

杉本は筆者のように、杉本とは一切面識のなかった無関係な人間をも、ただインターネットで一つのコメントの削除依頼を受けたというだけの理由で、これほど長きに渡って執拗に脅しつけ、嫌がらせを重ねて来たのであるから、そんな人物と、ビジネスで金銭の絡む取引をしたいと願う人が現れるはずもないことは明白である。

しかも、以上の民事調停の答弁書を見ても、杉本が自分にとって不利な訴えは何一つ認めず、一銭の賠償金さえも払わず、他人の労に便乗して、自分の望む結果を得ようとしているケチさ、無精さ、利己主義がよく伝わって来る。そこから察するに、およそメディアテラスという会社が、自社の評判を大切にして、人との調和を重んじる会社だと考える根拠は何一つ存在しない。

昨今、中小零細企業の社長は、他人に向かって威張りちらしているわけにいかず、大変な苦労を背負っているものだ。旅行業やサービス業の社長は、社長と言っても、名ばかりで、実際には、顧客のクレームのために、社員が負わない苦情を一身に背負って、絶えず駆け回らねばならない。どれほど顧客から会社に言いがかりのようなクレームをつけられても、言い返さず、謙虚に頭を下げて誤解を解く努力を続けながら、人々の理解と賛同を勝ち得て、事業展開をせねばならないのだ。

それが、杉本のように、他人の些細な言動に腹を立てては、それを理由に、根拠もない言いがかりをつけ、記事を削除せよと一方的な要求を突きつけ、果ては告訴をふりかざして脅したりしながら、力づくで人に言うことを聞かせようと試み、果ては訴えられてもデタラメな答弁書ばかり出して身勝手な要求を繰り返すだけであれば、そういう人間をビジネスパートナーとして選ぶ人はいなくなるのが当然である。

どういう経緯があって事業展開が難しくなったのかは知らないが、杉本は会社代表という身分を誇示することが難しくなった次には、今度は、ソーシャルワーカーの資格に飛びつき、国からのお墨付きをもらい、弱者救済をライフワークとすることで、新たな活路と自信の源を見いだそうとしたのだと思われる。

だが、こうして、大学院、会社経営、社会福祉士と、次々と自分のよりどころとする立場や肩書を変え、自分の手がけた一つ一つの試みを、何一つ、時間をかけて苦労を耐え忍びながら成功へと導くこともできないままに、熱中の対象を次々と取り替え、うわべだけの資格によって身を飾ろうと試みても、そんな試みが成功へとつながる見込みは極めて薄い。だからこそ、今回のような藪蛇な展開になっているのである。

杉本は、今回、社会福祉士の資格者証を出せば、自分の身分保証や、信頼を得る材料となると考えたかったのかも知れないが、刑事事件で有罪が確定すれば、当然、国家資格を剥奪されるだけであると、当ブログでは再三、予告している。筆者から見れば、杉本はただ厚労省に資格取消を求めて通報される際の手間を自ら省いているだけなのである。

最後に、杉本は答弁書において、自分の身にまだ捜査が及んでおらず、逮捕令状も出ておらず、身柄拘束も、取り調べも行なわれていないことを理由に挙げて、自分が刑事告訴されたという事実そのものを否定し、今回の訴えは事件にならないなどと一方的に決めつけ、迷惑行為防止条例にて警告を受けた事実をも否定しようとしている。

杉本が、自分が告訴された事実を何とかして嘘であると考え、否定したい様子がひしひしと伝わって来る。いつものように、筆者の「狂言」と決めつけたいのだろう。

こうして、自分が名誉毀損で訴えられているにも関わらず、都合の悪い事実を否定するばかりで、事態を収拾する努力もせず、自分の人権侵害のブログをまるで取引材料のように振りかざし、筆者の起こした調停の場を自分に都合よく利用して、筆者のブログから気に入らない記事を削除させるための機会に変えようと、「喧嘩両成敗」に持ち込もうとしている態度に、どこまで常識がないのかと心底、呆れる。

しかも、杉本は例によってどの記事の削除を要求しているのか、自分の要求の内容さえも具体的に明らかにしていないのであるから、こんな主張は、最初から通る見込みがなく、なかったも同然に空中に散じ、胡散霧消していくだけである。

要するに、杉本の取っている行動は、自分の書いた犯罪的な誹謗中傷の記事をダシにして、依然、筆者を脅し、その記事を一刻も早く削除して欲しいと願うなら、筆者が刑事告訴を取り下げ、事件自体をなかったことにし、筆者のブログからも、杉本の気に入らない記事を即刻、削除して、杉本の犯罪行為をすべてなかったことにして水に流せと、筆者を脅しているのと同じである。

どこまで限りなく卑怯な人間なのだろうかと呆れるばかりだが、しかしながら、こうした杉本の主張が、この先、杉本に非常に不利な結果を生む材料となるのは避けられないだろう。

杉本は答弁書において警察から連絡を受けた事実を否定していないが、もしも杉本が名誉毀損で告訴されておらず、迷惑行為防止条例にも違反していないというならば、一体、何のために、刑事が杉本に連絡せねばならない理由があるのだろうか。

刑事は実際に杉本にブログの削除を要求しており、ブログを更新しないようにとも警告し、二度と筆者に関する誹謗中傷の記事を書いたり、嫌がらせメールを送信しないようにと警告し、この度、名誉毀損で告訴状が受理された旨も伝えている。警察が介入した結果として、杉本のブログの一つ「神々の風景 religsious scene」が実際に削除されたのである。

にも関わらず、杉本はこうした事実をすべて否定することが、この先、自分にどれほど不利な結果をもたらすかを予想していない。杉本の主張は、警察に向かって、「本当に事件になっているというなら、その証拠にちゃんと捜査令状、逮捕令状を出して、取り調べをしろ!」と言っているのと同じなのだが、警察とて、そうまで言われれば、事件になっていることを自ら証明せざるを得ない立場に追い込まれる。(警察も捜査義務を怠ったとして追及されることは望ましくないためである。)

杉本のこうした発言は、かえって敵方のアクションにきっかけを与えているだけであり、警察が民事調停で杉本が反省を示し、自主的に記事を削除するかも知れないことを最後の望みとして行動を留保して来ただけであるとは思いも至らないのである。

杉本はこれまでにも、自分の吐いた容赦のない言葉の報いとして、数々の災難を身に招いて来た。完全に自分自身の言葉で罠にはまってしまっているのである。

たとえば、杉本が根拠もないのに、当ブログで自分が「サタン呼ばわりされている」と主張したり、「自分が冒涜された」などと主張して、次々と当ブログへのバッシング記事を書かなければ、当ブログでも、反論のために杉本の名を記して記事を書き記す必要もなかったであろう。

さらに、もしも杉本からの当ブログへの一方的な刑事告訴の脅しがなければ、杉本自身が刑事告訴されるという展開にもならなかったろう。この他にも、杉本は「一度口から出した言葉は取消できない」と述べたり、「民事で巨額の賠償金を支払っても、刑事事件の捜査は続く」などと、自分で自分の情状酌量の余地をなくすような、容赦のない非難の言葉をブログで他者に向かって吐き続けている。

「人に憐れみをかけない者には、憐れみのないさばきが下されます。」(ヤコブ2:13)と聖書にある通り、他人に対して容赦のない態度を取った人間が、自分だけは憐れみを受けることはできない相談である。こうして他人に向かって吐いた憐れみのない言葉の数々が、すべて杉本自身に跳ね返ることになると、杉本は考えてもみない。これは悪霊が彼に言わせている言葉の数々であろうと思うが、大変に恐ろしいことである。

このように、自分の取った行為の責任ときちんと向き合うこともできない空疎な人間が、どんなにうわべだけ、様々な立派な肩書や資格を振りかざして身を飾ったとしても、しょせんクジャクの羽をつけたカラスでしかなく、決してそれによって内面の空疎さを埋めることはできない。

そして、内面が空虚であればこそ、こうした人々は、その空虚さを突かれ、自分を他者に奪われ続けるのである。

次回以降の記事でも詳しく論じるが、筆者の目から見れば、村上密も、杉本徳久も、唐沢治も、「自分がない」という点では、共通しており、内面の空虚さとコンプレックスを埋め合わせるために、常に他者の眼差しの中に、自分への承認や賛同を見つけようとし、それを通して、自己を取り戻そうと、「弱者を救済するヒーロー」のような虚構の自己を演じ続けているのである。

彼らにとっては、他者の眼差しこそ、自分自身を映し出す「鏡」であり、インターネットも、そのような「鏡」の一つである。彼らはこれまで、そうした「鏡」としての他人の眼差しの中に、他人が喜ぶような「理想的な自己像」を投影し、他者からの賞賛や賛同を得ることで、自分を確認しようとして来たのであるが、そういうありもしないヒーローのような自己像の演出を重ねているうちに、「鏡」を通してしか自己を認識できないという心理的弱点があだとなり、結局、「鏡」の方が「本体」以上のリアリティとなり、「鏡」に人生を乗っ取られてしまったのである。

彼らがブログ等において演出している「理想的な存在としての自己像」も虚構であると同様、その他の無数の歪んだ「鏡」が映し出す彼らの自己像も誤りであり、もはや彼ら自身が、どれが彼らの本当の自己像であるのかさえ、すっかり分からなくなっているのである。
 
「鏡」はしょせん「鏡」に過ぎず、そこに真実が映し出されることなど永久にない。鏡の表面には、凸凹があったり、光が乱反射したりして、「本体」を正しく反映することさえ、至難の業である。

にも関わらず、確固たる自分がない人々は、絶えず、他人の眼差しという「鏡」に映る自己像を確かめることでしか、自分を認識できず、自信を得ることもできないため、その弱さのせいで、どんどん虚構の「鏡」の世界に取り込まれ、他人に自己像を奪われ続け、ついに「鏡」の世界で「本体」を喪失したまま、帰らぬ人となってしまうのである。

これは大変に恐ろしい事態である。杉本は、すでに2ちゃんねるによって、長年に渡り、「自己像」を侵害されて、奪い取られ、上書きされ続けて来たが、今やその上に、唐沢のブログの指摘があり、当ブログの指摘もあり、多数の「鏡」によって、杉本の像は根本から書き変えられ続けているのである。

杉本はそれに抵抗するために走り回っているが、その主張があまりにもお粗末であるために、どこへ行っても相手にされず、それどころか、ついに杉本自身のブログが名誉毀損であり人権侵害であるとして削除され、消滅しかかっているのであり、さらにこの先、杉本の訴えが裁判においても「棄却」されるなどした日には、杉本にはもはや「自分自身とは何か」ということを、自らの口で主張する手段がなくなる。

こうして、ついに「本体」が消え去って「鏡」だけが残るのである。杉本が主張した内容はすべて無かったこととされて消え失せ、他者が杉本に向かって述べた様々な言葉や印象批評だけが、「杉本の像」として定着し、残って行くのである。

これが、他人からの「お墨付き」を得ることによってしか、自己を確かめられない空疎な人間が決まって辿る悲劇の結末である。

ところで、「剽窃」だとか、「乗っ取り」だとかいう主張が成立するのは、あくまで「本体」がれっきとして存在し、誰かがこれを証明しうる場合のみである。たとえば、無断複製を違法であると主張するためには、オリジナルの所有者が出て来て、オリジナルとは何かを提示した上で、問題となる内容がオリジナルから違法にコピーされたものであることを証明しなければならない。

オリジナルが存在しないか、誰もそれを証明できない事柄については、コピーという概念も存在せず、「贋作」や「無断複製」や「違法な改変」や「剽窃」という主張自体が成立しない。「本体」が確かに存在していないものについては、どんなにたくさんの歪んだ「鏡」が作り出されても、誰一人として、それを権利侵害だと主張できないのである。

杉本が、これまで自分自身に確かなよりどころとなる自己がないことを埋め合わせるために、会社の代表や、国家資格といったうわべだけのステータスで身を飾り、あるいは、苦しんでいる他者を助けることで、自分の内面の空虚さを補えるかのように考えたことは、錯覚でしかない。

そうしたものはすべて「鏡」なのである。そして、杉本ブログそれ自体も「鏡」である。そのような「鏡」に人が自分を映し出し、その像に熱中すればするほど、その人間は、確かなリアリティを失って、「鏡」の世界に自分を吸い取られて行くだけである。

そして、ついに最後には「本体」が「鏡」に吸収されて消失し、フィクションとなり、神話となり、その代わりに、ただ歪んだ「コピー」だけが、リアリティであるかのように残ることのである。

結論から言えば、グノーシス主義の本質とは、もともとオリジナルとしての「本体」が存在しない、無数のフィクションの物語である。

次回以降に論ずるが、グノーシス主義が「父なる神」をフィクションとしていることは、つまるところ、グノーシス主義が「父なる神」に創造された人類も、結局は「フィクションである」と主張しているに等しい。

ペンテコステ・カリスマ運動も、その本質は、グノーシス主義であり、こうして、人類の自己の本質がもともと「フィクション」であるという教えを信じた人々の内側には、確かな自己がなくなる。

彼らは、心の内に空虚な深淵を抱え、人々の眼差しという「鏡」に映る不正確な映像を手がかりにする以外には、自己存在を証明するための手立てが何もなくなり、それゆえ、「鏡」を通して、自分の見たくない欠点を暴露されることを病的なまでに恐れ、気に入らない「鏡」を根こそぎ破壊しようとの行為に出たりするのである。

だが、もし「本体」がリアリティとして存在しなければ、「鏡」によってどんな権利侵害を受けたと感じても、それを権利侵害だと主張する根拠もまたないのである。

彼らに出来ることは、ただ一つ、一つの「鏡」に映った気に入らない自己像を否定するために、別な「鏡」を持って来て、これが自分だと宣言することでしかないのだが、もともとその鏡は、どれもこれも不正確なもので、そこに映った像も乱れ、影のようなものでしかないため、その人物が「鏡」を基にして行う証言は、あらゆる面で辻褄の合わない、嘘で埋め尽くされた、整合性の取れないものとなって行く。

結局、自分がないからこそ、そのようなデタラメなつぎはぎの証言が生まれるのであって、そのような人間には、デタラメな証言を行う以外に、自分が何者であるかを客観的に証明する手段もない。そのため、そのデタラメな証言のゆえに、その人間が何者であり、何を言いたかったのかは、結局、最後まで誰にも分からないまま、その人間そのものが不明な塊となって消え去って終わる。

こうして、確固たる自己を持たない人間の内部には、自己の代わりに、ただ虚無の深淵が横たわっているだけなので、そのブラックホールのような虚無性の隙をついて、そこには、何でもありとばかりに、あらゆる種類のゴミが投棄され、贋作やコピーなどのありとあらゆる偽の創作物語が詰め込まれ、虚偽によって埋め尽くされて行くのである。

それが、グノーシス主義の本質なのである。グノーシス主義は、人間の自己存在をフィクションとして消し去るものであり、そんな教えを信じている限り、その人物には、自分が失われて、デタラメな創作物語によって自分がどんどん書き換えられて行くことに抵抗する術もない。
 
繰り返すが、どんなにそれを「デタラメな創作物語」だと声高に非難しようとしても、もともとオリジナルが存在しない以上、コピーも存在せず、人権侵害も存在せず、名誉毀損もないのである。虚無の深淵が仮にサタン呼ばわりされたところで、誰もそれを虚無の深淵に対する権利侵害であるとして虚無の深淵の代理人となってこれを是正できないのと同様である。

それに引き換え、「わたしはある」という方を信じ、聖書のまことの父なる神を知っているクリスチャンは、グノーシス主義者のように虚無の深淵を信じているわけではなく、キリストの復活の命にあって再生された確かな自己を持ち、神に対して生きる人々であるから、こうして再生されたクリスチャンの主張も、確固たるリアリティであり、誰かが勝手に書き換えたりすることはできず、そのようなことを試みた人間は、当然ながら、人権侵害のかどで罰せられる。

武蔵野簡裁の付近は、横浜のように海風が吹くこともなく、起伏もない平地の開けた都会で、桜が咲き、人々は穏やかに行き交い、街はのどかで平和であった。確かに、ここに住む住民にとっては、この都会に生きていることが、ステータスに感じられているのかも知れない。民事調停では、相手方と顔を合わせることはないため、杉本徳久なる人物の印象は分からなかったが、四捨五入すれば50歳にもなろうという男に会いたいという願いは筆者には全くない。一体どういう理由で、こんなにも平和そうに見える街から、こんなにも常軌を逸した人物が生まれて来るのか、ただただ理解に苦しみ、首をかしげるばかりである。

改めて杉本のような人物を生んだペンテコステ・カリスマ運動とグノーシス主義を心の底から非難しないわけには行かないと感じるのみである。

・ペンテコステ・カリスマ運動は、人類を神とする東洋的異教の母性崇拝(「イゼベルの霊」)に支配される運動である。
 
さて、これまでにも当ブログでは、ペンテコステ運動とは、イゼベルの霊(一言で言えば、異教的母性崇拝の思想)に導かれる運動である、ということを再三に渡り、述べて来た。はっきり言えば、ペンテコステ運動とは、異教に由来する非キリスト教的な思想に基づく「神の家の乗っ取り運動」なのである。
  
ペンテコステ運動にははっきりした教義体系が存在せず、教義体系を明らかにする文献も少なく、ただ「聖霊のバプテスマ」を受けて「異言」を語るなどの超常現象ばかりを重んじるため、自然と、この運動の問題について語られる場合にも、現象面の分析で終わりがちであり、教義面からこの運動の根本的な危険性を洗い出す議論は少ない。

とはいえ、それでもペンテコステ運動の教義の基礎を明らかにしていると見られる文献はいくつか存在し、それを手がかりにこの運動の異常性を教義面から論証することは可能である。

そうした文献の一つが、大きく見れば、ペンテコステ運動の中にひとくくりにできるカリスマ運動の指導者である手束正昭氏の言説である。当ブログではすでに幾度も述べて来たように、手束氏は、すべての物事にはっきりとした区別をつけて、何が善であり、何が悪であるかを峻別する聖書の二元論を非難して、キリスト教は、このようにすべてに区別をもうけようとする父性原理ばかりが強すぎて、すべてを慈愛によって包容する母性原理が足りず、それゆえ、バランスが取れていないため、キリスト教は精神異常や狂気を生むなどと主張する。

ペンテコステ・カリスマ運動にもし「教義」というものがあるとすれば、それはこのように伝統的なキリスト教にあたかも「重大な欠陥」が存在しており、それゆえ、キリスト教が「人を精神異常に追い込む狂気の根源」となっているかのように主張し、それを口実に、あたかも聖書の御言葉だけでは不十分であるかのように、キリスト教の中に聖書にはない「何か」を巧みに持ち込み、つけ加えることにあると言えよう。

彼らがキリスト教につけ加えようとしているその「何か」とは、聖書の二元論という「父性原理」を骨抜きにするための「母性原理」である。
 
彼らの理屈によると、キリスト教では、何が善で何が悪であるかを厳しく区別する父性原理の二分性が人間を苦しめ、狂気に追いやっているという。そして、「キリスト教は、あまりにも厳しすぎる区別をもうけたがために、人間を狂気や精神異常に追いやる宗教となった。そこで、そのようなことの起きない、人にやさしいキリスト教を新たに作り出さねばならない」と主張し、そのために、キリスト教は父性原理の二元論を廃し、物事に区別をつけずにすべてを慈愛によって優しく包容する、母のような寛容さを補うべきである、と言うのである。

こうして、ペンテコステ・カリスマ運動は、まずはキリスト教を「ディスカウント」し、もともと聖書にはない「何か」を、あたかも聖書の教理に補われるべき要素であるかのように主張して、「慈愛」や「慈悲」などの美しい言葉を口実に、キリスト教を骨抜きにするような、すべてを曖昧にして包容する「母性的要素」を、キリスト教につけ加えよと要求するのである。
 
だが、当ブログの読者であれば、このような形でキリスト教に「母性原理」をつけ加えると、どういう恐るべき結果がもたらされるかは、あえて説明しなくとも了解しているものと思う。

それでも、キリスト教の「父性原理」に、キリスト教にはない「母性原理」をつけ加えようとすれば、何が起きるのか、それを「家庭内紛争」にたとえながら、あえて説明したい。

家庭の中で、父は、一般的に、規則や権威を象徴する存在である。そこで、ある家で、父親が子供に向かって「宿題はかならず毎日夜の8時までには終えて、夜9時には就寝しなさい」というルールを定め、子供がルールを破った場合には、罰を受けなければならないと定めたとしよう。

しかし、子供がルールを破り、父親が叱責と罰を加えようとする度に、母親が飛んで来て、「お父さん、あなたの決めたルールはあまりにも厳しすぎて理不尽で、それを理由に子供を罰するなんて、残酷すぎます。そんなにまでも、すべてをはっきりさせる必要が本当にあるんでしょうか。あなたはいつも小さなことで目くじら立てては、子供を叱っていますが、あなたのやり方では、子供は委縮してしまってのびのび成長できません。教育上有害です。」などと言って、毎回、子供をかばったら、その子はどのように成長するだろうか。

母親は子供をかばってさらに言う、「お父さん、今日、この子は宿題をまだ終えていないのに、あなたは9時だからもう寝なさいと言いますね。でも、それじゃあ、この子は明日、学校で、宿題を忘れたと言って、友達の前で、自分だけ恥をかかされ、先生から怒られなければいけなくなるんですよ。あなたはこの子が友達の前で恥ずかしい思いをして、それが原因でいじめられるようになっても、何とも思わないんですか? あなたはそうやって、いつも規則を守ることの方が、人間の感情よりも優先されるべきだと言いますが、あなたは私から見れば、規則を口実にして、ただ子供に対して威張り散らして、鬱憤晴らしをしたいだけなんです。そんな動機で、可愛い我が子を危険にさらすことは私には許せません。この子の宿題は私が代わりにやってあげますから、あなたは何も言わないで下さい。私はあなたの定めたルールにも、罰をもうけることにも反対です。」

母親がこんな風に主張すれば、家庭の秩序は成り立たなくなる。おそらく、子供は父の権威を侮るようになり、父を平然と見下げるだけでなく、父は自分の幸福を願っておらず、いたずらに権威を振りかざして自分を威圧し、罰しようとしているだけなのだと考えて、父を憎むようにさえなるだろう。そして、自分が恥をかかず、心傷つけられず、罰せられないで済むように、自分に都合の良いことを言ってくれる母の言うことだけを聞くようになり、母にべったりと甘え、そのうち、自分はどんな過ちを犯しても、決して罰を受けることなどないと高をくくるようになり、一言で言えば、途方もなく甘やかされて、駄目になってしまうに違いない。

このように、ルールを定め、それによって物事の是非をはっきりさせて、ルールを破ったものには罰をもうけるという、父性原理に基づく二元論的な考え方と、何もかも白黒つけずに「母のような慈愛によって」包含しようとする母性原理に基づく考え方は、決して相容れない。このことからも、キリスト教に「父性原理」と「母性原理」を同居させようとする試みは、決してうまくいくことがないと言える。そのようなことをすれば、キリスト教は骨抜きにされ、崩壊するだけである。
 
にも関わらず、ペンテコステ・カリスマ運動は、キリスト教の「父性原理」が悪の根源であるかのように主張して、これを否定して、そこに「母性的な要素」をつけ加えることで、キリスト教の「残酷さ」や「偏狭さ」を改革できると言うのである。一見、その言い分は、「愛」や「憐れみ」にカモフラージュされているため、人の耳には心地よく響くであろうが、その教えを受ければ、信者はもはやキリスト教徒ではなくなり、異端の教えによってすっかり自己を肥大化させられた、およそ信者と呼べないばかりか人としても駄目な人間になってしまうだけである。
 
一言で言えば、ペンテコステ・カリスマ運動は、それ自体が、キリスト教に偽装しつつも、キリスト教を骨抜きにして崩壊させるために登場して来た異端の教えなのである。そして、この運動が主張する「母性原理」なるものの起源も、東洋的な非キリスト教的異教にある。

これまで確認して来たように、ペンテコステ・カリスマ運動がキリスト教に足りないと言って導入しようと試みている「母性的要素」とは、もとを辿れば、非キリスト教・異教的な宗教哲学から受け継がれた母性崇拝に由来する。

多くのオリエント・東洋宗教哲学においては、キリスト教のように、「父なる神」が万物を生み出したとは考えられておらず、万物の生命の源として、女性原理の象徴である「神秘なる母性」が讃えられる。(この「母性原理」は、様々な宗教神話において「女神」の形を取って現れたり、あるいは、必ずしも人格を持たない万物の生命の源として「神秘なる母性」、「神秘なる混沌」などと呼ばれる。老子はこれを「玄牝」と呼んだ。)

早い話が、ペンテコステ・カリスマ運動とは、 このように異教に由来する原則を、公然とキリスト教の中に持ち込もうと試みているだけであって、この運動は、西洋的な伝統的なキリスト教と、東洋的・オリエント的な母性崇拝を混ぜ合わせて出来上がった混合宗教なのである。
 
このことを理解すれば、我々は、なぜペンテコステ運動の只中から生まれて来たカルト被害者救済活動のような運動に影響を受けた人々が、クリスチャンに向かってしきりに「精神異常者」のレッテルを貼って中傷しようとしているのかを理解できるだろう。

彼らは、たとえば、完全に健康な筆者に向かっても、何の根拠もなく、「立ち直り不可能な人格障害に陥っている」かのような決めつけを長年に渡って行って筆者を中傷しているのだが、こうして彼らがクリスチャンに「精神異常」というレッテルを貼りたがる背景には、そもそもペンテコステ・カリスマ運動が、「伝統的な西洋的キリスト教は、人間を狂気に陥らせる宗教だ」とみなして非難していることが挙げられる。

つまり、この運動が、聖書に基づく純粋なキリスト教そのものにあたかも重大な欠陥があって、それがために「父性原理ばかりが強すぎるキリスト教が、人を狂気に陥れている」かのように主張しているからこそ、その運動の支持者たちは、キリスト教だけでなく、聖書に忠実に従うクリスチャンたちにも、「狂気の宗教」を信じる「精神異常」のカルト信者といったレッテルを貼り、さかんにディスカウントしているわけなのである。

ペンテコステ・カリスマ運動は、あたかもキリスト教の一派のように、プロテスタントの中で座を占めているが、以上のようにキリスト教をディスカウントして聖書にはない新たな要素をつけ加えるよう主張している人々が、クリスチャンであろうはずなく、この運動は、ただキリスト教に偽装して、キリスト教を内側から骨抜きにして破壊するために登場して来た、根本的に異端の教えなのである。

彼らは、(彼らに言わせれば)「狂気を生み出す根源」でしかないキリスト教の父性原理(二元論、御言葉による切り分け)を攻撃して否定し、御言葉に忠実に従うクリスチャンに狂気のレッテルを貼って、真にクリスチャンを駆逐したいがためにこそ、日夜、以上のように根拠もない印象操作や人格攻撃にいそしんでいるだけなのである。そのような異常な一群を生み出すペンテコステ・カリスマ運動が、聖書を土台にしていないことは明々白々である。

しかし、終末においては、このようにキリスト教の装いをした忌むべき混合宗教が、世界規模で登場することになると予告されている。それが聖書の黙示録に登場する「大淫婦バビロン」であり、彼女が「混ぜ合わせた杯」(黙示18:6)を持っていることからも、バビロンとは、キリスト教と、それとは異質な異教的な要素の混合物であることが分かる。

その「混ぜ物」こそ、東洋・オリエント的異教に由来する母性崇拝の原理であって、ひいては、人間を神とする反逆の思想なのである。


・ペンテコステ・カリスマ運動は、「母」の罪を擁護し、私生児として生まれた「父なし子」を「神の家の後継者」であるかのように詐称するグノーシス主義神話に基づく「神の家の乗っ取り運動」である
 
さて、ここで、非キリスト教的異教が「母性崇拝」を掲げていることは、決して意味のないことではないと断っておきたい。

聖書によれば、万物を生み出したのは「父なる神」であって、母性原理は生命の源ではない。

聖書では、キリストを生んだ処女マリアを例にとっても、彼女はあくまで聖霊によってみごもったのであり、彼女の「女性原理」がキリストを生んだわけではない。イサクを産んだサラも同様で、父なる神の「約束」があって初めてイサクが生まれた。黙示録には、龍に迫害されながら、男の子を生む女が登場するが、この女も、諸説あるとはいえ、母なるエルサレムや、エクレシアを象徴していると考えられており、エクレシアがキリストに属する御霊の実を生むにあたっても、やはり単独で子供を生めるわけでなく、必ず、そこには御霊による働き、御言葉に基づく約束がある。

聖書において、これらの女たちが幾度も「夫のない女」「一人残された女」「産まず女」などと、蔑称のような言葉を用いて、霊的に独身・未婚であると強調されているのは、彼女たちには、キリストを抜きにして自分の力では決してまことの生命を生み出す力がないことをよく表していると言える。

つまり、聖書においては、生命を生み出す根源は、常に神の側にあり、被造物それ自体には、キリストとの結合なくして、自力でキリストに属する産物を生むことは決してできないのである。

ところが、カリスマ運動の指導者の手束正昭氏は、すでに見て来たように、聖霊を「母なる霊」と定義することによって、「父なる神」と「母なる聖霊」と「子」の「三位一体」という、聖書には全く記されていない異常な教理を主張し、あたかも、キリストが「父なる神」という父性原理の象徴と、「母なる聖霊」という母性原理の象徴との結合の結果として生まれたかのようにみなし、「母なる霊」という呼び名で、異教に由来する母性崇拝の原理をキリスト教に偽装して持ち込もうとする。

このような異端的な教説では、まだ「母なる霊」が単独で子を産み出したまでは言い切られていないが、聖書にはない「母性原理(母なる霊)」がつけ加えられることによって、神の独り子であるキリストが、あたかも「母なる霊」によって生み出されたかのように主張されている。

こうして、手束氏の考える「キリスト教」には、東洋・オリエント的母性崇拝の思想が公然と持ち込まれ、それによって聖書の教理までがすっかり変質させられているのである。

そして、これまでにも書いて来たように、このように生命を生み出す根源が、あたかも「母性原理」にあるかのように唱える主張は、異教に由来するだけでなく、もとを辿れば、グノーシス主義に起源がある。

グノーシス主義には、すでに述べたように、共通して、女性人格が単独で生命を生み出すという神話的プロットがある。そこで、万物の生命の根源があたかも女性原理にあるかのように唱える異教的な思想は、大きく見れば、すべて根源的にグノーシス主義を土台にして成り立っていると言える。

このように、異教的な思想が、「父性原理」よりも「母性原理」を高く掲げるのは、神と被造物との主従関係の逆転するためであり、結論から言えば、異端とは、唯物論的な被造物崇拝の教えなのである。
 
聖書によれば、神は人類をご自分に似せて、ご自分の助け手として創造された。そこで、人類は神に対して霊的に女性の立場にある。また、聖書においては、男が先に創造され、男をもとに女が造られている。

だが、すべての異端的思想は、この正当な秩序を覆し、神によって創造された被造物に過ぎない人類(霊的に女性)を、あたかも創造主であるかのように主張し、神以上に高く掲げる。

東洋的な異教が「女性原理」を「父性原理」よりも高く掲げようとするのは、その背景に、「本来は神に似せて、神から生み出された被造物に過ぎない人類を、創造主である神以上に高く掲げたい」とする欲望があるためである。

フェミニズム神学(およそ異端なので本当は神学という名に値しないが)は、「女が男から造られた、男よりも弱い被造物だという聖書の記述は、女を男の付属物に貶める男尊女卑の考えであって、誤りである」などと主張して、聖書の記述を否定する。

母性原理を高く掲げる異教的な思想もこれと同じ理屈を用いて、「人類が神によって、神に似せて創造された被造物だという考え方は、人類を神よりも劣ったものとみなしている点で、人類に対する許しがたい差別・蔑視であって、事実ではない。我々はキリスト教の神による人類へのこのような蔑視を決して認められない」と主張して、神と人類との関係を逆転しようとしているのである。

このように、東洋的な異教の思想において誉めたたえられている「女性原理」とは、文字通りの女性を指すのではなく、被造物全体、もっと言えば、神の被造物としての人類全体を象徴しているのだと言える。そして、ペンテコステ・カリスマ運動のような思想が、キリスト教の「父性原理」の中に「母性原理」を持ち込むことで、両者を競合させ、最終的には「母性原理」によって「父性原理」を骨抜きにし、駆逐して行こうとしていることにも、創造主と被造物との関係を逆転させようという意図が込められている。

そこで言われる「父性原理」とは、父なる神を指している一方、「母性原理」は人類全体を指しており、結局、ペンテコステ・カリスマ運動も、神によって創造された被造物に過ぎない人類を、神と対等か、神以上に高く掲げ、人類を神と同一視して、聖書の父なる神に反逆して、創造主と被造物の関係を逆転させようとしている教えなのである。
 
このように、東洋思想が「女性原理こそ万物の生命の源」であると主張していることには、結局、「我々人類は、誰の手にもよらずに単独で生まれた独立した存在であって、誰の被造物でもない。そして、我々自身が、神のように、単独で生命を生み出す力を持つ、神に等しい存在なのだ。」という主張が込められているのである。

そして、このような東洋的な母性崇拝をキリスト教に混ぜ込んで出来上がったペンテコステ・カリスマ運動の影響を受けた人々は、その教えがもたらす当然の結果として、聖書が教える「人類は神によって造られた被造物に過ぎず、創造主である神に服する義務がある」という基本原則に反抗して、被造物である自分自身を「神」として最高の地位につけようと高く掲げるようになり、自画自賛に溺れて行くのだと言えよう。

ペンテコステ・カリスマ運動は、キリスト教にそのような悪しき結果をもたらす致命的な毒素としての「女性原理」を受け入れよと迫っているのである。

(ちなみに、筆者はペンテコステ・カリスマ運動のみならず、「エクレシア崇拝」に陥ることも、以上と同様の反聖書的な考え方であるとみなしている。クリスチャンが自分たちの集会を絶対化したり、賛美するようになれば、それ自体が偶像崇拝に該当する。エクレシアであろうと、何であろうと、被造物に過ぎないものを、キリスト以上に高く掲げることは、すべて「女性原理の崇拝」と同じなのである。)

さて、これまで、グノーシス主義には「女が単独で子を産む」という聖書に反する考え方があると記した。グノーシス主義には神話はないが、神話的プロットと呼んでも差し支えないような共通の筋書きがあり、大きくまとめると、それは以下のようになる。

➀ 万物を生み出す「まことの父(真の至高者)」の能力を見て、「女性人格」がそれを嫉み、自分もその能力が欲しいと願う
② その結果、「女性人格」が規則を破って、「男性人格」の参与なく、単独で子を産む
③ 「女性人格」はその違反の結果として天界から転落しかかり、違反の結果生まれた「子」も転落して醜く愚かな「悪神」となって下界を支配する
④ しかし、「女性人格」が単独で生んだ「子」(悪神)の子孫である「人類」は、悪神よりも賢く、知識の啓示を受けて、自分には「まことの父(真の至高者)」に由来する「神聖な霊の欠片」が受け継がれており、自分の本当の父は「悪神」ではなく、「まことの父」なのだと気づく。
⑤ 人類は、こうして自分が「まことの父」の子孫であると自ら名乗り出ることによって、「母の過ち」を修正し、「母子」ともに天界へ復帰する。

このような物語では、第一に、女性人格が単独で子を生むという違反を犯すことによって、万物の生命を生み出す力は、誰にあるのか、「父なる神」にあるのか、それとも、「母なる神」にあるのかが全く分からないという混乱が持ち上がる。

そして、さらに、人類は、女性人格が単独で生んだ子の子孫であるとされることによって、人類は事実上、父がいないも同然の存在(父を喪失した存在)となる。

だが、最下位の女性人格であるソフィアが単独で子を生んだということは、より深い文脈では、グノーシス主義が、「人類とは、聖書の神によって創造された被造物などでは決してなく、誰にも創造されることなく、自力で生まれた独立する存在なのだ」と言わんとしていることを意味する。

グノーシス主義は、旧約聖書における神を「悪神」とみなし、これをヤルダバオトとか、デーミウルゴスなどと呼び、無知で愚かな神として徹底的に侮蔑する。グノーシス主義のプロットによれば、この「悪神」こそ、最下位の女性人格であるソフィアが単独で子を生むという違反に及んだ結果生まれた、醜く、愚かな、出来そこないの「神」である。

この「悪神」は、出来そこないの醜い産物であるにも関わらず、身の程知らずな思い上がりに陥って、自分こそ至高の神であり、他の神はないと思い込み、「わたしの他に神はいない」「わたしは妬む神である」などと豪語しながら、「神」の称号を不当に独り占めしていると、グノーシス主義は言う。そして、悪神であるがゆえに、彼の創造した被造物はすべて醜く不完全で、それゆえ、地上は不幸に満ちていると言うわけである。

グノーシス主義はこのようなフィクションを作り出すことにより、聖書が「神は唯一である」と述べていることを嘲笑し、聖書の神が「妬む神」であって、決して神という称号を他に明け渡すことがないという事実を徹底的に否定・侮蔑・嘲笑しながら、聖書における神を、醜く愚かな「悪神」にたとえて冒涜する一方、その悪神の子孫であるはずの人類を、悪神よりも賢く高貴な存在として描き、人類こそまことの「神」の子孫であるから、悪神を否定的に超えて天界に復帰できると主張するのである。

だが、このようなものは随分虫の良い身勝手な話であって、額面通りに受けとる方がどうかしていると言えよう。

グノーシス主義の以上のような神話的プロットでは、いくつもの論理破綻と言っても良い規則破りが犯されている。

まず第一に、グノーシス