忍者ブログ
栄光から栄光へ、鏡に映すように、主の栄光を反映させながら、キリストの似姿へと変えられていく。

<続き>

さて、神戸の事件から相模原の事件に話を戻すと、植松容疑者は、衆議院議長に宛てた手紙の中で、自らの行う障害者の大量殺人が、「全人類が心の隅に隠した想い」を実行に移すことであり、「日本国、全人類の為」に実行される「作戦」行動であり、「今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えて」いると述べている。

そのことから、我々は、植松容疑者の思想にも、酒鬼薔薇と同じような、誤ったエリート主義(優生思想)が潜んでいることを理解できる。さらに、植松容疑者は自らの声明文の中で安倍晋三の名前を引き合いに出して、自分の犯行に予め国家権力からの同意とお墨付きを本気でもらおうとしていたことに注意したい。
 

植松聖容疑者の手紙より一部抜粋
 
「私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で、今回の作戦を提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。

障害者は人間としてではなく、動物として生活を過ごしております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。

私の目標は重複障碍者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。

重複障碍者に対する命のあり方は未だに超えたが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。

「戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可決(※ママ)である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。


「どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。」

今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。」

「ご決断頂ければいつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではござますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

全文は「植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告
(ニュース速報Japan 2016/7/26)に掲載されている。


植松容疑者は、この手紙の中で、障害者の殺害という計画は、「日本国と世界平和の為」の「革命」であると述べ、自分は国家のためにこの作戦を実行するのだと強調し、その「見返り」として、逮捕後の国からの具体的な支援を求めて「取引」までも申し出ている。

ご決断頂ければいつでも作戦を実行致します。」などと書いている様子からも、この人間が自らの犯行を官邸への「献上物」のように差し出そうと考えていたこと、自己を安倍晋三の影の代理人のようにみなし、場合によっては、本気でこの計画に国からの賛同と支援がもらえるかも知れないと期待していた様子が伺える。

当然ながら、理性ある人間の誰一人として、こんな狂った申し出に耳を貸すことはあり得ないのだが、それにしても、植松容疑者が、衆議院議長を通して、他でもなく安倍晋三とのコンタクトを取りたいと願った背景には、植松容疑者の弱者抹殺の思想に、安倍政権との弱者切り捨て策と根本的な親和性が見られるためである点は見逃せない。

この人物は、自分の犯行が、安倍政権の「隠れた思惑」を体現し、これを実行に移すものであることを直感的に知っていたのである。

だから、もし我が国が、この凶行をきっかけに、この国の取って来た残酷な弱肉強食の路線を改める必要性に気づくことができなければ、この国は本当に終わりであろう。

植松容疑者の犯行には、明らかに、小泉政権の頃から自民党が行って来た、障害者への福祉サービスの切り捨てや、弱肉強食のグローバリズム、市場原理主義の推進、若者の就労環境の劣悪化や、学生を食い物にする奨学金という名の金貸しビジネス、などなどの、社会的弱者を容赦なく食い物とし、彼らの犠牲の上に繁栄を築こうとする我が国の誤ったエリート主義的政策の残酷さの全てが、余すところなく信念となって結実しているのだと言える。

安倍政権のもとで、厚労省が精神障害者の受けとる年金額の減額方針を固めていた問題は、この事件と絡めて、すでに人々に指摘され始めている。(障害者年金の新基準については、「精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で  医師団体推計」(日本経済新聞 2015/12/12 参照。)
こうして国は、まさに一番、抗議する力を持たない弱者から順番に、「国家の重荷」として切り捨てて行こうという思惑をあらわにしていたのである。

だから、結局のところ、国は、酒鬼薔薇聖斗や、植松容疑者ほどにあからさまにその信念を公言し、自ら手を下そうとしなかっただけで、実際には、その政策を通して、事実上、「自分で生き延びる力のない社会的弱者は死んだ方がいい」と公言しているに等しいのである。

沖縄・高江における政府機動隊の弾圧も、緊急事態条項が創設されれば、政府にとって不都合な国民はみなことごとく同様に弾圧を受けることの予表である。人々は首を絞められ、車で轢かれ、いつ死者が出てもおかしくない事態が展開している。

こうして、憲法改正がなされずとも、あたかもすでにそれが成就したかのように、国家が率先して、不都合な人間の排除に乗り出している今、植松容疑者のような人物は、自民党政権の弱肉強食の政治方針、さらに、自民党の中でも、とりわけ強権的な安倍政権の残酷な政治思想を自ら「忖度」した上で、自らその体現者として名乗り出て来たのだと言える。「全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する」…という文面はそういう意味なのである。

つまり、強者の生存のために、弱者は容赦なく犠牲になるべきだという「国策」の実現を手助けするために、私は自ら手を貸しますよと、名乗り出て来たのである。
 
国が弱肉強食の政策を推進し、緊急事態を口実に人権まで停止しようと企んでいる状況で、植松容疑者が言わんとしたのは、仮に自分が率先してその理念を実行に移し、弱者を抹殺して国家の重荷を減らす手助けをしたからと言って、一体、その何が罪なのだ、むしろ、国家の負担軽減という計画に助力しているのだから、報酬をもらっても良いくらいであり、政府は自分の逮捕後の世話をしても当然だということである。

おそらく、社会の大勢の人々がこの事件を通して自省させられたことであろう。若者を容赦なく使役した上で残酷に解雇して利益を上げているブラック企業の社長や社員たち、奨学金ビジネスで身を立てている人々など、多くの人々が、自分たちのやっていることは、実質的に植松容疑者と変わりないことに気づかなったろうか? そもそも弱く若い世代にすべてのツケを負わせて成り立っているこの社会そのものが、植松容疑者と同じ理念を共有していることに気づかなったろうか?

植松容疑者が自らの手紙の中で、安倍氏へのコンタクトを願っているのは決して偶然ではなく、それは彼が安倍の中に、自分と共通の思想を見いだしていたためであり、大企業や外国にばかりおもねり、国内の声を上げることのできない者たちは容赦なく見殺しにする安倍自民党政権の政策に、自分と同種の「理想」を見ていたからに他ならない。
 
今、もし我が国に生きる人々が、この事件の持つ深い警告の意味に気づかなければ、植松容疑者のような人間は、また二度、三度、その度ごとに、より残忍さを増して現れて来ないとも限らないだろう。

酒鬼薔薇聖斗の時代には、このような「魔物」としての偽りのエリート主義に基づく優生思想は、まだ公然と姿を現すに至っていなかったが、植松容疑者にあっては、「魔物」はもはや自分の姿を人々の目から隠そうともせず、人間を操り、人間と一体化し、堂々と自分の贈り物を携えて、国家の前に姿を現したのである。

魔物は満面の笑みをたたえて言う、「ねえ、ほら、これがあなたたちの望んでいる世界なのでしょう? 高潔で思いやりあるヒューマニストの仮面を被りたいあなたたちが、臆病さゆえに決して言えないでいる言葉を、私が口に出し、実行してさしあげますよ。全ての見たくない「美しくない現実」が根絶された幻想の国。これぞ、まさに、あなた方の思い描いている"beautiful Japan"(美しい国)の実態なのでしょう?」

それが、犯行後に容疑者が投稿したとみられるツイート「世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!!!!」の意味なのだろうと推測される。

かつて小泉政権の時代まで、我が国の政府はハンセン病者の絶対隔離政策を法律で義務化し、平成になるまで、ハンセン病者を「社会の恥」とみなして人前から隠し、強制隔離に及び、人権を奪って塀の向こうに押し込めて来たのである。

ようやくその絶対隔離政策が終わって、まだその反省も十分に行われないうちから、今度は、緊急事態条項を作って、国家にとってすべての不都合な人間から人権を奪って、塀の向こうに追いやろうという計画が蠢き出しているのである。

一体、我が国の人権意識はなぜこれほまでに低く、なぜこれほど薄っぺらい人間観が横行し、こんな未開のところを未ださまよっているのであろうか。安倍晋三の言う「美しい国」とは、まさにハンセン病者の強制隔離のような時代への逆戻りに他ならない。要するに、それは人間を喜ばせるきれい事だけで塗り固められたウソの世界であり、うわべだけを美しく飾って、その陰で、人間にとって全ての見たくない不都合な現実を覆い隠し、排除した上で作り出される幻想の世界である。

安倍政権こそ、「美しい国」という名目の下で、植松容疑者が一日で成し遂げたことを、政策を通して、実行に移そうとしているのであり、彼らが向かっているのは、植松容疑者と同じく、歪んだ優生思想に基づく「淘汰」の世界なのである。

むろん、抹殺されようとしているのは、すべての社会的弱者である。この「美しい国」では、国家の威信を高めてくれそうにない全ての「美しくない」矛盾は、厳重に隔離され、無いものとして抹殺される。「美しい国」には、原発事故の影響などあってはならない。雇用情勢の悪化も、株価の下落もあってはならず、そこには、虐げられた若者もいなければ、被爆労働者もおらず、沖縄の不幸もなく、社会的弱者もおらず、老老介護の問題もなければ、待機児童もおらず、障害者もなく、少子化問題もない。

こうした現実の全ての矛盾や問題を無視した「きれい事」の陰で、今まさにどれほど多くの人々が、現存する政府の政策によって見えないナイフを喉元に突きつけられ、「自分で自分を救うことのできないおまえには生きる価値がない。社会の重荷であり、周りを不幸にするだけのおまえは、生きているべきではない」という悪魔のささやきを耳元で聞かされていることだろう。これら全ては政府の誤ったエリート主義的政策が生んだ弊害であり、国の政策が、彼らの存在自体を抹殺しようとしているのである。

植松容疑者の実行した「障害者の安楽死計画」が、単なる個人的な犯行として片づけられないのは、それがヒトラーがナチズムを通して国策としてドイツで推し進めた狂気の優生思想と根本的に同一だからでもある。
 
ナチス・ドイツは1939年から1941年8月までに、約7万人の障害者を「生きるに値しない生命」として抹殺した。(ナチス・ドイツの安楽死計画については、ヒトラーの「超人思想」の謎~ ナチズムの裏面史 ~第2章:ナチス・ドイツの「安楽死計画」などを参照)。

ナチスはドイツが1920-30年代にかけて見舞われた国家的経済危機が、障害者への支援が国の負担となって起きたものであるかのように説明し、障害者の存在が社会の効率的な運営を妨げていると主張したのである。そして、以下のポスターにも見られるような、知的障害者に対するネガティブ・キャンペーンを展開し、障害者への福祉の削減、最終的には、障害者の存在そのものの抹殺を訴えたのである。

 

 
画像は"Mind and Flux, Disability and Propaganda"から転載。
ポスターの文面要約:「遺伝性の疾患を抱える一人の人間を一生支援するために、コミュニティが背負う負担額は6万ライヒマルク。いくら何でも高すぎませんか。」

 
だが、実際には、当時のドイツの経済危機は、第一次世界大戦の敗北の結果、ドイツに課された多額の戦争賠償金に由来するところが大きく、ナチスの言い分は。この問題をただ障害者に責任転嫁しただけに過ぎなかった。

なぜそのようなナチスの詭弁に多くの人々が惑わされたのかと言えば、そこに巧妙な心理的トリックがあって、そのような責任転嫁を口実にしさえすれば、当時のドイツ人が、戦争における自国の敗北という重い現実と、それに伴うツケと真正面から向き合わなくて済んだからである。

つまり、すべてを障害者のせいにかこつけてしまえば、敗戦の責任を直視する必要もなく、それによって自尊心が傷つけられることもない。そのようにして、現実から逃げることで、プライドを打ち砕かれて自信喪失に陥ることを避け、なおかつ、多額の賠償金がもたらした経済危機をどう解決するのかという問題からも目を背け、ただ「強いドイツを取り戻す」といった、自分たちのプライドを満足させて、心を高揚させてくれそうな、うわべだけの美辞麗句のスローガンに飛びつき、現実の諸問題を解決するための何ら具体的な道筋が見えてもいないのに、問題をすり替えることで、自分たちの未来に希望があるかのように思い込もうとしたことが、ナチスという超国家主義の台頭を招く主要な心理的原因の一つとなったのである。

日本の現状はこの当時のドイツにかなり似ていると言える。我が国では、先の大戦での敗北を未だ直視できない人々も数多く、さらに、増え続ける国家の財政赤字、少子高齢化、原発事故の影響などが、この国そのものの威信を著しく低下させており、国の未来に暗黒の影を落としている。こうした問題の多くは、従来の考えでは全く打つ手がないものばかりであり、社会構造の根本的な変革を促すものであるが、過去への反省を抜きにしてはそのような変革は生まれ得ない。

だが、自らのプライドが傷つけられたくないために、過去の誤りを直視することを拒み、これまで通りの生き方によって得られる利益を手放したくないある人々は、自国に抱いていた偉大な幻想が崩れゆくことに耐えられないあまり、自分たちの犯した失敗と、痛みに満ちた現実から目を背けようと、オリンピックのように、何かしら現実離れした偉大な幻想に逃避しながら、虚構の自信、虚構の勝利を演出し、全ての現実的な諸問題については、これを手っ取り早く誰かに責任転嫁してしまおうと、スケープゴートを探し求めているのである。

ナチズムの超国家主義のような思想は、国力が低下し、人々が未来に希望が持てなくなり、コミュニティの伝統的な生活が危機にさらされればさらされるほど、ある人々を強く魅了する。自分たちが責任を問われなければならないとなると、ある人々は、それを防ぐために、ますます現実から目を背けて、ありもしない幻想に逃避し、誇大妄想的な自己イメージを膨らませて、集団的自己陶酔にふけるのである。果ては国がまるごとそうやって現実逃避に走るということが起きる。

現在の日本が抱える全ての出口のない問題について、国民一人一人がそれを我が事として悩み、苦しみ、心を痛めながら、明日をどう築き上げるべきかを真摯に考えるのではなく、こうした問題を社会的弱者の責任になすりつけることで、問題の原因をすり替え、一部の人々だけを悪者として描き、彼らを抹殺することで、自分たちはエリートであって彼らとは違って生存に値するのだという愚かしい考えに逃げ込んでそこで自己安堵しようとする連中が出現するのである。

植松容疑者の文章からは、彼がナチス・ドイツの推進した「障害者の安楽死計画」と同じように、「社会的弱者は生きるに値しない」という歪んだ思想の持主だっただけでなく、彼が自らを「進化した未来の人間」のように考えていたこと、つまり、自分自身は生き残るべきエリートの一員であって、障害者とは全く違う存在である、と考えようとしていたことが分かる。

植松容疑者は声明文の中で「容姿に自信が無い為、美容整形を行」うなどと述べているが、興味深いのは、その理由である。つまり、彼が自分の容姿に「自信が無い」と考える動機とは、女性にもてないとか、もっと男らしくなりたいとか、そんな単純な、昔ながらの価値観に基づくものではなく、自分の容姿が、彼自身が理想とする「未来人」の姿に似ていないからなのである。声明文には次のような文面が書かれている。
 

外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージそれらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。


一昔前、容姿に自信のない男性は、三島由紀夫のように、肉体改造に取り組んだものだが、時代の価値観が大きく変わっているようである。植松容疑者が憧れるのは、「進化の先」にある「未来人」の姿である。彼にとっての理想としての「未来人」の姿とは、「宇宙人が代表するイメージ」に似たものである。彼はそれを自分の理想として思い描き、未来人の姿を体現せねばならないと考えて、美容整形という方法で、自分を改造しようとするのである。

今の時代、ある人々にとっての理想の容姿とは、ますます人間臭さの伴わない、生きた生命や感情の感じられない、地球外生命体か、命のない人形のように、美しくても、冷たく、人工的で、無機質な姿へ近づいていることが分かる。

さらに、植松容疑者の述べた、「進化の先にある未来人」という概念の意味を正確に理解するには、ヒトラーの超人思想や、トランス・ヒューマニズム、アセンション、霊性進化論などを振り返る必要がある。

筆者はこのブログで、すべての悪魔的思想は、「人が神になる」ことを最終目的とする、キリスト教の異端思想であることを繰り返し述べて来た。この悪魔的思想は、キリスト教のように、人間がキリストの十字架という神の側から提供された救いを信じて受け入れることによって、神の側からの「恵み」として救済され、神に受け入れられるのではなく、人間が生まれ持った自己の要素を刺激・啓発し、覚醒することによって、自力で神に到達し、神との分離・断絶を乗り越え、神と一体化しようとする自己救済の思想である。

これは聖書に反する異端、グノーシス主義であり、言い換えれば、神秘主義である。悪魔にとっては、キリストの十字架によらない人間的な方法によって、神に属する「新しい人類」を創造しようということが悲願なのであって、それが、これまで地上に現れて来た全ての悪魔的な思想と計画に共通する最終目的なのである。なぜそうなるかと言えば、これは聖書が御言葉によって信じる者に約束しているキリストにある新創造の、悪魔的模倣だからである。
 
ナチス・ドイツの障害者安楽死計画の背景にも、むろん、この思想がある。つまり、ヒトラーの安楽死計画は、ただ単に当時のドイツの抱える諸問題を社会的弱者に押しつけてその責任から逃れようという考えだけから出て来たものではなく、まさに「新人類の誕生」という計画の一環だったのである。

ヒトラーは、「人間とは生成途上の“神”なのである」と考え、人間は進化の過程で、やがて放っておいても神のように進化し、超人的存在となるはずだと確信していた。彼はそのような人間だけで構成される社会を理想とみなし、人類改良計画の一環として、遺伝子問題の研究に取り組み、犬や猫のように、優れた血統を持つ人間を「生産」しようと試みたのである。

こうして、ヒトラーは一方では、限りなく神に近い、優れた資質と血統を備えた優秀な人間の生産に励みながらも、人間は将来的に二極化し、他方では、機械的・動物的生存へ落ちて行く者たちが現れると考え、そしてそのような者たちは「古い人類」として淘汰され、衰退して行くのが当然だと確信していた。

ナチス・ドイツはこのような歪んだ優生思想を自ら社会に適用して実行に移し、社会の「浄化」という壮大な実験に取り組もうとしたのであり、彼らは、自分たちが「劣等人種」とみなし、「古い人類」に属すると考える全ての人々を社会から排除し、抹殺することによって、残りの人々を「新人類」に近づけ、人類を飛躍的に進化させることができると考えたのである。
 

新しい種類の人類が、いまその輪郭を示し始めている。完全に自然科学的な意味における突然変異によってである。

これまでの“古い人類”は、これによって、必然的に生物学的に衰退の段階に入っている。古い人間は、衰退形態においてのみ、その生を生きながらえるのである。創造力は、全て新しい種類の人間に集中することになろう。この二種類の人間は、急速に、相互に逆の方向へ発展している。一方は、人間の限界の下へ没落していき、他方は、今日の人間のはるか上まで上昇する。……そう、人間が“神”となる。これこそ、ごく明快な意味なのだ。人間とは生成途上の“神”なのである!」

「人間は、自己の限界を乗り越えるべく、永遠に努力しなければならない。立ち止まり閉じこもれば衰退して、人間の限界下に落ちてしまう。半獣となる。神々と獣たち。世界の前途は今日、そのようなものとして我々の行く手にあるのだ。こう考えれば、全てはなんと根源的で単純になることか。」

(「ヒトラーの「超人思想」の謎~ ナチズムの裏面史 ~第9章:「新人類誕生」の実現を目指していたヒトラー」から抜粋)
 
「……人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。

そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」

(「ナチスの「人間改良計画」 ~ ドイツの「優生思想」の裏面史 ~第9章:人類の分岐──「人類の二極化」現象」 から抜粋)

 

ちなみに、ここで話が大きく逸れるようであるが、すでに多くの人々を悲惨な事故や死へと追いやっている「ポケモンGO」のゲームにも、人類をマインドコントロールし、神に進化させるという悪魔的実験という思想が込められているという警告がなされていることに触れておきたい。


 



以上の動画は、クリスチャンの立場から、ポケモンGOの危険性を警告するものであるが、この動画で語られているトランス・ヒューマニズム(超人間主義)とは、ゆくゆくは人工知能と人間の脳を一体化させることで、人間を超自然的な存在に高め、不滅の「神人」を生み出そうという計画であり、ポケモンGOはその一環だというのである。

そこでは、このゲームは、世界のエリート支配者たちが、人類をAR(拡張現実)に接続して思い通りに支配する術を開発するための大がかりな社会実験であり、テクノロジーを通じてエリートが大衆を支配し、「サイバー神」になるという、トランス・ヒューマニズム運動の一環であり、そのような運動は、人が永遠の命を得る唯一の道であるイエス・キリストを否定する悪魔的欺きであると警告されている。
 
ARは、人々を現実逃避させるための偽りの「マトリックス」のようなものであり、悪魔の作り出した偽りの世界なのだが、その仮想現実の世界が、スリリングでエキサイティングであるために、多くの人々が危険を顧みず我を忘れてこれに没入し、その結果、取り返しのつかない損害が起きる、というのである。

優生思想というのはどれも同じなのだが、不滅の「サイバー神」という一部のエリートを生み出す目的のために、実際には、どれだけの人間が淘汰され、犠牲にならなければならないのであろうか?
 
映画「マトリックス」でも、マトリックスの世界における死は、現実にも死をもたらした。同様に、ポケモンGOはすでに多くの人々を悲惨な事故や死に至らせており、この仮想現実の世界は、もはやゲームの域を超えて、現実に人を殺す力を持つものとなっている。そのような世界にプラグインした結果、待っている未来が明るいものであるはずがない。

動画では、いずれARにプラグインするための装置が、人間の脳に直接、埋め込まれることになるだろうと予告される。

以上のような話を聞けば、クリスチャンがすぐに思い起こすのが、聖書の黙示録に記述されている、反キリストに魂を捧げた人々が右手か額に受けるという「獣の刻印」である。それはずっと以前から、マイクロチップであるとか、色々な憶測を呼んで来たが、それは人間を反キリストが作り出す偽りの「神の国」としての仮想現実の世界に強制的にアクセスさせるための装置なのだと考えられる。それを受けてしまえば、待ち受けているのは、永遠の地獄だけである。

さて、このブログでは、クリスチャンに対する悪魔の欺きは、人間の魂と感覚の領域に偽物の「霊的世界」を作り出し、様々な恍惚体験によって信者を虜にし、信者が自分は「聖霊に導かれているのだ」と思い込みながら、偽りの「霊の世界」の虜となって、そこから抜け出せなくなるよう仕向けることにあると指摘して来た。そのような欺きの一つが、サイバー空間に作られた仮想現実の世界であり、それは感覚刺激ゆえに人類を虜にしていくのである。

この仮想現実の世界は、聖書の言う「神の国」の霊的統治に似せて造られた悪魔の模造品である。キリストの復活の命に基づく神の霊的統治もまた、現実世界を超越する霊的世界なのであるが、悪魔は、それに似たものを、現実世界に存在する堕落した物質を材料として、現実世界の中に、作り出そうとするのである。

そのような悪魔的な偽物の世界として、今やサイバー空間は埋め尽くされようとしているのであり、これより先、その世界はより一層、神の自然な統治ではなく、歪んだ悪魔的支配を表す空間となって行き、やがて、多くの人の目には、それこそが現実以上に現実的に感じられるような世界へと発展して行くだろうと思われる。



  

トランス・ヒューマニズムとは、人工知能を用いて人間を改良することによって、「人が神になる」という思想であり、人間がもともと生まれ持った能力を開発して神に至ろうとする点で、これも結局は、神智学、霊性進化論、ナチズムの優生学などと根本的に同じ思想なのである。

こうした思想をもし大雑把に分類するとすれば、人間の遺伝子を実際に操作して、人間を「品種改良」することによって、人類を高度に「進化」させて「神人」を生み出そうという試みがナチズムの優生学であり、他方、遺伝子の領域には手をつけず、「霊性」という、あくまで見えない領域から人間を高次元の存在に「進化」させようというのが「霊性進化論」である、と言えるのではないかと思う。

優生学は、現実の人間の「血統」を操作しようと試みるが、霊性進化論は「霊的血統」の転換によって、人類を神に至らせようと試みる。たとえば、統一教会、ペンテコステ運動、国家神道などに共通するのは、人間が、文鮮明や、天皇や、あるいは牧師と言った「霊的指導者の夫妻」に帰依し、彼らを「真の霊的父母」として崇め、「霊の家族」の一員に加わることで、その人間の堕落した血統が「浄化」され、そのように「聖なる家族」に属する人々が増えることで、全人類がやがてはみな「神の家族」に転換され、全人類の救済が成し遂げられるという思想である。

トランス・ヒューマニズムは、人工知能との一体化により、人間の見えない「血統」の転換を成し遂げようとし、サイバー空間を「霊の家」になぞらえて、これに連なる人間を増やし、全人類をこれに接続することによって、人類を「神に進化」させようとする試みなのであろう。
 
最後に、こうした思想の数々は、知れば知るほど、筆者には、驚くほどKFCのDr.Lukeの主張を思い起こさせる。

Dr.LukeのKFCの言う「異言」や「聖霊のバプテスマ」なるものが、聖書に基づくものでない偽物の霊的世界であり、信者が霊界と交信し、正体不明の「霊」に身を任せ、自分でも理解できない音声を話して、それに自己陶酔するという行為が、単なる現実逃避でしかないことはすでに記事で述べたが、このような幻想の世界は、いわば、ARとほぼ変わらない「マトリックス」の世界なのだと言える。彼らはそれに没入するあまり、何が本当の現実であるのか、すでに分からなくなっているのである。

さらに、Dr.Lukeの以下のようなメッセージの標題に使われている用語、

神属人類の誕生」(2016年2月27日)、「聖霊のバイブレーションにチューニングする」(2015年9月20日)、「霊のDNAを活性化せよ」(2016年4月10日)、「すべてを神の目を通して見る」(2016年6月19日)、「左脳の束縛から解かれよ」(2015年8月19日)、「フェイスの覚醒」(2015年12月6日)

などを考慮するだけでも、Dr.LukeやKFCの同氏の言う「神属人類の誕生」とは、要するに、ナチズムと同じように、人間が自己を改造することによって自ら「新人類の誕生」に至ろうという悪魔的自己救済の方法に他ならないことが分かる。こうしたものはすべて結局この世の物質世界に属する事柄であり、人間を新しくする力を持たない「霊の偽物」でしかない。

人工知能に接続するまでもなく、Dr.Lukeがこのような仮想現実に溺れ、日常生活においても、音楽や映像を通して、ひっきりなしに自己を楽しませる感覚的な刺激を受けていなければ生きられなくなっている姿は、まさにテクノロジーに支配される人間の姿そのものだと言える。

筆者はかつてDr.Lukeと共に同氏の車で横浜から福島にあるMr.Sugarの山小屋へ行ったことがあったが、その時の様子を今でも覚えている。その道中、Dr.Lukeは自分の車内で絶え間なく自分のお気に入りの音楽をかけ続けていたのであった。筆者がその時、知ったのは、同氏が、絶え間なく感覚刺激に身を委ねることで、たとえば音楽などのツールが作り出す幻想の世界に没入していなければ、片時も気が休まらないということであった。沈黙や、無音状態に全く耐えられないのである。(後に、同氏と共に山小屋へ行ったことのある別の信者が筆者に向かって、Dr.Lukeについて全く同じ印象を受けたと語った。)

また、筆者は、山小屋に向かっていた当時、携帯電話というものが嫌いだったため、一度も持ったことがなかった。その後、KFCで病に陥った姉妹を見舞うために、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団のcandy氏と共に富士山麓にある大きな病院へ行った時、見舞いの後で、上階にある見晴らしの良い開放的なレストランの喫茶に向かったことを覚えている。歓談の後であったか、折しも夕暮れ時で、巨大なガラス窓の向こうに、雲や山影の合間に、真っ赤な夕陽が輝いて見えた。この雄大な景色に、candy氏は自分の携帯を取り出して撮影を行った。筆者はその時、今まで携帯で一度も写真を撮ったことがなかったことにふと気づいた。(それまで、筆者は常にデジカメで撮影していたのである。)

そこで、筆者は、その時には持っていた自分の最初の携帯をcandy氏に見せて、撮影の仕方を尋ねたのだが、その時、candy氏が筆者に向けた、驚愕と侮蔑の入り混じったような、一瞬の表情を、今でも覚えている。それはまるで、自分の携帯での撮影の仕方を知らないなど、人間としてあり得ないことであるとでも言いたげな表情であった。

その時、筆者は、candy氏も、Dr.Lukeと同じように、流行かつ最新鋭の機器に敏感で、便利なものは何でも真っ先に取り入れたいと願う人間の一人であるのだと悟った。さらに、それだけでなく、なおかつ、KFCにまつわる彼らのコミュニティにおいては、いかに自分が流行に通じ、そつなく上品に振る舞える「スマートな人間」であるかをアピールすることが暗黙のルールとなっており、何事であれ、自分が「できない」ところを見せたり、困っている様子をアピールするのは、ご法度なのだ、ということを察した。

だが、筆者は、携帯は初心者でも、パソコンで何時間もかけて画像を編集したり、ゼロから絵を描いたりする苦労をそれまで味わっていたので、そんなうわべだけの「そつのなさ」を全く評価していなかった。そこで、そのような表面的な立ち振る舞いが大きくものを言うらしいコミュニティの価値観の浅はかさに内心で失望と危機感を覚えたのであった。

また、筆者より何十歳も年上の老境にあるSugar氏も、自分では機器のことなど何も分からないのに、不思議にタブレットやスカイプを使い、最先端の電子機器を持ち歩いていた様子も思い起こされる。筆者が誰にも言わずに更新したWebページの存在を、Sugar氏が知っていたりしたこともあった。

こうした色々な出来事を考え合わせる時、彼ら(Dr.Luke、Sugar氏、KFCに関わる人々)のネットやテクノロジーへのこだわりには、何かしらある種の危険性が潜んでいるということを筆者はどうしても感じないわけにいかない。そういう予感があったために、筆者はかつてSugar氏から毎日のようにスカイプを使っての交わりに呼び出された時に、これを断ったのであった。

固定的な信者の交わりから遠ざかっていた筆者には、本来、交わりは必要なものと見えたかも知れない。だが、筆者は様々な失敗体験を通して、キリスト以外の人間に率直に心を打ち明けることの危険性を学んでいたことに加え、スカイプを通して会話することにもある種の不気味さを覚えていたので、これに接続することを完全に放棄したのであった。

そういった、折に触れて筆者が受けた危惧や予感は、長い年月を通じて、実際の経験の上で確かめられた。KFCに関わっていた人々は、うわべにおいては、自分は人を見下したり、軽蔑したりすることは絶対にない、親切で思いやりのあるクリスチャンらしい人間のように振る舞っていたが、その実、彼らの間では、誰が彼らのコミュニティにおいて、最もうまく成功者のように振る舞い、脚光を浴びることができるかという点で、絶えざる競争が行われていたのであった。

要するに、彼らは、自分が人の上に立ちたかったのであり、どうしてもその誘惑を手放せなかったのである。自分が一人でも多くの周囲の人間たちに比べ、抜きんでて真理を知っており、それゆえ、幸福で、恵まれており、進歩なく同じ問題を堂々巡りしているだけの不幸な人々と違って、神に愛されている特別な人間だという自負が欲しかったのである。
  
KFCとそれにまつわる人々が誇っていた優越感とは、対外的には、キリスト教界の信者に対する優位性に基づくものであり、つまり、自分たちはキリスト教界の信者たちの知らない高邁な真理を知っており、そのような組織にとらわれた生き方をしていないという自負によって保たれていた。他方、対内的には、仲間の信者同士で絶えず比べ合い、他者の弱みを足がかりに、内心で他者を貶め、自分を誇ることによって支えられていた。

また、彼らの心の安寧は、自分が「美しくない」と感じる、見たくない全ての現実から目を背けることによって成り立つ偽りの幻想であった。candy氏は自分が洗礼に導いた障害者の洗礼式で、その障害者が自分で書き記した信仰の証の「美しくない」部分を全て自分好みに書き変え、なおかつ、障害の影響は多少あったが、十分に意思疎通可能なその信者に代わって、自らその証を全て代読して途中で泣き崩れた。

また、Dr.Lukeは、KFCの病にある姉妹が死の床について、以前の壮健さを失って行った時、そのような姿は見るに忍びないとして、それ以上、二度と見舞いに行かなかった。Sugar氏も同じであった。それにも関わらず、Dr.Lukeは彼女の葬儀で誰よりも大声をあげて泣き崩れたのである。生前、あれほど親しく寄り添い、さんざん自分に心を向けさせようと苦心して、頻繁に交わりを持っていたのに、いざ、相手に自分を喜ばせるだけの要素がなくなると、この豹変ぶりなのである。利用していたという自覚もないかも知れないし、彼らはその行為に何か信仰的な、もっともらしい理由をつけて正当化を試みるであろうが、要するに、自分にとって都合の良いこと以外は、何も見たくないという態度なのである。

彼らは、実に高邁な真理を人前で語り、彼らの語っていることの中には、多くの真実もあり、ためになることも、習うべきこともあった。だが、彼らは、自分を美しく偉大に見せることのできる瞬間に対しては、どこまでも貪欲で、熱心であるが、他方、自分で語った真理を隠れたところで実践して行くに当たり、誰でも遭遇する試練、苦難、失敗、挫折、弱さ、争いや対立に見舞われると、そんな苦しみには自分は一瞬たりとも耐えられないとでも言うかのように、たちまちに逃げ去ってしまうのである。しかも、その際、その卑怯な行為を正当化するために、その都度、誰かに濡れ衣を着せ、自分以外の誰かを悪者にしながら、コミュニティの中で自分の立場が低下することのないように、手を打つのである。

彼らの長老然とした、あるいは、饒舌で積極的なスピーチに魅了されている人々は、その言動の裏にあるものが分からないので、まことしやかな忠告を装って他者の悪口を吹き込まれても、免疫がないので本気でそれを信じ込んで、その信者から距離を置いてしまう。そのようにして彼らは信者間の関係にくさびを打ち込み、それを自分の教室へと変えてしまう。人々は、誰かの信仰には問題があると聞かされる度に、自分はそうなってはいけないという教訓なのだと受け止め、より敬虔な信者になるべく、外見を磨きながら、これらの教師たちに取り入って行く。こうして、見栄のための競争が出来上がり、以前には無邪気で対等だった交わりが壊される結果になる。

筆者はこうした信者間で信仰の前進を競い合うエリート主義に生きる信者たちに、自ら相談を持ちかけたり、祈りの支援を乞うたり、彼らの評価を気にして生きるのは愚の骨頂であると悟り、彼らを仲間と思う必要のないことを知った。
 
KFCに関わる人々のすることは何もかもすべて、彼ら自身の見栄と自己顕示のためである。たとえKFCを陰では悪しざまに非難していたとしても、これと公に訣別宣言をしないならば、彼らの仲間同然なのである。

彼らの活動は全て、自分たちがいかに他者よりも優れており、特権を享受している幸福な人間であるかを誇示するために行われるものでしかない。すでに書いた通り、信者の結婚式さえも、その目的のために存分に利用されたのである。そして、その結果、起きたことは、とても痛ましい出来事であった。

聖書は、もし宴席に誰かを招いてもてなすならば、立派な金持ちではなく、貧しい者たちのように、返礼できない相手を招きなさいと教えている。そうすれば、主がその隠れた親切に報いて下さるというのである。本当の親切とは、見返りを求めず、隠れたところで行われるものである。だが、KFCは常に、自分たちの恵みを、自分たちの仲間内の狭い集団の中だけで誇示することで、すべての栄誉を自分たちだけで独占してしまい、他の人々に分かち与えることをしなかった。その独占を、自己の優位性とみなしたのである。

そのような彼らの態度は、常に閉ざされていて、内向きで、何もかもが、自分たちのためであり、そのような態度が、主の御前に喜ばれることは決してあり得ないと筆者は今でも確信している。彼らは地上にいる間にすべての報いと栄誉を受けてしまったのである。

Dr.LukeとKFCは、カルト被害者救済活動の指導者である村上密氏とほぼ同様に、決して自己の本当の弱さや醜さや限界と向き合わなくても済むように、自分がいつでもヒーローとなって人前に脚光を浴びていられるような、偽りの「マトリックス」の世界を作り出し、それを信仰生活とはき違え、その幻想の中で、ついに自分たちは「神である」と宣言するところまで行き着いた。

このような人々にとっては、信仰生活そのものが「マトリックス」だったのだと言える。むろん、以前には知らずに協力させられていたあまりにも大勢の信者が、その虚構の世界に疑念を感じ、これに同意せず立ち去ったので、今、実際にKFCと呼べるものは、ごく限られたわずかな人数でしかないのだが、いずれにせよ、Dr.Lukeは自分自身が信者を巻き込んでこれまで行って来た全ての自己顕示の最終目的が、「神になる」ことにあったのだと自ら告白したのである。まだARが完成もしていないうちから、彼らは悪魔的思想の目的を先取りして宣言したのである。これは恐ろしいことであり、そのツケも当然ながら相当に厳しいものとなろう。

Dr.Lukeの語る「霊的世界」が存在しない偽物であり、彼らの誇っている自慢話も虚栄であるならば、Dr.Lukeという人間そのものも、現実には存在しないヴァーチャルな虚像である、と言えよう。Dr.Lukeという仮想現実が、現実の人間を飲み込んで、消滅させようとしているのである。同じことを、筆者はcandy氏にも告げたことがある。

特権的な社交クラブのようなコミュニティで、そんな「無礼な」台詞をストレートに面と向かって語ったゆえに、筆者はその社交クラブから排除されたわけだが、正直に言えば、本心を殺してそんな社交クラブに名を連ね、自分も彼らと同じようになろうと努力することは、全く人生の浪費と不幸以外の何物でもないと筆者は考えている。

以上のような人々について、今でも、筆者が言えることは、Dr.LukeやKFCが演じている虚構の自己像は、ヴァーチャルでありながら、最終的には、生きた彼ら自身を完全に飲み込んで食い滅ぼすだろうということだけである。

それはちょうどポケモンのゲームに熱中している人が、不意の事故に遭って命を失うようなものである。本当の終わりが来るまで、自分が熱中しているものが、偽りのマトリックスであることに気づかない人々もいるかも知れない。マトリックスは、ありもしない幻想によって人間をおだて上げ、有頂天にさせて、束の間の興奮と栄光を餌として与え、自分自身が飛躍的に高められ、優れた人間になったかのような錯覚を与えながら、最後には瞬く間に彼らを破滅のどん底に突き落とし、そのようにして神とその被造物である人間を愚弄するのである。

アセンション然り、トランス・ヒューマニズム然り、霊性進化論然り、KFCの神属人類然り、ナチズムの優生思想然り、人類が自力で神に到達しようとする試みから生まれるのは、常に、歪んで、誤った、偽りのエリート主義思想だけである。以上に挙げたような思想は、みなそれぞれに違った方面から、「新人類の誕生」を目指して、人類の自己改良に取り組んで来たわけだが、これらは方法が異なるだけで、根本的には同一であり、全て悪魔に由来する、神によらない「偽りのエリート」を生み出すための淘汰の手段なのである。
 
クリスチャンには、関わってはならない悪魔的理念というものが確かにある。偽りのエリート主義に欺かれてはいけないし、彼らの富を羨んでもいけない。そのような人々の誇っている「幸福」や「高邁さ」や「スマートさ」を決して羨んではいけないし、彼らと同じように「進化」しようとする必要もない。たとえ彼らから、流行遅れで不器用な人間のように嘲笑されることがあったとしても、悪魔に魂を売ることに比べれば、そんなことは取るに足りない問題である。競争に踊らされて自分も同じようになろうとすれば、行き着く先は永遠の地獄である。

上記の動画が警告する通り、クリスチャンにはテクノロジーと間もなく訣別せねばならない時が迫っていると筆者も確信している。ポケモンゲームをインストールせずとも、スマートフォンはすでに人間の思考を遠隔操作で盗聴し、誘導するところまで来ている。テクノロジーに精通することは、自分自身がそれに操られることに同意することに他ならない。自分が機械を自在に使いこなしているのだと考えるのは愚かであり、今や人間が機械に操られているのである。

さて、最後に、ヒトラーは、新人類の誕生について「東方が実験場になる」と述べたそうだ。これまで当ブログでは、終末の一大背教の象徴である大淫婦バビロンとは、東洋的神秘主義とキリスト教の混合であり、東洋的神秘主義こそ、グノーシス主義の母体であると主張して来た。

ペンテコステ運動も、東洋的神秘主義とキリスト教が合体してできた異端であり、西洋キリスト教に幻滅して、東洋諸国に足を向けたサンダー・シングも異端者となり、「欧米キリスト教のマトリックスから脱出せよ」と叫んでいるKFCも、異端化したことはすでに述べた。さらに、安倍政権の出現や、ポケモンのストーリーが日本で生まれたことなどを考え合わせても、この東洋の片隅の国に待ち受けている未来が、お世辞にも明るいものであるとは考えられない。

だが、たとえこの世が全体としてバビロン化する現象自体は避けられないにせよ、人間には自分の個人的な歩みについて、自ら決断する自由があり、その自由と責任を人生の最後まで失うことはない。だから、偽りの熱狂や「エリート性」に誘われて、マトリックスの世界になど決して接続しないことである。

また、植松容疑者や、酒鬼薔薇聖斗のようにならないためにも、官僚が作り出した虚構のエリート主義に欺かれないことである。先の大戦で証明された通り、「お国のために役立つに人間になる」とは、死をしか意味しない。教育システムにおいて優等生になろうとする競争から「プラグを抜く」だけでなく、市場原理主義社会において「勝ち組」になるための競争からも「プラグを抜く」ことであろう。

植松容疑者の事件は、安倍政権下での雇用環境の悪化が生んだ悪夢のような悲劇だという指摘もある。大学を出ても未来に希望がなく、学んだ知識も生かせず、本業で独り立ちも出来ず、自分の置かれている劣悪な労働環境から目を背けるために、その鬱憤を自分よりも弱い者に向けるしかなかったのだという見方も存在しないわけではない。

そんなにまでも心を病む前に、人間同士が自ら有用性を競い合うという愚かしい終わりなき競争からは一刻も早く降りることである。「一億総活躍社会」などという名で呼ばれる愚かで残酷な競争に踊らされるのをやめて、国家や、社会や、人々の目に覚えめでたい人間となって、他者よりも高く評価される有用な人間と見られたいという欲を捨てることである。

このように、プラグを抜くべき世界は色々存在する。今は過越の時であろう。悪魔はその高ぶりのゆえに、神に反逆したのであり、我々が、悪魔と同じ誘惑に陥らないための方法は、十字架の謙遜に下ることしかない。キリストの十字架という、人間にとっては何の栄誉も伴わない、不名誉と、死の中に隠れることしかない。

キリストご自身が、人前に栄光を受けず、蔑まれ、嘲笑され、誤解される道を歩まれたのである。なのになぜ、信者が、キリストを差し置いて、地上で自ら栄光を受けることを目的に活動し、まして自ら神になるなどと言語道断な宣言をすることができようか。

この悪魔的高慢から身を守る方法は、人間を高ぶらせるだけの偽りのエリート主義に立たず、決して、これに魂を売らず、キリストと共なる十字架の死というへりくだりの道を行くことだけである。

PR
2016/07/29 (Fri) エクソダス